本気盛

本気盛(マジモリ)味噌とんこつ!背脂や“にんにく”のパンチを利かせた食べ応えのある一杯

本気盛 味噌とんこつ

本気盛 味噌とんこつ」を食べてみました。(2020年9月7日発売・東洋水産)

この商品は、“大盛な麺”・“濃い系スープ”・“がっつり具材”でお馴染み“本気盛(マジモリ)”シリーズの新商品ということで、今回はポークやチキンの旨味をベースに相性抜群な“にんにく”などの香味野菜や唐辛子を合わせた濃厚な味噌豚骨スープが楽しめる王道的な一杯が登場です!

それも…臭みのない濃厚な味噌豚骨スープに仕上げ、そこに食欲そそる“にんにく”や唐辛子によるパンチのある口当りを表現し、さらに食べ応え抜群な太くコシが強いシリーズらしい“がっつり太麺”がしっかりと絡む満足度の高い一杯、“本気盛 味噌とんこつ”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには、“味噌とんこつ”といった文字が非常にわかりやすくインパクトがあり、“にんにく”や唐辛子を利かせた旨辛な味わいに仕上がった濃厚味噌をイメージさせる配色を基調にシリーズ名や商品名、さらに仕上がりイメージなんかも掲載されています!

本気盛 味噌とんこつ パッケージ

また、こちら容器側面には…“うまさ際立つ濃厚味噌!!”と記載され、その背景にはポークなど動物系の旨味をベースにした濃厚味噌スープに大粒の背脂が浮き、それによってコク深くまろやかな口当りに仕上がった深みのあるイメージ写真なんかも掲載されており、ポーク×味噌×背脂・“にんにく”といった王道とも言える深み・コクのあるテイストがたっぷりと楽しめそうです!

ただし、背脂とは言っても決して脂っこさを加えるためのものではありませんからね!スープにまろやかなコクを引き立てる相性抜群な材料としてたっぷりと旨味を引き立てているに違いありません!

一方こちらには、“背脂やニンニクのパンチを利かせた、濃厚味噌とんこつラーメン!!”と記載され、その背景には文字通りコク深く濃厚な味噌豚骨ラーメンといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付挽肉・キャベツ・背脂加工品・“ねぎ”が使用されているようで、なんとも食欲を掻き立てられますね。。

…というか、動物系の旨味を利かせた味噌スープには背脂や“にんにく”などの香味野菜、さらに唐辛子などの香辛料が合いますからね!これはシリーズらしいガツンとしたパンチのあるテイストに仕上がり、さらに食べ応え抜群な太麺との相性もかなり期待できるのではないでしょうか?

そして今回の麺には、“硬くコシが強いがっつり太麺!!”と記載されているように、厚みのある幅広な麺が採用されているようで、こちらもまた見るからに歯応えの良い強いコシに仕上がっているようで、濃厚な味噌豚骨スープとの相性もかなり良さそうです!

ちなみにこの“本気盛”シリーズには、フレーバーによっては“新がっつり太縮れ麺”といった今回のように太く食べ応えのある麺にほどよい“ちぢれ”を加えた麺をはじめ…極細麺など実に様々な麺が使い分けられているようで、こういったスープの味わいによって麺を変更している辺りは個人的にもかなり好印象といったところ!

他にも特徴として…麺は上記のように“がっつり太麺”による粘りの中にも硬くコシが強い食感が表現された歯切れの良い仕上がりとなっていて、すすり心地はもちろん、ポークをベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子を合わせた濃厚な味噌豚骨スープがよく絡み、背脂によるコク深さが旨味を引き立て、キリッとしたシャープな飲み口が最後まで飽きさせない…シリーズらしいパンチのある味わいが思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味や背脂のコク・まろやかさが際立ったことで、味噌ならではのキレの良さが若干控えめにも感じられましたが…この変に関しては恐らく唐辛子など香辛料をちょい足しすることで深みのあるテイストがシリーズらしくガツンと堪能することができ、なんと言っても今回採用された厚く幅広な“がっつり太麺”と相性良く馴染んだことによって旨味溢れるテイストとしっかりと食欲を満たしてくれる麺が満足度を高めてくれる…そんなボリューム感のある一杯となっていました!
これは特に、ポークをベースに“にんにく”や唐辛子を加えた王道とも言える味噌豚骨スープに噛み応え抜群な太麺が絡むパンチのある味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“本気盛”シリーズの新フレーバーで、ポークをベースに食欲そそる“にんにく”やメリハリを加える唐辛子を合わせた濃厚な味噌豚骨スープに食べ応え抜群な“がっつり太麺”が絡む一杯、「本気盛 味噌とんこつ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

