インスタントラーメン

日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば!衝撃的な辛さと甘味・旨味が利いたクセ旨爆裂辛麺

日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば

日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば」を食べてみました。(2021年3月29日発売・日清食品)

この商品は、“突き抜けた刺激”と“個食袋麺”をコンセプトにした新ブランド「日清爆裂(にっしんばくれつ)」シリーズ第1弾として登場したもので、これまでの5食や3食入りの袋麺の常識を覆し、ひとりで食事する機会が増加していることから…敢えて“個食袋麺”に拘り、もっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた極太ちぢれ麺がコチュジャン風の甘味やチキン、食欲そそるガーリックの旨味をベースに赤唐辛子や青唐辛子、さらにクミンなどのスパイスを利かせたコク深い甘辛ソースにしっかりと絡むことで本格感のある“クセ旨”なテイストが気軽に楽しめる一杯が登場です!

それも…上記の通りコチュジャンやチキンの旨味を利かせた刺激的な激辛ソースには…食欲そそるガーリックなどの香味野菜、そして赤唐辛子・青唐辛子、クミンをたっぷりと使用したことによって日清食品史上最上級に辛い“クセ旨”な味わいに仕立て上げ、さらに日清食品史上最上級に太い極太ちぢれ麺とともにガッツリと刺激的なテイストが楽しむことができ、まさにインパクト抜群な韓国風激辛ソースと極太ちぢれ麺が気軽に楽しめる期待の新シリーズ第1弾としての一杯、“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”となっております。(税抜き150円)

ご覧の通りパッケージには…“爆裂辛麺”と記載されているため、一瞬そういったシリーズ名なのかと思いましたが、実際には“日清爆裂”シリーズが正式名称であり、見ての通り赤を基調に辛さと旨味に拘り抜いた味わいを感じさせる商品名らしい奇抜なデザインにあしらわれ、袋麺ならではのクオリティの高い味わいが個食袋麺として気軽に楽しめるとあって非常に気になっている方も多いのではないでしょうか?

日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば パッケージ

一方こちらには…“極太ちぢれ麺とクセ旨甘辛ソース”と記載されている通り、単純に辛いだけのテイストというわけではなく、焼そばソースにはコチュジャン風の甘味やチキンの旨味をベースにガーリックの旨味が食欲そそり、赤唐辛子と青唐辛子、そしてクミンなどの香辛料やスパイスを加えたことによって満足度も非常に高く、刺激的な辛み・旨味が凝縮されているわけですが、袋麺ということで同封されているのは麺とスープのみとなっているため、お好みに合わせて予め豚肉や各種野菜、味付煮卵といった各種具材をご自身で用意する必要があります!
※今回は卵黄とカット野菜ミックスが推奨とされています。

また、今回の“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”に関しては…日清食品史上最上級に太い極太ちぢれ麺が採用されているように臨場感の高い拘りの食感や、シリーズらしい辛みの強い香辛料、そしてたっぷりと旨味が凝縮されたスープが楽しめて税別150円ですからね…具材が一切入っていない点を考慮してもややリーズナブルな印象ですので、ぜひお好みの具材を加えて楽しみたいところ!!(麺量は95gと食べ応え抜群です。)

さらに公式ページによると…かなり幅広い層に“辛いもの”が好まれているという調査結果があり、確かに辛さに際立った商品なんかは年々数多く発売されている傾向で度々話題となっていますからね!今回のような実店舗さながらのもっちりとした弾力のある極太麺と旨味をしっかりと利かせた激辛スープが個食袋麺として楽しめる商品は気軽に1食から味わえるとあって意外と需要があるのかもしれません!

“第4次激辛ブーム” が到来している昨今、「日本人の約8割は、性別や年代を問わず辛い物が好き*1」といった調査結果もあり、”辛い物嗜好” は流行を超えて食生活の一部になりつつあります。
引用元:「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」「日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば」(3月29日発売) | 日清食品グループ

さらにこちらには…コチュジャン風の甘味やチキンの旨味、そして食欲そそるガーリックの旨味を利かせ、たっぷりと赤唐辛子や青唐辛子を使用したことで爆裂な辛さとクミンのスパイス感が融合した刺激的な激辛ソースが極太ちぢれ麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されており、ソース・麺ともに“クセ旨”な美味しさが楽しめるようですね!これはまた期待の新シリーズが登場したものです!!

