カップ麺

本気盛(マジモリ)背脂とんこつ 食べてみました!背脂によるコクが利いた美味い一杯!

本気盛(マジモリ)背脂とんこつ 食べてみました!背脂によるコクが利いた美味い一杯!

2018年12月17日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「本気盛 背脂とんこつ」を食べてみました。

この商品は、大盛り・濃い系といったガッツリ系でお馴染み“本気盛(マジモリ)”シリーズの新商品ということで、今回は飲み心地の良いすっきりとした豚骨スープにたっぷりと使用された背脂によって味わい深いコクがプラスされ、黒胡椒といった香辛料が使用されたことで味が締まり、キレとコクがバランス良く仕上がった“本気盛 背脂とんこつ”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“背脂のパンチが利いた、コクのある豚骨ラーメン!!”と記載されているように今回の一杯はゴクゴクいけちゃう喉ごし抜群な豚骨ならではのすっきりとした味わいが表現され、そこに背脂がたっぷりと使用されたことで口当たりにはパンチのある“本気盛”ならではの食べ応えなんかも感じられるインパクトある一杯のようですね!

また、こちらには豚骨スープに散りばめられた背脂が使用された仕上がりイメージが確認できるように、想像以上に粒の大きな背脂が多めに使用されているようで、この背脂からのほどよいコクが豚骨スープにちょうど良いコクを感じさせる仕上がりを思わせます!

それに加え、“ねぎ”も何やら多めに使用されているようで、この辺りからも、すっきりとした喉ごし・飲み心地を思わせますね!

一方、こちらには“かため極細麺!!”と記載されているように、今回の麺は豚骨との相性抜群な細めな麺が採用されているようで、細麺ながらも歯切れの良い硬めのコシがバランスの良さを感じさせ、コク深い豚骨スープとともにほどよいすすり心地なんかも楽しめそうな一杯です!

他にも特徴としては、豚骨スープにこちらもまた相性抜群な“にんにく”といった食欲そそる旨みなんかも含まれているようで、すっきりとしたスープには臭みのない豚骨の旨みが凝縮されたことで物足りなさもなく、最後まで飽きの来ない仕上がりとなっているようですね!

実際に食べてみて…

想像以上にたっぷりと使用された背脂によって、一見ドロッとしたスープかと思いきや!すっきり・軽やかな豚骨スープに背脂のちょうど良いコクがプラスされていて、喉ごし抜群なスープには納得の旨みが感じられる食べ応えのある“本気盛”らしい仕上がりとなっていました!
これは特に、後味すっきりとした豚骨スープを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの豚骨スープにたっぷりと使用された背脂のコクがたまらない一杯「本気盛 背脂とんこつ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

本気盛 背脂とんこつについて

今回ご紹介するカップ麺は、しっかりとした食べ応えが特徴的なマルちゃんのシリーズ“本気盛”の新商品ということで、澄んだような爽快感のある豚骨スープに、“くどさ”を全く感じさせない背脂がたっぷりと使用されたことによるコク深い仕上がりとなった“本気盛 背脂とんこつ”となっています。

こういった豚骨ベースのスープには、コシの強い細ストレート麺といった組み合わせが合うんですよね!すすった時に感じる黒胡椒や“にんにく”といった旨み・アクセントなんかもつい止まらなくなると思われるポイントにもなりそうです!

そこに今回はたっぷりと背脂が使用されているとのことでしたので、豚骨スープ×背脂という…想像しただけでも間違いない美味しさに加え、“すっきり感”と“コク深さ”が同時に楽しめる非常に楽しみな一杯です!

ではでは、その仕上がりをじっくりとチェックしていきたいと思います!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り517kcal(めん・かやく433kcal / スープ84kcal)となっております。(塩分は5.7g)

豚骨スープならではのすっきりとした仕上がりのようですが、カロリーは“本気盛”らしくしっかりとした食べ応えを思わせるやや高めの数値のようですね!しかし、塩分は平均的といったところ!
ちなみに1食107g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや食塩をはじめ…

  • 香辛料
  • でん粉
  • 植物油

といった、ストレートに豚骨の旨みが楽しめるすっきりとした仕上がりに、黒胡椒などの香辛料を利かせたことで、さらに味に締まりが表現され、口当たりには豚骨ならではのキレに背脂のコク深さなんかも感じられる飽きの来ない仕上がりを想像させる材料が並びます!

JANコード4901990362139

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、卵白)、添付調味料(ポークエキス、食塩、砂糖、香辛料、でん粉、たん白加水分解物、植物油、発酵調味料)、かやく(背脂加工品、味付鶏挽肉、ごま、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、トレハロース、かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:本気盛 背脂とんこつ | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープをはじめ大量の背脂などがすでに入っていて、別添されている調味料などは一切ないようですね!しかし、この背脂の量は想像以上といったところ…!

