スーパーカップ

スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン!人気の夏向けメニューをリメイクした一杯

スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン

スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン」を食べてみました。(2022年8月15日発売・エースコック

この商品は、スーパーカップ夏向けメニュー新商品で最も売れたラーメン・“焼そば”を現代番にリメイク・復活したもので、1994年(平成6年)発売の“北海道ラーメン”と2003年(平成15年)発売の“北海道焼そば”がパンチのある味わいにグレードアップして登場、今回ご紹介する“北海道 コーン塩バター味ラーメン”に関しては当時の味わいよりも全体的な味付けを濃くしたことで食べ応えのあるテイストに際立った一杯です!

それも…ポークをベースにオニオンの甘みや旨味をしっかりと利かせ、バター風味のまろやかなコクにガーリックや白胡椒のアクセントを加えることによって濃厚ながらも最後まで飽きの来ない味わいに仕立て上げ、そこにシリーズらしい丸刃の中太麺が絶妙にマッチした後味すっきり塩味の一杯、“スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン”となっております。(値段:税別232円)

ご覧の通り、パッケージには“最強メニュー!”、“平成6年の大ヒット作”と記載されているように、2022年で発売34年を迎えた長い歴史の中でも特に夏向けメニューとして発売されてきたラーメンの中でNo.1の売上げを誇るフレーバーが現代版で復活というわけですね!ただ…当時よりも味付けを濃くしてパンチのある味わいにグレードアップしたという点が若干気になりますが、なかなか期待できそうな一杯!
※スーパーカップ夏向けメニュー新商品(ラーメン)初月出荷実績歴代No.1

一方こちらには、“北海道産コーン100%”と記載され、その背景には…ポークをベースに野菜の甘み・旨味をバランス良く合わせ、バター風味のまろやかなコクや食欲そそるガーリック、白胡椒で味を調えた塩味のスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…コーン・ねぎ・人参が使用されているようです!

そして、今回の一杯は“バケツ型”容器の大盛り仕様でお馴染み“スーパーカップ1.5倍”ということで、ご覧の通りお馴染みのロゴが掲載され、いつもの食べ応え抜群な一杯が表現されていることがよーく伝わってきます!

ちなみに“スーパーカップMAX”シリーズの期間限定フレーバーの中で歴代売上上位2品が以前ご紹介した通り現代風になって復活・発売されており、今回は“スーパーカップ1.5倍”シリーズの夏向けメニューで最も売れたラーメン・焼そば2品が現代版で復活ということで、今後も様々な切り口で2品同時発売されるような気もしますね!

他にも“平成の大ヒット作復活シリーズ”と題してこれまで発売された期間限定商品の中で春夏に最も売れた上位2品がグレードアップ・現代版として以下2品が登場しています!テーマが若干ややこしい…

また、今回はポークをベースにオニオンの甘みと旨味を利かせ、バター風味のまろやかなコクにガーリックや黒胡椒のアクセントを加えたことで同じく夏向けメニューとして最も売れた“焼そば”、“スーパーカップ大盛り 北海道 塩バター味焼そば”も同時発売されています!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感に仕上がり、シリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、それによってポークをベースに野菜の旨味をバランス良く合わせ、バターのまろやかなコクやガーリック、白胡椒を加えた後味の良い塩スープがしっかりと絡み、平成6年の大ヒット作である味わいが現代版としてボリューム感たっぷりと最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークをベースに野菜の旨味やバター風味のコクを利かせた塩スープということで思ったよりもサラッとした仕上がりでコク深さ・まろやかさが物足りなく、食欲そそるガーリックの旨味・風味もほぼ感じられないテイストで、大々的に“北海道 コーン塩バター味ラーメン”と銘打ったフレーバーではありますが、実際には非常にあっさりとした塩ラーメンで、バターもほんのり香る程度で濃厚感とは無縁の味わいとなっており、もちろん脂っこさといった“くどさ”は全くなく、キリッとした口当たりと後味の良さが際立ったシリーズならではの食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特にあっさりとした塩ラーメンが好みの方はもちろん、ポークをベースに野菜の旨味やガーリック、バター風味のコクや白胡椒でメリハリを付けた後味の良い味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの夏向けメニュー新商品(ラーメン)として初月出荷実績歴代NO.1だったフレーバーが味付けを濃くし、現代版として復活した最後まで飽きの来ないボリューム感抜群な一杯、「スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応え抜群な大盛り仕様・がっつり系の味わいでお馴染み1988年発売のロングセラーブランド“スーパーカップ”シリーズの新商品ということで、夏向けメニュー新商品(ラーメン)初月出荷実績歴代NO.1だったフレーバーが現代風として復活、ポークをベースに野菜の甘みや旨味、バター風味のまろやかなコクやガーリックなどを合わせた後味の良い塩ラーメンに仕上げたボリューム感のある一杯、“スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン”となっています。

スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン パッケージ

ご覧の通りパッケージには今回の商品名“北海道 コーン塩バター味ラーメン”の中でも特に「北海道」が強調され、非常にインパクトのあるデザインとなっているんですが、実際には北海道産のコーンを使用しているだけであって…キレの良い口当たりのあっさりとした塩ラーメンとなっており、バターの風味やまろやかさ・コク、そしてポークの旨味の関しても物足りなく感じられるほどのシンプルなテイストとは言え…素材の旨味を活かした後味の良い背景の仕上がりイメージが食欲そそりますね!

また、“スーパーカップ1.5倍”シリーズとしては最近でいうと…以下のような商品展開となっていて、割とテーマに沿ったフレーバーが各種発売されています!

他にも、このシリーズに関してはコンビニ限定の“超スーパーカップ1.5倍”やボリューム感がさらにアップした“スーパーカップMAX”、そして汁なしタイプの“スーパーカップ大盛り”など数多くのシリーズ・フレーバーが定期的に発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「スーパーカップ」シリーズ一覧

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン”がどれほどポークをベースに野菜の甘み・旨味を利かせた後味の良い塩スープに仕上がっているのか?バター風味のまろやかなコクや食欲そそるガーリック、そして白胡椒によるアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい食べ応えのある中太・丸刃仕様のボリューム感抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り455kcal(めん・かやく405kcal / スープ50kcal)となっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、“バケツ型”のボリューム感抜群なシリーズの割に後味すっきりとした塩ラーメンということもあってやや低めな数値のようで、塩分も同じくこのボリュームを考慮すると平均的といった数値となっています。
ちなみに1食当たり103g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと50kcalとやはり後味すっきりとした塩ラーメンらしく割とライトな味わいで、ポークやバター風味のまろやかなコクが下支えしたことで深みのあるまろやかさが引き立ち、最後まで飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香味油をはじめ…

  • 植物油脂
  • 乳化油脂
  • 野菜パウダー
  • 香辛料
  • チキン調味料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • ポークエキス
  • カレー粉

といった、ポークをベースにオニオンの甘みや旨味をバランス良く合わせ、バター風味のまろやかなコクや食欲そそるガーリック、さらに白胡椒によって全体の味を調え、隠し味にカレー粉が使用されたことで後味の良さをプラス、そこに北海道産のコーンからも良い甘味が滲み出し、まさにあっさりとしている中にも深みのある繊細な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235772
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(食塩、香味油、植物油脂、乳化油脂、野菜パウダー、香辛料、砂糖、チキン調味料、乳等を主要原料とする食品、ポークエキス、たん白加水分解物、カレー粉、全卵粉)、かやく(コーン、ねぎ、人参)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量455kcal
たんぱく質8.9g
脂質16.7g
炭水化物67.3g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.2g
(1.4g/3.8g)
ビタミンB10.44mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム305mg

引用元:スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、調味油といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に調味油は触ってみた感じだと割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(粉末スープは先入れタイプ。)

また、かやくには…

  • コーン
  • ねぎ
  • 人参

が入っています。

今回のフレーバーは以前発売されていたものよりも味付けが濃くなったことでパンチのあるテイストへとリメイクされており、そこに北海道産のコーンが使用されたことによって甘みのある塩ラーメンが表現されているため、全体をしっかりと馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、ほどよく味付けが施され、さらにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量90gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるシリーズらしいボリューム感抜群な一杯のようです!

