webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風 食べてみました!鶏の旨味とごぼうの風味が美味しいしょうゆ味スープ!

スポンサーリンク

サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風 食べてみました!鶏の旨味とごぼうの風味が美味しいしょうゆ味スープ!

2017年10月2日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」を食べてみました。

この商品は、秋田の郷土料理“きりたんぽ鍋”をラーメンスープにアレンジしたもので、醤油ベースのスープには鶏の旨味が利き、野菜の旨味が「ほっ」と感じさせてくれるこちらものまた美味しい一杯となっております!

ご覧の通りきりたんぽの香ばしさが特徴の醤油味スープだということが記載されていますね!

f:id:yuki53:20171113203215j:plain

そしてこの商品は、以前ご紹介した「三重 伊勢海老汁風」や「博多 鶏の水炊き風」と一緒に発売されたもので、非常にダシが美味しい商品でしたので、今回の「きりたんぽ鍋風」も期待できそうです!

もしかすると…きりたんぽ鍋と聞いてイマイチと思う方もいらっしゃるかもしれませんが…実際に食べてみると美味しいんですよ!!

では、今回はこの「サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」についてレビューしてみたいと思います。

サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風について

冒頭でもご紹介したように、今回ご紹介する和ラーは秋田で親しまれているという“きりたんぽ鍋”です!

和ラーは、このような全国各地の郷土料理をラーメンにアレンジした「そこにしかないおいしさを」がコンセプトということで、ご覧のように今回のパッケージには秋田の“きりたんぽ鍋”の写真が確認できます。

f:id:yuki53:20171113203214j:plain

では気になるカロリーから見てみましょう。

ご覧の通り316kcalとなっております。(塩分は5.1g)だいたい和ラーは平均してこれくらいのカロリーのようです。そこまで高くはない印象ではあります。

f:id:yuki53:20171113203217j:plain

では原材料も見てみます。

スープにはチキンエキスやチキンパウダーといった鶏の旨味を感じさせる材料をはじめ、かつお節エキスや野菜粉末といった醤油ベースの鍋を想像させる材料が確認できます。

f:id:yuki53:20171113203216j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りきりたんぽを再現したと思われる“あられ”が特徴的ですね!さらに鍋っぽく鶏つみれやごぼうなんかも入っているようです。

f:id:yuki53:20171113203218j:plain

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!ごぼうの風味が良い意味での田舎っぽさを感じさせる出来上がりです。

f:id:yuki53:20171113203219j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
油分は少ないように見え、すっきりとした鍋を想像させる仕上がりとなりました。

そして、やはりきりたんぽ風のあられが特徴的な一杯と言えますねー!

f:id:yuki53:20171113203220j:plain

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…あっ!鶏の旨味が利いた醤油味のスープにはごぼうの風味が良く合っていて美味しいです!!

やはり今回の和ラーの仕上がりも良いですねー!

麺について

麺は高密度製法麺という独自の製法によって、しっかりとコシの感じる歯切れの良い麺を表現しています。

やや細めには見えますが、その分もちっとした食感がちょうどよく感じられます。

さらに、このなめらかな麺には鶏だしの染み渡るような味わいのスープが良く絡み、麺をすする度に、ごぼうの風味が非常にきりたんぽ鍋に食欲そそる良い効果をプラスしていることがわかります!

f:id:yuki53:20171113203224j:plain

トッピングについて

トッピングにはまずこちらのきりたんぽ風のあられが入っているんですが、こちらは口に入れると非常に香ばしいお米の味わいを感じます。

出来たては少し固い部分もあるかと思いますので、スープの底に沈めておいても良いかもしれませんね。食べているうちにちょうどよく仕上がってきます。

f:id:yuki53:20171113203221j:plain

そして、こちらの鶏つみれはしっかりと味付けが感じられる仕上がりで、鶏だしが利いた醤油スープも十分染み込んでいるため、噛むと鶏の旨味をふんだんに楽しむことができます。

これもまた、ごぼうとの相性も抜群で、風味といい味わいといい、美味いきりたんぽ鍋を再現するには欠かせない具材のひとつではないでしょうか?

f:id:yuki53:20171113203222j:plain

さらに、ごぼうの風味が美味しく感じられるスープですが、こちらのごぼうもトッピングとして入っています。

こちらもまた風味が良く、きりたんぽ鍋を美味しく引き立てているかのようでした!

f:id:yuki53:20171113203223j:plain

スープについて

スープは先ほどもご説明した通り、口当たりは鶏の旨味が利いた醤油味のスープなんですが、そこに野菜の旨味やごぼうの風味、そしてきりたんぽの香ばしさが加わることによって、旨味が詰まった鍋が美味しく煮詰まったかのような味わいが感じられる仕上がりとなっています!

そこにネギのシャキシャキとした食感や風味がさっぱりと感じさせてくれます。

f:id:yuki53:20171113203225j:plain

最後は雑炊に

そして今回もフタの上に記載されているように、シメにおにぎりを入れる「和ラー雑炊」がおすすめのようなので少しだけご飯を入れてみました!

f:id:yuki53:20171113203213j:plain

これがまた美味いっ!!!鶏のダシが利いた醤油スープは合いますねー!

f:id:yuki53:20171113203226j:plain

まとめ

今回は「サッポロ一番 和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風」を食べてみましたが、実はここまで美味しく仕上がっているとは想像していませんでした。。これなら逆に“きりたんぽ鍋”を食べたシメに麺を入れてみても合うと思いますね!

いやー…和ラーのダシの表現は美味いです。
これで現在発売されている和ラー3商品は食べてみたわけですが、次回の新商品にも期待してみたいと思います。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.