読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

勇者ヨシヒコが面白すぎる!低予算の冒険!

勇者ヨシヒコが面白すぎる!低予算の冒険!

みなさん!「勇者ヨシヒコ」好きですか??

私は最近、Amazonプライム会員になったんですが、家族でプライムビデオなんかもよく見てて、初めて見る動画なんかも色々とあって面白く見ています。

www.webproduct-lab.com

そんな中、「勇者ヨシヒコ」を何気に見ていたら…その面白さに気付き、「勇者ヨシヒコと魔王の城」「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」の全話を一気に見てしまいました!Amazonプライムではこの動画が見放題に含まれています!

もうツボな人はたまらないシリーズだと思います!
私は好きですね!こういうの!

www.tv-tokyo.co.jp

ということで今回は「勇者ヨシヒコ」についてご紹介したいと思います。
まだ見ていないという方はぜひ見ていただきたいと思いますので、ぜひ参考に(なるかわかりませんが。。)してみてください!

勇者ヨシヒコのストーリーは?

まず、この「勇者ヨシヒコ」シリーズは今現在(2016年11月18日)、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」が放送中です。

この放送中の話は、Amazonプライムだと1話324円でレンタル扱いになりますが、以前のシリーズと同じようにそのうち、見放題に含まれるのかもしれません。

www.tv-tokyo.co.jp

そして、ストーリーはゲームでRPGと言えばあれが思い浮かぶと思いますが、完全にあれをパクり…というかパロディです。

予算の少ない冒険」をテーマに、魔王を倒すために仏のアドバイスをもらい、様々な武器・防具・アイテムなどを探して冒険する旅のお話です。

しかし、低予算とはいえ毎回様々なゲストが登場します。
そしてそのゲストが盗賊としてヨシヒコたちへ金品を奪おうと襲ってきますが、毎回ボケてくれます。

例えば…毒を塗ったナイフを持って脅すも、自分でそのナイフを舐めてしまってやられてしまう盗賊や、襲ってきたもののすでにHPが1しかなくて自ら転んでやられてしまう盗賊など様々です。

普通、それだけでは面白くないと思いますが、登場人物が良い感じで面白く突っ込んでくれます!

では、次に主な登場人物についてご説明します。

登場人物について

ヨシヒコ

主人公のヨシヒコを演じる山田孝之は、私の好きな映画「新宿スワン」や「闇金ウシジマくん」にも出演していて、シリアスな演技が印象的でしたが、この勇者ヨシヒコでも非常に真面目でまっすぐな主人公を演じています。

しかし、このヨシヒコは真面目すぎる性格からメレブの使えない魔法にもいちいち驚き、自ら魔法をかけてもらいます。(周りは引いてます)しかも真面目過ぎるため簡単に騙されます。。

そう、ヨシヒコはアホなんです!しかし、そこがまた面白い!
クレープを食べながら生クリームを口のまわりにたっぷり付けて、「私たちは魔王を倒すためにここに来たんです!」と真面目な顔して言うところとか。。

そして、たまーに魔王を倒すこと自体忘れて…違うことに没頭します。。
そのたびに、仏の「仏ビーム」によって本来の目的を思い出して再び冒険が始まります。

ダンジョー

宅麻伸が演じるダンジョーは、初対面でヨシヒコに襲いかかる盗賊のひとりでしたが、話を全く聞いてもらえず、ちゃんと話を聞いてくれるまで一緒に旅をするという面白いきっかけで仲間となります。

もみあげが印象的で、ヨシヒコのパーティーの中では最年長の職業は戦士です。
このダンジョーは周りのキャラがあまりにも個性的なため埋もれがちですが、本能としてオカマっぽいところがあったり、頻尿で残尿…と面白要素も多く含んでいます。

ムラサキ

木南晴夏が演じるムラサキは、口の悪い村の娘で、ヨシヒコを父の敵として襲うも人違いかどうか確信が持てるまで一緒に冒険をするという謎なきっかけで仲間に加わります。

胸が無いことをメレブにバカにされ、「胸平(むねたいら)さん」や「ムーネータイラー国務長官」などとあだ名を付けられますが、全くひるむことなく逆に罵ります。

メレブ

ムロツヨシが演じるメレブもまた、面白い!

毎回ここで?といった場面で魔法を覚えますが、例えば「メラチン」(食材を温める程度の炎系魔法?)や、プリマズン(体内にプリン体を増やして痛風にする)といった戦いに全く必要のない魔法ばかり覚えます。一応、魔法使いです。

呪文特技一覧:勇者ヨシヒコ完全図鑑:テレビ東京

私は、ムロツヨシの面白さは下記の映画で知りました。
これ、かなりおすすめです!

私は「新宿スワン」や「闇金ウシジマくん」なんかが好きで、この映画も面白そうだなーっと思ってレンタルしてみたんですが、実際に見てみると全く違っていて。。

真面目にふざけるといった感じのコメディ映画で、これはこれで非常にのめり込んでしまいました。おすすめです。

佐藤二朗が演じるも、毎回笑わせてくれます。
ヨシヒコたちに次にどこに向かえばいいのか?何を探せば良いのかを曖昧にふんわりと教えてくれます。

時に焼き肉をしながら、麻雀をしながら、不倫記者会見しながら、などなど…毎回、天からお告げを伝えに来ます。。

ちなみにヨシヒコからは仏が眩しすぎるのか、肉眼では見えません。。
そのため、毎回メレブからシーズン毎に異なる立体眼鏡など何かしらのサングラス的なものを借りて会話しています。

さらに、タブレットのようなもので仏Tunesを使いゲームなどもします。

実はこの佐藤二郎は先ほどご紹介した「明烏」にも出演しています。
こちらでの演技も非常に笑わせてくれます!

 

勇者ヨシヒコについてまとめ

この勇者ヨシヒコの面白さは、1話30分程度の見やすさにもあるのかもしれません。
そもそもがシュールで面白く、見やすいので次々と見てしまいますし、それがどんどんはまっていきます。。

前編通してコント仕立てな内容ですが、ちゃんとストーリーは進んでいき、最終的には魔王をなんとか倒します。(途中、話はあっち行ったりこっち行ったりですが…)

まだ見ていない方に特におすすめしたいドラマです!
しかも、これがAmazonプライムなら見放題なんです!私は入会して家族で楽しく見ています。

まだ入会していない方は年会費3,900円(月額325円)と内容を見比べてみてはどうでしょうか?個人的にはおすすめです!

Amazonプライム

以上、「勇者ヨシヒコ」の面白さについてでしたー!

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の最終回についてはぜひ、こちらの記事もご覧ください。

webproduct-lab-blog.hateblo.jp

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.