調理してみた

ではまず、粉末スープを入れてみます。
スープの塩分はそこまで高くはありませんでしたが…使用されている粉末の量はかなり多めとなっており、湯戻し後にも調味油が加わるわけですから…ほどよい油分が深み・繊細さを引き立てる満足度の高い旨味が凝縮されていることが予想できます!
※粉末スープが多いのでしっかり溶かすように熱湯を注いでいきましょう。

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことによって先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺はほどよくもっちりとした弾力が加わり、他にも北海道産のコーンからも良い甘み・旨味が滲み出しているようにも感じられ、まさにあっさりとした中にも深みのある味わいがたっぷりと楽しめる食べ応え抜群なシリーズらしい一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…無色透明の油分となっていて、若干バターの風味が引き立つものの、そこまで特徴的な香りというわけではなく、割と量は少ないものの…しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして…この調味油は無色透明ということもあって見た目としての変化はありませんが、少なめながらもバター特有のまろやかな風味を引き立て、さらに今回の塩スープとの相性抜群なピリッとした香辛料とよく馴染み、なんと言っても“平成6年の大ヒット作”というだけあって安定感のあるテイストに仕上がっていることが伝わってきますね!ちなみに上記の通りバター特有の風味はそこまで強くはありません。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ポークの旨味や乳化油脂が加わったことで白濁とした塩スープに仕上がり、サラッとした中にもバター風味のまろやかなコクや旨味によって厚みのある味わいが引き立っているようで、他にもほどよいガーリックや白胡椒が加わったことでちょうど良いメリハリが付き、シリーズらしい丸刃の中太麺を合わせた現代版の“コーン塩バター味ラーメン”として染み渡る美味しさが思う存分楽しめそうな一杯となっています!

また、ポークの旨味を利かせた乳化感のあるスープ表面に浮かぶほどよい油分が見た目からも食欲そそり、白胡椒がバターのコク深さと相性の良いキレを際立たせ、あっさりとしていながらも物足りなさを感じさせない深みのある味わいが絶妙なバランスとなって仕上がっているようですね!

個人的に塩ラーメンより売れたフレーバーがあったような気もするんですが…安定感のあるシンプルなテイストは定番の味として人気があるんでしょうか?特に今回は夏向けのメニューで最も売れた商品ですからシーズン的に後味さっぱりとした味わいが伸びるのかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークをベースに野菜の甘み・旨味がしっかりと利いているんですが、バター風味のまろやかなコクでしょうか?ほんのりクリーミーな舌触りが印象的でありながらも、塩味ということもあって非常にあっさりとした抜けの良いフレーバーとなっていて、“最強メニュー!”と記載されていた割に肩透かしを食らう仕上がりで、旨味・コクともに物足りなさを感じます。。ただ…このボリューム感で税別232円ですから、リーズナブルな印象はありますね!

個人的に最近の“スーパーカップ”シリーズと言えばボリュームがあってリーズナブル、なおかつ大味といったイメージを覆す美味しさが伴ったフレーバーという印象だったんですが、このフレーバーはちょっと賛否分かれそうな仕上がりと言えるのではないでしょうか?味付けを濃くしてパンチのあるフレーバーとして復活した割に旨味が非常に弱く、チープなテイストでしたので、“まずい”と思われる方も多いかと思われます。。もちろん容器底からしっかりと混ぜても変わらず…何か調味料などを入れ忘れたのかと思うほど素っ気ない味わいで、お好みに合わせて様々な調味料・香辛料を加えて味を調整してみた方が良さそうです!

ただ、強いて言えば…上記の通り非常にあっさりとしたテイストで、ポークの旨味やバター風味のまろやかなコクがプラスされているため、後味すっきり・あっさりとした塩スープが好みの方にとってはかなりハマる一杯であることに間違いなく、個人的に濃厚なテイストが好みですので、もう少し濃いめなフレーバーとして大幅に改良を加えて復活して欲しかったですね。。特に大きく記載された“北海道”の文字は北海道産のコーンを使用しているだけという…ちょっと残念な一杯でした。。

