グルメ

【ローソン】Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん!“ちょっと”が嬉しいお手軽サイズの激辛な一杯

Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

ローソン限定で登場したお手軽サイズの新シリーズ“ChoiNoodle”のひとつ、“麺処井の庄”監修のレンジ麺「Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみました。(2021年4月13日発売・ローソン限定)

この商品は、東京石神井の名店「麺処 井の庄(いのしょう)」の看板メニュー“辛辛魚(からからうお)らーめん”の味わいを同店監修によって電子レンジだけの簡単調理で本格感のある豚骨×魚介の激辛スープに仕上げ、鰹荒節などの魚粉と唐辛子をたっぷりと加えた本格感のある美味しさが楽しめるお手軽サイズの一杯が登場です!

それも…臭みのない豚骨の旨味をベースに魚粉をたっぷりと加えたことで超濃厚な豚骨魚介スープに仕上げ、“辛辛魚らーめん”には欠かせない一味唐辛子をこれでもかというほど加えたことで強烈な辛さの中にもしっかりと旨味が感じられるお店さながらのテイストを表現、そこにクオリティの高いしっとりジューシーな焼豚や薬味となる“ねぎ”を具材に添えたことで満足度の高い味わいが気軽に楽しめるシメにもちょうど良いサイズの一杯、“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”となっております。(税込399円)

ご覧の通り今回は電子レンジ専用によって激辛でお馴染み“辛辛魚らーめん”の味わいを再現した一杯ということで容器外側から見る限り…焼豚・“ねぎ”といったシンプルな具材が使用されているようです!(一味唐辛子と魚粉をブレンドした粉末はスープ表面にたっぷりと確認できます。)

このように今回の“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”とは…東京石神井の名店「麺処 井の庄」の人気メニューを“ChoiNoogle”シリーズとして再現したもので、レンチン簡単調理で本格的な味わいが楽しめるちょうど良いサイズの一杯となっています!

そして今や“麺処井の庄”、“辛辛魚”の知名度はもはや全国レベルとも言っても過言ではない人気ラーメン店の超人気メニューであり、激辛フリークの間では見逃せない一杯で多くのシェア・人気を誇り、“辛味による刺激が大変強いので十分ご注意ください。”と記載されているように豚骨魚介の旨味溢れるスープにたっぷりと唐辛子を使用したことで辛くて美味しいドロドロ系のスープ…といった特徴があるため、残ったスープに追い飯しても相性抜群です!!

他にも特徴として…麺は平打ち・太麺仕様のストレート麺が採用されており、レンジ麺と聞くと少し頼りない食感が印象的なんですが、今回の“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”に関しても、以前ご紹介したローソン限定の“ラーメン横丁(RAMEN YOKOCHO)”シリーズから発売されていた“麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”と同等の仕様となっており、濃厚かつ激辛な豚骨魚介スープと相性良くマッチしたことでガツンとした本格感のある美味しさがちょうど良いサイズで楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

口の中でざらつきを感じさせるほどに荒々しくも感じられる魚粉や一味唐辛子がたっぷりと豚骨ベースの濃厚なスープに溶け込み、名店“麺処井の庄”の人気メニュー“辛辛魚らーめん”の味わいを忠実に再現したことでドロッと感じさせる濃厚な仕上がりとなり、胃に染みるほどの辛さにも関わらず強烈な旨味を兼ね備えているだけあって満足度は非常に高く、ほどよいコシを感じさせる平打ち・太ストレート麺にも絶妙にマッチしたことによって最後までじっくりと濃いめな旨味が楽しめるちょっと少なめ・ちょうど良いサイズのレンジ麺となっていました!
これは特に、“麺処井の庄”ファンはもちろん、かなり濃厚で口の中にざらつきを感じさせるほどの唐辛子がたっぷりと含まれた激辛スープを食べ応えのある平打ちタイプの太ストレート麺とともにちょうど良いサイズで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国の激辛ファンを魅了する名店“麺処井の庄”の看板メニュー“辛辛魚らーめん”の味わいをローソンの新シリーズ“ChoiNoodle”といったちょうど良いサイズ感で楽しめるインパクト抜群な一杯、「Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん

