スーパーカップ

スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン!クリーミーさに拘った香り高い一杯

スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン

スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン」を食べてみました。(2020年5月25日発売・エースコック)

この商品は、食べ応えと満足感を追求した味わいでお馴染み“スーパーカップMAX”シリーズの新商品ということで、今回はこれまで期間限定で発売されてきたフレーバーの中でも歴代売上No.2の一杯がさらに美味しさを増しての登場です!

それも…チキンの旨味をベースにバターや野菜の旨みを合わせたクリーミーな塩バター味のスープに拘り、胡椒によってアクセントを利かせたことでキレの良いメリハリのある味わいに仕上がった飽きの来ないシンプルながらも深みのある一杯、“スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“期間限定スーパーカップ史上売上げNo.2メニューが現代風になって新登場!”と記載されているように、2018年で発売30年を迎えたの長い歴史の中でも特に期間限定として数多く発売されてきた中でNo.2の売上げを誇るフレーバーが美味しさをブラッシュアップさせての登場というわけですね!こちらもまた期待できそうな一杯!

一方こちらには、“北海道産コーン100%使用”と記載され、その背景にはチキンをベースに野菜の旨味を加えたバターの風味が香り立つ若干“とろみ”が付いたクリーミーかつまろやかな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…コーン・ねぎ・人参が使用されているようです!

また、こちらには2018年9月に「体感セヨ!100の衝撃!」をコンセプトに、“1.5倍”から“MAX”へ進化した“スーパーカップMAX”のロゴがしっかりと表示されています!これによって90gから100gに増量し、食べ応え・美味しさをさらに追求しました。

そして今回はこれまで期間限定で発売されてきた中でも売上No.2のフレーバーがこのシリーズから登場ということで、旨味・食べ応えともに満足度を増しているようで、これはかなり期待できるのではないでしょうか?

ちなみに、こちらによると…“1988年7月〜2019年12月時点、スーパーカップ新商品書月出荷実績歴代No.2”と記載されているように、期間限定商品の中でも初月の出荷数を元にしているとのことで、個人的には“スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン”辺りもかなりインパクトあったんですが…やはりこういった安定感のあるテイストというか…幅広い層に好まれるシンプルな一杯が人気なんでしょうね!

他にも特徴として…麺はシリーズらしい中太・丸刃仕様となっていて、ほどよい弾力や滑らかな食感、そしてなんと言っても麺量100gのボリューム感抜群な食べ応えに仕上がり、それによってチキンを利かせた塩スープにまろやかなバターの風味が香り立つコク深いスープとともに満足度の高い美味しさが最後まで飽きることなくたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

バターの風味によってまろやかさに際立ったほんのり“とろみ”を付けた塩味のスープには、濃厚でありながらも塩スープらしく後味が非常に良く、チキンや野菜の旨味を利かせたことで味わい深く仕上がり、さらに胡椒をしっかりと利かせたことで思ったよりもキリッとした口当たりを表現し、ふんわりと香るバターの風味が具材に使用されたコーンと絶妙にマッチしたシリーズならではの食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、コク深くも後味すっきりとした塩スープといったバターの風味が香るシンプルながらも旨味溢れるテイストをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“スーパーカップ”シリーズの期間限定で発売されてきた歴代フレーバーの中で売上No.2の商品がより美味しさを増して新登場となったチキンをベースにバターが香り立つコク深い一杯、「スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“スーパーカップMAX”シリーズの新商品ということで、これまで期間限定で発売されてきた商品の中でも売上No.2だったフレーバーが現代風になって美味しさをより強化しての登場となった王道でありながらもコク深く繊細な旨味が印象的な一杯、“スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン”となっています。

スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン パッケージ

ちなみに今回は、これまで期間限定で発売されてきた“スーパーカップ”の売上NO.1とNo.2が美味しさを強化しての登場!ということで、旨味の強い“再仕込み醤油”を使用したコク深い一杯、“スーパーカップMAX こく搾りラーメン こくだししょうゆ味”も同時発売されています!

ご覧の通り今回、期間限定で発売されてきた中でも売上No.1と2に輝いた歴代最強スーパーカップと通年扱いされている現役スーパーカップ、あなたはどっち?と記載されているように、期間限定ならではの美味しさも当然あるんですが…現在発売されているレギュラー商品もリニューアルを繰り返して旨味をブラッシュアップしていますから、それぞれ甲乙付けがたいテイストと言えるのではないでしょうか?

