webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン 食べてみました!あの“キムチの素”を使用したキムチ鍋風ラーメン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン 食べてみました!あの“キムチの素”を使用したキムチ鍋風ラーメン!

2018年1月15日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」を食べてみました。

この商品は、ご存知“カップスター”の誕生43周年を記念して発売されたもので、スープには「桃屋のキムチの素」を使用したキムチ鍋風ラーメンとなっております!

ご覧の通り、パッケージにも“桃屋のキムチの素”を使用したキムチ鍋風ラーメンというこの商品の特徴が確認できます。

f:id:yuki53:20180119152104j:plain

ちなみに、前回ご紹介した「桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!使用 のりしょうゆ味うどん」と同時に発売されたものですね。

実際に食べてみましたが、ほどよい酸味を利かせたキムチの素には、しっかりとポークや鰹といったダシを利かせたスープとの相性も良く、唐辛子の辛みがキムチの素と合わさったバランスが食欲そそる一杯に仕上がっていました!

では、今回はこの「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」についてレビューしてみたいと思います。

サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、カップスターの新商品ということで、桃屋のキムチの素とのコラボ商品となっております。

パッケージ側面にもキムチの素を使用したという記載があり、キムチの素らしく全体を赤で統一されたデザインとなっています。

f:id:yuki53:20180119152103j:plain

また、こちらも“桃屋のキムチの素”についての説明が記載されていますね。
これによるとキムチの素は1975年に発売されたようで、米国のキムチ人気にヒントを得て開発されたとのこと。

f:id:yuki53:20180119152105j:plain

“キムチの素”はもはや説明の必要もないほど、どのご家庭でも目にしたことのあるくらいのロングセラー商品ではないでしょうか?

そんなキムチの素を使用したということですので、仕上がりの味わいもやはり気になるところだと思います。。

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り266kcalとなっております。(塩分は5.3g)

塩分はそれなりといったところですが…こちらもまたカロリー低めな印象ですね!
これもまた“キムチの素”をスープに十分な旨味を利かせているのでしょうか?

f:id:yuki53:20180119152107j:plain

では原材料も見てみます。
スープには粉末キムチ調味料と記載された“桃屋のキムチの素”が確認できます。

また、野菜エキスやポークエキス、かつお節粉末といったポーク以外にも野菜や魚介系の旨味も含んでいるようです。

f:id:yuki53:20180119152106j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り白菜キムチが目立っています!
また、かやくには鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎなんかも入っているようです。

この時点では粉末にしたという“キムチの素”の魚介の旨味というんでしょうか?ほんのり酸味を利かせた良い風味が香ります。

f:id:yuki53:20180119152108j:plain

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!先ほどのキムチの香りに加え、ポークの旨味を利かせた厚みを感じる良い香りが漂う出来上がりです。

f:id:yuki53:20180119152109j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープはさらっとした感じの仕様のようで、キムチの素を使用している割には赤みが薄くも感じられますね。

f:id:yuki53:20180119152110j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…見た目は薄いのかな?と思いましたが、しっかりとキムチの旨味・酸味を利かせたスープには、厚みを感じるポークの旨味がバランス良く美味しく仕上がっています!

この嫌みのない酸味を利かせた“キムチの素”の味わいが、スープに上手くマッチしていてさらっとしたスープではありますが、全く物足りなさを感じさせません!

麺について

麺はご覧の通り、弾力のある中太麺といったところ。

キムチ鍋にはシメにラーメンを入れると合いますからね!今回のカップ麺にもそんな相性の良さを感じさせます。なので…さらにこれに追い飯してみても良いかもしれません。

f:id:yuki53:20180119152114j:plain

トッピングについて

トッピングにはこちらの白菜キムチが入っているんですが、こちらは“キムチの素”との相性ももちろん良く、シャキシャキとした食感がまた今回のキムチ鍋風ラーメンを美味しく引き立てています。

f:id:yuki53:20180119152113j:plain

また、こちらの鶏・豚味付肉そぼろは、最初のうちはまだ少し湯戻しが甘かったせいか…若干硬かったので、旨味をスープに出すつもりで底に沈めておいても良いかもしれません。

そして、しっかりと仕上がってから噛んでみると、肉の旨味がキムチの風味とともに口に広がります!

f:id:yuki53:20180119152111j:plain

一方、こちらのねぎはやや大きめにカットされたもので、こちらもまた白菜キムチの食感とともにシャキシャキとした食感と、ほどよく良い苦みがあり、キムチスープとの相性も抜群です!

f:id:yuki53:20180119152112j:plain

スープについて

スープはご覧の通り、さらっとした仕上がりとなっていますが、今回のカップ麺のメインとも言える“桃屋のキムチの素”が良い味わいを表現しています。

さらにポークの旨味がこのキムチの味わいとの相性も良く、食べ応えのある厚みを感じますね。

f:id:yuki53:20180119152115j:plain

まとめ

今回は「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」を食べてみましたが、“桃屋のキムチの素”を使用したキムチ鍋風というだけあって、シメにもあうラーメンが非常に美味しく馴染んでいました。

様々な料理に応用できそうな“キムチの素”には、キムチの風味・旨味がしっかりと表現されていますからね!王道とも言えるキムチ鍋風ラーメンは万人に好かれる味わいに仕上がっていると思われます。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.