webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

ほしい物リストが届いた!シューズドクターを使って靴底を補修してみました!

ほしい物リストが届いた!シューズドクターを使って靴底を補修してみました!

昨日、amazonからの荷物で不在通知が届いていました。
私はamazonと楽天を頻繁に利用していますが、この不在通知に関しては注文履歴を確認しても届く荷物がありませんでした。。

最近、読売新聞の勧誘で嫌な思いもしたので(気になる方は検索してみてください)…少し心配していました。

そして、今朝9時頃にその気になる荷物が届きました!

届いた箱は小さめで恐る恐る中を空けてみると…

f:id:yuki53:20161105114439j:plain

すぐにピンときました!!
そう!私が公開していたamazonのほしい物リストだったんです!

ほしい物リストで届いたのはこれが初めてだったので、全然気付きませんでした。。
送り状を見ても、送り主にはamazonとしか明記されていません。

どなたか存じませんが、送っていただいた方ありがとうございました!

ということで、さっそくこのシューズドクターを使って靴底を補修してみたいと思います!

シューズドクターとは?

シューズドクターとは、セメダインが発売する靴の底を補修するものです。

www.cemedine.co.jp

靴底は気にして歩いているつもりだったんですが、どうしても減るんですよね。。
で、これをどうにか補修できないかと色々探してみて見つけたもので、そのうち買おうと思ってほしい物リストに入れておいたんです。

そして、用途は靴底を補修する以外にも新しい靴底に塗って、すり減りを防止するといった使い方もあるようです。

では、実際の使い方をご説明していきます。

テープで型を作る

まずは付属の型をテープで止めます。

f:id:yuki53:20161105122130j:plain

靴底に合わせて型を切って調整しました。

補修剤を塗っていく

続いて補修剤をもりもりっと塗っていきます。
1回に行う補修の厚さは硬化時間の関係で約4mmとありましたが、今回は週末で充分時間があったので一気に補修します。

f:id:yuki53:20161105122642j:plain

へらを使い隙間を埋める

補修剤を塗ったら次に、付属のへらで隙間を埋めていきます。

f:id:yuki53:20161105123252j:plain

乾いて硬化した後にやすりで調整することができるので、少し多めに補修剤を塗ります。硬化時間は約24時間(気温23℃、湿度50%)が必要です。

f:id:yuki53:20161105123635j:plain

今回は、1日半ほど放置することができるので、充分な硬化が期待できます。
気になっていたので仕上がりが楽しみです!

 

最後に

このように、シューズドクターを使っての靴底の補修は簡単です。
裏面にもわかりやすく説明が記載されていますので、これを見ながらやってみると良いでしょう。

靴を修理に出すと数千円かかりますが、このシューズドクターを使えばかなり安く補修することができちゃいます!

f:id:yuki53:20161105124605j:plain

最後に送っていただいた方、本当にありがとうございましたー!!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.