きょうも食べてみました!-webproduct-lab-blog-

新商品のカップ麺や、美味いラーメン店などなど…実際に食べた気にさせるようなリアルなレビューを心がけたブログでございます。m(_ _)m

凄麺 横浜とんこつ家 食べてみました!家系の濃厚な豚骨醤油を再現したカップ麺!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:yuki53:20180114135922j:plain

ヤマダイから発売中の「凄麺 横浜とんこつ家」を食べてみました。

この商品は、“凄麺”のご当地シリーズのひとつで、横浜の「家系」と呼ばれる濃厚な豚骨醤油味を再現したという商品です!

家系のカップ麺と言えば「六角家」や「麺ニッポン 横浜家系ラーメン」など人気ですからね!こちらも個人的に気になっていた商品のひとつです。

実際に食べてみましたが、家系のあの特徴的な鶏油(チーユ)の感じが抑えられている印象の豚骨醤油スープはしっかりと豚骨の旨味があり、非常に飲みやすい家系に仕上がっていました!

ちなみに新商品ではないためコンビニでは取り扱っていないと思われますので、スーパーや通販で購入することができます。
では今回は、この「凄麺 横浜とんこつ家」についてレビューしてみたいと思います。

凄麺 横浜とんこつ家について

今回ご紹介するカップ麺は、現在発売中の“家系”のカップ麺のひとつで、その名も“横浜とんこつ家”とストレートに豚骨醤油味を想像させる商品名となっております!

ご覧の通り、パッケージによると…家系の独特な極太麺を再現したと思われるノンフライ麺や、“大きめ海苔”と記載されている3枚の海苔など家系ならではの特徴が確認できます。

f:id:yuki53:20180114135906j:plain

やはり家系のラーメンは、豚骨醤油をベースに鶏油を合わせることによる絶妙なバランスがクセになる味わいを楽しませてくれますからね!

このスープに関しては、ご覧の通りフタの裏面にもこだわりが記載されています。
これによると…濃厚な豚骨醤油味を専門店にも負けない味わいにパワーアップさせ、豚骨ベースのスープには超特撰醤油を合わせたことで濃厚に仕上げたとのこと。

また、鶏油を加えて家系らしい深みのある風味を再現しているようです。

f:id:yuki53:20180114135920j:plain

これは…今回の商品に関しても家系ならではの濃厚さや、味わいの仕上がりが気になるところです。。

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り410kcalとなっております。(塩分は6.6g)

思っていたよりもカロリーは低めとなっているようです。
また、めん・かやくの塩分は低い反面、スープの塩分がかなり高く感じられますね。。

f:id:yuki53:20180114135907j:plain

では原材料も見てみます。
スープには、ポークエキスやニンニクペーストといった家系の豚骨醤油を想像させる材料が確認できます。

また、動物油脂や食用風味油といった記載がありますが、鶏油はどれにあたるんでしょうか?直接「鶏油」とは記載されていないようです。

f:id:yuki53:20180114135908j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り2種類のかやく、液体スープ、焼のりといった4つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20180114135909j:plain

そして、麺はご覧の通り家系の極太な麺をイメージしたノンフライ麺となっています。
やや平麺にも見える独特な仕様となっているようですね。

f:id:yuki53:20180114135910j:plain

調理してみた

ではまず、2種類のかやくから入れてみます。
かやくには味付豚肉、ねぎ、そして家系の特徴のひとつほうれん草がブロック状で入っています。

f:id:yuki53:20180114135911j:plain

熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!あれ?お湯の量を間違えたかな?と思うほど麺がスープに沈んでいます。。

ちなみに液体スープは念のためフタの上で温めておきましたが、意外とさらっとしたもので、豚骨を利かせた醤油の良い香りが漂います。

f:id:yuki53:20180114135912j:plain

そして、よーくかき混ぜたら最後に家系らしく焼のりを添えて完成です!

f:id:yuki53:20180114135913j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…濃厚ではありますが、家系の割にはあっさりとした印象の味わいとなっているようです。(これ…お湯少なめで作って後で調整してみても良いかも?)

そして、鶏油も利かせてはいるものの、そこまで強い主張はしていないように感じられますので、その辺りもあっさりとした味わいを感じさせるのかもしれません。

麺について

麺はご覧の通りかなり太い麺で、コシもあり非常に美味しい麺となっております。
この太麺が家系独特の豚骨醤油スープに絡み、鶏油と合わさった良い風味が一口ずつ楽しめます。

f:id:yuki53:20180114135916j:plain

せっかくなので、焼のりで麺を巻いてみると…豚骨醤油スープに海苔の良い風味がプラスされ、また違った美味しさを楽しめます!

f:id:yuki53:20180114135917j:plain

トッピングについて

続いてトッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っているんですが、こちらは若干小さめではありますが、しっかりと肉質を感じる仕上がりで、味付けも今回の豚骨醤油スープに負けじと甘めの濃い味となっているようです。

f:id:yuki53:20180114135914j:plain

また、こちらのほうれん草はスープに家系独特の風味をプラスし、味の方もしっかりと本来の味わいを再現されているようです。

f:id:yuki53:20180114135915j:plain

ご覧のように、ほうれん草や味付豚肉を麺と一緒に濃厚な豚骨醤油スープに絡めて食べてみると、まさに家系の旨味・風味を楽しむことができますよ!

f:id:yuki53:20180114135919j:plain

スープについて

スープはご覧の通り、表面には鶏油が浮いていないことから、そこまで脂っこさというか…濃厚さは感じられませんが、しっかりと家系ならではの風味は再現されいていると思われます。

そして、スープを飲んでみると、全くと言っていいほど臭みのない豚骨の旨味を利かせているため、飲み心地はさっぱりとしていてもスープには厚みを感じる美味しい仕上がりとなっております!にんにくを追加したらもっと良いかも?

f:id:yuki53:20180114135921j:plain

そして、この豚骨を利かせた家系の独特な美味い醤油スープには、ご覧のようにスープに浸した焼のりでご飯を巻いて食べてみると…これまた合うんですよねー!美味い!

f:id:yuki53:20180114135918j:plain

まとめ

今回は「凄麺 横浜とんこつ家」を食べてみましたが、豚骨の旨味を十分に利かせた醤油スープは濃厚ではありますが、鶏油がそこまで強く利いていないせいかさっぱりとした家系を再現した一杯でした。

個人的にはもっとギトギト系のこってりとした仕上がりを期待していましたが、醤油の強いキレにじんわりと感じる豚骨の旨味は、家系ならではの美味しさがありましたね!

さらに、そこに鶏油が加わることによる独特な風味がたまらない味わいは、家系のカップ麺の中でも食べやすい商品ではないでしょうか?

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.