webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

柿崎商店 海鮮工房でウニ丼を食べてきました!今年も美味い旬のウニ!

スポンサーリンク

柿崎商店 海鮮工房でウニ丼を食べてきました!今年も美味い旬のウニ!

今年も行ってきました!柿崎商店のウニ丼です!
ここ最近は毎年、ウニの旬には柿崎商店の海鮮工房でウニ丼をいただいております。

そして今年こそは赤ウニを注文しよう!ということで本日行ってきました。

blog.webproduct-lab.com

blog.webproduct-lab.com

ちなみに白ウニとはムラサキウニのことで、赤ウニがバフンウニです。
ムラサキウニの方が色が黄色っぽいというか赤ウニと比べて色素が薄く、味の方は赤ウニの方が断然濃厚なものとなっています。

形はムラサキウニの方が良かったりもするんですが、やはり値段も高い赤ウニも食べてみたいと思いますよね?

では、今回はこの「柿崎商店のウニ丼」についてレビューしてみたいと思います。

柿崎商店のウニ丼について

今回は11時少し過ぎた頃に到着しましたが、第二駐車場も満車寸前といった状態で何とか停めることができました。(開店は10時です。)

このオレンジの目立つ建物が目印ですね。

f:id:yuki53:20170805155124j:plain

柿崎商店のウニ丼は2階の海鮮工房で食べることができます。こちらの暖簾をくぐって上に登りましょう。

f:id:yuki53:20170805155420j:plain

階段を上る手前には簡単なメニューが置かれていますね。

f:id:yuki53:20170805155602j:plain

メニュー右下には白ウニと赤ウニの簡単な違いなんかも表示されています。

  • 白うに…まろやかな口どけ
  • 赤うに…とってもクリーミー

柿崎商店 海鮮工房のウニ丼だけはいつも時価なので本日の値段が気になるところです。。

注文してみました

今回は昼時よりも少し早かったせいもあり階段の上の辺りまでしか並んでいませんでした。

店内に入りメニューを見てみます。
柿崎商店の海鮮工房って量・質ともに満足できるのに安いんですよね!

f:id:yuki53:20170805160018j:plain

ご覧のようにサンプルがずらっと並びます。
去年は中とろ丼を食べたので、今年はウニ丼と何を注文しようか迷います。。かに丼なんかも良いですね!しかも安い…!

そしてウニ丼の値段には時価と表示され、「ねだんは上を見て下さい」と書かれています。

f:id:yuki53:20170805160042j:plain

では、本日の時価の値段を見てみます。
するとこちら!赤折丼で5,660円です…!ちょっとひるみましたがせっかくなので今年はこちらの赤折丼を注文しました!!

f:id:yuki53:20170805160430j:plain

あとは子どももいるのでサーモンといくらの「いとこ丼」と「イカ刺し」を注文しました。

そして会計をする際に+50円で酢飯にするかどうかを聞かれるので、いとこ丼は酢飯にしてもらい、ウニ丼をどうするか迷っていると店員の方が「ウニは普通の方が味がよくわかって美味しいですよ」と教えてくれたので、今回はそのようにしてもらいました。

店内について

店内はご覧のように広々としていますが、今回はすでに満席でしたので店員さんが隣がまだ空いているのでそちらへどうぞ、ということでそちらにしてもらいました。(※隣も同じくらいの広さでした。)

f:id:yuki53:20170805160959j:plain

そして食券には番号が書かれているので、店員さんは番号を呼びながら注文したメニューを運んできてくれます。んー…かなり高い昼ご飯となりました。。

f:id:yuki53:20170805161333j:plain

スポンサーリンク

ウニ丼について

しばらくするとウニ丼が運ばれてきます!

想像していたものよりもバフンウニと思えるほど形がしっかりとしていました。
そしてこちら!とろけます!!もの凄い濃厚でウニの良い香りが美味すぎます!

f:id:yuki53:20170805161529j:plain

そして食べ進めていくとやはり白ウニと違って少しずつ溶けてきますね!

これ、海苔がご飯の上に乗っているんですが会計時に海苔抜きにしてもらっても良いかもしれません!美味しいウニの濃厚な味付けだけで十分です!

f:id:yuki53:20170805161723j:plain

量も十分満足できるもので、家族3人で美味しい〜!と箸が止まりません。

f:id:yuki53:20170805161844j:plain

ウニ自体のボリュームもあるので、贅沢に食べてみます…!この味を知ってしまったら来年から白ウニに戻せないなぁ。。

f:id:yuki53:20170805162318j:plain

そして、あっという間に完食です。今回の赤ウニ丼はかなり満足することができましたね。

f:id:yuki53:20170805162543j:plain

いとこ丼について

そしてこちらの「いとこ丼」はこのボリュームで1,200円とかなりリーズナブルです。

f:id:yuki53:20170805162629j:plain

いくらは食感も良く、何と言っても味付けがしょっぱ過ぎずいくら本来の美味しさを引き出されています。これは子どもも好きですからね!ぱくぱく食べてました。

f:id:yuki53:20170805162717j:plain

そしてこちらのサーモンもかなり厚く切られてきて凄いボリュームです。
こちらも醤油に付けると脂が滲んでくるほどの旨味があり非常に美味しいです。

f:id:yuki53:20170805162830j:plain

やっぱりサーモンといくらは酢飯にもよく合いますね。

イカ刺しついて

そして今回注文したこちらのイカ刺しです。
こちらは去年は380円だったと思うんですが…値上げしたのかな?ま、それは良いとして。

透明とまではいきませんが、甘くて子どもでも十分噛みきれるほどのものでした。
ということでうちの子どもは、ウニ・サーモン・いくら・イカの小さな海鮮丼を完食です!

f:id:yuki53:20170805163427j:plain

このイカも美味しいですね…そう言えば2年前に食べたイカ焼きも美味しかったですが今回はメニューにありませんでした。

f:id:yuki53:20170805164037j:plain

そして帰る頃には階段の真ん中くらいまで行列ができていました。
混んでいる時は1階の外にまで行列が伸びていることもよくあります。時間を少しでもずらして行った方が良いでしょう。

f:id:yuki53:20170805170927j:plain

一階の柿崎商店について

そして一階には柿崎商店として海産物を中心に食品の買い物もできます。

見てみると意外と安いんですよね。そのため近くの海で焼肉をするための買い出し中と思われる方も多く見かけます。

f:id:yuki53:20170805164639j:plain

ウニもご覧のようにずらっと並びます。
観光客らしき方も多いようでけっこう買ってましたね。赤折ウニはさすがに高い。。

f:id:yuki53:20170805165009j:plain

まとめ

今回は「柿崎商店のウニ丼」を食べてみましたが、赤ウニは濃厚な味とウニの良い風味がたまらない美味しさで非常に満足することができました。

他のメニューも美味しい割に意外と安かったりしますからね!来年もまた必ず訪れたいと思います。

やはりウニは旬にいただきたいですね!ということで来年は赤ウニと白ウニのどちらにするのか今から迷っています。。

では、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

柿崎商店 海鮮工房 店舗情報

北海道余市郡余市町黒川町7-25

TEL:0135-22-3354(予約不可)
※駐車場は店舗横に数台分と、店舗横の道を入ってすぐ左手にも第二駐車場が用意されています。
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

スポンサーリンク

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.