その他日常

定山渓ビューホテル プールも楽しめる人気の温泉ホテル

定山渓ビューホテル プールも楽しめる人気の温泉ホテル

連休中に家族で定山渓ビューホテルに宿泊して来ました!

ここ“定山渓”とは…札幌の中心部から車で約1時間半程度の距離にあるアクセス抜群な温泉街で、特にこの“定山渓ビューホテル”に関しては温泉だけではなく、子供から大人まで遊べるプール“水の王国ラグーン”も完備されているので、うちのような家族連れが特に多く目立ちます。

というか連休中はどこも混みますからね。。でもせっかくの休みなので子どもも遊べる場所に行こうということを考えて連休2週間くらい前に予約しておきました。(温泉なら予約なので混雑もある程度かな?と)

ちなみに、「定山渓ビューホテルの宿泊プラン」を見てみるとわかるように、すごい数の宿泊プランが用意されています!特に“定山渓ビューホテル”の場合だと、宿泊する施設が新館もあり、バイキングも“グランシャリオ”と“プレミアムダイニング”が用意されているのでじっくりと選ぶことができます!

また、時期によりますが中には非常にリーズナブルなプランもあり、手頃な料金で温泉を楽しむことができるため、札幌観光の方でも札幌駅から送迎バスが出ていますから気軽に利用することも可能で、地元の方でもたまに利用している方も多いのではないでしょうか?

そのため、この定山渓という温泉街と言えばビューホテルを思い浮かべるほど最も知名度の高い温泉ホテルとも言えるかもしれませんね!

では今回は、そんな“定山渓ビューホテル”について詳しくご紹介していきたいと思います!

「定山渓ビューホテル」の“口コミ”を見る

定山渓温泉について

まずはじめに、この“定山渓温泉”についてですが、ここは先ほどもお伝えしたように札幌から車で約1時間程度の距離にある温泉街であり、周辺にはいくつもの温泉ホテルが立ち並んでいます。

また、札幌観光に訪れたら定山渓にも行く方も多いようで、チェックインする際に並んでいる時にキャリーバッグを持っている方もけっこう見かけます。

この辺りは札幌駅から無料送迎バスが出ているので便利ですね。何泊かするうちの1泊を定山渓温泉で過ごすのも良いかもしれません!

ちなみに定山渓温泉には、“カッパ伝説”があることから…至るところにカッパの銅像が飾られていて、お土産なんかにもイメージキャラクターとして起用されています。

そんな“定山渓温泉”の中でも特に人気とも言えるのが今回ご紹介する“ビューホテル”と思われ、ほぼ地元であるにもかかわらず札幌市内でもCMが流れるほどで、身近に本格温泉が楽しめる場所があるということで、札幌周辺からの利用者も多い温泉街となっています!

行き方について

ここ“定山渓温泉”エリアに行くには、国道230号線(通称:石山通)をまっすぐ南へ向かうだけのわかりやすい位置にあり、車だと札幌中心部から約1時間~1時間半程度で到着します。

この石山通は長万部や函館へと続く道でもあるので、時間帯によっては混雑するので、トイレやガソリンスタンドなどは余裕があるうちに立ち寄っておくと良いでしょう。
また、ホテル内の各種飲み物は若干高めに設定されているため、事前に“つまみ”なども含めて購入しておくのもポイントで、到着後すぐに冷蔵庫で冷やしておくことができます!(手前の藤野辺りには大きなスーパーが各種立ち並んでいます。)

また、観光客の方だと事前の予約が必要となりますが、札幌市内より無料送迎バスが運行しているので、そちらを利用すると良いでしょう。(乗り場については問い合わせてみてください。)
参考:カラカミ観光総合予約センター:011-222-5222(営業時間:9:00~18:00)

定山渓ビューホテルについて

続いて、その“定山渓温泉”の中でも特に有名な“ビューホテル”の創業は‎1985年で、1996年には新館がオープンし、部屋数は647室と施設自体は非常に大きく、はじめにホテル前に車を止めて荷物を下ろし、駐車場に車を移動した後、入り口に入ると広いロビーの奥に受付があります。

チェックイン・チェックアウトにはこの受付に長蛇の列が並びます。。
ということで、まずはこちらでチェックインの手続きを済ませましょう。(カード払いも可能ですので、流れは早いかと思われます。)

また、施設内にATMなどは設置されていないので、必要であれば近隣のコンビニなどを利用することになります。

ちなみに定山渓ビューホテルのチェックイン時間は14:00からとなっているんですが、“水の王国ラグーン”といったプールも完備されているということもあって、宿泊の場合のみ12時から無料でプールや大浴場を利用することも可能となっています!

するとスタッフの方からシリンダータイプのキーがもらえるので、早速部屋の方へ向かいます!

