カップヌードル

カップヌードル クリーミートマトヌードル 食べてみました!トマトの酸味にチーズのまろやかさがマッチしたクリーミートマト!

スポンサーリンク

カップヌードル クリーミートマトヌードル 食べてみました!トマトの酸味にチーズのまろやかさがマッチしたクリーミートマト!

2018年2月26日に日清食品から発売された「カップヌードル クリーミートマトヌードル」を食べてみました。

この商品は、カップヌードルの新商品ということで、トマトの酸味とチーズのクリーミーな味わいが美味しく仕上がった“クリーミートマトヌードル”となっております!

とは言え、この商品は去年も発売されていましたが、好評だったようで、人気のカップヌードルが今年も再発売となったというわけですね。

念のため、日清食品さんに変更点などをお問い合わせしてみたところ、具材として入っていたピーマンをブロッコリーに変更しているとのこと。

以前の記事で、ピーマンをもう少し抑えた方が良いかも?と書いたんですが…まさか伝わってないですよね…?ちょっと驚きです…!

ま、クリーミーな一杯にはこういった具材が合いますからね!ピーマンからブロッコリーに変更となって、どういった変化があるのかも気になりますね。

実際に食べてみましたが、チェダーチーズの濃厚なまろやかさにトマトの酸味が今回もバランス良く仕上がり、この時期にぴったりな味わいとなっていました。

では、今回はこの「カップヌードル クリーミートマトヌードル」についてレビューしてみたいと思います。

カップヌードル クリーミートマトヌードルについて

今回ご紹介するカップ麺は、カップヌードルの以前たいへん好評だったという“クリーミートマトヌードル”となっています。

パッケージは前回同様、トマトとチーズといった美味しい組み合わせがよーく伝わるデザインとなっていますね!

チーズのとろける感じが加わり、去年よりもパワーアップしたクリーミーな一杯を想像させます。

f:id:yuki53:20180228195224j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り369kcalとなっております。(塩分は4.2g)

この商品はレギュラーサイズとなっていて、お馴染みのカップヌードルと比較してもカロリー・塩分は、ほぼ同じ程度の仕上がりとなっているようです。

f:id:yuki53:20180228195225j:plain

では原材料も見てみます。
スープには、トマトパウダーをはじめ、クリーミングパウダー、乳等を主要原料とする食品といった、トマトの酸味にチーズのまろやかさが美味しくマッチした味わいを想像させる材料が確認できます。

また、豚脂といったスープに旨味をプラスすると思われる材料も含まれているようです。

f:id:yuki53:20180228195223j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやくにはチェダーチーズ風ブロック、コーン、トマト、ブロッコリーが入っています。

また、公式サイトによると、ベーコン風味のビッツなんかも入っているようです。

f:id:yuki53:20180228195226j:plain

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!チェダーチーズが美味しそうに溶け、濃厚さを感じる出来上がりです。

f:id:yuki53:20180228195227j:plain

ご覧のように、ちょうどよくチーズが溶けているのがわかります!

f:id:yuki53:20180228195228j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

f:id:yuki53:20180228195229j:plain

どことなく、今回のクリーミートマトヌードルの方がまろやかさがアップしているようにも感じられますね。

具材として入っていたトマトも完全に溶けてしまっています!

f:id:yuki53:20180228195230j:plain
スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…ベーコン風ビッツや、チリの風味がほどよい口当たりを感じさせ、その後にはすぐトマトの酸味に加えて、まろやかなチーズのコクが味わい深く仕上がっています。

また、ピーマンからブロッコリーに変更されたことによって、ピーマンの苦みがなくなり、今年はさらにまろやかなトマトスープに感じますね!

麺について

麺は、カップヌードルのお馴染みのなめらかな平麺です!
こちらはやや柔らかめな仕上がりとなっているので、調理時間はやや短めでも良いと思われます。

そして、この麺にはまろやかな濃厚トマトスープがよく絡み、トマトの酸味を美味しく引き立てるクリーミーな味わいが口に広がります。

f:id:yuki53:20180228195234j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのブロッコリーが入っていて、やや小さめではありますが、食感はカップ麺とは思えない仕上がりとなっています。

もちろん、まろやかなトマトスープとの相性も抜群です!

f:id:yuki53:20180228195231j:plain

また、こちらのビッツは、ベーコン風味の味付けによって、トマトの酸味とともにほどよいキリっとした口当たりを感じさせてくれます。

このバランスが良いですね!まろやか過ぎずにしっかりと味を引き締める具材の組み合わせによって、最後まで飽きの来ない一杯に仕上がっています。

f:id:yuki53:20180228195233j:plain

そして、こちらのコーンはしっかりと肉質を感じる仕上がりとなっていて、ほどよいコーンの甘みが今回のトマトスープにぴったりです。

f:id:yuki53:20180228195232j:plain

スープについて

スープは、チーズによってほどよくとろみが付き、濃厚なコクを感じます。
そして、トマトの酸味がクリーミーに仕上がったことによって、味わい深いスープとなり、この時期にぴったりな一杯を美味しく表現しています。

また、バジルなんかも入っているようで、風味も良いですね!

f:id:yuki53:20180228195235j:plain

まとめ

今回は「カップヌードル クリーミートマトヌードル」を食べてみましたが、ほどよい酸味が濃厚なスープによく馴染み、まろやかな厚みを感じるスープとなっていました。

今年のクリーミートマトヌードルも、すっきりとした具材とまろやかさを感じさせる具材がバランス良く表現されているため、クリーミーなトマトスープではありますが、全く飽きの来ない味わいに仕上がっていましたよ!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!