webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

ペヤング パクチーMAXやきそば 食べてみた感想まとめ!

スポンサーリンク

ペヤング パクチー食べてみた感想まとめ!

コンビニでも売り切れ続出?ペヤング パクチーMAX食べてみました!

感想や口コミなどの反響が非常に大きなこの商品ですが。。商品名を聞くだけで普通の方なら絶対に手を出さない一品ではないでしょうか?

私は、このペヤング パクチーをたまたまヴィレッジヴァンガードで見つけて、面白そうなので恐る恐る…食べてみることにしました。
※商品ページによると、2016年12月19日に発売されていたようです。

といっても、私はもともとパクチーは食べたことがなかったんですが、最近こちらのお店でパクチーを食べる機会がありまして、テレビなんかでよく聞く、絶対無理。。みたいな感じは特にしなかったので、正直軽い感じで食べてみようと思っていました。

blog.webproduct-lab.com

パクチーを食べる機会ってあまりありませんからね!
ということで、今回はこちらのペヤング パクチーMAXについて感想などまとめてみたいと思います!

ペヤング パクチーの中身は?

では、さっそくフタを開けてみます。。

f:id:yuki53:20170212212059j:plain

入っているのは「かやく」と「やきそばソース」のみですが、もちろんかやくの中身はパクチーのみです!そしてやきそばソースと表示されているソースも中身は不明です。。

公式の商品ページを見てみると…

添付調味料(糖類、食塩、魚醤、たん白加水分解物、植物油脂、香辛料、ガラスープ、ジンジャーパウダー、えびエキス、レモン果汁、ガーリックパウダー)

引用:ペヤング パクチーMAXやきそば  |  まるか食品株式会社

ということで、魚介系の酸っぱいソースといった感じでしょうか?何となくタイ?のような雰囲気が予測できますね。ちなみにカロリーは481kcalとなっています。 

調理してみました

何はともあれ、調理してみます。
調理といっても、パクチー100%のかやくを入れて熱湯を注ぎ3分待つだけです。

固めの麺が好みなので、調理時間は少し短めでフタを開けてお湯を捨てます。
そして出来上がったのがこちらです!

パクチーはお湯によって増えるのかな?と思ってましたが、そんなこともなく意外と見た目としてのインパクトはそこまでパクチーMAXというわけではありませんでした。

f:id:yuki53:20170212213125j:plain

かやくを入れた時は、パクチーが湯切りの際に流れてしまうのではないか?と心配してましたが、意外と無事でした。。

そして、何より出来上がった時の臭いがもの凄いです!!
かやくのパクチーをお湯で戻す事によって、パクチーの臭いが漂ってきます。。

食べてみた感想

もう…吐き気すら覚える強烈過ぎるパクチーの臭いは、パクチー平気かも?くらいの免疫では全く話になりませんね。。

完全に舐めてました。。ただの“パクチー味”と考えていたら痛い目に合います!味なんかよりも臭いすべてがパクチーです!しかもかなり強烈な臭いです!

麺上げしてみると…

麺にいくつもの細かいパクチーがまとわりついてきますね。。
酸っぱいようなソースにもパクチーの臭いが付いているようで。。口いっぱいに広がります。これ激辛よりもきついかもしれないです。。

f:id:yuki53:20170212214206j:plain

何口か食べてみましたが、つらいです。。
しかし、せっかくのパクチーMAXなので、鼻をつまみつつも食べ進めます。。

そして何とか完食しました!

臭いの回避法はないのか?

ここで、「ペヤング パクチー」を買っておいてこんなことを言うのも何ですが。。
この強烈な臭いはどうにかならないのか?と探してみると意外にも試している方がいるようですね。

rocketnews24.com

実際に食べてみると、味そのものにはそこまで特徴のあるものではないので、何か味の濃い調味料なんかを足してみると食べやすくなるのかもしれませんね。

そうです!主役となってしまっているパクチーを脇役にすることができる調味料があれば、もう少しは美味しくいただけると思いますので色々と足して試してみると面白いかもしれません。

感想まとめ

このペヤング パクチーMAXは強烈でしたね!もはやネタや罰ゲームとして食べられるのではないでしょうか?もれなく盛り上がりそうです。

パッケージのようなさわやかなイメージとは裏腹に、パクチーの臭いが襲いかかってきます。そして私は、食べ終えてからもしばらくはパクチーの臭いが口の中から消えませんでした。。

また、こちらのペヤング「背脂MAX」や「納豆」や「激辛」もぜひ参考にしてみてください。

blog.webproduct-lab.com

blog.webproduct-lab.com

blog.webproduct-lab.com

最後に少し余談ですが、「パクチー」ってタイ語なんですね?知りませんでした!英語では「Coriander」というみたいです。
参考:コリアンダー - Wikipedia

気になる方はぜひ食べてみましょう!一度は試してみるべきです!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.