読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

ドキュメンタル シーズン2 第3話「小窓」ネタバレ・感想

ドキュメンタル シーズン2 第3話「小窓」ネタバレ・感想

さて、早くも5月10日からドキュメンタルシーズン2の第3話が公開されました。
今回もあらすじと一緒に感想などをまとめたいと思います。

最初に藤本のインタビューから始まり、何気ない会話で笑わそうとする作戦と話します。バナナマン日村は、笑うこともお笑いには必要だから難しいと話します。

小峠は仕掛けられた時の対処に困る…と話します。
そして、おかしいと思う前に攻めると話すジミーちゃん。。

次に松ちゃんのインタビューです。
お笑いはタイミングってあるからなぁ〜っとドキュメンタルの難しさを語ります。

そして前回のハイライトが少し流れて第3話が始まります。

ドキュメンタル シーズン2 第3話

残り4時間17分くらいです。

大輔が退場となり再開します。
掃除機のくだりは続きます。

日村がやりたがります。
藤本が日村を「きむら」と噛んだことに笑いそうになります。

続いて大島は私がいきます?と言い出します。
小峠がロン毛のカツラを付けて登場しますが効きません。。
再度違うカツラで登場しますが同じく効きません。。

一回目のブザー

次に鎖帷子(くさりかたびら)を頭に被り登場した小峠を木魚を叩く棒で児島が頭を叩きます。すると小峠が普通に痛がります!

そして「痛ってぇ」を連呼したことに児島が笑ってしまいます。
ここで第3話はじめてのブザーが鳴ります。

リプレイを確認してオレンジかイエローなのかを確認します。
イエローなら退場ですが、ギリギリオレンジの判定でした。

津田のオカン

津田が、おかんの歯で面白い写真を出します。
個人的に優勝候補の津田はけっこう攻めますね。
おかしな所に銀歯がある(ど真ん中に細い銀歯)というだけで笑いを誘います。

が!ここでブザーが!
後ろを向いた津田がそこにあった違う津田の母親の写真にジョイマンをコラージュした写真に気付き笑ってしまいます。
しかし、リプレイに笑い顔が映っていないことからセーフとなります。

小窓、そして2人目の退場者

再開します。
大島が何か作ると言い出しラーメンを作り出します。

ここで少しジミーちゃんに疲れが見えます。
しかし空手の格好をしているので何かやりたいがブロックがないと話します。

そこで急に大きな音が鳴ったと思ったら部屋の小窓が開き日村がいい顔をして出します。
変な間があります。笑いを堪えています。
ここで2時間が経ちました。

再度先ほどの小窓が開きジミーちゃんがほぼ裸で登場します。
松ちゃんは「めっちゃアホ」とアカンアカンと大笑いしています。

ジミーちゃんは今ので手首スンや!と訳のわからないことを言います。
次に斉藤が小窓から現れます。

小峠が「〜しか用意してきてないんじゃないかもがもがもが」と噛んでしまい藤本が聞き直したところで児島が笑います。

ここでブザーが鳴りレッドカードとなり退場となってしまいます。

スポンサーリンク

続いて3人目の退場者

再開です。残り3時間46分くらいです。
日村の小窓からの登場をみんなで見ようと言います。(日村の腹踊り)

なんとか堪え、ここで大島が作っていたラーメンができます。
ジミーちゃんが食べます。

「甘っ」と連呼します。またブザーが鳴ります。
大島が仕掛けた罠に自分で笑ってしまい退場となってしまいます。
カップ麺をお湯ではなくオレンジジュースで作ったことが面白くて笑ってしまいましたね。。

3話は展開がテンポよく進みます。
また再開します。残り3時間29分くらいです。

意外とジミーちゃんも残ってますね。

アイスバケツチャレンジから4人目の退場者

斉藤と津田が笑いを誘うために怒鳴ります。
吉村が被り物をして登場しますが、藤原が笑ってない?と言いますが堪えています。

続いて小峠が頭に黒い粉をふりかけますがみんな耐えます。
さらに吉村はホラ貝を吹きます。んー…ちょっと面白くない。。

斉藤は小峠の頭を洗うために台所で水を口に含み霧吹きのように何度もふりかけます。
独特な雰囲気を持ってますね。しかし誰も笑いません。

ここで急に藤本がアイスバケツチャレンジをし出します。
それにジミーちゃんが笑ってしまいブザーが鳴ってしまいます。

ここでジミーちゃんがレッドカードで退場となります。

ちょっとグタグタな時間

また再開となり、日村が吉村にケツバットし悶絶しますが自分は痛くないといい何度も食らいます。。なぜか痕も残っていません。

試しに津田が日村にケツバットしますが当たり所が悪かったせいか痛がります!今の痛いよ!と言い日村が痛がります。笑いそう。。

続いて小峠がパンストを被りもう片方にボールを入れ津田がそのボールを投げ、吉村がそれを打とうとします。

吉村はすでに持ってきた道具を出し切ったと言います。
ここでなぜかマックスのテンションでじゃんけんをはじめます。

と…ちょっとグダグダな時間が流れます。。

5人目の退場者

津田は鈴木雅之のマネをして登場しますが「違う違う」と歌います。
藤本が井筒監督?と聞きますが「違う違う」と歌います。

こういったやりとりを何度もやっているうちに津田自身が笑ってしまいブザーが鳴ります。

あー、津田が退場になってしまいました。。期待してたのに…
ここで第3話が終了します。

まとめ

シーズン1では第3話が一番面白かった印象だったので今回も期待してましたが、面白くはあるものの大きな笑いはなかったように思われます。

そして個人的に期待していた津田が退場してしまったことはちょっと残念でしたが…恐らく次が最終だと思われますので、また次の配信を楽しみにしたいと思います。それでは!

シーズン2 第1話「新たなる闘いのはじまり」
シーズン2 第2話「激しい攻防戦」
シーズン2 第4話「迫り来る時間」
シーズン2 第5話「最後の勝者」

スポンサーリンク

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.