また、“スーパーカップMAX”シリーズとしては現在以下のような商品展開となっていて、主に定番メニューがフレーバーごとに合わせた“切刃番手(麺の太さ)”で “体感セヨ!麺の衝撃!”といったコピーが印象的な満足感に磨きをかけたメニューが各種発売されています!

特に“スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば”に関しては、元々2019年3月11日に発売されていましたが、“スーパーカップMAX大盛り 太麺辛だれ油そば”の新発売と同時に、旨味をより濃く凝縮してリニューアル発売されています!

それでは、今回の“スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン”がどれほどチキンや野菜など様々な旨味を凝縮させた旨味溢れる仕上がりとなっているのか?メリハリを付ける胡椒や優しく香るバターの風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい食べ応えのある中太・丸刃仕様のボリューム感抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り490kcal(めん・かやく436kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、“バケツ型”のボリューム感抜群なシリーズらしくかなり高めな数値のようで、塩分もまたやや高い数値となっています。
ちなみに1食当たり112g、麺の量は100gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは54kcalとそこまで高い数値ではないようですので、やはりチキンを利かせた塩ベースといった後味すっきりとしたテイストに野菜の旨味を合わせ、ふんわりと香り立つバターの風味がまろやかさを引き立てる満足度の高い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や乳化油脂をはじめ…

  • 野菜パウダー
  • 香辛料
  • チキン調味料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • ポークエキス
  • 香味油

といった、チキンを利かせた塩スープに野菜の旨味を合わせ、さらにバターを加えたことでまろやかさとコクを際立たせたほんのり“とろみ”を付けたテイストに仕上がり、バターが香り立つコク深い割に胡椒が利いたことで後味すっきりとした飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235222
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(食塩、コーン、乳化油脂、野菜パウダー、砂糖、香辛料、ねぎ、チキン調味料、乳等を主要原料とする食品、人参、ポークエキス、たん白加水分解物)、調味油(植物油脂、香味油)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (112g) 当たり]
熱量490kcal
たん白質8.4g
脂質17.6g
炭水化物74.5g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.3g
(2.4g/3.9g)
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.54mg
カルシウム360mg

引用元:スーパーカップMAX こく搾りラーメン こくだししょうゆ味|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ、調味油”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に右側の調味油は触ってみた感じだと割とさらっとした状態で、恐らくバターの風味を利かせた油分となっていると思われるため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分でしょう!

また、麺はご覧の通り“スーパーカップMAX”シリーズらしい中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感や弾力のあるコシを兼ね備えた麺量100gの食べ応え抜群なボリューム感となっています!

調理してみた

ではまず、“かやく入り粉末スープ”を入れてみます。

かやくには…

  • コーン
  • ねぎ
  • 人参

が入っています。

また、使用されている粉末の量はかなり多めではありますが、チキンを利かせた塩スープがベースとなっているため、ここにさらに調味油が加わっても思ったよりすっきりとした旨味が楽しめると予想できます!
※粉末スープをしっかり溶かすように熱湯を注いでいきましょう。

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は丸刃ならではのもっちりとした弾力が加わり、シリーズらしいボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…やはりほぼ無色透明なさらっとした油分となっていて、ほんのりとバターの風味が香り立つどこか優しいテイストにも感じられますね!

そのため、この調味油を加えても見た目としての変化はないものの…“北海道コーン塩バター味ラーメン”といった商品名の文字通り塩味のキレの良さとバターのコクが絶妙にマッチした旨味溢れる一杯であることが伝わってきますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…割とさらっとした仕上がりではありますが、チキンの旨味とバターの風味が特に印象的で、塩スープと相性抜群な胡椒によってメリハリの付いた現代風の味わいとしてコク深いテイストが思う存分楽しめそうな一杯となっています!

また、スープ表面には特に脂っこさといった印象の油分は一切なく、チキンならではの後引く旨味が塩味のキレのあるスープに相性良く溶け込み…野菜の旨味やバターを合わせたことで深みのあるコクを引き立て、胡椒を加えたキレの良さが絶妙なバランスとなって仕上がっているようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…バターも合わせたことでコク深く深みのある仕上がりとなっているんですが、チキンを利かせた塩ベースのスープということもあって思ったよりも後味すっきりとしたテイストに仕上がっています!

