一度は食べたい名店の味

「麺処 花田」カップ麺 “濃厚味噌ラーメン” 名店の看板メニューをPREMIUMな味わいで再現

一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン

一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン」を食べてみました。(2020年11月30日発売・エースコック)

この商品は、東京・池袋の連日行列を作る名店“麺処 花田”の看板メニュー“味噌”の味わいをエースコックの人気シリーズ“一度は食べたい名店の味”のプレミアム版、そして同店監修によってカップ麺に再現したもので、ポークをベースにコク深い赤味噌、そして甘味のある白味噌をバランス良く融合させた濃厚味噌スープが楽しめるリッチな一杯が登場です!

それも…上記の通り臭みのない上質なポークの旨味をベースに赤味噌・白味噌ならではのキレのあるコク深い味わいを凝縮し、豚骨と鶏ガラをじっくりと炊き出したような濃厚な味噌スープに仕上げ、さらに信州味噌や炒め野菜の風味をプラスしたことで最後まで飽きの来ない美味しさを“どんぶり型”のカップ麺として再現した一杯、“一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン”となっております。(税抜き270円)

ご覧の通り、パッケージには“麺処 花田”の店舗ロゴが大きく記載されている以外にも、今回の商品名“濃厚味噌ラーメン”と記載されており、ここ“麺処 花田”は主に味噌専門店とも言うべく人気のラーメン店で池袋に本店を置き、他には“上野店”や姉妹店である“麺屋 まるはな”などを店舗展開をしています。

また、こちらには“信州味噌使用×たっぷり野菜”と記載されているように、味噌そのものにも強く拘り、さらに具材としても野菜が豊富に使用されているようで、シャキシャキとした食感なんかも楽しめるPERMIUMならではの一杯のようですね!
※みそ原料中に信州味噌62%使用とのこと。

一方こちらには、ポークをベースに赤味噌・白味噌を合わせたコク・キレの良い濃厚な味噌スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、もやし、メンマが使用されているようです!

…というか、見るからに赤味噌ならではのキレのある口当たりを想像させるのはもちろん、ポークをベースにしているだけあって、コク深く甘みのあるスープが信州味噌なども合わせたことによって濃厚かつ繊細な味わいをイメージさせますね!さらに炒め野菜の風味を合わせたとのことで風味豊かな香りにも期待できそうです!

他にも特徴として…麺は太麺・若干幅広なノンフライ仕様となっていて、加水率を高くしたことによって弾力のあるもっちり感やしっかりとした噛み応え・つるっとした滑らかさを表現し、この強いコシを兼ね備えた麺と複数の味噌を合わせたキレのあるコク深い濃厚な味噌スープがよく絡み、まさに臨場感溢れるPREMIUMな味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

しっかりとポークを利かせた濃厚な味噌スープには、ほどよいコク深さと濃厚感がバランス良く融合され、ほんのり“とろみ”を付けたこってりとしたスープに仕上がり、まさに厚みのある心地良い舌触りが印象的で、味噌ならではのキリッとした口当たりによって後味は非常に良く、さらに炒め野菜の風味がより一層美味しさを引き立てたPREMIUMシリーズならではの納得の一杯となっていました!
これは特に、“麺処 花田”ファンはもちろん、ポークをベースに複数の合わせ味噌をバランス良く合わせた濃厚なスープを生麺さながらの食べ応え抜群な太麺とじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・池袋の味噌ラーメンで人気行列の名店“麺処 花田”の看板メニュー“味噌”をエースコックの人気シリーズによって再現したコク深くPREMIUMな一杯、「一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、東京・池袋の人気ラーメン店“麺処 花田”の看板メニュー“味噌”の味わいをワンランク上のPREMIUMな“どんぶり型”で再現したもので、ポークをベースに赤味噌・白味噌それぞれのキレとコクがバランス良く融合し、さらに太麺・ノンフライ麺によってしっかりとした食べ応えを表現し、炒め野菜が香り立つクオリティの高い風味豊かな一杯、“一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“信州味噌使用×たっぷり野菜”と記載されているように、ここ“麺処 花田”ではポークをはじめ動物系の旨味をしっかりと利かせたことによってコク深く濃厚な味噌スープに仕上げ、赤味噌・白味噌それぞれの特徴であるキレとコクがガツンとした味わいを表現しているようで、今回のカップ麺でも信州味噌や炒め野菜の風味を加えたことことで臨場感溢れるこってりとした仕上がりが特徴のようですね!

一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン パッケージ

また、こちらにはエースコックお馴染みの“一度は食べたい名店の味”シリーズのワンランク上の味わいを再現したシリーズのロゴに“PREMIUM”といった文字が追加されており、“どんぶり型”ならではの風味が香り立つ仕様や、文字通りPREMIUMな味わいがしっかりと満足度を満たしてくれる…そんなクオリティの高い一杯に期待できそうです!