ご覧の通り、パッケージには辛さレベルが掲載されており、こちらによると最大レベルとなる「5」とのことで、今回新たに登場した新シリーズ“日清爆裂”は、極太ちぢれ麺による実店舗さながらの食感が気軽に楽しめるのはもちろん、強烈な辛さとそれに伴う旨味を兼ね備えたフレーバーが特徴的なシリーズのようですね!これは今後の商品展開にも期待したいところ。。

他にも特徴として…麺は日清食品史上最上級に太い角刃・極太ちぢれ麺が採用されており、それによって上記の通り爆裂な辛さにもぴったりな食べ応えをフライ仕様で表現、それによってコチュジャン風の甘味やチキンの旨味をベースにガーリックなどの香味野菜や赤唐辛子・青唐辛子をたっぷりと加え、クミンのスパイス感がクセになる刺激的な激辛ソースによる後引く旨味・辛さが最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

噛み応え抜群な極太ちぢれ麺と爆裂な辛さの中にもコチュジャン風の甘味やチキンの旨味を凝縮した“クセ旨”な激辛ソースが楽しめるという個食袋麺によるニューノーマルな一杯には…本格感のある極太ちぢれ麺によって食べ応え抜群なボリューム感があり、噛み応えの強いコシともっちりとした弾力を兼ね備え、思ったよりサラッとした韓国風のソースにはコチュジャンならではの甘味やチキンの旨味を利かせ、赤唐辛子・青唐辛子をたっぷりと加え、さらにクミンなどのスパイスが“クセ旨”な味わいを引き立て、“日清爆裂”シリーズ名に相応しいガッツリ系の一杯となっていました!
これは特に、激辛なテイストが好みの方はもちろん、韓国風の爆裂な激辛ソースに本格感のある極太ちぢれ麺が絶妙にマッチした袋麺とは思えないほどのクオリティの味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は日清食品史上最大級の極太ちぢれ麺が韓国風の爆裂な激辛スープとともに個食袋麺として1食ずつ気軽に楽しめる刺激的な日清食品の新シリーズ“日清爆裂”第1弾として登場した一杯、「日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば

今回ご紹介するインスタント麺は、噛み応え抜群ながっしりとした強いコシを表現した極太ちぢれ麺が韓国風の激辛ソースにコチュジャンの旨味・甘味を利かせ、ガーリックといった香味野菜が深みを引き立て、さらにたっぷりと赤唐辛子や青唐辛子を加えたことによって爆裂な辛さが楽しめる日清食品史上最大級の極太ちぢれ麺と激辛なテイストを表現した“日清爆裂”シリーズ第1弾に相応しい一杯、“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”となっています。

袋麺と言えば…3食・5食入りが定説でしたが、最近ひとりの食事が増えてきたことも踏まえ、敢えて“個食袋麺”として購入できるところがまた良いですね!また、個食袋麺としては最近全国発売された“麺神 神太麺×旨 醤油”や“麺神 神太麺×旨 味噌”なんかも1食から購入できるため、これからも増えてくるのかもしれません!

また、こちらには…“日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン”の中でも特に「爆裂辛麺」といった文字が大きく強調され、見るからに刺激的な味わいが表現されたと思われるデザインにあしらわれ、食べ応え抜群な極太麺はもちろん、辛さレベル最大となる「5」ならではの赤唐辛子・唐辛子やクミンをたっぷりと利かせた爆裂な激辛ソースがどれほどの辛さとなっているのか?非常に気になるところではないでしょうか?

ちなみに今回は魚介の旨味や味噌をベースにコチュジャン風のコク深い甘みと生姜などの香味野菜・山椒などのスパイスを利かせた刺激的な一杯、“日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン”も同時発売されています!

それでは、今回の“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”がどれほどコチュジャン風の甘味やチキンの旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?食欲そそるガーリックや赤唐辛子・青唐辛子、そしてクミンといったスパイスをとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても日清食品史上最大級に太い噛み応え抜群な極太ちぢれ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り611kcalとなっております。(塩分は3.7g)

カロリーは、具材が一切使用されていないことや極太仕様の油揚げ麺が採用されていること、そしてコチュジャン風の甘味やチキンの旨味をベースに爆裂な辛さを表現した“クセ旨”なスープを考慮するとやや高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり130g、麺の量は120gの大盛り仕様とのこと。

この辺りに関してはやはり汁なしタイプということもあってカロリーは高めな傾向にあり、食べ応え抜群なボリューム感とコシの強い極太ちぢれ麺がたっぷりと楽しめる激辛焼そばに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、糖類や香辛料をはじめ…

  • 食塩
  • 粉末しょうゆ
  • チキン調味料
  • 野菜調味油

といった、コチュジャン風の甘味やチキンにガーリックを利かせたソースをベースに赤唐辛子や青唐辛子をたっぷりと加え、さらにクミンといったスパイスをバランス良く合わせたことによって韓国風の激辛焼そばソースならではの刺激的な味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や“しょうゆ”、食塩や香辛料など様々な材料が確認でき、ほどよく味付けが施された仕様であることが伝わってきますね!