今回ご紹介するレンジ麺は、東京石神井の超人気ラーメン店“麺処井の庄”監修によって濃厚な豚骨魚介スープにたっぷりと唐辛子を加え…ホロホロと崩れるほどの柔らかな食感に仕上げた焼豚と“ねぎ”といったシンプルな具材を使用し、“辛辛魚らーめん”ならではの激辛ながらも旨味溢れる味わいがレンジ麺として気軽に楽しめるローソン限定の新シリーズ“ChoiNoodle”として登場したちょっと少なめな一杯、“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”となっています。

Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん パッケージ

そもそもこの“Choi(ChoiNoodle)”シリーズとは…元々ローソンで取り扱いしていたお手軽サイズの麺類が2021年4月13日に装い新たにリニューアルしたのと同時に6商品が登場、この“ちょっと”が嬉しいサイズ感が特徴的なラインアップとして他にも以下の通り様々なフレーバーが発売されています!

  • Choi あさりの貝だしらーめん
  • Choi 生カルボナーラ専門店監修 濃厚カルボナーラ
  • Choi 生カルボナーラ専門店監修 焼チーズのミートカルボナーラ
  • Choi チーたんたん ~チーズ担々まぜそば~
  • Choi チンジャオロース焼そば

また、この“辛辛魚らーめん”とは…“麺処井の庄”の公式ページを参考にしてみると以下のような特徴があるようですね!これは少し想像しただけでも魚粉が凝縮された旨味や真っ赤に染まる激辛な魚介豚骨スープの美味しさがイメージできるのではないでしょうか?

  • 特製ラー油と特製辛魚粉がたっぷり
  • 魚介の香る辛いらーめん
  • ツルツルの平打ち麺
  • 大変辛いラーメン

他にも“麺処井の庄”と言えば…先ほどもお伝えした通り東京石神井に本店を置く人気店なんですが、人気メニューである“辛辛魚らーめん”は2009年にカップ麺として初登場して以来毎年この時期に発売されており、毎回テーマに沿った改良・ブラッシュアップを重ねているため、ここ最近では実店舗にも引けを取らない美味しさが気軽に楽しめるとあってコンビニでも並ぶ機会も多いため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?(他にも“まぜそば”にアレンジされた商品も登場していました。)

ちなみにここ“麺処井の庄”の創業は2006年1月、津田沼の行列店“必勝軒”や激辛系で大変人気の“蒙古タンメン中本”での修行経験の後、店主“中村 泰介”氏によってオープンしたのがはじまり、現在は東京石神井に本店を置き、他にも“濃菜麺井の庄”など6店舗展開する全国区の人気ラーメン店へと認知度を広め、運営母体は創業者である“中村”氏が代表を務める“株式会社 東京サバイブ”が行い、公式ページでは通販なども取り扱っているようです!

それでは、今回ローソン限定で取り扱いされているレンジ麺、“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”がどれほど豚骨×魚介の旨味溢れる本格的な仕上がりとなっているのか?レンジ麺らしいクオリティの高い焼豚やたっぷりと使用された唐辛子による辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても平打ちタイプの太ストレート麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り381kcalとなっております。(塩分は4.24g)

カロリーは、“ちょっと”が嬉しいサイズ感の“ChoiNoodle”シリーズということもあってレンジ麺の割にかなり低い数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たりのg数や麺量は特に記載されていませんが、持った感じだと一回り小さなサイズの割にずしっとした重量感があり、調理前からしっかりとした食べ応えが表現されていることが伺い知ることができるでしょう!

