インスタントラーメン

日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン!衝撃的なニンニクを利かせたパンチのあるクセ旨な一杯

日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン

日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン」を食べてみました。(2021年9月6日発売・日清食品)

この商品は、“突き抜けた刺激”と“個食袋麺”をコンセプトにした日清食品の新ブランド「日清爆裂(にっしんばくれつ)」シリーズ第2弾として発売されたもので、これまでの5食や3食入りの袋麺の常識を覆し、ひとりで食事する機会が増加していることから…敢えて“個食袋麺”に拘り、もっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた極太ウェーブ麺が豚の旨味や食欲そそる“にんにく”をたっぷりと利かせたやみつき感のある“クサ旨”・“クセ旨”な醤油スープにしっかりと絡むことで本格感のあるテイストが気軽に楽しめる一杯が登場です!

それも…上記の通り醤油ベースに豚や“にんにく”の旨味をたっぷりと利かせたガッツリ系ラーメンでお馴染みの“爆裂”に美味い味わいに仕上げ、別途“もやし”をトッピングすることで、日清食品史上最上級の太さを誇る極太ウェーブ麺とともに“クサ旨”・“クセ旨”なテイストがたっぷりと楽しめる待望の“日清爆裂”シリーズ第2弾、“日清爆裂豚道(ぶたどう)強(きょう)ニンニク醤油ラーメン”となっております。(税抜き150円)

ご覧の通りパッケージには…“爆裂豚道”と記載されているため、一瞬そういったシリーズ名なのかと思いましたが、実際には“日清爆裂”シリーズが正式名称であり、見ての通り黄色を基調に豚と“にんにく”の旨味に拘り抜いたお馴染みの味わいを彷彿とさせるデザインにあしらわれ、袋麺ならではのクオリティの高い味わいが個食単位で楽しめるとあって非常に気になっている方も多いのではないでしょうか?

日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン パッケージ

一方こちらには…“食べ応えの極太麺95g”と記載されている通り、今回の“日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン”に関しては…日清食品史上最上級に太い極太ウェーブ麺が採用されているように臨場感の高い拘りの極太麺はもちろん、豚や“にんにく”の旨味をガッツリと利かせたシリーズらしいクオリティの高いスープが楽しめて税別150円ですからね…具材が一切入っていない点を考慮してもややリーズナブルな印象ですので、ぜひお好みに合わせて予めチャーシューやメンマ、“ねぎ”や味付煮卵といった各種具材をご自身で用意しておきたいところ!
※今回は市販の“もやし”が推奨とされています。

さらに公式ページによると…ガッツリ系のラーメンは定番のフレーバーと並ぶほどの人気を獲得しているとのことで、確かにこういった豚の旨味に“にんにく”をたっぷりと加えたパンチのある商品なんかは年々数多く発売されている傾向で度々話題となっていますからね!今回のような実店舗さながらのもっちりとした弾力のある極太ウェーブ麺と旨味をしっかりと利かせた爆裂に美味い醤油スープが個食袋麺として楽しめる商品は気軽に1食から味わえるとあって意外と需要があるのかもしれません!

近年は醤油や味噌などの定番フレーバーと肩を並べるほどの人気を獲得した “ガッツリ系ラーメン” を「日清爆裂」ブランドから新発売します。
引用元:「日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン」 (9月6日発売) | 日清食品グループ

さらにこちらには…“ワシワシ極太麺とクセ旨豚スープ”と記載され、その背景には…醤油ベースに豚の旨味・脂を凝縮し、食欲そそる“にんにく”をたっぷりと加えた濃厚なスープに“茹でもやし”やチャーシュー、“刻みにんにく”などを盛り付け、極太ウェーブ麺がしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されており、スープ・麺ともに“クセ旨・コク辛”の美味しさが楽しめるようですね!これはまた期待のシリーズ第2弾が登場したものです!!(※実際の商品には具材が含まれていません。)

他にも特徴として…麺は日清食品史上最上級に太い角刃・極太ウェーブ麺が採用されており、それによって上記の通り爆裂な美味しさにもぴったりな食べ応えをフライ仕様で表現、それによって豚の旨味に食欲そそる“にんにく”をたっぷりと加えたガッツリ系の醤油スープによる後引く旨味が最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