ちなみに具材には…

  • 背脂加工品
  • 味付鶏挽肉
  • ごま
  • ねぎ

が入っています。

そして、大量の背脂の下にある麺は、パッケージにも記載されていたように歯切れの良いコシが表現された極細麺が採用されているようです!(原材料によると今回の麺は油揚げ麺とのこと。)

調理してみた

では、熱湯を注ぎ2分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

大量の背脂がふっくらと仕上がり、この時点ではかなりドロッとしたスープを思わせますが…、この粉末スープなどの下には、すっきりとした豚骨スープが潜んでいると思われるため、やはりキレとコクがバランス良く仕上がった一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、やはり喉ごしの良さを思わせる非常にさらっとした仕上がりとなっていて、表面に浮かぶ大量の背脂から良い旨味が滲み出ることで、豚骨スープの美味しさを引き立てるコクが表現されていることがよーく伝わってきます!

ご覧のように、よーく見てみても脂っこさといった印象では全くなく、臭みのない豚骨が丁寧に旨みとして表現されている様子がうかがえます!

また、スープを混ぜる時間などを考慮すると…調理時間は本来2分のところ1分強でも十分な気がしますね!硬めの麺がお好みなら調整してみると良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にすっきりとした飲み心地の良い豚骨スープには、さらっとした仕上がりにもかかわらず、しっかりと豚骨の旨みが食欲そそる“にんにく”とともに利いているため、全く物足りなさのない味わいが表現されています!

さらに、何と言っても今回商品名にもなっている大量に使用された背脂によって、納得のコクがプラスされ、すっきりとした豚骨スープにほんのりと厚みを感じさせる“まろやかさ”・旨みが表現されているようにも感じられますね!

ちなみに、この背脂に関しては全く“くどさ”といった脂っこさはなく、こってり感はあるものの、豚骨スープを引き立てるちょうど良いコクが相性良くスープに浮かんでいます!

麺について

麺は、ご覧の通り極細麺ではありますが、細麺ながらも歯切れの良いコシがあり、全くもって食べ飽きることのないすすり心地の良い麺となっています!

そして、ストレート麺のようで若干ちぢれもあり、今回の後味すっきりとしたまろやかな豚骨スープが思った以上によく絡み、一口ずつに臭みのない豚骨の旨みが口に広がっていき、背脂によるコクが味わい深く感じさせます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏挽肉が入っていて、やや小ぶりではありますが…しっかりと肉の旨みなんかも感じられる具材のようで、小さいなりに量も多く、豚骨スープに良い旨味が滲み出す相性の良い味わいが表現されているようです!

他にも意外と量の多い“ねぎ”や、“ごま”といった良い脇役が揃ったことで、すっきりとした後味を引き立て、旨みだけでなく風味からも楽しめる満足度の高いシンプルな具材が使用されているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りベースは臭みのない豚骨の旨みが凝縮されたことで、豚骨ならではの“こってり感”はあるものの、非常にすっきりとした後味の良い仕上がりとなっています!

そして、そこに大量に使用された背脂によるまろやかなコクがプラスされたことによって、さらっとしたスープに旨みとしての厚みが感じられ、最後まで飽きることなく存分に豚骨スープを楽しめるクセになりそうな味わいが表現されています!

そのため、ゴクゴクいけちゃう止まらなくなる仕上がりといったところでしょうか?火傷に注意ですが…黒胡椒といったちょうど良いアクセントなんかもポイントとなったことで、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

そしてこちら!今回のスープにちょうど良いコクを感じさせる“背脂”です!
この具材は粒も思っていたよりも大きく、量も非常に多いため、後味の良い豚骨スープを十二分に楽しむことができます!

そして、試しにこの背脂だけをじっくりと味わってみても…やはり“くどさ”といった感じは全くなく、むしろかき集めてスープと一緒に楽しみたいくらいに旨みというかコク深く、豚骨スープと相性抜群な具材となっています!

ただ、パッケージに記載されていたような“背脂のパンチが利いた〜”と言われると…ちょっと違うような気もしますね!

何というか…脂っこさが全くないコクが上品にも感じられるため、パンチというよりも旨みが強い印象といったところでしょうか?荒々しさのない豚骨ならではのキレとコクを堪能できる一杯に感じられますね!

まとめ

今回「本気盛 背脂とんこつ」を食べてみて、飽きの来ないすっきりとした豚骨の旨みには、“こってり感”と“さっぱり感”を同時に感じさせる喉ごしの良い仕上がりとなり、そこに大量の背脂が使用されたことによって、豚骨の旨みを引き立てるかのようにコクがプラスされ、さらに黒胡椒が味に締まりを表現したことで、ついついスープが止まらなくなるような豚骨の味わいをガッツリと楽しめる一杯となっていました!

そして、パンチと言うよりも旨みとしての厚みが感じられるコクが背脂によって表現されていたため、もっと力強い味わいを楽しみたいなら、“にんにく”や黒胡椒などをお好みで追加してアレンジしてみても良いかもしれませんね!

ちなみにこの商品の取り扱いはローソンのようでしたので、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です