webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

ゴーゴーカレーのカップ麺!「ゴーゴーカレー カレーヌードル」食べてみました!濃厚なカレーがカップ麺に登場!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴーゴーカレーのカップ麺!「ゴーゴーカレー カレーヌードル」食べてみました!濃厚なカレーがカップ麺に登場!

2018年1月16日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「ゴーゴーカレー カレーヌードル」を食べてみました。

この商品は、金沢カレーの有名店「ゴーゴーカレー」を“カレーヌードル”としてカップ麺限定で商品化されたものです!

ご覧の通り“カップ麺限定”という文字と、こってりとした感じのスープが麺に絡む画像が確認できますね!

f:id:yuki53:20180116222202j:plain

このゴーゴーカレーに関しては以前、こちらのレトルトを食べたことがあったので、北海道に店舗がないものの…店名自体は知ってはいたんですが、ゴーゴーカレーの特徴である非常に濃厚でどろっとした仕上がりは今回のカップ麺でも健在のようです!

blog.webproduct-lab.com

フタにはゴーゴーカレーのイメージであるゴリラの画像が、ご覧のように黄色いパッケージとのコントラストが強いため、陳列されているコンビニ店内でも非常に目立っていました!

そして、“金沢カレーブームの火付け役”との文字も記載されていますね。
監修ももちろんゴーゴーカレーとなっております。

f:id:yuki53:20180116222201j:plain

ちなみにこの商品はローソン限定で、数量も限定のようなので今回の記事を参考にぜひ試してくださいねー!

では、今回はこの「ゴーゴーカレー カレーヌードル」についてレビューしてみたいと思います。

ゴーゴーカレー カレーヌードルについて

今回ご紹介するカップ麺は、金沢カレーの人気店「ゴーゴーカレー」をカップ麺限定で再現されたカレーヌードルということで、ご覧の通りパッケージ側面にも“黒くスパイシーな濃厚カレースープがクセになる!”とのゴーゴーカレーの特徴である紹介文が記載されています。

f:id:yuki53:20180116222203j:plain

後ほど詳しくご紹介しますが、非常に濃厚なスープはもはやスープというより…ルーと言って良いほどの仕上がりとなっておりますので、このコピーも決して言い過ぎではありません!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り484kcalとなっております。(塩分は5.1g)

かなり濃厚な一杯でしたので、カロリー・塩分ともに高めな印象でしたが、そこまで高いわけではないようですね!

f:id:yuki53:20180116222204j:plain

では原材料も見てみます。
スープには香辛料やポークエキス、野菜エキスといったポークや野菜の旨味を利かせたスパイシーなカレーの味わいを想像させる材料が確認できます。

また、油揚げめんの項目に並ぶ粉末野菜や、チキンエキスといった材料も気になりますね。

f:id:yuki53:20180116222205j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやくとして入っている味付豚肉とキャベツがスパイシーな風味のカレーの粉末とともにすでに入っています。しかもけっこう量は多めのようです!

f:id:yuki53:20180116222206j:plain

風味は香辛料の利いたスパイシーな香りに加え、豚のほんのりとした甘みを感じます!

そして、この時点では具材が多いので麺が確認できませんが…非常に太い麺で濃厚なスープに負けじと強いコシを想像させる仕様のようです。

f:id:yuki53:20180116222207j:plain

調理してみた

では熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!お湯をかなり吸っていて底にカレーの粉末が溜まっていることが想像できますね。。

そしてスパイシーな風味がたまらない食欲そそるカレーの香りが漂います。

f:id:yuki53:20180116222208j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
カップ麺側面にも記載されていましたが、“よくかきまぜて”いただきましょう!

ご覧の通りスープは、かなり濃厚さを伺える黒い色をしています!

f:id:yuki53:20180116222209j:plain

やはり底はかなりカレーの粉末が溜まっていたようで、かなりドロッとしていましたが、よーく底からかきまぜて出来上がりです!

お湯の減りからして、どれほど濃厚なのかがわかりますね!

f:id:yuki53:20180116222210j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…凄い豚の旨味・甘みを感じます!さらに野菜の旨味も非常に利いていますね!

今回のカップ麺は決して辛いカレー味ではなく、旨味の詰まったスパイシーな風味が食欲そそる仕上がりといった味わいで、食べ応えのある濃厚な一杯となっております!

麺について

麺はご覧の通り非常に強いコシを感じる太麺で、濃厚なスープがよく絡みます!
なので、ほどほどな勢いですすらないと…カレースープを飛ばすことにもなりかねません。。

f:id:yuki53:20180116222213j:plain

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの味付豚肉が入っているんですが、こちらは量は多いもののやや小ぶりといったところで、味付け自体は甘めとなっているようです。

そのため、噛むと豚の旨味に加え甘めの味付けが、ポークや野菜の旨味を利かせた濃厚なスープと絡むことによってまた違った味を楽しむことができます。

f:id:yuki53:20180116222212j:plain

また、こちらのキャベツも今回の野菜の旨味を利かせたスープとの相性ももちろん良く、シャキシャキとした食感がまた、ドロッとした濃厚なスープに良いアクセントとなっているようです。

f:id:yuki53:20180116222211j:plain

スープについて

スープは先ほどからお伝えしている通り、とにかく非常に濃厚です!
そして食べ進めていくとその粘度はどんどん増していきます。

そんな食べ応えすら感じてしまいそうなスープには、しっかりとポークと野菜の旨味が利いていて、人によっては少し甘く感じる方もいらっしゃるかもしれません。。

それもそのはず、ゴーゴーカレーのルーは、店名の通り55の工程を5時間かけて煮込み、さらに55時間も寝かすという徹底した製法によって作られているとのことですので、旨味が凝縮された濃厚なスープに仕上がっているのも納得です!

f:id:yuki53:20180116222214j:plain

ご覧のように、最後の方にもなるとスープは麺にドロッと絡み付きます!!

f:id:yuki53:20180116222215j:plain

まとめ

今回は「ゴーゴーカレー カレーヌードル」を食べてみましたが、ポークと野菜の旨味がこれ以上ないほど凝縮された濃厚な一杯は、非常に強い食べ応え・満足感を感じさせてくれる味わいに仕上がっていました!

内容量として麺は80gと決して多いわけではないんですが…なんせスープが超濃厚なため、カップ麺を持つとずっしりとした重量感がスープの濃厚さとボリュームを体感できるかと思いますよ!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.