読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

カップヌードル クリーミートマトヌードルを食べてみた!

スポンサーリンク

カップヌードル クリーミートマトヌードルを食べてみた!

カップヌードルの新商品「クリーミートマトヌードル」を食べてみました!(2017年2月13日発売)

これは下記の商品ページにあるように、クリーミートマトにチーズが加わった一杯です。日清から発売されています。

パスタやスープでおなじみのメニューである "クリーミートマト" に相性の良いチーズを加えてカップヌードル流にアレンジし、トマトの酸味とクリーム感が絶妙なコクのある味わいに仕上げました。

www.nissin.com

私はカップヌードルのトマト系を食べたことがありませんでしたが、カップヌードルの「トマト」と言えば、チリトマトなんかがよくコンビニで目にするかと思います。

この長い間チリトマトが店頭に並ぶということは、それなりに人気があるということでもあり、トマト系はカップヌードに合うということが推測できます。

そして、今回のクリーミートマトヌードルは冬季限定のチーズ入りとなっています。こちらの一杯も注目度が高いのではないでしょうか?

カップヌードルといえば…こないだ「抹茶仕立てのシーフード味」が発売されましたが、それからそれほど日にちが経たずに今回の「クリーミートマトヌードル」の発売となりました。

blog.webproduct-lab.com

その「抹茶味」もクリーミーな濃厚スープでしたからね!冬はこういったクリームスープを推しているのかもしれませんね。

それでは、今回はこの「カップヌードル クリーミートマトヌードル」についてレビューしてみたいと思います。

カップヌードル クリーミートマトヌードルの開封

では、さっそくフタを開けてみます。

すると…ゴロゴロとかやくがたくさん入っているように見えますね!

f:id:yuki53:20170214144902j:plain

この白いサイコロ状のものが“チーズ”です!
それ以外にもトマトと思われる赤いトッピングが確認できます。

先ほどの商品ページを参照してみると、入っているのは「チーズ、ベーコン風味ビッツ、トマト、コーン、ピーマン」のようです。

濃い赤の粉末の固まりのようなかやくは、ベーコンビッツでした。

 

調理してみました

では、熱湯を注いで調理していきます。
このカップヌードルは調理時間3分ですね。

いつものようにお湯少なめ・調理時間短めで様子を見ながら調整します。
そして、出来上がりがこちらです!

f:id:yuki53:20170214145328j:plain

しっかりとチーズが溶けて良い感じに仕上がっています。

 

スポンサーリンク

食べてみた感想

では、実際に「クリーミートマトヌードル」を食べてみます!

後述しますが、私は当初このカップヌードルはクリーミーなチーズトマトということで、濃厚なトマト鍋のような味を想像していました。

しかし、実際に食べてみると少し違いましたね!
酸味の効いたトマトスープとそれよりも主張が強い濃厚なクリームチーズが相まって、クリームベースの酸味が効いた独特のスープとなっているようでした。

 

麺の感じは?

麺はいつも通りのカップヌードルの平麺ですね。これは調理時間が長くなってしまうと急にふやけたように柔らかくなってしまいます。。

少し短めに調理してよーくかき混ぜていただくのがおすすめです。(ここホントにポイントです。底の方に粉末が溜まってしまう場合があり、最後の方に味が濃くなってしまいます。。)

f:id:yuki53:20170214150144j:plain

 

気になる「チーズトマト」のスープのお味は?

さて、肝心のスープに関してですが、チーズにトマトが加わり、さらにクリーミーで濃厚な味わい、トッピングにはトマト・コーン・ピーマン…と来れば思い当たるものありませんか?

そう!これはピザのような風味がするカップヌードルです。

f:id:yuki53:20170214151417j:plain

食べ始めは、チーズとトマトの頭でいるので、何か違和感を覚える香りがしましたが、よくよく入っている具材を見てみると「ピーマン」が入っています。

そのピーマンの苦みのような風味がチーズトマトの風味と少しぶつかってしまっていることから…妙な香りを感じさせます。これもう少しピーマンを抑えた方が良かったかもしれません。

そして、食べ進めるにつれて、「あ〜、ピザの味だ」といった正しい味の認識に変わります。それによってピーマンの違和感を払拭することができるでしょう。

最初に感じた違和感は、トマト鍋とピザの違いのような…少し思っていた味と違うという不思議に感じたものだったのだと思います。

冬をイメージしてのクリーミーなんでしょうけど、もう少しクリーミーさを抑えてくれた方がすっきりとしていて美味しかったような気がしますね。。

 

カップヌードル チーズトマトについてまとめ

酸味の効いたクリーミートマトとピーマンが特徴のカップヌードル「クリーミートマトヌードル」でしたが、冬季限定ということもあり、この冬一度は食べておきたい一杯ではないでしょうか?

先ほども言いましたが、出来上がった後は底からよーくかき混ぜてください。
私はよくかき混ぜたつもりでしたが、最初と最後とでは味が違っているように思えました。

最後の方はチーズが完全にスープに溶けてしまい。。本当にピザのような風味へと変わります。個人的にはもっとチーズ感があっても良いかな?お好みによっては足してみても良いかもしれませんね!タバスコなんかも合うかも?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてください!

スポンサーリンク

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.