JANコード4902105110591
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、しょうゆ、食塩、香辛料)、ソース(糖類、香辛料、食塩、粉末しょうゆ、チキン調味料、ごま、酵母エキス、野菜調味油)/加工でん粉、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、ベニコウジ色素、カロチノイド色素、香料、香辛料抽出物、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、増粘剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (130g) 当たり]
熱量611kcal
たんぱく質12.0g
脂質25.7g
炭水化物82.9g
食塩相当量3.7g
ビタミンB12.3g
ビタミンB23.3g
カルシウム283mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り袋麺らしく麺と調味料のみといったシンプルな内容となっていて、具材などは一切入っておりませんので、お好みの追加トッピングを予め用意しておくと良いでしょう!

今回はおすすめの追加トッピングとして卵黄と“野菜ミックス”推奨と記載されていましたが、コチュジャン風の甘味やチキンの旨味を利かせた韓国風の激辛スープですから…豚肉や“もやし”、ニラや卵黄といったオーソドックスな材料なら相性抜群かと思われますので、お好みの具材で楽しんでも良いでしょうし、シンプルに爆裂な辛さをストレートに具材なしで楽しむのも良いですね!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、粉末タイプという点が脂っこさや濃厚感、コク深さといった辺りに関して若干気になるところではありますが…その量はやや多く、後味すっきりとしたテイストに際立っているのかもしれませんので、お好みによっては豚肉を炒めて油ごと加えてみても良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通り日清食品史上最も太い極太ちぢれ麺が採用されており、もっちりとした弾力とガシッとした強いコシを併せ持つ本格感のあるフライ麺で、これが湯戻りによってどこまで素材感の強い食感に仕上がるのか?非常に気になるところではないでしょうか?

調理してみた

では念のため作り方を見てみます。

  1. フライパンにお湯380mlをよく沸騰させて麺を入れる
  2. 30秒ごとに麺を裏返し約3分経過したら野菜を加え、麺をほぐしながら煮る
  3. 全体にまだ水気が残っている状態で粉末ソースを入れてよく混ぜながら炒める
  4. お皿に盛り、真ん中に卵黄を乗せて出来上がり

と、若干複雑に見えるかもしれませんが、要は380mlの熱湯で麺を茹でて、途中で野菜を加え、最後に粉末スープを加えて煮詰めていくだけです!

ただ、今回は生麺というわけではありませんので、一旦茹でてから焼いていくといったイメージとなっており、この辺りの調整が若干難しいかもしれません。(最終的に水分がなくなるくらいしっかりと焼く方が個人的にはおすすめです。)

この辺りに関しては希に具材付きの袋麺なんかもありますが…ほぼ同様の仕様ですからね!何か一品だけでも具材があれば一段と美味しくなるかと思いますので、豚肉や卵黄だけでもあれば良いかもしれませんね!(なぜか今回は“カット野菜ミックス”が推奨とされています。。)

ではさっそくフライパンに380mlのお湯を沸騰させていきます!
そして沸騰したらまずはガシガシとした強いコシをイメージさせる極太ちぢれ麺を入れて30秒程度で裏返しにして煮込んでいきましょう!

続いて3分程度経過したら野菜を加えていきます。
※今回使用した“野菜ミックス”はコンビニでも100円程度で取り扱いされています。

そして、まだ水気が残っている状態で先ほどの粉末ソースを加えていきます。
と、調理方法に記載されていましたが、この粉末ソースはほぼ水分を飛ばした辺りで加えた方が絶対良いです!!(いくら煮詰めてもソースはサラッとしたままなので…)

