カップ麺

スープが決め手 濃厚煮干醤油 食べてみました!煮干しを存分に楽しめる美味い一杯

スープが決め手 濃厚煮干醤油 食べてみました!煮干しを存分に楽しめる美味い一杯

セブンプレミアムから発売されている「スープが決め手 濃厚煮干醤油」を食べてみました。

この商品は、セブンイレブンでお馴染み“セブンプレミアム”から発売されているカップ麺のひとつで、その名の通り煮干しの旨味が醤油ならではのキレとコクのあるスープに美味しく溶け込み、さらにポークを利かせたことで、満足度の高い濃厚な仕上がりとなった“スープが決め手 濃厚煮干醤油”となっております。(税込138円)

ちなみに、この商品は以前からも発売されていたようですが、2018年9月11日にリニューアル発売されているようですね!

この商品のように、プライベートブランドと聞くとやや味が劣るようなイメージがあるかもしれませんが…この“セブンプレミアム”はひと味違ってクオリティも非常に高く、味と値段を考えるとコスパの高い一杯とも言え、なかなか侮れない仕上がりとなっています!

その特徴としては、煮干しの旨味が醤油スープに際立った味わいではあるんですが、それだけでなくチキンとポークを利かせたことによって、その味わいが濃厚な仕上がりとなり、煮干醤油ならではのすっきりとしたキレのある口当たりに、まろやかさとコクが引き立った一杯です!

煮干しの旨みをきかせたチキンとポークベースの醤油スープに、もちっとした粘りとしっかりとした食感で歯切れの良く仕上げた麺を合わせました。
引用元:スープが決め手 濃厚煮干醤油 73g | セブンプレミアム公式 セブンプレミアム向上委員会

他にも、すすり心地の良いつるっとなめらか、歯切れの良い中太麺が採用され、シャキシャキとした食感がちょうど良いアクセントをプラスする“玉ねぎ”によって濃厚な煮干醤油スープを最後まで飽きさせない非常に相性の良い具材が使用されています!

実際に食べてみて…

口の中でざらつきを感じるほどに煮干の旨味がしっかりと利き、キレのある醤油スープがポークやチキンによってコク深く仕上がったことで、厚み・パンチのある濃厚な一杯が力強く表現されていました!
これは特に、煮干しが利いた濃厚な味わいを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのセブンプレミアムから発売されている濃厚な煮干醤油が楽しめる「スープが決め手 濃厚煮干醤油」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スープが決め手 濃厚煮干醤油について

今回ご紹介するカップ麺は、セブンイレブンでお馴染み“セブンプレミアム”シリーズから発売されている一杯で、すっきりとしたキレと濃厚な煮干しの旨味が存分に楽しめる“スープが決め手 濃厚煮干醤油”となっています。

また、このシリーズは以前ご紹介した“スープが決め手のとんこつ”などと一緒に統一されたデザインで店頭に並び、もはやセブンイレブンではお馴染みの商品で、どれもクオリティが高く、カップ麺で迷った時におすすめのシリーズとも言えるでしょう!

やっぱり“セブンプレミアム”と聞くとひと味違った美味しい仕上がりをイメージさせますからね!これは今回も期待したいところ!

それでは、“濃厚煮干醤油”といった商品名にあるように、煮干しがどれほど濃厚な仕上がりになっているのか?この辺りについてじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り287kcal(めん・かやく232kcal / スープ55kcal)となっております。(塩分は6.0g)

カロリーは最近のカップ麺の傾向からして、かなり低めにも感じられる数値のようですが、塩分の方は若干高めとなっているようですね!
ちなみに1食73g、麺の量は55gとのこと。

また、塩分の内訳を見てみるとスープに占める割合が若干高めとなっているようで、煮干しの旨味が引き立つ醤油ならではのキレなんかも期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油脂や食塩をはじめ…

  • 魚介パウダー
  • 魚介エキス
  • しょうゆ
  • 粉末しょうゆ
  • 動物油脂
  • ポークエキス
  • 香味油
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • 魚醤
  • 昆布エキス
  • ポーク調味料

といった、煮干しの旨味をはじめ魚介の旨味を引き立てるかのように、実に様々なポークなど動物系の旨味が含まれていて、まさに煮干しの旨味を濃厚に表現された仕上がりを想像させる材料が多く並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、液体スープと記載された調味料がひとつ入っています。容器に調味料を同梱する辺りはエースコックらしいですね。。

そして、具材には…

  • 焼豚
  • 玉ねぎ
  • ねぎ

が入っています。

濃厚な煮干しの旨味を堪能するには十分かつシンプルな具材が揃えられているようです!

そして、麺はご覧の通り中太といった仕様で、表面に丸みを帯びたことで、つるっと滑らかな食感を思わせるすすり心地の良さそうな麺が採用されているようですね!

また、この時点ですでに魚粉の食欲そそる良い香りが確認できます!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどの麺がひとまわり太く感じられ、表面にはほどよいコシと弾力を思わせる張りなんかもありますね!