ちなみに…鍵はひとつの部屋に対してひとつのみとなっているため、温泉やプールに行く際はどこかで待ち合わせしたり、お風呂から上がるのが早い方が持って先に部屋に戻っているなどの工夫が必要となります。(カードキーで複数枚用意してもらえると便利なんですけどね。。)

f:id:yuki53:20170512235314j:plain

お部屋について

今回の部屋はホテルにお任せのプランだったので当日まで部屋がわかりませんでしたが、冒頭のイメージにあるように和室でした。(やっぱり和室の方がリラックスできて個人的には楽です。)

ちなみに部屋は季節にもよりますが…まだ冷房が入っていなかったので少し暑かったです。
なので、暑ければ窓を開けておきましょう。しかし、寝る時は朝方冷えたりするので注意した方が良いですね。(もちろん窓は少ししか開きません)

ご覧の通り部屋の位置にもよりますが…定山渓の渓谷が一望できます!

f:id:yuki53:20170512230928j:plain

また、部屋にはこのようにノロウイルスについての注意書きも置いてありました。

f:id:yuki53:20170512230946j:plain

そういえばこのビューホテルは以前にノロウイルスが出てニュースにもなっていましたが、ちゃんと対応しているようで好感持てますね。

ノロウイルスは日頃からの予防が大切!その方法とは?
ノロウイルスは日頃からの予防が大切!その方法とは?先ほどテレビを見ていて、札幌の定山渓という温泉街の旅館でノロウイルスによる食中毒が発症したというニュースを見ました。 私は札幌在住...

また、ビューホテルには本館と新館があり、その違いと言えば…やはり本館の方が古い感じはします。
とは言っても新館の方も実はけっこう古いんですが…リニューアルしているようで個人的には新館を選ぶことをおすすめします!

ではさっそく浴衣に着替えましょう!温泉と言えば浴衣ですからね!(もちろん子供用の各種サイズの浴衣も用意されています!サイズが合わなければフロントに電話してみてください!))

ペットについて

定山渓ビューホテルではペットの大きさの制限はあるものの一緒に泊まれる部屋が用意されています。

この場合は直接お電話での予約になるそうなので気になっている方は一度お問い合わせしてみると良いでしょう!

喫煙所について

ここ“定山渓ビューホテル”では喫煙用の部屋(8~9階、12階、13階が全室喫煙フロア)も用意されていますが、それ以外だとフロント横に喫煙所が設けられてあります。(ここがちょっと開放的過ぎてタバコ臭いと感じる方も多いかと思われます。。)

そのため、予約時には禁煙・喫煙それぞれの部屋を選択すると良いでしょう!

ビューホテルのプールについて

定山渓温泉の中でも特に有名な“ビューホテル”では「水の王国ラグーン」という名称で大きなプープがあり、流れるプールや波のプール、滑り台や有料の専用浮き輪で楽しむスプラッシュリバー(ウォータースライダー)なんかも完備されています!

これが家族連れで訪れる大きな理由でもあり、浮き輪などの販売はもちろん、水着のレンタルも行っているため、観光の方でも手ぶらでプール・温泉を楽しむことができるでしょう!

f:id:yuki53:20170512232507j:plain

また、小さい子ども用の遊び場(こどもプール パルパル)もあり、家族連れなら間違いなく楽しめます!(※こちら2015年にリニューアルされたのでまだまだキレイです!)

このプールは温泉利用者や日帰りの方でも利用できるので、混んでるかなー?と思いましたがやっぱり連休中に日帰りする人も少ないようで、そこまで混んでいる感じはしませんでしたね!

ということで、うちのような家族連れだとチェックインの15時からすぐにプールで遊んで夕食前にそのまま温泉に行き、それから夕食といった流れになるかと思いますので、だいぶ遊べる温泉ホテルとも言えるでしょう!

ただ…注意点として、ラグーンは温泉にも繋がっているため場所によっては少し暑いです。
なので暑いのが苦手な方は、適度に涼んだり水分を摂ったりなど休憩を取ることをおすすめします。

温泉について

上記のようにプールで遊んだ後はもちろん温泉ですね!
プールと温泉の施設が同じフロアにあるので迷うかもしれませんが、それぞれ更衣室が完備されていますのでお間違いなく。

ただ、その温泉の更衣室に行くにはプールの施設を通るのでちょっとわかりにくいとは思います…

プールの更衣室もそうですが、貴重品を入れておくロッカーが別で用意されています。
しかし、一見100円が必要に見えますが実は無料で使うことができます。(部屋まで取りに行こうか悩みました。。)

そして客室露天風呂などは完備されてはいないんですが…大浴場となる温泉フロアは広々としていて泡風呂や露天風呂もあります。(家族風呂や貸切風呂はありません。)

ちなみに泉質については以下のページを参考にしてみると、“ナトリウム塩化物泉”となっていて、神経痛や筋肉痛などの症状を和らげる効果なんかもあるようですね!