ご覧の通りまだまだ水気が残っているため、じっくりと炒めていきます。

後は、器に移して中央に卵黄を添えれば出来上がりです!すると…先ほどまでの極太ちぢれ麺がしっかりと湯戻りしたことで、お店さながらのもっちりとした弾力や噛み応え抜群な迫力あるコシが加わり、日清食品史上最大級の極太ちぢれ麺というだけあって本格感のある麺は見るからに食べ応え抜群で、ほどよく味付けが施された麺から滲み出す旨味なんかもしっかりと楽しめるクオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ただ、今回の“日清爆裂”シリーズ第1弾として登場した2品はどちらも良い意味での脂っこさがないという点が気になりますね。。上記の通りスープもサラッとしていますから、非常にすっきりとした味わいに仕上がり、刺激的な辛みも後押ししたことで強いキレはあるものの…肝心のコクが物足りなく感じられます。。

しかも野菜も一緒に茹でたことで仕上がりはクタクタで食感の良さがありません…
これは麺と野菜を別のフライパンで調理し、ほぼ水分を飛ばした状態で粉末ソースと野菜を加えるべきでした。。(そのため、パッケージの仕上がりイメージとはほど遠い状態となっています。)

そしてソースはしっかりと煮込んでいっても思っていたような“とろみ”が付くこともなく、サラッとした仕上がりとなっていて、コチュジャン風の甘味やチキンの旨味にガーリックを利かせた焼そばソースに赤唐辛子・青唐辛子、そしてクミンといったスパイスを加えたことで、脂っこい濃さとはまた異なり、様々な材料がバランス良く凝縮された旨味溢れる仕様のようです!(ただ、絶望的に麺との絡みが悪いです。。)

また、重量感のある極太ちぢれ麺の下に存在する激辛ソースには良い意味での脂っこさがなく、上記の通りソースもサラッとしていますから、非常にすっきりとした味わいに仕上がり、後味すっきりとした強いキレはあるものの…肝心の濃厚感・コクが物足りなく感じられますね。。(しかも野菜も一緒に茹でたことで仕上がりはクタクタで食感の良さがありません…)

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり極太ちぢれ麺と馴染みの悪いサラッとした焼そばソースが底に沈んだ状態で、コク深さ・濃厚感といったソースそのものに厚みが物足りなく感じますね。。コチュジャン風の甘味やチキン、食欲そそるガーリックの旨味をベースに赤唐辛子・青唐辛子、そしてクミンといったスパイスを加えた刺激的なテイストに関しては申し分ないんですが、どうしても粉末スープのみの仕様となっているせいか良い意味での脂っこさが全くなく、個人的には豚肉を炒めたりラードを加えていただきたいところ。。

そして、味わいの方は刺激的な辛さが後押ししたことでキレの良いテイストが印象的で、清々しいほどの辛さがバランス良く溶け込んでいます!ただ…辛さレベル「5」とは言っても食べられないほど強烈な辛さというわけではなく、個人的にはもう少しこってり感・辛さのどちらに対してももう少し主張していても良かったような気がします!

…というか記載されていた通り調理するとダメですね。
まず麺だけで炒めてほぼ完全に水分を飛ばしてから、別鍋で炒めた野菜を粉末ソースとともに絡めるとちょうど良いかと思われます。(そうすることでドロッとした感じも出ますし、濃厚感が増すに違いありません。)

そのため、パッケージほどのインパクトがなく、韓国風の味わいや風味も控え目ということもあって個性がないと言うんでしょうか?簡単に言うと…非常にあっさりとした焼そばソースにたっぷりと唐辛子やスパイスを加えただけといった印象が強く、味に繊細さを引き立てる香味野菜が利いているだけあって非常にもったいない仕上がりとも言えるでしょう!(これは恐らくアレンジ次第でいくらでも美味しくできそうです。)

とは言え…この仕上がりで税別150円はかなりリーズナブルにも感じられるので、お好みの具材(特に肉類)を別鍋でしっかりと炒めて加えると、より一層本格感のある美味しさに近づき、満足度も増して楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り日清食品史上最大級の太さとなる極太ちぢれ麺が採用されており、もっちりとした弾力やガシガシとした強いコシを兼ね備えた実店舗さながらの食べ応え抜群な食感が印象的ですが…多加水麺のように焼そばソースが全く絡むことなく、器の底に溜まったソースをしっかりと付けながら食べる必要があります!やはりほぼ水分を飛ばした状態で粉末スープを加えるべきでしたね。。