本気盛 味噌とんこつ

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応えのある大盛り・濃い系で人気の“本気盛(マジモリ)”シリーズの新商品ということで、ポークをベースに食欲そそる“にんにく”や背脂をたっぷりと加え、唐辛子の辛みがキレ・コクのある味わいを表現した旨味際立つパンチのある一杯、“本気盛 味噌とんこつ”となっています。

ちなみにこの“本気盛(マジモリ)”シリーズには、これまでも若干似たようなフレーバーが数多く登場してきましたが、ポークをベースに香味野菜を加えた濃厚な味噌豚骨といった…ここまで王道とも言えるフレーバーは初かもしれません!

また、先ほどもお伝えした通り、今回採用されている麺は噛み応えのある“がっつり太麺”となっていて、これは以前発売されていた“濃ニボ”にも同じ麺が採用されていたように、“本気盛”シリーズらしいガツンとしたスープにも負けじと食べ応えもあって非常に合うんですよね!

さらに2020年の“本気盛”シリーズとしては…以下の通り“スタミナ旨辛豚骨”に続くパンチのあるテイストとしての新フレーバーとなっています!

このように今回の一杯もまたシリーズらしいインパクトのあるフレーバーとして、王道とも言える味噌豚骨スープに“にんにく”や唐辛子を加えた旨辛なスープに仕上げ、後引く辛み・旨味が心地良いガツンとしたスープに仕上がっているに違いありません!

それでは、今回の“本気盛 味噌とんこつ”がどれほどポークの旨味を凝縮した濃厚な仕上がりとなっているのか?濃厚感を演出する背脂や食欲そそる“にんにく”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても硬くコシの強い噛み応え抜群な“がっつり太麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り505kcal(めん・かやく418kcal / スープ87kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、ポークを利かせた濃厚なテイストということもあって、スープタイプの割にやや高めな数値のようで、同じく塩分も若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり112g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで87kcalありますから、やはりポークをベースにコク深さを際立たせる背脂を合わせた濃厚な味噌豚骨スープをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや香辛料をはじめ…

  • 食塩
  • みそ
  • 粉末野菜
  • チキンエキス
  • でん粉

といった、臭みのないポークの旨味をベースにキレ・コクのある味噌を合わせ、そこに野菜の旨味や食欲そそる“にんにく”などの香味野菜を利かせ、唐辛子が後味の良さを際立たせるバランスの良い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990366625
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白)、かやく(味付挽肉、キャベツ、背脂加工品、ねぎ)、添付調味料(ポークエキス、香辛料、食塩、みそ、砂糖、粉末野菜、チキンエキス、でん粉、たん白加水分解物)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (112g) 当たり]
熱量505kcal
めん・かやく: 418kcal
スープ: 87kcal
たん白質12.4g
脂質23.5g
炭水化物61.0g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 2.5g
スープ: 3.6g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム190mg

引用元:本気盛 味噌とんこつ | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回の“味噌とんこつ”には特に調味料などのパックが一切使用されていません。

また、麺はご覧の通り厚みのある幅広なフライ麺となっていて、湯戻りする以前からすでにもっちりとした食感とほどよいコシを兼ね備え、スープとの絡みも考慮された食べ応え抜群な“がっつり太麺”が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくには…

  • 味付挽肉
  • キャベツ
  • 背脂加工品
  • ねぎ

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

かなりしっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“がっつり太麺”に関しては…ほどよい弾力と強いコシが加わり、“にんにく”や背脂を利かせた濃厚な味噌豚骨スープとも相性良くマッチした食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…たっぷりと使用された各種具材によってスープの仕上がり具合がちょっと確認しにくいんですが、思っていたよりもさらっとした状態となっていて、ポークや背脂のコクがたっぷりと利いたことによってキレ・後味の良さとともに深みのあるテイストが最後まで飽きることなく楽しめる一杯といったところ!

また、豊富に使用された具材の中でも特に“味付挽肉”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、大粒の背脂なんかも使用されていますからね!恐らく食べ進めていくに連れてコクやまろやかさが際立ってき、同時に満足度も増していく…そんな食べ応え抜群な一杯に期待できそうです!
※後ほど詳しくご説明しますが、若干コク・まろやかさが目立った印象でしたので、一味などを予め用意しておいた方が良いかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…キレのある味噌豚骨スープには、たっぷりと使用された背脂によるコクによって濃厚なテイストに仕上がり、ほどよい“にんにく”の旨味が食欲そそるやみつき感をうまく演出、そこに食べ応え抜群な“がっつり太麺”が絶妙にマッチした満足感の高い仕上がりとなっています!

