カップ麺

「オーベルジーヌ」監修カップ麺 “ビーフカレーヌードル” ロケ弁で絶賛のカレーがカップ麺に!!

オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル

オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」を食べてみました。(2019年10月21日発売・日清食品)

この商品は、芸能人がよくロケ弁として利用し、その味に大絶賛だという東京・四谷の宅配欧風カレー専門店“オーベルジーヌ”の人気メニュー“ビーフカレー 中辛口”を同店監修のもとカップ麺に再現したもので、甘味と辛味が絶妙にマッチした一杯が登場です!

それも…各種メディアで300回以上も紹介されてきたという“KING OF ロケ弁”の呼び声高い芸能人御用達の“オーベルジーヌ”とのコラボということで、カレーの味わいにぴったりな72時間もの間じっくりと煮込んだ玉ねぎの甘味、そして20種類以上に渡る本格スパイスによって後引く辛味がたまらない…濃厚な欧風カレースープをカップ麺に再現した一杯、“オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル”となっております。(税抜き228円)

ご覧の通り、パッケージには“芸能界が唸る”、“宅配カレー専門店”といった文字が大きく記載されているように、男女問わず多くの芸能人の方々に愛され続け、TV局各社から絶大な支持を得ているカレー店であることがよーく伝わってきます!

オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル パッケージ

一方こちらには、今回の特徴である“玉ねぎの甘味×スパイスの辛味”と記載されていて、その背景にはビーフの旨味をベースにじっくりと煮込んだ玉ねぎを加えることによってコク深く“とろみ”が付き、手作りにこだわった本格カレーといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆ビーフ・グリルドオニオンが使用されているようです!
※この大豆ビーフは、公式ページによると大豆たん白を主原料に牛肉の味わいを表現した具材とのこと。

ちなみに1986年創業の宅配欧風カレー専門店“オーベルジーヌ”とは、こちらパッケージ側面に“あの芸人たちも大絶賛!”とのことで、いわゆる“ロケ弁”で大変好評のカレー専門店ということもあって少々宅配量はかかるものの…東京をはじめ、埼玉・神奈川・千葉などエリアに限りはありますが…会社や個人でも楽しむことができ、他にもケータリングや通販にも対応しているようです!(本店以外にも“三田店”が営業されています!)

そしてその特徴としては…なんと言っても3日間じっくりと煮込んだ玉ねぎの旨味・甘みを加えたことによるコク深く濃厚なスープを再現し、甘みの中にもビーフの旨味、さらに20種類以上ものスパイスを加えたバランスの良い濃厚なスープがしっかりと麺に絡むことで、カレーならではの香辛料の利いたスパイシーな辛みと絶妙にマッチした一杯となっています!

他にも特徴として…麺は、やや厚みのある幅広な油揚げ麺が採用されていて、“とろみ”が付いた濃厚なスープに仕上がっていますから…絡みも非常に良く、まさに玉ねぎの甘みとスパイシーな辛みによる味わいが芸能人からも絶大な支持を得ているだけあって、クセになる味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

しっかりと混ぜていくことによってビーフの旨味をベースに濃厚な“とろみ”が付いたスープには、原材料に“乳等を主要原料とする食品”と記載されていたように実店舗で使用されているバターの味わいなんかも再現されているようで、確かに玉ねぎをじっくりと煮込んであることが伝わって来る甘みがあり、20種類以上もの本格香辛料を利かせたスパイシーなカレースープと合わさったことで、旨味としてはかなり厚みのある仕上がりとなっていて、そんな濃厚なスープが太めの麺と絡むことで、一口ずつに感じられる味わいは一際満足感が高い甘辛スパイシーな一杯となっていました!
これは特に、玉ねぎの甘みをたっぷりと加えた本格スパイシー・濃厚なカレースープをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は芸能人に大絶賛されているロケ弁で人気の“オーベルジーヌ”の濃厚な味わいをカップ麺に再現した一杯、「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル

今回ご紹介するカップ麺は、撮影・収録現場などのロケ弁で各TV局各社からも絶大な支持を得る人気店で、ビーフや野菜の旨味にじっくりと煮込んだ玉ねぎの甘みをたっぷりと加え、スパイシーな香辛料を20種類以上も加えた甘みと辛みの絶妙な味わいが同店監修によってカップ麺に再現された一杯、“オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル”となっています。

ご覧の通り、パッケージ側面には“メディア出演回数300回以上”と記載されているように、度々メディアで紹介され、時には公式サイトがサーバーダウンするほどの注目店で、芸能界から大絶賛されているのはもちろん、各TV関係者御用達の宅配専門店のようですね!

