webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

カップヌードル トムヤムクンヌードル 食べてみました!酸っぱ辛さが異常に美味い本格トムヤムクン!

スポンサーリンク

カップヌードル トムヤムクンヌードル 食べてみました!酸っぱ辛さが異常に美味い本格トムヤムクン!

日清食品から発売中の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」を食べてみました。

この商品は2014年4月に発売されて以来、あまりにも人気で一時期品薄な時もあったようですが…今もなおカップヌードルのレギュラー商品として店頭に並んでいる人気の商品のひとつです。

実際に食べてみましたが、本場の“おいしい”をカップヌードルとしてお届けしているというだけあって、トムヤムクンの特徴的なエスニックな酸っぱくもしっかりと辛さを表現しています!

ご覧のようにパッケージにも記載されていますね!

f:id:yuki53:20171021231805j:plain

そんなスープは、カップヌードル特有の風味とバランス良く合っていて非常にすっきりとしていて美味しく仕上がっております!

では、今回はこの「カップヌードル トムヤムクンヌードル」についてレビューしてみたいと思います。

カップヌードル トムヤムクンヌードルについて

タイ日清の開発協力の元に商品化されたというこの「トムヤムクンヌードル」は、現地の旬を取り入れたという流行りのトムヤムクンの味を再現したものです。

レモングラスやライムリーフを加えた爽やかな酸味がクセになる美味いスープに仕上げたカップヌードルです。

f:id:yuki53:20171021231804j:plain

また、パッケージには「コレ、マジ、アジアン。」とトムヤムクンを表現するキャッチコピーが記載されていますが、特に公式ページには何も触れられていませんでした。。

気になってこの記載について日清にお問い合わせしたところ…2016年7月にリニューアルした際は「NEW」と記載していたようですが、現在発売している商品は内容は同じで「NEW」を削除したパッケージで発売しているそうです!

f:id:yuki53:20171021231807j:plain

リニューアル発売されたトムヤムクンヌードルはパクチーの加工工程を見直したとのことで生パクチーの風味などが再現されているようですが、パクチーの風味は感じられませんでした…

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り346kcalとなっております。(塩分は4.8g)レギュラーサイズでは平均的といったところではないでしょうか?

f:id:yuki53:20171021231808j:plain

では原材料も見てみます。

スープにはトムヤムペーストが一番に目立つ印象で、他には乳等を主要原料とする食品という項目が目に付きます。こちらはココナッツミルクなんかを表現しているものなんでしょうか?クリーミーな仕上がりが気になるところです。。

f:id:yuki53:20171021231806j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付えび、マッシュルーム、そして青菜と記載されていたパクチー(かなり小さい…)が確認できます。

そしてフタの上には、トムヤムペーストと記載された調味料が別添されていました。

f:id:yuki53:20171021231809j:plain

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。(※調理中は先ほどのトムヤムペーストをフタの上で温めておきましょう。)

そして出来上がりにトムヤムペーストを入れたところがこちら!
トムヤムペーストはトムヤムクンの味そのものの固まりのような味で、魚介系の旨味が利いたと思われる酸味が特徴的な調味料でした。

f:id:yuki53:20171021231810j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
なかなかエスニックな風味が漂う仕上がりとなりました!

f:id:yuki53:20171021231811j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…とにかく嫌みのない酸っぱさがクセになりそうなほど美味しく、レモングラスによってエスニックを感じる香りが口に広がりますねー!これは美味い。。

そして、その後にすぐ魚介系の旨味が自然と感じられるのでただ酸っぱいだけではない旨味をしっかりと感じ取ることが出来ます!

麺について

麺はカップヌードルお馴染みの柔らかめの平麺ですね!
こちらはやはり調理時間を短めにして伸びる前に食べてしまいたいところ!

一口ずつピリ辛な口当たりと、爽やかな酸味が鼻から抜ける何ともエスニックを感じさせる美味しさを楽しむことができますよ!

f:id:yuki53:20171021231814j:plain

トッピングについて

トッピングに入っているのは、まずこちらのマッシュルームが特徴的ですね。

柔らかめに仕上がったマッシュルームは、噛むとじわっとトムヤムクンのスープがしみ出てきます。食感も珍しくアジアンテイストな商品にぴったりのトッピングと言えるのではないでしょうか?

f:id:yuki53:20171021231812j:plain

また、こちらの味付えびは香ばしい風味が良く、酸っぱ辛いエスニックなスープとの相性も抜群ですね!

魚介系の旨味もこのトムヤムクンのスープにはぴったりですからね!なくてはならない具材のひとつかと思われます。

f:id:yuki53:20171021231813j:plain

スープについて

スープはやはり酸っぱ辛い特徴のトムヤムクンスープですが、ほどよくココナッツミルクの風味も利いているためクリーミーさや濃厚さを感じることができます。

この辛味と酸味は不思議なことにクセになります。。何度も感じるこの酸っぱ辛いスープには旨味もありエスニックなスープとしては非常にバランスの良い仕上がりと言えるでしょう!

f:id:yuki53:20171021231815j:plain

まとめ

今回は「カップヌードル トムヤムクンヌードル」を食べてみましたが、酸味が利いたトムヤムクンスープにはしっかりと魚介の旨味が利き、エスニックな美味しい仕上がりとなっていました!

とは言っても…スープの味が特徴的なため好き嫌いが分かれそうではありますが、好きな方にとってはたまらないスープの味わいではないでしょうか?(個人的には好きですね!)

そして、数あるカップヌードルの商品の中でもレギュラー化されているというだけあって、何度もリピートしたくなるのも納得の味わいでした!

そんなトムヤムクンヌードルは私も以前から気にはなっていたんですが…なかなか機会がなくて見送っていたんですよね…今思うと、もっと早く食べておけば良かったと思います。。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.