噛み応え抜群な極太ウェーブ麺と豚や“にんにく”をたっぷりと利かせたガッツリ系の醤油スープが楽しめるという個食袋麺による一杯には…本格感のある超極太麺で食べ応え抜群なボリューム感があり、実店舗さながらの強いコシともっちりとした弾力を兼ね備え、コク深くも思ったよりサラッとした醤油ベースのスープには深みのある豚の旨味はもちろん、“強ニンニク”というだけあってクセになる“にんにく”がこれでもかというほど加えられ、まさに黄色い看板でお馴染みのガッツリ系のテイストが気軽に楽しめる“日清爆裂”シリーズに相応しいパンチのある一杯となっていました!(後ほど詳しくご説明しますが濃い目に作った方が良いかもしれません。)
これは特に、豚や“にんにく”の旨味をたっぷりと利かせたガッツリとした醤油ベースのテイストが好みの方はもちろん、爆裂に美味いスープに本格感のある極太ウェーブ麺が絶妙にマッチした袋麺とは思えないほどのクオリティの味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は日清食品史上最大級の極太ウェーブ麺と、豚や“にんにく”をたっぷりと利かせた醤油ベースの爆裂に美味しいスープが個食袋麺として1食ずつ気軽に楽しめる日清食品の“日清爆裂”シリーズ第2弾として登場した一杯、「日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン

今回ご紹介するインスタントラーメンは、噛み応え抜群ながっしりとした強いコシを表現した極太ウェーブ麺が醤油ベースのスープに豚や“にんにく”の旨味をたっぷりと利かせ、キリッとした後味を胡椒によって表現、シンプルながらもガッツリ系のテイストが気軽に楽しめる日清食品史上最大級の極太麺と爆裂に美味いスープが楽しめる“日清爆裂”シリーズに相応しいパンチのある一杯、“日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン”となっています。

袋麺と言えば…3食・5食入りが定説でしたが、最近ひとりの食事が増えてきたことも踏まえ、敢えて“個食袋麺”として購入できるところがまた良いですね!また、個食袋麺としては“日清爆裂”シリーズ第1弾として2021年3月29日に同時発売された“日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン”や“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”なんかも1食から購入できるため、これからも増えてくるのかもしれません!

また、こちらには…“日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン”の中でも特に「爆裂豚道(ばくれつぶたどう)」といった文字が大きく強調され、見るからにガッツリとした味わいを思わせるデザインにあしらわれ、食べ応え抜群な極太麺はもちろん、“強ニンニク”ならではのパンチのある口当たりや醤油感の強いキリッとした口当たり、そしてアクセントとして加えられた胡椒を利かせた爆裂に美味いスープがどれほどの仕上がりとなっているのか非常に気になるところではないでしょうか?

ちなみに第1弾は2品同時発売でしたが、今回の第2弾は1種類のみの登場となっていて取り扱いもコンビニで購入できるため、ついでにお好みの具材を各種選んでみると良いでしょう!最近のコンビニは様々な追加トッピングが品揃え良いので、今回推奨とされている“もやし”はもちろん、チャーシューやメンマ、温泉卵などを加えてみると旨味もより増して楽しめるかと思われます。

それでは、今回の“日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン”がどれほど豚の旨味を利かせたコク深く濃厚な仕上がりとなっているのか?“強ニンニク”というだけあって“にんにく”をたっぷりと加えたというパンチの強い口当たりとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても日清食品史上最大級に太い噛み応え抜群な極太ウェーブ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り484kcal(めん・かやく408kcal / スープ76kcal)となっております。(塩分は8.2g)

カロリーは、具材が一切使用されていないことや極太仕様の油揚げ麺が採用されていること、そして豚の旨味や“にんにく”をたっぷりと加えた爆裂な美味しさを表現した醤油ベースのスープを考慮すると平均的といった数値のようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり111g、麺の量は95gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと76kcalとやはりそこまで低い数値ではなく、豚の旨味を存分に活かしたコク深くも後味の良いテイストを表現、最後まで飽きの来ないスープで“クサ旨”・“クセ旨”といった印象のガツンとした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や食塩をはじめ…

  • 粉末しょうゆ
  • クリーミングパウダー
  • ポーク調味料
  • 植物油脂
  • 香辛料(胡椒、にんにく)

といった、豚の旨味をベースに“にんにく”をたっぷりと加えたことでガッツリ系でお馴染みパンチの強いテイストに仕上がり、シンプルながらも胡椒のアクセントが利いたことによって最後まで飽きの来ない爆裂に美味い醤油スープに仕立て上げ、日清食品史上最大級に太い噛み応え抜群な極太ウェーブ麺とともにガツンと食欲を満たしてくれる“クサ旨”・“クセ旨”な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、“しょうゆ”やチキンエキス・チキン調味料など様々な材料が確認でき、ほどよく味付けが施された仕様であることが伝わってきますね!