そして…コチュジャン風の甘味やチキンの旨味を利かせ、さらに香味野菜が繊細な味わいを引き立てた激辛焼そばソースと一緒に味わってみると、一口ずつに粒子の細かい唐辛子がたっぷりと含んだ刺激的な辛さや香味野菜など複数の旨味が口いっぱいに広がっていき、ふんわりと香るクミンのスパイシーな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言っても今回の個食袋麺“日清爆裂”シリーズには具材が一切入っていないので、お好みで追加したものとなるわけですが、今回はパッケージにも推奨とされていた“野菜ミックス”を加えてみると、コチュジャンの甘味やチキンの旨味、そしてガーリックの旨味を利かせた激辛焼そばソースにほどよい食感がプラスされ、ぜひおすすめしたい具材のひとつではあるものの…茹でているうちに野菜からも水分が出てきますので、やはり別の鍋で調理した方が個人的にはおすすめですね。。
※野菜もそうですが、豚肉もあった方が良いでしょう。

また、推奨とされていた卵黄を絡め食べてみると…予想通りコク深くまろやかな味わいが加わり、辛み自体は和らいでしまいますが、これはこれで相性の良い具材のひとつとしてひと味違った濃厚なテイストが楽しめるのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは先ほどもお伝えした通り、コチュジャン風の甘味やチキンの旨味を利かせた韓国風の刺激的な味わいをベースに食欲そそるガーリックなどの香味野菜、そして赤唐辛子・青唐辛子による強い辛さ、さらにクミンといったスパイスを合わせた甘辛いテイストとなっていて、濃厚というよりも…非常にサラッとした印象でしたので、やはり調理方法をしっかりと考慮する必要があるかと思われます!(動物系の旨味・脂がほぼ感じられないせいか、麺との絡みが非常に悪いため、水分をほぼ飛ばした状態で粉末ソースを加えるべきです。)

ただ、良くも悪くもソース自体は様々な材料が使用されたことによって刺激的な辛さはもちろん、安定感のある美味しさも確かに感じられるため、イマイチ物足りない(特徴がない)…と思われる場合は野菜と麺を別の鍋で調理し、水気を完全に飛ばしてから粉末ソースを加えてドロッとした仕上がりにした方が良いでしょう!(じっくりと煮詰めても“とろみ”が付きません。。)

また、食べ進めていくに連れて旨味が凝縮された激辛ソースによって汗も噴き出してくるわけですが…辛さレベル「5」だからといって決して食べられないほど強烈な辛さというわけではなく、様々な材料を使用した旨味にちょうど良い刺激的なアクセントとなる程度で、粒子の細かい唐辛子がたっぷりと溶け込んでいるものの…韓国風をイメージさせるコチュジャンの甘味など旨味自体も強いので、パッケージのイメージほどの辛さには感じられないかもしれません。

そして、このコチュジャンやチキンの旨味をベースにガーリック、さらに相性抜群な香味野菜を加えた韓国風の焼そばソースは決して脂っこさといった感じはなく、むしろ赤唐辛子・青唐辛子をしっかりと利かせたことで後味すっきりとしていたので濃厚・こってりといった動物系の旨味が個人的には物足りなく…全体的な仕上がりは思ったよりもすっきりとしていて、麺量120gの大盛り仕様ということもあって食欲をがっつりと満たしてくるに違いありません!

このように、今回の“日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば”は、コチュジャン風の甘味やチキンをベースに食欲そそるガーリックを利かせ、さらに赤唐辛子・青唐辛子の強い辛さだけでなく、クミンといったスパイスが刺激的な辛さをプラス、非常にサラッとした仕上がりではありますが、日清食品史上最大級に太い角刃・極太ちぢれ麺ががっつりと食欲を満たし、実店舗さながらの本格感が気軽に楽しめる“個食袋麺”となっていたため、お好みに合わせた調理方法や各種追加トッピングなどを工夫してみると良いでしょう!

まとめ

今回「日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば」を食べてみて、コチュジャンのコク深い甘味が韓国風なテイストを表現した激辛焼そばソースには、食欲そそる香味野菜や刺激的な香辛料・スパイスをたっぷりと加えたことによって後味すっきりとしたサラッとした仕上がりで、濃厚・こってり感といった点で若干物足りなさを感じてしまう激辛スープとなっていたため、アレンジや調理方法によってはいくらでも美味しく楽しめるクオリティの高い一杯となっていました!

そのため、このパッケージに記載されている通りに調理すると恐らく野菜の食感も損なわれてしまいますので、水気をほぼ飛ばした状態で粉末ソースを加えたり、お好みの具材(特に豚肉)を別鍋で調理すると、より一層“クセ旨・コク辛”な美味しさが引き立って楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!