コーン・バターと聞くと…ちょっと“くどさ”を気にしてしまいますが、決してそんなこともなく、バターによるまろやかなコクもありつつ胡椒の利いた塩気の強いメリハリのある飽きの来ないテイストとなり、ふんわり香るバターの香りが優しくもバランス良くマッチしているようです!…というかこのボリューム感と美味しさで税別210円はちょっと安すぎじゃないですかね?
※“スーパーカップ”シリーズは税別210円〜220円のものがほとんどです。

個人的に“スーパーカップ”シリーズと言えば、昔まではボリュームがあってリーズナブルで、なおかつ大味といったイメージが若干あったんですが…最近は全くそんなこともなく、“バケツ型”の大盛り仕様にもかかわらず今回のように税別210円とかなりコスパも高く、さらに味わいもチキンを利かせた塩ベースのスープにバターを合わせた決してチープではない旨味の掛け合わせが絶妙で、想像以上に満足度の高い一杯には驚かされるかと思われます!

ただ、このフレーバーが売上No.2というのはちょっと驚きですね!No.1が醤油でしたから何となく味噌テイストかと思っていましたが…商品名に“北海道”といった文言を使用したネーミングが功を奏したのかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力のあるもっちりとしたコシが心地良い仕上がりとなっています!

そんな麺には、チキンをベースに野菜の旨味やバターを合わせ、胡椒によるメリハリを付けたクリーミーな味わいに拘った風味豊かな塩スープがよく絡み、一口ずつにキレの良さとバターのコクが絶妙にマッチした深みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、ふんわりと香り立つバターならではの優しい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの北海道産100%だという“コーン”が入っていて、じっくりと噛んで味わってみると…素材本来の甘みのある仕上がりで、今回のバターを加えたクリーミーな塩スープとの相性抜群な具材として見た目の彩りとしてのアクセントもプラスしているようです!

また、こちらの人参は、若干小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、こちらもまた素材ならではの味わいが表現され、クリーミーな味わいの白濁としたスープにちょうど良い彩りとしてのアクセントを演出し、上記のコーンと同じく見た目の華やかさをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、若干小さくカットされているため、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…バターを合わせた塩スープとの相性抜群な薬味として後味の良さを際立たせ、さらに旨味を引き立てる具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンベースの塩スープに野菜の旨味やバターを合わせたことでクリーミーさに拘ったコク深い仕上がりとなっていて、一見“バター”と聞くと“くどさ”といった印象を持たれるかもしれませんが…決してそんなこともなく、ベースが塩味ということもあって胡椒も利かせたことで想像以上にキレも良く、後味すっきりとした味わいに感じられます!

ちなみに原材料に記載されていたポークの旨味は、単純に濃厚感を加えているわけではなく、こちらもまたコク深さや旨味を際立たせる絶妙な利かせ方によって深みのあるスープに仕上がっているんでしょうね!これは男女関係なく幅広い層に好まれるテイストとも言えるのではないでしょうか?

また、スープ自体に若干の“とろみ”がありますが、やはり塩味ということもあってコク深くまろやかな味わいにもかかわらず…後に残らないスッキリとした後味に感じられます!

そのため、塩気と旨味がバランス良く凝縮されたコク深くまろやかな塩スープは、胡椒によるアクセントが絶妙にマッチしたことでついつい止まらなくなってしまいますね。。
※胡椒は容器底に溜まっているので、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう。

というか…スープ自体の塩分は思ったよりも低いせいか、旨味がストレートに伝わって来るような感じで、チキン×バターによる後引く美味しさがクセになりますね!これまで期間限定で発売されてきたフレーバーの中でも売上No.2というのも納得です!(当時のテイストをさらに美味しく際立たせているんですが…)

このように、今回の“スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン”は、チキンをベースに野菜の旨味やバターを加え、さらに胡椒を利かせたメリハリのある塩スープということもあって想像以上にキリッとした口当たりと後味の良さに際立ち、コク深くクリーミーな味わいが印象的な満足度の高い仕上がりとなっていましたので、お好みによっては塩スープとの相性抜群なペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップMAX 北海道コーン塩バター味ラーメン」を食べてみて、バターならではのクリーミーな塩スープには、チキンや野菜の旨味を利かせ、さらに胡椒を加えたことによって後味すっきりとしたコク深くまろやかな仕上がりとなり、想像以上に満足度の高い一杯となっていました!

やはり“スーパーカップMAX”にリニューアルされて以降、しっかりとした食べ応えはもちろん、据え置き価格にもかかわらずスープの美味しさにもかなり拘っているようで、今後登場する期間限定の商品展開にもかなり期待できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!