そして、単純に煮干しを利かせた風味だけでなく、厚みを思わせるポークも利いたことで、すっきり感と濃厚さを兼ね備えた一杯…といった印象の出来上がりです。

さらに、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
この液体スープは、さらっとしたものではありますが、ポークの旨味も含まれているのでしょうか?ほんのりと油分なんかも確認できますね!

そのため、これを入れることによって、魚介の風味がより一層引き立ち、濃厚さに磨きがかかったことで、荒々しくも感じられる煮干が、より際だった旨味として表現されていることを思わせる濃い目のスープへと変わっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと…煮干しがしっかりと利いていることを思わせる濃い目の色に仕上がり、食欲そそる煮干しの香りが漂うことで、醤油ならではのキレとコクのあるスープに存在感の強い旨味が溶け込んでいることを思わせます!

また、チキンやポークをベースにしているとのことでしたが、スープの表面を見る限り、決して脂っこい仕上がりではないようですね!

そのため、あくまでチキンやポークによって厚みのあるスープを表現したことでコクをプラスし、煮干しの旨味を美味しく引き立てているものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…ぉお!けっこう煮干しが利いていますね!しかしポークなど動物系の旨味もまた際立っているように感じられます!

そのため、風味豊かな煮干しの旨味が醤油ベースのスープに美味しく利いているんですが、非常に厚みを感じる仕上がりとなっていて、醤油ならではのキレのある口当たりのすぐ後にはガツンとした旨味がすぐに伝わってきます!これは美味しい。。

これで税込み138円なら、かなりリーズナブルにも感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りつるっと滑らかな食感が特徴的な中太麺となっていて、歯切れも良く、表面には張りがあるため変にブヨっとした感じもないまとまりの良い麺に仕上がっています!

そんな麺には、煮干しの旨味がチキン・ポークによって美味しく濃厚に引き立てられた醤油スープがよく絡み、一口ずつにすっきりとした醤油ならではのキレが感じられる煮干しの味わいが口に広がっていき、後味にもまた煮干しの風味がふんわりと抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、カップ麺らしい小ぶり・薄めな具材ではありますが…噛むと肉の旨味がしっかりと表現されています!

そのため、この焼豚単体で楽しむのではなく、チキン・ポークを利かせたことで厚みを引き立てたスープや麺と一緒によーく絡めていただくと美味しさも増して楽しめるのではないでしょうか?

また、今回の一杯は煮干しの旨味を濃厚な味わいに際立たせるためにチキンやポークといった動物系の旨味も使用されているため、こういった焼豚なんかも意外と相性良く感じられますね!

さらに、こちらの玉ねぎは若干小ぶりではありますが、シャキシャキとした食感がしっかりと表現された具材となっていて、濃厚な煮干しの旨味が表現されたスープに良いアクセントとなり、ちょうど良い口直しにも感じられる濃い目のスープと相性抜群な具材となっています!

そして、今回の一杯にはこちらの“ねぎ”なんかも使用されていて、先ほどの“玉ねぎ”とともに後味すっきりと感じさせ、まさに濃厚煮干醤油をバランス良く調和させるかのような、濃厚なスープを最後まで飽きさせない具材として添えられています!

スープについて

スープは、煮干しの旨味をチキンやポークによってコク深く厚みのある味わいに引き立て、単純に煮干しの荒々しい仕上がりというわけではなく、旨味としてもパンチのあるスープが表現されています!

そして、味の濃さはというと…若干しょっぱいくらいに醤油ならではのキレのある口当たりが表現され、その味わいがチキン・ポークによってうまく調和されている点に、この一杯のバランスの良さを感じますね!まさしく“濃厚煮干醤油”といった商品名にも納得です!!

また、濃厚な旨味としてスープに表現された煮干しは、香辛料などと一緒に口の中で多少ざらつきを感じるほどに含まれているようで、煮干しの旨味を利かせた一杯が好みの方なら見逃せない安定した美味しさが楽しめる仕上がりとも言えます!

このように今回の一杯は、ニボニボしているのにしっかり美味い!そんな仕上がりとなっていて、脂っこさもないため、最後まで飽きることなく煮干しの味わいを存分に楽しむことができるでしょう!

意外と容器の底に煮干しの旨味を表現した粉末スープがダマになっていて、最初の混ぜがあまいとポークが際立って感じられますので、煮干しの旨味をチキン・ポークによってぶ厚く表現した旨味を存分に楽しむためにもしっかりと底からかき混ぜましょう!(それはそれで味の変化を楽しんでみても良いかもしれません。)

まとめ

今回「スープが決め手 濃厚煮干醤油」を食べてみて、煮干しの旨味を濃厚に表現した仕上がりは、チキンやポークなど動物系の旨味がバランス良く厚みをプラスし、煮干しの旨味を損ねることなく満足度の高い味わいに際立たせ、決して脂っこさのない後味すっきりとした醤油スープがクセになりそうな一杯となっていました!

これはまさに“スープが決め手”というだけあって、存在感のある食べ応え・喉越し抜群な煮干しが楽しめるでしょう!

また、こういった煮干しを利かせた醤油ベースの味わいは“くどさ”といった感じももちろんありませんからね!ついスープが止まらなくなるような納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です