そんな中、今回は一番人気だというメニュー“ビーフカレー 中辛口”の味わいが“オーベルジーヌ”監修によって再現されているとのことで、その仕上がりは気になるところ。。

ちなみに、この商品は以前ご紹介した“島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば”と同じく日清食品の“有名店シリーズ”のひとつでもあり、“感動をお客さまに”をテーマにじっくりと煮込んだ濃厚なカレーといった手間暇かけた贅沢な味わいがカップ麺として気軽に楽しめる芸能人絶賛の“オーベルジーヌ”監修の一杯とのことで、こちらパッケージ側面にはロケ弁仕様・デリバリーならではの容器に盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていますね!

こちら…大きめな“じゃがいも”が非常に印象的ですが、バターを付けて楽しむのも良し、“オーベルジーヌ”ならではの濃厚なカレーと楽しむのも良さそうです!

また、フタの裏麺には、ご覧の通り“感動へようこそ 欧風カレーの王道・四谷オーベルジーヌ”と記載されていて、四谷本店に関する簡単な説明が記載されています!

これによると…“72時間かけて辿り着く玉ねぎの究極の甘味と20種類以上のスパイスを使った贅沢な味わい。”とのことで、30年以上に渡って愛され続けている宅配カレー専門店のようです!

素材ならではの旨味をしっかりと活かしたスパイシー・濃厚なカレーといったところでしょうか?芸能人御用達の味わいがカップ麺として気軽に楽しめるのは良いですね!

それでは、今回の“オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル”がビーフをベースにどれほどの旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?72時間もじっくりと煮込まれた玉ねぎならではの甘みと本格香辛料を利かせたスパイシーな辛みとの相性、そしてなんと言っても太麺仕様の麺との絡みによるバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り454kcal(めん・かやく370kcal / スープ84kcal)となっております。(塩分は6.0g)

カロリーは、濃厚な一杯ということで若干高めな数値のようで、塩分も同じくやや高めとなっています!
ちなみに1食当たり96g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで84kcalとやはり濃厚なスープのようでやや高めとなっていますね!これはじっくりと煮込まれた玉ねぎの甘みとスパイシーな味わいがどこまでコク深く濃厚な仕上がりになっているのか?注目したいと思います!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、オニオン調味料や豚脂をはじめ…

  • カレー粉
  • 乳等を主要原料とする食品
  • でん粉
  • ブイヨン
  • 香辛料
  • オニオンエキス
  • 牛脂

といった、ビーフをベースに豚脂なんかも旨味を引き立て、さらに“オーベルジーヌ”の味わいを再現したと思われるバターがじっくと煮込まれた玉ねぎの甘みとともに再現されているようで、甘みと辛みが絶妙な濃厚なカレースープといった味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105260999
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ)、スープ(オニオン調味料、豚脂、カレー粉、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、でん粉、ブイヨン、香辛料、オニオンエキス、糖類、食塩、牛脂、デキストリン)、かやく(大豆たん白加工品、オニオン加工品)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、乳化剤、炭酸Ca、クチナシ色素、かんすい、酸味料、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カロテン色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量454kcal
めん・かやく: 370kcal
スープ: 84kcal
たんぱく質9.8g
脂質21.1g
炭水化物56.3g
食塩相当量6.0g
めん・かやく: 2.6g
スープ: 3.4g
ビタミンB11.17mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム117mg

引用元:オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 大豆たん白加工品(大豆たん白を主原料に牛肉の味わいを表現した具材)
  • オニオン加工品

が入っています。

ちなみにパッケージ包装を剥がした時からすでに本格スパイシーな香りが確認できたため、このフタを開けると…さらに食欲そそるスパイシーな風味が漂ってきます!

また、麺はご覧の通り厚みのあるやや幅広な麺が採用されているようで、ほどよい“ちぢれ”や“とろみ”のある濃厚なスープによって絡みも非常に良さそうな…一口ずつにずっしりとした味わいが楽しめる仕上がりを思わせますね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:390ml)
そして出来上がりがこちら!

まだスープ表面には濃厚さを思わせる粉末スープがダマとなって残っていて、非常に色も濃く、風味からも本格的なスパイスを利かせた甘みのある濃厚カレースープ…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…すでにスープにはほどよい“とろみ”が付き、72時間もの間じっくりと煮込まれて作られるという“オーベルジーヌ”ならではの玉ねぎの甘みのある旨味がたっぷりと含まれているようですが、この風味からは本格スパイスもしっかりと利いていることが伝わって来ますから…甘みと辛みの主張が強い食べ応え抜群・濃厚な一杯に仕上がっているようですね!