また、調理方法はレンジ麺ということで当然電子レンジを使用するわけですが、目安としては…

  • 1500W 1分0秒
  • 500W 3分00秒

となっており、特に別添されているものもありませんので、そのままレンチンするだけの簡単調理で本格的な“辛辛魚らーめん”が楽しめちゃうというわけですね!
※こちらにも最近リニューアルされた“L marche(マルシェ)”のロゴが記載されています。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ラーメンスープゼラチン(唐辛子入豚骨魚介醤油スープ、マッシュポテト、ゼラチン)としてまとめられており、他には各種使用されている具材が並び、東京石神井の名店“麺処井の庄”の看板メニュー“辛辛魚らーめん”ならではの濃厚な魚介豚骨スープにたっぷりと唐辛子を加えたインパクト抜群な味わいを想像させます。

また、以前ご紹介した“ラーメン横丁 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”と比較してみると…ほぼ同等の材料が使用されていることから、サイズ違いの一品として認識しても間違いないでしょう!(麺の食感もほぼ同じでした。)

Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
ラーメン横丁 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
JANコード2313113740458
原材料名

ラーメンスープゼラチン(唐辛子入豚骨魚介醤油スープ、マッシュポテト、ゼラチン)、茹中華麺、ねぎ、焼豚、鰹節入魚介香味油、一味唐辛子/加工澱粉、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、かんすい、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、酢酸Ca、酸化防止剤(V. E)、香辛料、乳化剤、カラメル色素、カロチノイド色素、酵素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1包装当たり]
熱量381kcal
蛋白質18.2g
脂質10.9g
炭水化物54.0g
糖質:51.0g
食物繊維:3.0g
食塩相当量4.24g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り麺とスープを仕切るプラスチックのシートはなく、電子レンジで温めるだけで本格的な“辛辛魚らーめん”が出来上がるようで、各種具材などがすでに添えられた状態となっています。(海苔は別添されていません。)

…というか、この時点ですでに大量の鰹荒節などの魚粉はスープに溶け込んでいるんでしょうか?かなりドロッとした仕上がりをイメージさせますね!これは期待したいところ!

そして、具材には…

  • 焼き豚
  • ねぎ

がシンプルに使用されています!

また、この表面にふりかけられた唐辛子はあくまでほんの一部と思われ、あの激辛の代名詞とも呼ばれる“辛辛魚らーめん”ですから…スープの方にもたっぷりと含まれているはずです!

調理してみた

では再度フタを閉めて500W・3分で加熱し、スープや麺を軽く混ぜてほぐしたところがこちら!(かなりドロッとしたスープでしたので、しっかりと混ぜた方がより美味しくいただけるかと思われます。)

見た目としては先ほど容器に固まっていた超濃厚な豚骨魚介スープのゼラチンがしっかりと溶けたことで非常にドロッとした仕上がりとなっていて、“辛辛魚らーめん”らしい太ストレート麺が確認できないほど濃厚で、この辺りに関してはさすがレンジ麺というだけあって、ぱっと見としてはかなりクオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。(容器は紙パックということもあって熱々なので“やけど”に注意です。)

そしてスープの量も普通に食べ進めていくと十分余りそうでしたので、残ったスープに追い飯をする場合には事前に白飯を用意しておくと良いでしょう!海苔も加えて磯の風味を加えてみても良いですね!(もしくはレンゲでそのままスープを浸して食べるのも当然ありです。)

すると…上記の通り豚骨の旨味を凝縮させたスープにはギトギト感といった脂っこい印象は全くなく、まさにキレとコクといった魚粉の旨味と絶妙にマッチし、食べ応え抜群な太ストレート麺の上に添えられた本格的なチャーシューもしっかりと楽しむことができ、食べ進めていくに連れて満足度も増していくレンジ麺らしいクオリティの高い仕上がりとなっているようです!

