カップ麺

カップヌードル メキシカンタコス!爽やかなタコス風トマトサルサ味

カップヌードル メキシカンタコス

カップヌードル メキシカンタコス」を食べてみました。(2019年6月3日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、今回は豚肉の旨みをベースにトマトサルサならではの酸味が際立ち、食欲そそるピリッとしたハラペーニョによる辛みが印象的な“タコス”をカップヌードル風にアレンジした一杯が登場です!

それも…メキシコの定番メニュー“タコス”をモチーフとした今回の“カップヌードル”は、トマトサルサならではの酸味が利いたスープに青唐辛子らしい爽やかな辛さが心地良く、暑い日にもぴったりな味わいに仕上がった一杯“カップヌードル メキシカンタコス”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージにはメキシコならではの陽気な雰囲気が“メキシカンハット・髭”によって伝わってくるようなデザインとなっていますね!
これは…これから夏本番といった開放的な雰囲気にもぴったりです!

カップヌードル メキシカンタコス パッケージ

また、具だくさんなタコスをトルティーヤに巻いたイラストイメージなんかも掲載されているように、アクセントには青唐辛子の辛み以外にもタコスには欠かせない…この“トルティーヤ”の香りを利かせ、香ばしいコーンの風味が臨場感を引き立てる絶妙な仕上がりとなっているようです!
※トルティーヤとは…タコスを包むトウモロコシを使用した薄焼きパンとのこと。

ご覧の通り“肉の旨みにピリッと辛いハラペーニョ仕立て”と記載されているように、豚肉の旨味をベースにハラペーニョ(青唐辛子)による風味の良いタコスにもぴったりな辛みがマッチした特徴が端的にまとめられていますね!

また、気になるこのハラペーニョの辛さについてですが…ひっそりとパッケージ側面に“辛さレベル”が記載されていて、これによると今回の一杯の辛さは、レベル2とのことで、そこまで強い辛さではなく、むしろタコスならではの爽やかなトマトサルサの酸味が際立った仕上がりであることを思わせます!

その他にも特徴として…今回の“メキシカンタコス”は、先日ご紹介した“カップヌードル 激辛味噌”に続く“ビッグ”シリーズからの登場ということで、トマトサルサの酸味・青唐辛子の辛みが利いた“メキシカンタコス”をカップヌードル風にアレンジした味わいを思う存分たっぷりと楽しめる一杯のようですね!

実際に食べてみて…

トマトサルサの強めに利いた酸味がキレの良い口当たりとなって表現されたスープには、豚肉の旨味によってほどよいタコスらしさや厚みが加えられ、そこに青唐辛子ならではのほどよく青臭い爽やかなピリッとしたハラペーニョ仕立ての辛みがちょうど良いアクセントとなり、まさにメキシコの陽気な雰囲気といった“タコス”の味わいが楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、メキシコの定番“タコス”が好みの方はもちろん、トマトサルサの酸味・ハラペーニョ仕立てのピリ辛といったエスニックな味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのメキシコの定番“タコス”をカップヌードル風にアレンジした酸味の利いたピリ辛な一杯「カップヌードル メキシカンタコス」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル メキシカンタコス

今回ご紹介するカップ麺は、メキシコを代表する定番メニューのひとつ“タコス”の味わいをお馴染み“カップヌードル”らしくアレンジしたもので、豚肉の旨味を利かせたスープにトマトサルサによる酸味が際立ち、トルティーヤの香りや青唐辛子の辛みがちょうど良いアクセントとなった陽気なメキシコの雰囲気にぴったりな暑い日にもおすすめの一杯“カップヌードル メキシカンタコス”となっています!

ご覧の通り、フタの上には今回の商品名である“メキシカンタコス”といった文字や“タコス風トマトサルサ味”といった味の特徴が端的にサブタイトル的に記載され、何よりもこのトマトサルサによる酸味が際立った仕上がりイメージなんかも掲載されているのが印象的ですね!

ちなみに…これを見る限り具材には、味付豚ミンチ・キャベツ・トマト加工品・コーン・赤唐辛子が使用されているようです!“タコス”らしく具材はたっぷりと使用しているようで、トルティーヤの香り付けによってより一層“タコス”を食べているかのようなリアルな味わいに仕上がっていることをイメージさせます!