また、この時点ですでに“とろみ”は付いているんですが…原材料にも“でん粉”といった材料が記載されていましたから、食べ進めていくに連れてこの濃厚感もどんどん増していくものと思われ、それとともに満足感も増していく旨味溢れる味わいがこの一杯に凝縮されているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…確かに玉ねぎならではの甘みがしっかりと感じられますね!なんというか…アメ色になるまでじっくりと煮込んだ玉ねぎの甘みを最大限に引き出した旨味をビーフをベースにしたスープに濃厚感・味の深みを表現し、カレーならではの辛さが20種類以上も仕様された本格スパイシーな味わいと絶妙にマッチしたことによって、他のカレーテイストの商品とはまたひと味違った仕上がりとなっています!

ただ、この再現性については定かではありませんが…個人的にはけっこう玉ねぎやバターのような甘さの主張が非常に強く感じられ、もう少しスパイシーさに際立った味わいの方が好みではあるので、人によっては多少甘ったるさが気になる。。という方もいらっしゃるかもしれません!

そして今回再現されているのは…“オーベルジーヌ”人気No.1だというメニュー“ビーフカレー 中辛口”ということでしたので、お好みに合わせてガラムマサラなどを追加して辛さを調整してみても良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みのある幅広な太麺仕様といった日清食品らしい仕上がりとなっていて、すすり心地は良いものの…今回は“とろみ”のある濃厚カレーテイストということもあるので、スープの飛び跳ねに注意しながらゆっくりとすすっていくと良いでしょう!

そんな麺には、じっくりと煮込まれた玉ねぎならではの甘みを利かせた濃厚なカレースープがよく絡み、一口ずつに甘みとスパイシーな辛みが口いっぱいに広がっていき、カレーならではの香辛料をしっかりと利かせた風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの牛肉をイメージしたと思われる“大豆たん白加工品”が入っていて、じっくりと噛んで味わってみると…確かに牛肉の味付けのような感じはしますが、大豆らしさも若干残っているため、やはりこういった具材は単品で楽しむのではなく麺やスープと一緒に絡めて食べてみると旨味も増して楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのオニオン加工品は、かなり小ぶりな具材でしたので見つけにくいかと思われますが…まさにじっくりと煮込まれているかのようなアメ色に仕上がり、小さいながらもじっくりと味わってみると、素材本来の甘みがしっかりと感じられ、今回の甘み・辛みが特徴的な一杯にもぴったりです!

スープについて

スープは、ビーフをベースにじっくりと煮込んだ玉ねぎの甘みをたっぷりと加えたことで、非常にコク深く濃厚な“とろみ”が付き、若干甘みが際立っているように感じられるかもしれませんが、その分本格香辛料も20種類以上使用されているため、カレーらしい辛さを伴うスパイシーな味わいが絶妙にマッチしています!

また、パッケージには“辛さレベル”的なものは記載されてはいませんでしたが、玉ねぎやバターのような甘みが際立ち、“中辛味”を再現したということもあって辛さというよりもスパイシー感を引き立てるほどよい辛みといったところでしょうか?辛さが苦手という方でも問題なく楽しめる程度の辛さかと思われます!

ただ、甘みに際立っているものの…食べ進めていくうちに香辛料が利いてきて自然と汗を誘いますね!

そして今回の一杯は、以下2点の特徴がうまく再現されているため、ビーフの旨味を利かせた大人の味といった方向性で、そこに甘みと辛みがマッチしたことによってコク深く濃厚な味わいが再現され、個人的にはこの玉ねぎ以外のバターのような甘みが若干気になったところではありましたが…まさにカップ麺とは思えない絶妙なハーモニーと呼ぶにふさわしい味わいに仕上がっていました!

  • 72時間煮込んだ玉ねぎの究極の甘味
  • 20種類以上のスパイスの後引く辛味

そのため、本格的味わいのスパイスの利いたカレーでありながらも素材の味わい・旨味を活かしたテイストが好みの方にはかなりハマる一杯と言えるでしょう!

このように、今回の“オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル”は、ビーフの旨味をベースにじっくりと煮込んだ玉ねぎの旨味・甘みをしっかりと利かせ、20種類以上もの香辛料を加えたことでスパイシーながらも後引く旨味に玉ねぎの甘みが余韻として残る仕上がりとなっていたため、お好みによってはガラムマサラや一味といった辛みを加える香辛料を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」を食べてみて、芸能界の撮影現場などで用意されるロケ弁の中でも大絶賛されている宅配カレー専門店“オーベルジーヌ”の人気メニューの味わいが気軽にカップ麺で再現されたということで、じっくりと煮込んだ玉ねぎの甘みがカレーならではのスパイシーさによって引き立って感じられる絶妙な組み合わせは、若干甘みに際立った味わいとなっていたため、賛否は多少ありそうですが…一度試してみる価値はあるかと思われます!

また、濃厚なスープに甘みを含む味わいが凝縮されていたため、この甘さが余計に目立って感じられるかもしれませんので、お好みのスパイスや調味料を予め用意して味変しながら楽しんでみるのも良いでしょう!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!