そして、“辛辛魚らーめん”と言えば…仕上がりに加わる大盛りの“特製辛魚粉”が特徴的なんですが、この辺りに関しては別添仕様というわけではなく、先ほどもお伝えした通りすでにスープに溶け込んでいるようですね!恐らくそれによってここまでドロッとした仕上がりとなっているのでしょう!(あの山盛りになった唐辛子が辛辛魚の醍醐味でもあるんですけどね。。)

…というかこの太ストレート麺やクオリティの高い激辛豚骨魚介スープ、そして具材は焼豚と“ねぎ”のみではありますが、この仕上がりで税込399円ですからね!実店舗にも引けを取らない満足感に満たされそうです!!(ちょっと楽しむには十分なサイズと価格設定と言えるでしょう。)

食べてみた感想

一口食べてみると…混ぜている時からすでに非常にドロッとした印象通り濃厚な味わいに仕上がっていて、原材料に記載されていた“マッシュポテト”も後押しして口の中にはざらつきを感じるんですが…このポテトのざらつきが魚粉に見立てているようにも感じられるものの、唐辛子はたっぷりと含まれているものと思われます!

そのため、思ったよりもスープはまろやかで魚粉の荒々しさは豚骨の旨味によってコク深く調和されているように感じられます。。個人的にはあの鰹節などの粉末によるざらつきが好みだったんですが…こちらの方が実店舗に近いのでしょうか?非常に丁寧な…品良くまとまっている印象でしたので、さらに魚粉を加えたくなりますね…笑

しかも麺は、もっちりとしていながらもほどよいコシを兼ね備えた仕上がりとなっていて、こちらもまた噛み応えのあるコシが今ひとつ物足りなさを感じてしまうものの…比較的検討している方かと思われ、“ちょっと”が嬉しいお手軽麺類“ChoiNoodle”シリーズのレンジ麺らしく若干少なめではありますが、思ったよりもボリューム感があり、しっかりと食欲を満たしてくれることに間違いありません!

これら全体を考慮すると…税込399円はちょうど良い価格設定に感じられますね!ただ、スープは中途半端にコク深くまろやかな旨味に仕上がっていて、丁寧過ぎるというんでしょうか?やはり“辛辛魚らーめん”は多少荒々しさがあった方がメリハリがあって美味しさも際立ちますし、なんと言っても清々しいほどの辛さが後味として心地良く感じられるため、割と賛否ある仕上がりと言えるでしょう!(魚粉をマッシュポテトで補っているようにも感じられるため、個人的にスープは確実にカップ麺の方が美味しいと思います。)

麺について

麺は、ご覧の通りやや幅の広い太麺仕様で、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた食べ応え抜群な太ストレート麺に仕上がっているものの…やはり少しガシガシとした噛み応えに関しては頼りなさを感じますね。。(ローソンのレンジ麺は総じて麺が弱い気がします。)

とは言え、レンジ麺というだけあってずしっとした密度感の高い仕上がりであることに間違いなく、しっかりと食欲を満たしてくれる…そんなボリューム感のある麺がたっぷりと楽しめるかと思われます!

そんな太ストレート麺には、臭みのない豚骨の旨味にたっぷりと魚粉を加えた超濃厚かつ激辛豚骨魚介スープがよく絡み、一口ずつに突き抜ける唐辛子の辛みや魚粉の旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、鰹節ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!ただ、マッシュポテトの主張が強い点が若干気になりますね。。あの口の中にざらつく魚粉の感じが良かったんですが…

ちなみに通販サイト「宅麺.com 」で“辛辛魚らーめん”を取り寄せた際の麺はこちらの写真で、もっちりとした弾力と噛み応え抜群なコシが心地良く、なんと言っても唐辛子と魚粉の粉末感が絶妙でドロッとしたスープがまた麺との絡みも非常に良いんですよね!

さすがにこちらと比べるとコシの強さ・弾力ともに劣るものはありますが、レンジ麺も検討している方ではないでしょうか?…そもそも気軽に食べられる点がメリットでもありますし。今回の“ChoiNoodle”シリーズは“ちょっと”が嬉しいサイズ感となっていますから、そういった意味ではかなり需要ありそうな気もしますね!

f:id:yuki53:20180218134216j:plain

そしてなんと言ってもスープがドロドロ系の濃厚な仕上がりとなっているため、麺との絡みは抜群です!(スープの跳ねに注意です。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、厚みといい、サイズ感といい全く申し分のない仕上がりで、箸で持つと崩れるほどのトロチャーシュー仕立てとなっており、とにかくクオリティが非常に高いですね!そしてじっくりと味わってみると…ジューシーな旨味がじゅわっと滲み出す美味しい具材となっています!

