カップ麺

「六厘舎」のカップ麺!濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油 食べてみました!背脂使用の濃厚な一杯!

「六厘舎」のカップ麺!濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油 食べてみました!背脂使用の濃厚な一杯!

2018年10月16日に明星食品から発売された「六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油」を食べてみました。

この商品は、東京を中心に“つけ麺”で圧倒的人気のラーメン店“六厘舎(ろくりんしゃ)”の“中華そば”をカップ麺に再現したもので、濃厚なスープが売りの“六厘舎”ならではといった“中華そば”の仕上がりもまた非常に濃厚な豚骨醤油が表現され、さらに背脂をたっぷりと使用したことで、濃厚なスープにはほどよいコクがプラスされた食べ応え抜群な一杯“六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油”となっております。(税込216円)

ご覧の通りパッケージには、“六厘舎”の力強いロゴが表現されていて、“中華そば”とは言えども超濃厚なつけ麺が人気の“六厘舎”らしい存在感の強い仕上がりを想像させますね!

ちなみにこの商品はローソン先行商品となっているようです!そのため、販路・数量ともに限定のようなので、濃厚豚骨スープがお好みの方は見つけたらお早めに!

また、こちらには“六厘舎”の店主である“三田”氏の後ろ姿とともに、“背脂とんこつ醤油 濃厚中華そば”といった今回の商品名が記載されているように、ほんのり“とろみ”が付いたコク深くもまろやか・濃厚な豚骨スープを想像させるイメージ写真がなんとも印象的ですね!

一方、こちらには“六厘舎”の濃厚な“中華そば”をカップ麺に表現したイメージ写真なんかも掲載されています!

これによると、サイズの大きめな背脂がスープに散りばめられたことで、まさに“中華そば”といったイメージを覆すかのような“六厘舎”らしいコク深くも濃厚なパンチのある一杯のようですね!これは期待できそうです!

他にも特徴としては、単純に豚骨の旨みだけを濃厚に表現しただけではなく、背脂が使用されたことはもちろん、鶏ガラといった濃厚さを際立たせるような旨みとともに独特な風味が利いたことで、溢れんばかりの旨みとして強烈に強い印象を感じさせる一杯のようです!

実際に食べてみて…

想像していた“中華そば”といった仕上がりを大きく飛び越えて濃厚に仕上がった一杯は、豚骨の旨みがコク深く仕上がり、ほんのりと“とろみ”が付いたところにたっぷりと使用された背脂によってより一層深みが増し、さらに鶏の旨みが利いたことで良い意味でのクセが表現され、まさに濃厚さに突出した一杯となっていました!
これは特に、濃厚な一杯をガツンと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの背脂によるコクがプラスされた濃厚な一杯「六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油について

今回ご紹介するカップ麺は、東京を中心に店舗展開する人気行列店“六厘舎”の濃厚な一杯“中華そば”の味わいを再現したもので、鶏ガラの旨みを含む濃厚な豚骨スープに背脂がコク深く引き立て、パンチのある口当たりに仕上がった“六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油”となっています。

ご覧の通り、パッケージ側面には“六厘舎”の実店舗写真とともに簡単な説明書きが記載されています!

これによると…この“六厘舎”、濃厚スープと極太麺といった組み合わせが“つけめん界”に話題となり、大人気となった行列店のようですね!そこで提供されている濃厚な“中華そば”がカップ麺に登場ということで、その仕上がりは気になるところ。。

また、このように今回の一杯は非常に濃厚さに際立った仕上がりのようですが、醤油ならではのキレや、ガーリック、さらには胡椒といった香辛料がバランス良く豚骨スープに溶け込んだことによって、不思議と“くどさ”といった感じもなく、最後まで濃厚な旨みを存分に楽しめる一杯に仕上がっているようです!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り501kcalとなっております。(塩分は5.4g)

さすが濃厚に仕上がっているだけあって、カロリーはかなり高めな数値のようですが、塩分は平均的といったところ!
ちなみに1食109g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚・鶏エキスや豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • でん粉
  • 香味油
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • チキンオイル

といった、鶏ガラを利かせた濃厚な豚骨スープには、鶏ならではの“とろみ”が付いた旨み・風味が特徴的で、醤油やほどよい香辛料によって香り立つ一杯に飽きの来ないキレなんかが表現された仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“特製スープ”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • チャーシュー
  • 背脂加工品
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

また、麺は“六厘舎”の特徴的な太麺というわけではないようですが…中太のもちっとした弾力を思わせる麺が採用されているようです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの調味料を入れてみます!