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい丸刃仕様の中太麺が採用されており、ほどよく味付けが施され、さらにつるっと滑らかな食感はもちろん、弾力のあるもっちりとしたコシが心地良い仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースに野菜の旨味をバランス良く合わせ、バター風味のまろやかなコクやガーリック、白胡椒で味を調えた後味の良い塩スープがよく絡み、一口ずつに北海道産のコーンから滲み出す旨味やまろやかなコクなどが口いっぱいに広がっていき、コーン・バターならではの甘みのある風味が後味良く抜けていきます!…というかやはり濃厚なテイストが好みの方ならどうしても物足りなさを感じますね。。ポークもバターも中途半端で旨味がなく、本当に味を濃くして現代版らしくブラッシュアップしたのか疑問が残るところ。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの北海道産のコーンが入っていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みや旨味がしっかりと感じられ、コーンの美味しさとしては申し分ないんですが、今回の一杯としては存在感の薄い具材のひとつでしたので、食べはじめはスープとしっかりと馴染ませていき、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層コーンの甘み・旨味が増して楽しめるのではないでしょうか?ただ…基本は塩ラーメンにコーンやバター風味のコクを加えたあっさり系の塩スープですから、全体的に物足りなさを感じてしまうかもしれません。。

また、こちらの人参は、小ぶりながらも食感の良い仕上がり具合となっていて、彩りも良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、若干小さくカットされているため、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“北海道 コーン塩バター味ラーメン”を美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらにバターのまろやかなコクやガーリック、白胡椒で味を調えた後味の良い塩スープに仕上げ、非常にサラッとしたテイストで塩味らしくあっさりとした味わいが印象的で、別添されている調味油を加えることによってほんのりとポークやバターのコクが引き立ち、キリッとした口当たりが絶妙にマッチし、シンプルながらも深みのある繊細なテイストとなっています!ただ、濃いめのテイストが好みの方だとちょっと物足りなく感じるでしょうね!

そして、この塩味ならではのすっきりとした味わいに若干まろやかさが加わったテイストは広く認知されている塩ラーメンとはひと味違ってコーンやバターならではの甘みが若干あり、この辺りが特に賛否分かれそうなフレーバーではありますが、あっさりとした塩ラーメンが好みの方にとってはかなり安定感の味わいであることに間違いなく、夏向けのメニューとして売れそうな方向性というのも納得でしょう!

そのため、しょっぱ過ぎず旨味が凝縮されたあっさり系の塩スープは、パッケージほどのインパクトがなかったものの…後味すっきりとしたテイストながらもポークやバターのまろやかさ、そして北海道産のコーンから滲み出す甘みや旨味によってコクが引き立ち、現代版として味を濃くしたという点に関しては疑問が残りますが、あっさり系が食べたくなる夏向けメニューとして当時の味わいをリメイクしているため、後味さっぱりとしたテイストをボリューム感たっぷりと味わいたい時にぴったりな一杯と言えます!

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン”は、ポークをベースに野菜の甘みや旨味をバランス良く合わせ、バター風味のまろやかなコクや食欲そそるガーリック、白胡椒で味を調えた後味の良い塩スープに仕立て上げ、決して脂っこさといった感じはありませんが…濃厚感・コク深さに関してはは若干物足りなさがあり、比較的あっさりとしたテイストが好みの方におすすめの一杯となっていたため、お好みによっては塩スープと相性抜群なペッパー系の香辛料をはじめ…様々な調味料などを加えて味を調整してみても良いでしょう!(かなり物足りないです。。)

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 北海道 コーン塩バター味ラーメン」を食べてみて、“スーパーカップ”の最強メニューが現代版にリメイクして復活した一杯には…ポークや野菜の旨味にバター風味のまろやかなコクやガーリックを利かせた後味の良い塩スープに仕立て上げ、別添された調味油を加えることによってバターの風味もほんのり引き立ち、シリーズらしいボリューム感抜群な一杯にも関わらず最後まで飽きの来ないあっさりとした味わいを表現、そこにつるっと滑らかな食感の中太麺が相性良くマッチしたことによって食欲をしっかりと満たしてくれる夏メニューに相応しい一杯となっていました!

やはり暑い夏メニューとしては後味すっきりとした塩ラーメンに人気が集中するんですかね?個人的にはポークやバターのまろやかさ・コクが思ったより控え目で物足りなさを感じさせるフレーバーでしたが…あっさり系が好みの方だとちょうど良いのかもしれません!そのため、若干賛否分かれるテイストでしたので、お好みによって香辛料や調味料などを適宜追加して調整してみると良いでしょう!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!