webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

田中商店 旨辛濃厚豚骨 食べてみました!唐辛子による挽肉を加えたピリ辛濃厚豚骨ラーメン!

スポンサーリンク

f:id:yuki53:20171202174153j:plain

2017年11月27日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「田中商店 旨辛濃厚豚骨」を食べてみました。

この商品は、東京都足立区に本店を置く博多長浜ラーメンで人気の「田中商店」の豚骨ラーメンに人気のトッピングの“赤オニ”を加えた味わいを再現したものです!

ご覧のように、唐辛子による挽肉「赤オニ」によって濃厚豚骨ラーメンが旨辛な味わいになることが記載されていますね!

f:id:yuki53:20171202174141j:plain

ちなみに、田中商店と言えば以前、こちらの記事でもご紹介したように“彩未”とのコラボ商品を発売していたことが記憶に新しいかと思います。

しかし、この商品は濃厚なスープが特徴的だったものの、個人的にはちょっと濃厚過ぎたというか…スープがどろっとした印象で、今ひとつすっきりとした感じがなかったので、今回の商品ではどれほど“赤オニ”の唐辛子が濃厚な豚骨スープを引き締めているのかが気になるところです。

blog.webproduct-lab.com

さらに、実店舗では「呼び戻し」という手法でスープを継ぎ足して作られる濃厚かつキレのある味わいのようですので、この豚骨のキレにも期待したいと思います!

では、今回はこの「田中商店 旨辛濃厚豚骨」についてレビューしてみたいと思います。

田中商店 旨辛濃厚豚骨について

今回ご紹介する“旨辛濃厚豚骨”を監修した「田中商店」とは、ご覧の通りパッケージにも記載されていますが、東京に本店を置く豚骨ラーメンの名店です。

そして、今回のカップ麺は“赤オニ”が入った仕様となっていますが、通常の豚骨ラーメンは以前発売されていたようです。

f:id:yuki53:20171202174140j:plain

そして豚骨ラーメンが人気の田中商店なんですが、「つし馬」や「田中屋」といったグループ店舗を展開していて“中華そば”なんかもやっているとのこと。

その一覧がご覧のようにカップ麺側面にも記載されていましたが、公式ページを確認してみると“田中商店”は台湾にも出店しているようですね。

f:id:yuki53:20171202174144j:plain

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り472kcalとなっております。(塩分は6.4g)

このカップ麺のサイズは縦型ビッグとなっていますので、それなりに高めには感じられます。ま、最近のカップ麺の傾向としては平均的ではないでしょうか?

f:id:yuki53:20171202174142j:plain

では原材料も見てみます。
スープにはポークエキスや豚脂といった豚骨スープを想像させる材料が確認できます。

他には特に豚骨スープに関する珍しい材料は見当たらないようにも思われます。
そして、今回の「赤オニ」と呼ばれる唐辛子を想像させるのが“香辛料”でしょうか?それともある程度、味付肉そぼろに味付けされているのか…こちらもまた気になりますね!

f:id:yuki53:20171202174143j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付肉そぼろのブロックが目を引きます!
麺はやや細めの仕様でしょうか?

そして豚骨スープと思われる粉末には、少し赤みを帯びた色をしていることが分かります。その中には、かやくとして他にねぎが入っていますね。

また、原材料に“ゼラチン”と記載されていましたが、これがどこまでスープにとろみを付けるのでしょうか?個人的にはこれが気になります。。

さらにフタの上には、特製スープと記載された後入れの調味料が別添されています。

f:id:yuki53:20171202174145j:plain

そして、今回のカップ麺で気を付けたいのが調理時間です!

こちらにも記載されているように湯戻しは2分となっています。
硬めの極細麺ということで2分ということをお忘れなく!

f:id:yuki53:20171202174146j:plain

調理してみた

では熱湯を注ぎ2分待ちます。
2分はなかなかあっという間です!お湯を入れはじめる時間、入れ終わる時間、そして麺を混ぜる時間などを考慮すると1分30秒程度で良いような気もします。。

そして出来上がりに特製スープを入れたところがこちら!
先ほどの味付肉そぼろのブロックがふやけて良い感じに崩れています!

f:id:yuki53:20171202174147j:plain

また、特製スープは唐辛子の香りがすることから、この量でお好みの辛さに調整できそうです。(そこまで辛くはありませんのでご心配なく!)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
豚骨スープに浮かぶ赤い唐辛子の感じが良いですねー!

f:id:yuki53:20171202174148j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…お!豚骨の旨味はそのまま残しつつ、唐辛子を使用したという肉そぼろが濃厚なスープを引き締めています!これは良いですね!

さらにスープそのものはまったりとすることなく、ほどよくすっきりとした印象の仕上がりとなっているようです。

もちろん豚骨スープなので、濃厚さはあるものの豚骨や肉そぼろの旨味がスープに深い味わいをプラスしているようにも感じられます。

麺について

麺はご覧の通り豚骨ラーメンによく合う極細麺です。
この細い麺は、ごわ付くことなく、喉ごしが良いためテンポ良く食べ進めることができますねー!

これならもう少し調理時間短くしても良かったのでは?と思います。

f:id:yuki53:20171202174150j:plain

また、こちらの味付肉そぼろは良い意味での豚肉臭さのある味付けで、濃厚な豚骨スープにさらに深い味わいを感じさせてくれます。

そしてこのピリ辛がまた、濃厚豚骨スープによく合います!
この“赤オニ”が今回のカップ麺を食べやすくもすっきりとした印象にさせているのかもしれませんね。

f:id:yuki53:20171202174149j:plain

ご覧のように麺と一緒にスープをくぐらせると豚の旨味をふんだんに楽しむことができます!

f:id:yuki53:20171202174151j:plain

スープについて

スープは、先ほどもお伝えしたように気になるほどのとろみはなく、“赤オニ”が全体の味わいを引き締めているかのようにバランス良く仕上がっていました!

これは、なかなか止まらなくなるやつではないでしょうかね…?

f:id:yuki53:20171202174152j:plain

まとめ

今回は「田中商店 旨辛濃厚豚骨」を食べてみましたが、豚骨の良い旨味や風味がすっきりとした“赤オニ”の辛さによって非常にキレの強い口当たりを感じさせてくれる商品でした。

麺も最近よくある極太麺のようなもちっとした食感ではなく、豚骨ラーメンらしく極細の仕様が豚骨スープともよく合い、歯切れも良いため、飽きることなく最後まで食べ進めることができるかと思われます。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.