こちら袋を触ってみるとやや粘度の高いものとなっていたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておきました!

すると…ご覧の通りまろやかな豚骨スープにすっきりとした醤油のキレとコクがプラスされるかのような濃い目のタレとなっていて、コク深く濃厚な仕上がりに非常にバランスの良い味わいがプラスされているようにも感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープの表面にまだ溶けきっていないダマとなっている粉末スープがまた濃厚さを物語っていますね。。

というか…豚骨の香りがけっこう強めに確認できます!

ご覧の通りスープが全体に馴染むと…スープ自体にはわずかながら“とろみ”が付き、豚骨だけでなく、鶏ガラの特徴的な旨みを感じさせる厚みのある風味が漂います!

そしてこの仕上がり…全くもって“中華そば”といった概念から外れているようにも見えますが。。醤油ならではのキレがすっきりとした後味を表現しているという点だけは、“中華そば”といったイメージにもぴったりな感じもしますね!

また、スープに浮かぶコク深さを思わせる“背脂”もまた印象的な一杯ではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏ガラが利いたことで、非常に濃厚な豚骨スープではありますが、醤油ならではのキレがしっかりと口当たりに表現されたことで、こってり感はそこまでなく、ただただ力強いパンチのあるスープに仕上がっています!

それもそのはず、スープの表面には油分はそこまで確認できないように、まさに旨みが凝縮されたという意味での濃厚な豚骨スープに仕上がっているため、想像以上にすっきりとした後味なんかも感じられますね!

そして、この鶏の旨みには独特な風味も香り、この風味が賛否割れそうな気もしないでもないですが…個人的にはこういったクセは嫌いじゃないです!

麺について

麺は、ご覧の通り中太使用の丸みを帯びたことで、もちっとした弾力が表現された麺となっています!

そして、この表面のなめらかな食感によって非常にすすり心地も良く、意外とずしっとした密度感を感じさせる食べ応えなんかもありますね!

そんな中太麺には、背脂使用のコク深い豚骨スープがよく絡み、一口ずつにまろやかな豚骨の旨みに加え、鶏ガラによる厚みのある味わいが口に広がっていきます!

それにしても、このすすった時に香る独特な風味がまたほどよく動物臭さもあって良いですね!これくらい荒々しさが表現された仕上がりもまた特徴的で逆に好印象です!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、細切れといった仕様ではありますが…しっかりと肉の旨みが豚骨スープにも滲み出ているようで、スープの美味しさがより引き立って感じられる相性抜群な具材となっています!

また、こちらのメンマもカップ麺らしい小ぶりな具材ではありますが…メンマならではのコリコリとした良い食感が表現されたことで、濃厚な“中華そば”といったスープにもぴったりです!

そしてこれですね!背脂です!
この豚骨スープにぴったりなコクを引き立てる背脂が加わったことで、食べ進めていくうちにスープの中へ旨みとして溶け出すのと同時に“とろみ”もまた増して感じられ、スープ全体に厚みを感じさせる絶妙な具材となっています!

スープについて

スープは、豚骨をベースに鶏ガラといった旨みや独特な風味を表現したコク深い仕上がりとなっていて、非常に濃厚さが際立った一杯ではありますが、醤油やガーリックがほどよく濃厚さを調和したことで、想像以上に後味すっきりとした味わいに感じられます!

また、食べはじめはそこまで“とろみ”は強くはありませんでしたが、食べ進めていくうちに、豚骨ならではのまろやかさやコクなどが増していき、最後の方にもなると非常にコク深くも濃厚な味わいを楽しめる“六厘舎”の“中華そば”が堪能できるのではないでしょうか?

ご覧の通り油分たっぷり…というわけではありませんので、こういった厚みのある濃厚さが表現されていても飲み心地抜群な仕上がりに感じるわけですね!

まとめ

今回「六厘舎 濃厚中華そば 背脂とんこつ醤油」を食べてみて、濃厚さに際立った豚骨スープには、鶏の旨みが良い個性を表現し、コク深く旨みが凝縮されたことで濃厚な一杯が人気の“六厘舎”ならではの存在感の強い一杯に仕上がっていました!

そして、醤油ならではのキレが後味すっきりとした印象に感じさせ、ガーリックや胡椒といった香辛料が使用されたことで、単純に濃厚な仕上がりではなく、荒々しさもありつつも非常にバランスの良い仕上がりは、最後まで飽きの来ない濃厚な味わいを楽しむことができるのではないでしょうか?

カップ麺でこの濃厚な仕上がりですからね!ぜひ実店舗の味も堪能してみたいものです。。

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!