また、こちらの“ねぎ”は、使用されている量も多く、電子レンジでしっかりと温めたんですが不思議とシャキシャキとした食感が保たれており、ちょうど良い薬味となったことで、今回の濃厚な激辛豚骨魚介スープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り臭みのない豚骨の旨味をベースに鰹荒節などの魚粉をたっぷりと加えたことで豚骨×魚介のWスープが非常に美味しく、そこに大量の唐辛子が胃に染みるほどの辛さを表現、それらがスープにしっかりと溶け込んだことでドロッとした仕上がりとなり、お店さながらの味わいが存分に楽しめることと思われます!

ただ、マッシュポテトで濃厚感を際立たせているようにも感じられる辺りが少し残念なところで、それによって全体の味わいとしてはまろやかさに引き立っているようにも感じられます!この点に関しては個人的にもう少し魚粉ならではの荒々しさを感じさせるほどたっぷりと使用してほしかったところではありますね。。

…というのも“辛辛魚らーめん”と言えば魚粉による荒々しさが多少あった方が豚骨の旨味も引き立ちますし、なによりキリッとした口当たりも際立ちますから、その辺に関しては若干魚粉の旨味が弱く感じられるかもしれません!

とは言え…豚骨×魚介のWスープによる超濃厚な仕上がりはコク深く非常にまろやかで、唐辛子をたっぷりと使用しているにも関わらず旨味も負けじとたっぷりと利いていますから、汗が噴き出すことに間違いないんですが、思ったほど強烈な辛さに感じることもなく非常に美味しくいただけるかと思われます!(気軽にこの味が自宅で楽しめるなら満足度も高いかと思われます。)

さらに、残ったスープは追い飯するなど…最後までじっくりと味わうべきです!そもそもベースが非常に濃いめのスープなので白飯にもぴったりでしょう!!

そうこうしているうちに完食です!
やはり“辛辛魚らーめん”のような動物系と魚介系のWスープに刺激的な辛さを加えた一杯は強烈に美味しいですね!しかも今回はローソンの新シリーズ“ChoiNoodle”といった“ちょっと”が嬉しいお手軽サイズということでレンジ麺らしいクオリティの高さで、ちょっと食べたい時に重宝しそうな一杯ですので週末の夜食にもぴったりかもしれませんね!

このように、今回のローソン限定の“Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん”は、臭みのない豚骨の旨味をベースに鰹節をはじめとする魚粉をたっぷりと溶け込ませたことでドロッとした濃厚なテイストに仕上げ、そこに大量の唐辛子を加えたことによって動物系×魚介系ならではの旨味溢れる味わいに刺激的な辛さがバランス良く融合し、“辛辛魚らーめん”らしい強い辛さの中にも旨味がしっかりと感じられる非常に満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては実店舗でも追加トッピングとして提供されている“にんにく”加えてみたり、残ったスープを活かして追い飯してみても良いでしょう!

まとめ

今回「Choi 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を食べてみて、ローソンの新シリーズ“ChoiNoodle”の“ちょっと”が嬉しいお手軽サイズということで、“辛辛魚らーめん”最大の特徴である辛くて美味い超濃厚な激辛豚骨魚介スープを少し食べたい時にぴったりなサイズとして楽しむことができ、レンジ麺ならではのクオリティの高い仕上がりによって後引く辛さ・旨味がクセになる満足度の高い味わいを表現、そこに平打ち仕様の太麺がしっかりと絡み、実店舗にも引けを取らない美味しさが手軽に味わえるとあって、税込399円といった価格設定がかなりリーズナブルに感じられる夜食にもぴったりな一杯となっていました!

やはり“辛辛魚らーめん”は美味しいですね!しかも今回はレンジ麺によるワンランク上の味わいが楽しむことができ、さらに“ちょっと”食べたい時にぴったりなボリューム感ということもあって、激辛好きにはたまらない仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!