また、“にんにく”の旨味・風味というのもそこまで強烈ものではなく、あくまで旨味を引き立てるかのようなバランスの良い利かせ具合で、個人的には特に豚骨や背脂によるまろやかさが際立って感じられる濃厚な一杯といった印象。

そのため、お好みによっては一味などキリッとした辛みを加える香辛料などをちょい足ししてみても良いかもしれません!(もちろんポークや背脂には変な脂っこさや“くどさ”といったギトギトとした印象はありませんが、メリハリを加えるためにももう少し辛さが欲しいところ…)

麺について

麺は、ご覧の通り食べ応え抜群な“がっつり太麺”が採用され、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを併せ持つ仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースにコクのある味噌を合わせ、さらにたっぷりと背脂を加えたことによってまろやかさとキレの良さがバランス良く合わさった深みのある味噌豚骨スープがよく絡み、一口ずつに喉越しの良い旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える味噌や食欲そそる“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付挽肉が使用されていて、挽肉というだけあって若干小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、割としっかりと肉の旨味がじゅわっと滲み出て来る仕上がりとなっていたため、単品で味わうというより、スープの旨味を引き立てる具材としてしっかりと混ぜながら今回の太麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキャベツは使用されている量も多く、大きめにカットされているため、シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に彩りや食感としてのちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは先ほどもお伝えしたように、臭みのないポークの旨味をベースに繊細かつコクのある味噌を合わせ、そこにたっぷりと背脂を加えたことによって非常にまろやかな味わいに仕上がり、食欲そそる“にんにく”が旨味を引き立てる安定感のある味噌豚骨スープが表現されています!

また、豊富に背脂を使用しているんてすが、決して脂っこい仕上がりというわけではなく、あくまで濃厚感・コク深さを際立たせるかのように繊細な味噌味を美味しく引き立て、最後まで飽きることなく厚みのある旨味として食欲を満たしてくれるでしょう!

ただ強いて言えば…今回の“味噌とんこつ”には、特にこってり感・濃厚感が際立っているように感じられたため、コク深くまろやかなテイストは良いんですが…さらにメリハリを付ける一味などの香辛料をちょい足しすると、より旨味も引き立って楽しめるかと思われます!

元々唐辛子は使用されているんですが、個人的にはちょっと辛さが物足りなく感じられたため、この辺りを調整するだけで劇的にキレの良さが際立つのではないでしょうか?

そしてこちら!ちょっと写真だとわかりにくいかもしれませんが…割と大粒な背脂がたっぷりと使用されており、これによってコク深さやまろやかさがさり気なく際立ち、食べ進めていくに連れて濃厚感も引き立つことで喉越しの良さが心地良く感じられます!

さらに食べ進めていくと…具材に使用された味付挽肉からも良い旨味が滲み出していき、ほんのり“とろみ”というか旨味にも厚みが加わり、キレ・後味の良い味噌豚骨スープにやみつき感が引き立ったことで、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

このように、今回の“本気盛 味噌とんこつ”は、ポークやチキンをベースに繊細にも感じられる味噌を合わせ、野菜の旨味や相性抜群な“にんにく”といった香味野菜、さらに後味の良さを際立たせる唐辛子が利いたキレ・コクのある味噌豚骨スープに仕上がり、なんと言ってもたっぷりと使用された背脂によってまろやかさが引き立つ喉越しの良さが印象的でしたので、お好みによっては唐辛子などをちょい足しして辛さを調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「本気盛 味噌とんこつ」を食べてみて、ポークやチキンなど動物系の旨味をベースに食欲そそる“にんにく”を含む野菜の旨味や唐辛子を加えたことで、繊細にも感じられる味噌豚骨スープを表現、さらに豊富に使用された背脂がまろやかさを加え、食べ応え抜群な“がっつり太麺”と絶妙にマッチした満足度の高いシリーズらしいパンチのある仕上がりとなっていました!

やはり“本気盛”シリーズはこういったガツンとしたテイストが合いますね!今回の“がっつり太麺”の食べ応え抜群な食感・ボリューム感はもちろん、背脂を加えた臨場感溢れる濃厚な味噌豚骨スープにも絶妙にマッチした一杯はかなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!