JANコード4902105269725
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、サイリウム種皮、大豆食物繊維、チキンエキス、チキン調味料)、スープ(豚脂、食塩、糖類、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、クリーミングパウダー、ポーク調味料、植物油脂、香辛料(胡椒、にんにく))/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (111g) 当たり]
熱量484kcal
めん: 408kcal
スープ: 76kcal
たんぱく質9.8g
脂質18.2g
炭水化物70.3g
食塩相当量8.2g
めん: 2.4g
スープ: 5.8g
ビタミンB10.46mg
ビタミンB20.61mg
カルシウム197mg

引用元:日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り袋麺らしく麺と調味料のみといったシンプルな内容となっていて、具材などは一切入っておりませんので、お好みの追加トッピングを予め用意しておくと良いでしょう!

今回はおすすめの追加トッピングとして“もやし”推奨と記載されていましたが、豚の旨味に“にんにく”をたっぷりと加えたパンチの強いテイストですから…“もやし”だけでなく、極厚チャーシューや味付メンマ、煮卵や“ねぎ”といった具材をお好みに合わせて別途用意して楽しんでも良いでしょうし、シンプルに爆裂な美味しさを“もやし”とともに楽しむのも良いですね!

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、“クセ旨粉末スープ”と“クセ旨オイル”といった液体・粉末タイプのWスープ仕様ということからも奥行きのあるコクやこってり感、そして何より“強ニンニク”と記載されていた通り食欲そそる“にんにく”がたっぷりと加えられたことでパンチの強いテイストに期待できそうです!

さらに、麺はご覧の通り日清食品史上最も太いお店さながらの極太ウェーブ麺が採用されており、もっちりとした弾力とガシッとした強いコシを併せ持つ本格感のあるフライ麺で、これが湯戻りによってどこまで素材感の強い食感に仕上がるのか?非常に気になるところではないでしょうか?

調理してみた

では念のため作り方を見てみます。
※予め電子レンジで“もやし”を600W・3分加熱しておきましょう。

  1. 鍋にお湯500mlを沸騰させて麺を5分間茹でる
  2. 粉末スープ・オイルを器に入れておく
  3. 5分たったら鍋からお湯だけを先に入れスープをよく混ぜて溶かす
  4. 麺を入れて軽く混ぜる
  5. 予め電子レンジで加熱しておいた“もやし”を乗せて出来上がり。

と、若干複雑に見えるかもしれませんが、要は500mlの熱湯で麺を茹でて、予め粉末スープを入れた“どんぶり”に全て入れ、お好みによって野菜などの具材を加えるだけです!
また、お好みによっては焼豚・刻みニンニクなどを加えてみると良いでしょう!(そもそも“にんにく”はたっぷりと加わっているため、デフォルトでも十分かと思われますが…)

この辺りに関しては希に具材付きの袋麺なんかもありますが…ほぼ同様の仕様ですからね!何か一品だけでも具材があれば一段と美味しくなるかと思いますので、チャーシューや味付煮卵だけでもあれば良いかもしれませんね!“もやし”ひとつでも十分美味しくいただけるので、ぜひシャキシャキとした“もやし”と一緒にパンチの強いガッツリ系の味わいをたっぷりと味わってみてください!

ということでまずは先ほどの液体スープ・オイルを器に入れておきましょう!すると…粉末スープからは強烈な“にんにく”臭が一気に広がっていき、一方でオイルに関しては恐らく豚の旨味・脂が含まれているものと思われ、醤油をベースに豚の旨味や“にんにく”をたっぷりと加えたインパクトのある味わいに間違いなさそうです!

では続いて“もやし”1袋を電子レンジで600W・3分加熱しておきます!
※“もやし”は物にもよりますが30円程度で取り扱いされています。

その間、鍋に500mlのお湯を沸騰させ、麺を加えて5分間茹でていきます!
ただ…5分と記載されていますが、麺の硬さに関してはお好みで調整してみてください。

また、見た通り日清食品史上最大級の極太ウェーブ麺ということもあって非常にガシガシとした仕様となっていて、ほどよく味付けも施されているため、軽くほぐしながら茹でていきましょう!