定山渓ビューホテルの温泉の泉質はナトリウム塩化物泉、泉温は摂氏64.3度(混泉)でございます。「熱の湯」ともいわれるほど保湿効果が高い部類にわけられています。また、名の通りなめると塩辛いのも特長です。
これらは神経痛や筋肉痛などの症状を和らげる効果があります。
引用元:温泉 | 北海道定山渓温泉・定山渓ビューホテル公式サイト【ベストレート保証】

また、16階には屋上露天風呂もあり、定山渓の渓谷や星空を眺めながらの温泉を楽しむことができます。この辺りは夜中に入ると良いかもしれませんね!(ちなみに、昔は混浴もあったようですが、現在はなくなっているようです。)

食事について

続いてビューホテルの夕食・朝食は基本的にバイキングです!
そのバイキングは“グランシャリオ”と“プレミアムダイニング”の2箇所あります。(夕食なしにして「うらら香」というお食事処で懐石料理を食べたり、「小料理 五扇亭(ごせんてい)」で居酒屋メニューや北海道ラーメンなどを楽しむこともできます)

ここで絶対におすすめしたいのが、少し高いプランでもプレミアムダイニングにした方が良いです!混み具合や食事の内容ももちろんですが雰囲気もこっちの方が全然良いです!

f:id:yuki53:20170512232425j:plain

というのも…前にたまたまこちらのプランを予約したことがあって、次回から少し高くても絶対にプレミアムダイニングにしようとうちでは決めてます!

やはりビューホテルは施設がしっかりとしている割にリーズナブルな温泉ホテルということもあって、多くの方が“グランシャリオ”を選んでいるようで、夕食時にはかなり混雑しますが、“プレミアムダイニング”の方はそこまでザワザワした雰囲気というわけではなく、料理の内容もワンランク上でゆったりと食事を楽しむことができるかと思われます!

ちなみに、以前間違って“グランシャリオ”の方で予約してしまったことがあったんですが、若干の追加料金によって“プレミアムダイニング”に変更することができました!

ということで今回もけっこう食べました!笑
メニューは色々と用意されているんですが…お刺身なんかも用意されているので自分で海鮮丼を作ったり…(ちょっと雑。。)

f:id:yuki53:20170512232636j:plain

途中でさっぱりと冷たいうどんも食べたり…

f:id:yuki53:20170512232657j:plain

目の前で焼いてくれるステーキなんかもありますね!(それなりではありますが…)

f:id:yuki53:20170512232751j:plain

他にも天ぷらなんかもその場で揚げてくれます。抹茶塩で美味しい!!

f:id:yuki53:20170512232818j:plain

もちろん各種お寿司もその場で握ってくれます!

f:id:yuki53:20170512232859j:plain

このように食事に関してはビュッフェ形式の食べ放題となっていますが、飲み物は別料金となっていて、部屋番号を伝えることによってチェックアウト時にまとめて精算することができます!

ただ、飲み物に関しては割と料金設定が高めとなっているため、ここでは1~2杯程度にしておいて、後は事前に購入しておいた飲み物を部屋に戻った後ゆっくりと楽しむと良いかと思われます!

一方で“グランシャリオ”はこんな感じです。
こちらはかなりスペースがあり明るく、かなり賑やかな雰囲気となっていますね!

f:id:yuki53:20170512233045j:plain

こちらでも良いんですが…個人的にはプレミアムダイニングの方が内容も雰囲気もワンランク上なので落ち着いて食事することができておすすめですね!

ただ、稀に“グランシャリオ”では“ものまね”などのショーなど様々なイベントなんかも開催されます!

そして食事を終えて部屋に戻る途中に売店によって部屋用に必要なものを買うこともできます。(売店の営業時間は7:00~22:00)

うちは事前に飲み物とお菓子は買っていたので、必要なのは飲み物用の氷だけです。(昔は無料で部屋まで持ってきてくれましたよね…懐かしい。。)

f:id:yuki53:20170513000451j:plain

まとめ

ということで今回は、札幌から車で約1時間半程度のちょうど良い距離に位置する定山渓温泉の中でも特に人気の“定山渓ビューホテル”についてご紹介しました。

もちろん日中はプールで遊び、温泉にも入り、さらに美味しいものをお腹いっぱい食べたうちの子は、夜早々とぐっすりでした。。

また、定山渓温泉には他にも温泉ホテルが数多く立ち並んでいますが、プールのある温泉といえばここ“定山渓ビューホテル”しかないので…近場で温泉に行こうと考えるといつもここになってしまいます。。

でもみんな楽しかったようで良かったですよ!
また今度機会があれば宿泊したいと思います。それでは!

定山渓ビューホテル 施設情報

北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
※札幌市内より無料送迎バス運行中。(事前予約制)

駐車場:有り(無料)
部屋数:洋室(102室)、和室(440室)、和洋室(88室)、その他(17室)
温泉・施設:定山渓温泉(加水・加温・循環ろ過)、展望風呂・サウナ・ジャグジー
露天風呂:あり
クレジットカード:可