読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

映画「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」ネタバレ感想まとめ

映画・ドラマ

映画「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」ネタバレ感想まとめ

本日公開の映画「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」先ほど見てきましたー!

映画魔法つかいプリキュア!


うちの3歳の娘はプリキュアが大好きなので、特典付きの前売り券も発売と同時に買っておきました。さらに、席を早めに決めておきたかったので、上映時間が決まったら事前に発券も済ませておきました!

webproduct-lab-blog.hateblo.jp

思えば、前売り券発売開始から娘も3ヵ月以上楽しみにして待っていたので、前の日からワクワクしてました!

本日公開ということでしたので、混んでるかなー?と思ってましたが…こないだ行ったアンパンマンの映画ほどではありませんでした。

ということで、ネタバレ含む映画の感想をまとめてみたいと思います!

あらすじは?

最初に、同時上映の「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!」という短編動画が流れます。

ここでは主に、中学生以下の子どもが入場時にもらえるミラクルモフルンライトの使い方についての説明のようなもので、主に3D・3頭身のみらいとモフルンが登場します。

f:id:yuki53:20161029161325j:plain

ミラクルモフルンライトは子ども用なので小さく、白いボタンを押すと丈夫の透明のモフルンの部分が光ります。

ボタンはオン・オフではなく押しっぱなしで光るものなので、ライトが付けっぱなしといった心配もありません。主に上映中にプリキュアを応援する時に使います。

この短編映像は内容も非常に短く、5分程度で終わります。
そして、続いて本編へ進みます。

大魔法フェスティバルの開催

どんな願いも叶えてくれる「願いの石」の復活を祝う大魔法フェスティバルが開催されることを校長から知らされたみらい・りこ・はーちゃん・モフルンはこのフェスティバルに参加します。

フェスティバルといってもお祭りのような感じで、その中でメインは願いの石が復活する時にみんなで願いを込めて祈るというもので、その中から一人だけ選ばれ、願いの石の力によって本当に願いが叶うというものですが、なんと今回選ばれたのはモフルンでした!

モフルンの願いは?

そして気になるモフルンの願い事はというと?「特にない」でした。。
モフルンは、みらいとりことはーちゃんの願いを叶えて欲しいと言います。

しかし、みんなはせっかくだからモフルンの願いを叶えた方が良いのでは?と持ちかけます。そして、特に願い事が見当たらないモフルンが考えているとそこに見た目はクマの「ダークマター」が現れます。

ダークマターの願いは?

そして、ダークマターは願い事の見当たらないモフルンに、だったら自分の願いを叶えろ!と言い出します。そして、その願いとは「すべての魔法使いを消し去る」というものでした。

しかし、願い事は選ばれたものしか叶わないため、ダークマターはその場から願いの石を奪い、モフルンを連れ去ってしまいます。

ここで、みらい・りこ・はーちゃんはダークマターと戦いますが、全く歯が立ちません。ボコボコにやられます。。

モフルンの行方は?

気を失っていたモフルンが目を覚ますと、そこにはダークマターがいました。
そのダークマターに恐がり・驚いたモフルンはその場から走って逃げ出します。しかも逃げ切ります!

そして、迷い込んだ森の中で多くのクマと出会い、なぜかそのクマたちと戯れます。もうみらいのことを忘れてしまったのか?帰る気はもうないのか?というほど楽しみます。。

そうして森を歩いてると、一匹の黒いクマ「クマタ」と出会います。
このクマタはクマなのに魔法が使えます。そのことを理由にまわりから怖がられ、孤立しているようでした。しかし、モフルンは普段から魔法に慣れているため、全く怖がることなくクマタに接します。

クマタの正体は?

そんなモフルンにクマタは、ずっとここにいてほしいと申し出ますが、モフルンはやっぱり帰ると言います。ここでようやく帰る気になったようです。

そのモフルンに怒り出すクマタの正体は実はダークマターでした。
ダークマターは今まで、魔法が使えると知ったら離れていく周囲の反応に苛立ち、モフルンも同じか?と逆上します。

そこにモフルンを探していたみらい・りこ・はーちゃんが現れます。

モフルンがプリキュアに?

この場面では、ダークマターが操る黒いドラゴンは、はーちゃんが相手します。
そして、ダークマターはりこが相手となり、みらいをモフルンのいる場所へ行かせます。

そして、モフルンと出会うことができたみらいは、一緒に帰ろうと言いますが、モフルンはここに残ると言い出します。それはダークマターが強すぎるためであって助けに来る3人に危害が及ばないようにするためだったんだろうと思います。

そこにダークマターがやって来ますが、やっぱりみらいと一緒にいたいモフルンは強くその思いを願いに込めます。
するとここで、この映画の見所のひとつ、願いの石によってモフルンがプリキュアになっちゃいます!

プリキュアになったモフルンはしゃべり方がそのままなので、違和感が凄いです。。
そのモフルンがひとりでダークマターと戦いますが、めちゃくちゃ強いです。。

そして、その隙に捕まり眠っていたりこの目を覚まし、はーちゃんも黒いドラゴンを目覚めさせ(黒いドラゴンの正体は、フェスティバルのショーにいた白いドラゴンでした)、手なずけて到着します。

しかし、ダークマターの一撃でモフルンがやられてしまいます。
モフルンは普段のぬいぐるみとなり、返事もしなくなってしまいました。

ここで、ダークマターは魔法使いが消えれば良いと思っていたけど、本当はただ友達が欲しかっただけという自分の気持ちに気付き、自然とモフルンを傷つけてしまったことに対して涙します。

クマタの今までの憎しみが具現化される

そして、ダークマターの姿も可愛らしいクマタの姿となり、もう魔法も使えなくなってしまいます。

その後、クマタの今までの憎しみなどは具現化され暴走し、クマタの意志ではもうどうすることもできない敵を作り出してしまいました。

今度はその敵を相手に戦うことになりますが、モフルンがいないためみらいとりこはプリキュアに変身することができません。
しかし、みんなはキュアップ・ラパパ!を唱え続けます。するとみんなの思いと願いの石によって再びモフルンを蘇らせます。

あとは、4人のプリキュアがよってたかってひとりの敵をボコボコにします。

 

見た感想

うちの3歳の娘は、後半少し飽きて落ち着かなくなってきましたが、けっこうちゃんと見ていましたね。
映画が映画なだけに子どもだらけで賑やかな映画館でした。

そして気になるプリキュアになったモフルンですが、100年に1度だけ復活する願いの石によってプリキュアになることができたため、恐らく今回の映画だけのものでしょう。

ちなみに入場時にこちらの「キラキラ招待状シール」もプレゼントでもらえます。
モフルンライトもそうですが、数に限りがあるそうなので、早めに映画館に足をはこんだ方が良いかもしれません。

f:id:yuki53:20161029171615j:plain

 

そして、映画館で飲み物を買ったんですが、オリジナルのタンブラーが販売されていました!サイズはMくらいで800円と少々高いですが、せっかくなので買いました。みんな持ってましたね。。

f:id:yuki53:20161029170206j:plain

最後に、来年の春にまたプリキュアの映画が上映されるようですが、今回はオールスタープリキュアではなく、また新しいストーリーとなるようです!楽しみですねー!

以上、映画「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」を見たネタバレ感想でしたー!

追記1:ハッピーセットのおもちゃにプリキュアが登場しました。おもちゃは全6種類あり、数に限りがあるので欲しい方はお早めに!

webproduct-lab-blog.hateblo.jp

追記2:映画プリキュアドリームスターズ観てきました!感想はこちら!

blog.webproduct-lab.com

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.