では、まずは熱湯から先に器に移して粉末スープ・オイルをしっかりと溶かしていきます!

すると…スープは思ったよりもサラッとした仕上がりとなっていて、見た通り乳化感も全くなく、豚の旨味に“にんにく”をたっぷりと加えたという醤油ベースのスープは思いのほか後味すっきりとしているようです!ただ…個人的にはもう少しギトギトとした脂が加わっている方が好みなので、豚肉を焼いて脂ごと加えてみても良いかもしれません!

続いて麺を器に移して、予め電子レンジで加熱しておいた“もやし”を盛り付けて完成となります!…というか、“もやし”1袋とは言え麺の様子が伺い知れないんですが、先ほどまでの極太麺がしっかりと湯戻りしたことで、お店さながらのもっちりとした弾力や噛み応え抜群な迫力あるコシが加わり、日清食品史上最大級の極太ウェーブ麺というだけあって本格感のある麺は見るからに食べ応えがあり、ほどよく味付けが施された麺から滲み出す旨味なんかもしっかりと楽しめるクオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ただ、どうしても気になるのが…豚の旨味を利かせているにも関わらず良い意味での脂っこさがないという点で、上記の通りスープもサラッとしていますから、非常にすっきりとした味わいに仕上がり、醤油感の強いキレはあるものの…肝心のコクが物足りなく感じられますね。。これはパッケージに掲載されていた仕上がりイメージに期待してしまうと肩透かしを食らうかもしれません…

食べてみた感想

一口食べてみると…やはりサラッとした仕上がり通りコク深さ・濃厚感といったスープには物足りなく感じますね。。醤油感の強いキリッとしたシャープな飲み口は良いんですが、肝心の豚の旨味が非常に弱く、期待していたようなギトギト感がほぼありません!…これは後味の良さや胡椒による飽きの来ないすっきり感はあるものの、熱湯の量で調整できるものではなく、そもそも豚の旨味が物足りなさを感じさせるため、がっちりアレンジした方が良いかもしれません!

そして、醤油の感じは上記の通りキレの良いテイストが印象的で、“にんにく”は“強ニンニク”というだけあってたっぷりと利かせたことによってパンチのある口当たりに仕上がっていたため、余計に豚の旨味に関して惜しまれますね。。ここにギトギト系の豚の旨味・脂が表現されていればかなり評価も高かったように感じられます!(せめて脂身の多い豚肉を焼いて滲み出た脂も一緒にたっぷりと加えたいところ。。)

そのため、正直パッケージほどのインパクトはなく、とにかく豚の旨味・利かせ具合に関しては非常に控え目ということもあって、簡単に言うと…非常にあっさりとした醤油スープにたっぷりと“にんにく”を加えただけといった印象が強く、非常にもったいない仕上がりとも言えるでしょう!(恐らくアレンジ次第でいくらでも美味しくできそうです。)

とは言え…この仕上がりで税別150円はかなりリーズナブルにも感じられるので、お好みの具材(特に肉類)を別鍋でしっかりと炒めて加えると、より一層ラーメン店で味わっているかのような美味しさに近づき、満足度も増して楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り日清食品史上最大級の太さとなる極太ウェーブ麺が採用されており、もっちりとした弾力やガシガシとした強いコシを兼ね備えた実店舗さながらの食べ応え抜群な食感が印象的で、ほどよく味付けが施されたことによって噛むほどに旨味が増していく…そんな拘りの仕上がりとなっています!