ちなみに“麺処 花田”の創業は2010年4月、店主である“花田 秀治”氏は東京都・野方の名店“味噌麺処 花道”での修行経験を持ち、2017年2月6日には看板メニュー“味噌”の味わいを再現した縦型のカップ麺も発売されていて、こちらもまたポークを利かせた濃厚な味噌ラーメンならではのマイルドでコク深い一杯だったことを記憶しています!

一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン
「麺処 花田」カップ麺 “濃厚味噌ラーメン” 名店の看板メニューをPREMIUMな味わいで再現「一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン」を食べてみました。(2020年11月30日発売・エースコック) ...

他にも人気メニュー“辛味噌”の味わいを再現した一杯、“一度は食べたい名店の味 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン”が2019年10月14日に発売されています。

それでは、今回の“一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン”がどれほどポークを利かせた濃厚な味わいに仕上がっているのか?赤味噌・白味噌によるキレとコク、さらに信州味噌や炒め野菜の風味との兼ね合い、そしてなんと言っても太麺・ノンフライ仕様の実店舗さながらの麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り388kcal(めん・かやく254kcal / スープ134kcal)となっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、名店“麺屋 花田”の味わいをPREMIUMな味わいとして再現している割にノンフライ麺を使用していることもあって低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり105g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで134kcalとやはり高めの数値を占めていることから、やはりポークの旨味を活かし、合わせ味噌による濃厚な味噌スープが再現されていることに間違いなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 動物油脂
  • 粉末みそ
  • 食塩
  • 香味油
  • 香辛料
  • 植物油脂
  • 香味調味料
  • ポーク調味料

といった、臭みのないポークの旨味をベースに赤味噌・白味噌ならではのキレとコクをバランス良く利かせ、さらに信州味噌や炒め野菜の香りがクオリティの高さを演出し、今回ノンフライ仕様となったもっちりとした弾力や噛み応えのある太麺とも相性良くマッチした満足度の高い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071211790
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、スープ(みそ、ポークエキス、動物油脂、粉末みそ、食塩、香味油、香辛料、植物油脂、香味調味料、砂糖、酵母エキス、ポーク調味料、おからパウダー)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、もやし、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、乳化剤、酒精、香料、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(カンゾウ)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (105g) 当たり]
熱量388kcal
たんぱく質9.9g
脂質11.2g
炭水化物61.8g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.5g
(2.1g/4.4g)
カルシウム271mg

引用元:一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体スープ、粉末スープなどが入っています。

そして、こちらが今回別添されている調味料の3パックとなっていて、濃厚な味噌スープを再現した一杯ということもあって液体・粉末のWスープ仕様であり、特に液体スープの方は触った感じだとポークの旨味をしっかりと含んだ味噌感のあるドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう。

さらに…麺はご覧の通り今回PREMIUMなスープにも負けじともっちりとした弾力や本格感のある食感・噛み応えを再現したノンフライ麺となっていて、縦型タイプとはまたひと味違ったお店さながらの麺が採用されているようです!!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”と粉末スープを入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • ねぎ
  • もやし
  • メンマ

が入っています。

今回PREMIUMということもあって具材も豊富に使用されていることが確認できますね!これはパッケージにも“たっぷり野菜”と記載されていた通りシャキシャキとした食感にも期待できそうです!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は一回り太さを増し、もっちりとした弾力や噛み応えのあるコシが加わったことで臨場感の高い食感に仕上がり、ワンランク上の味噌スープとともにPREMIUMな味わいがしっかりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…まずはポークの旨味・脂などを思わせる赤みを帯びた油分がたっぷりと出てきます!

さらにその後からは濃厚感をイメージさせる赤味噌・白味噌、さらに信州味噌などを合わせた複雑で繊細かつ濃厚な味噌がドロッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この液体スープはポークの旨味も含んでいるんですが、味噌ならではのドロッとしたスープとなっているものの…決して粘度感のあるものではありませんので、スープにもすんなりと馴染みそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープ表面にはポークの脂といったこってり感のある印象は一切なく、合わせ味噌の旨味を底上げするかのような材料として溶け込み、赤味噌や白味噌ならではのキレとコクが相性良く馴染んだ濃厚な味噌スープといった王道とも言える味わいに仕上がり、炒め野菜の風味が香りたつPREMIUMな一杯に仕上がっています!

また、具材に使用されている“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めいていくに連れてコク深さ・濃厚感も際立っていき、同時に満足度も増していく…そんなカップ麺ながらもかなりの満足感が得られる臨場感の高い味わいが再現されているようですね!これは見るからに食欲そそります。。

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味は決して脂っこさのないコク深さを表現しており、まさに赤味噌や白味噌を合わせたメリハリのあるスープがバランス良くマッチしているんですが、非常に厚みのあるこってりとした印象で、キリッとした口当たりが“とろみ”を付けた濃厚なテイストと相性良く馴染み、それによってまろやかな味わいを最後まで飽きさせない仕上がりとなっています!

