読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」最終回の感想などまとめ【ネタバレ】

映画・ドラマ
スポンサーリンク

f:id:yuki53:20161224161547j:plain

「勇者ヨシヒコ」のシーズン3「勇者ヨシヒコと導かれし七人」がついに最終回となりましたね。もちろん私も見ました!

www.tv-tokyo.co.jp

私はAmazonプライムビデオで、勇者ヨシヒコにハマって過去のシリーズも同時に何度も見ていたので最近はまさにヨシヒコ三昧でした。。

www.webproduct-lab.com

ということで今回は、その放送中だった「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の最終回の感想などをネタバレありでまとめてみたいと思います。

魔王ゲルゾーマとの戦い

前回は、大神殿でヨシヒコたちと魔王が対面した場面で終わったので、最終回は魔王との戦いから始まります。
ここで、魔王の名前が「ゲルゾーマ」だということが判明します。

そのゲルゾーマに対して、ヨシヒコは今まで集めた7つの玉を使い7人の助け人の玉人(ぎょくじん)召喚しようとしますが、出演陣のスケジュールの関係で現れません。。

七人の玉人とは以下の方々です。

  1. ロビン(滝藤賢一)
  2. ヴァリー(城田優)
  3. フロリア(山本美月)
  4. ニッテレン(徳光和夫)
  5. カンダタ(高嶋政宏)
  6. レオパルド(大地真央)
  7. 香西そのか(川栄李奈)

うちの嫁はこんなメンバーで本当にスケジュール合うのか?前から疑問だったそうです!やるな…嫁!

逃げる勇者

そこに仏が現れ、スケジュールが合わない人を玉人に選んでしまって申し訳ない…ということを告げられます。

そして、このままではゲルゾーマを倒すことができないので一旦、逃げることを勧められます。

ということで、ヨシヒコたちは逃げることにしますが、そこでゲルゾーマに一度引き留められ、魔王を倒すために必要なヨシヒコが持つ「トドメの剣」を溶かし消されてしまいます!

魔王を倒すことを諦める勇者

一旦、退散したヨシヒコたちですが、色々と考えた結果…ヨシヒコは魔王ゲルゾーマを倒すことを諦めます!

理由は単純に死にたくないからです。。(他のモンスターにやられた場合は教会で生き返らせることができますが、魔王にやられると生き返ることができないという設定です。)

すると再び仏が現れ、魔王を倒して冒険を終わらせる以外に、この冒険を終わらせる方法として「終わりのほこら」へ行くことを伝えます。

3つのほこら

1つめのほこら

ほこらは3つあり、ひとつめのほこらでは「フランダースの犬」の最終回をパロディにした終わりでした。

「ヨシヒコとメレブは今まで退治してきた魔物たちがたくさんいる遠いお国へ行きました。もうこれからは、魔物を倒すことも、女に惑わされることも、ドSになることもなく、みんな一緒にいつまでも楽しく暮らすことでしょう」とナレーションが入りますが、結局は死んでしまうため…この方法はダメだということに気付きます。

2つめのほこら

2つめのほこらでは「エヴァンゲリオン」っぽい最終回でした。ここでは玉人がひとりひとり「おめでとう」と言い、よくわからない最終回を迎えようとしますが、あまりにもうやむや過ぎてダメだということに気付きます。

私はエヴァンゲリオンを見たことがないので、わかりませんでしたが、よく見るフォントやバックの音楽でわかりました。

3つめのほこら

最後の3つめのほこらがありますが、その前に急にヨシヒコが電車男になり一人暮らしでこの旅をゲームしているといった展開(妄想?)となり、魔王が倒せないので途中でやめようとします。

しかし、ここで仏が宅配便を装い、お届け物をしにやって来ます。
そして、魔王を倒すことを諦めたヨシヒコにいつもの「仏ビーム」により我に返します!

仏がこれに乗って3つ目のほこらへ行け!と、ヨシヒコはファルコンに乗り、日本昔話をパロディとした映像となり、最後のほこらへ行きます。

そこでは時空を超え、シーズン1の最初の回に移動します。

そこにあった勇者かどうかを判定するために刺さっていた剣が実は「トドメの剣」でした。そしてヨシヒコは現在持っている「いざないの剣」と交換してやっと本物の「トドメの剣」を手に入れます。じつは前に手に入れたトドメの剣は偽物だったのです!

さらに、ここで「勇者ヨシヒコと導かれし七人」の最終回がシーズン1「勇者ヨシヒコと魔王の城」でヨシヒコの旅のきっかけだったということが判明します。

 

スポンサーリンク

ゲルゾーマ討伐

再び魔王ゲルゾーマの元に行き、7つの玉をゲルゾーマに投げるとゲルゾーマは真の姿に変身します。

さらに7人の玉人(7人の玉人は本人ではなくお面で登場)が玉を投げ、ヨシヒコがトドメの剣を使い、魔王を倒したと思われましたが、さらに変身して7つの玉を粉砕してしまいます。

ムラサキのメラゾーマも効かず、メレブのフタメガンテももちろん効きません。そして二人ともゲルゾーマの一撃で倒されてしまいます。

フタメガンテの呪文内容についてはこちらのページをご覧ください。

www.tv-tokyo.co.jp

さらには、ダンジョーの「炎の剣」での攻撃も効きません。同じく一撃でやられてしまいます。

続いてヨシヒコも攻撃しますが全く効きません。しかし、ヨシヒコは無数のヨシヒコを過去から召喚して、寄ってたかってゲルゾーマを倒します。。

魔王を倒すことを果たすことができましたが、魔王にやられてしまったメレブ・ムラサキ・ダンジョーは生き返すことができません。。

ここで仏が現れます。そして、記憶を消し去り、元いた時代に戻ってもらうとヨシヒコに伝え、いつもの仏のうっかりミスで、シーズン1の魔王ガリアスを倒す最初のところに戻ってしまいます。。

ここで、「この時空のゆがみが魔界にもゆがみをもたらし、とてつもなく恐ろしい敵が生まれ出ていることをわたしたちは全く気付いていなかった。。などと言っておくと、年末年始の時代劇6時間特番として戻ってこられるかもしれないので…とりあえず言ってみた私だ。」とヨシヒコがナレーションを話し、エンドロールが流れこの旅の幕を閉じます。

うーん、結局ループしただけでメレブ・ムラサキ・ダンジョーが蘇ることはできませんでした。

 

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」最終回の感想まとめ

ということでとうとう終わってしまいましたが、このシーズンも面白かったですね!個人的にはシーズン2も好きですが今回の「勇者ヨシヒコと導かれし七人」も良かったです。

ぜひ、伝説の書(シナリオ本)も購入したいと思います!

webproduct-lab-blog.hateblo.jp

ヨシヒコはジャケットのグラフィック画像もそうですが、オープニングの映像が無駄に格好いいですよね?シーズン2は特に良いです。画像だけであそこまで格好いい映像作るなんて…本当に予算少ないんでしょうかね?
今回のシーズン3も動画もあり、センス良いオープニングとなっていました。

そして何回も見ていると、特に面白い回がわかってきますね。
私が個人的に面白いと思ったのは、ヨシヒコが魔王を倒すことをどうでもよくなる回です。これは毎回もれなく面白いですね!

またいつになるかわかりませんが、シーズン4に期待したいと思います。
では、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」最終回のネタバレ感想についてでしたー!

 

スポンサーリンク

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.