そんな極太麺には…醤油をベースに豚の旨味や“にんにく”をたっぷりと利かせたことで黄色い看板でお馴染みパンチの強いガッツリ系の醤油スープがよく絡み、一口ずつに食欲を掻き立てる“にんにく”の旨味が口いっぱいに広がっていき、豚の旨味が弱い点が若干気になるところではありますが、香味野菜の良い香りが後味良く抜けていきます!…やはりこれは自分好みにアレンジするべき一杯と言えるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言っても今回の個食袋麺“日清爆裂”シリーズには具材が一切入っていないので、お好みで追加したものとなるわけですが、今回はパッケージにも推奨とされていた“もやし”を加えてみると、豚や“にんにく”をたっぷりと利かせた醤油スープとも相性良く馴染み、シャキシャキとした食感やちょうど良い旨味が加わることで申し分のない具材となっていたため、ぜひおすすめしたい具材のひとつではあるものの…電子レンジで加熱すると少なからず水分が出てきますので、やはり鍋を使用して強火で調理した方が個人的にはおすすめですね。。(お手軽なんですけどね…)

そして上記の“もやし”を今回の極太ウェーブ麺と一緒に絡めて食べてみると…もっちりとした弾力や強いコシ以外にもシャキシャキとした食感が加わり、またひと味違った美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

スープについて

スープは先ほどもお伝えした通り、醤油ベースに豚の旨味や“にんにく”をたっぷりと加えたことでガツンとした口当たりが特徴的な力強い仕上がりとなっていて、食欲そそる“にんにく”の利かせ具合は良いんですが、どうしても豚の旨味に関してはギトギト感というか、良い意味での脂っこさ・コクがなく、後味すっきりとした軽やかなテイストに仕上がり、濃厚というよりも…万人受けを狙っているかのような安定感のある味わいに感じられます!

そして割とあっさりとした醤油スープに“にんにく”をたっぷりと加え、アクセントに胡椒を利かせたキリッとした仕上がりとなっているため、“にんにく”の旨味は強いんですが…イマイチ物足りない(こってり感がない・不味い)と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、お好みによってはガッツリ系のラーメンと相性の良い炒めた豚肉やラードなどを足して脂っこさをプラスしてみても良いでしょう!

また、食べ進めていくに連れて味付けが施された極太麺からも良い旨味が滲み出していく…というよりは噛むほどに旨味が増していき、後味すっきりとした味わいが気軽に楽しめるわけですが、どうしても豚の旨味・利かせ具合が残念ですね。。この辺りに関してはシリーズ第1弾もそうだったんですが、なぜか脂っこさ・コクが物足りなく感じられます…(やっぱり即席麺では実店舗のような深みのある出汁スープを表現するのは難しいのかな?と思いますが、納得のいく脂ギットリ・濃厚な商品もあるので何らかの理由があるのでしょう。)

そのため、パッケージほどの強烈な特徴・クセがあるテイストというわけではなく、アレンジ次第によっては自分好みの美味しさで楽しめるので、ぜひ拘りの具材や各種香辛料などを加えて味を調整してみてください!デフォルトのままで食べると恐らくギトギトとした脂感や深みのあるコクが欲しくなると思います…笑

このように、今回の“日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン”は、醤油ベースに豚や“にんにく”の旨味をたっぷりと利かせたガッツリ系ラーメンでお馴染みの味わいに仕上げ、アクセントに胡椒を加えたことでシンプルながらも最後まで飽きの来ない後味すっきりとした醤油スープが印象的で、別途“もやし”をトッピングすることによってシャキシャキとした食感が心地良く、日清食品史上最上級に太い角刃・極太ウェーブ麺とともにパンチの強いテイストと相性良く馴染んでいたものの…どうしてもギトギトとした脂っこさやコクといった味に深みが感じられなかったため、追加トッピングや各種香辛料・調味料を加えて自分好みのがっつりアレンジレシピを楽しんでみると良いでしょう!

まとめ

今回「日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン」を食べてみて、醤油ベースに豚の旨味や食欲そそる“にんにく”をたっぷりと利かせたことによってガッツリ系のテイストを即席麺で表現し、豚דにんにく”の旨味といった非常にシンプルながらもパンチのある味わいが印象的でしたが…脂っこさやギトギト感といった味の深みに関しては非常に物足りなさを感じさせる仕上がりでしたので、良く言えば万人受けするテイストで悪く言えば醤油スープに“にんにく”を加えただけのインパクトに欠けるスープとなっていたため、パッケージの仕上がりイメージの通りアレンジし甲斐のある一杯となっていました!

また、このパッケージに期待して記載されている通りに調理すると恐らく肩透かしを食らうほどあっさりとした仕上がりとなっていまいますので、お好みの具材や香辛料・調味料を予め用意して自分好みのアレンジを加えることを強くおすすめします!…というかそもそも個食袋麺なので一度は試してみて、どういった追加トッピングが合うのか確認してみても良いかもしれません!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!