そのため、まさに豚骨×味噌といった王道とも言える味わいに仕上がり、シャープな飲み口とコク深さが絶妙なバランスとして濃厚な味噌スープを再現、そこに炒め野菜の風味がさり気なく香り立つことによってクオリティの高いPREMIUMな味わいを感じさせる満足度の高い逸品といったところで、この辺りに関してはやはりエースコックの“一度は食べたい名店の味PREMIUM”シリーズならではのワンランク上の一杯と言えるでしょう!

ちなみに今回の一杯は、名店“麺屋 花田”の看板メニュー“味噌”を再現しているため、辛さといった香辛料はほとんど感じられませんので、こってりとした味噌スープにメリハリを加えるには…唐辛子などの香辛料をお好みで加えてみると良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・ノンフライ仕様によってお店さながらのもっちりとした弾力やコシの強い食感がしっかりと感じられる噛み応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には、ポークをベースに赤味噌や白味噌をバランス良く合わせ、さらに信州味噌や炒め野菜の風味を利かせたコク深く濃厚なスープがよく絡み、一口ずつに旨味溢れる味噌ならではのまろやかな味わいが口いっぱいに広がっていき、深みのある味噌スープにぴったりな炒め野菜の風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、見た通り非常に小ぶりな具材となっていて、単品で味わってもそこまで旨味が施されているわけではありませんので、食べはじめはしっかりとスープと馴染ませながらもっちりとした太麺を優先的に食べ進め、後ほどこの太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って感じられるのではないでしょうか?

また、こちらのキャベツは大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く…このほどよい食感が今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているように感じられます!

さらにこちらの“もやし”なんかも使用されており、カップ麺でよく見かけるような細々としたチープな仕様ではなく、こちらもまた上記のキャベツとともに心地良いシャキシャキとした相性抜群な具材となっています!

そしてこちらのメンマは、使用されている数・サイズ感に関して物足りなさを一切感じさせないコリコリとした食感に仕上がっていて、メンマ特有の味付けや素材本来の味わいが感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントが加えられているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、こちらはやや小さめにカットされているため、そこまでシャキシャキとした食感とまではいかないものの…ほどよい薬味にもなったことで、ポークをベースにした合わせ味噌によるコク深いスープをより一層引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに赤味噌・白味噌それぞれの特徴であるキレとコクを引き立てる濃厚な味噌スープに仕上げ、信州味噌や炒め野菜の風味を加えた割とマイルド・まろやかな味わいとなっており、味噌ならではのキレの良さが最後まで飽きさせない濃厚ながらも後味の良いスープとなっています!

そして、やはり豚の旨味を利かせた味噌スープといういことで、こってりとした厚みがあり、王道とも言えるスープには炒め野菜の風味が相性良く香り立つ仕上がりが印象的で、個人的にはやや“とろみ”の付いたコク深く単調な仕上がりにも感じられたため、相性抜群な唐辛子や“おろしにんにく”を加えることによってメリハリが際立ち、より美味しく名店の味わいが堪能できるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて“とろみ”は増していき、どんどんコク深いまろやかさが際立っていくため、メリハリを利かせるためにもやはりお好みに合わせて各種香辛料などを追加した方が最後まで飽きることなく濃厚な味噌スープを堪能できるかと思われます!

というのも…そもそも今回の一杯にはそこまで香辛料が利いていないため、こってり感が非常に引き立って感じられ、味噌感が強く…割と“とろみ”が付いたこってり感に際立ち、個人的にももう少しメリハリのあるキリッとした香辛料が利いていればバランス良いのでは?と感じられたので、お好みに合わせて味を調整してみても良いでしょう!

このように、今回の“一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン”は、池袋の人気行列店“麺処 花田”の看板メニューを再現したポークをベースに赤味噌・白味噌をバランス良く合わせ、さらに信州味噌や炒め野菜を加えた贅沢仕様のコク深くこってりとした濃厚な仕上がりとなっていたため、お好みによっては味噌スープと相性の良い唐辛子や“おろしにんにく”などの香辛料を別途追加して辛さ・旨味を調整してみると良いでしょう!

まとめ

今回「一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処 花田 濃厚味噌ラーメン」を食べてみて、臭みのないポークの旨味をベースに赤味噌や白味噌をバランス良く合わせたことでキレとコクが相性良く馴染み、さらに信州味噌や炒め野菜の風味が香り立つクオリティの高い味わいを再現したことによって“とろみ”が付いたコク深く安定感のあるまろやかな味わいに仕上がり、まさにPREMIUMなスープがじっくりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

やはり“どんぶり型”のPREMIUMシリーズということもあって、ポーク×味噌を合わせた王道とも言えるテイストはベースとなる美味しさがワンランク上の仕上がりとなっていたため、お好みの香辛料などで味を調整をしてみると、より一層美味しくいただけるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!