それでは、今回の“カップヌードル メキシカンタコス”がどれほどトマトサルサによる酸味が利いているのか?豚肉の旨味との兼ね合いやバランス、アクセントに利かせたというハラペーニョ(青唐辛子)によるピリッとした辛みやトルティーヤの香りの具合などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り507kcal(めん・かやく424kcal / スープ83kcal)となっております。(塩分は5.9g)

カロリーは、今回“カップヌードル ビッグ”シリーズということもあってやや高めな数値のようですが、塩分に関しては…その割にやや低めにも感じられる数値のようですね!
ちなみに1食当たり109g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープに占める割合は若干ではありますが高めにも感じられるため、豚肉の旨味をしっかりと利かせたコク深い仕上がりが“タコス”ならではの美味しさにマッチした仕上がりには期待したいところ!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や香辛料をはじめ…

  • でん粉
  • トマトパウダー
  • ポーク調味料

といった、トルティーヤやハラペーニョといった材料がかなりざっくりとまとめられた印象ではありますが…豚肉の旨味をベースに“タコス”ならではの酸味と辛みを利かせた味わいとして楽しめる暑い夏の日にもぴったりな味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺は今回も油揚げ麺仕様となっていて、項目を見てみると…植物油脂やポークエキスといった材料なんかも確認できますね!これは今回の麺の仕様なんかも気になるところ。。

JANコード4902105258743
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス)、スープ(糖類、香辛料、食塩、でん粉、小麦粉、トマトパウダー、ポーク調味料)、かやく(味付豚ミンチ、キャベツ、トマト加工品、コーン、赤唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳化剤、炭酸Ca、香料、かんすい、カロチノイド色素、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ベニコウジ色素、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (109g) 当たり]
熱量507kcal
たんぱく質10.7g
脂質22.2g
炭水化物66.0g
食塩相当量5.9g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 3.6g
ビタミンB11.18mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム125mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りトマトの酸味を思わせる赤みを帯びた粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付豚ミンチ
  • キャベツ
  • トマト加工品
  • コーン
  • 赤唐辛子

が入っています。

今回の一杯には、豚肉の旨味がベースとなっているとのことでしたが、そういった意味では“カップヌードル”には欠かせない“味付豚ミンチ”こと“謎肉”なんかも味を引き立てる相性抜群の具材とも言え、これによって食べ進めていくに連れて“タコス”ならではの美味しさにもコク深さが増していく…といった満足度の高い仕上がりなんかも期待できそうです!

また、麺はご覧の通り“ビッグ”シリーズということもあって、やや厚め・幅広といった通常の“カップヌードル”シリーズよりも若干食べ応えのある麺が採用されているようですね!

この麺の仕様に関しては各種フレーバーによって微調整・新開発しているとのことでしたから(以前お問い合わせしたことがあります。)、この細かな調整にはいつもどういった意図、スープとの兼ね合いとして作られているのか?考えさせられます。。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“タコス”ならではの酸味を表現した具材“トマト加工品”辺りに関しては…ほぼ溶けかかった状態となり、“謎肉”も後押ししたことで、豚肉の旨味をベースにコク深くも酸味と辛みが心地良い食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…コク深い仕上がりということもあって、若干ではありますが、スープには厚みがあり、見るからにトマトサルサ味の酸味が心地良さそうな赤みに際立ったスープとなり、そこにハラペーニョやトルティーヤといったアクセントが利いたメキシコならではの陽気な雰囲気が楽しめる一杯となっているようですね!

ちなみに、今回アクセントに利かせたというトルティーヤによる“トウモロコシ”から作られる香ばしさといった風味はそこまで強くは感じられないものの…酸味の利いたトマトサルサ味によってこの“タコス”をイメージさせる豊富に使用された具材を包み込むような食欲そそる香りが漂ってきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…けっこう“トマトサルサ”による酸味が強めに利いていますね!そのため、スープにはシャープな飲み口といった印象が強く、そのすぐ後からは“トマトサルサ”に含まれる野菜の旨味やベースに利かせた豚肉の旨味がコク深く感じられます!

そして、ハラペーニョによる青唐辛子ならではのほんのり青臭さが残るピリッとした辛みが“タコス”らしい酸味にちょうど良いアクセントとなり、後味の良さといった意味では非常にさっぱりとした仕上がりで、まさしくメキシコの陽気な雰囲気が伝わってくるかのような酸味と辛み、そしてほどよいトルティーヤの風味が表現されていますね!

ただ…強いて言うなら、個人的には若干酸味が際立ち過ぎているような気もしましたので、肉の旨味をもっと大胆に表現しても良かったような気もあり、面倒かもしれませんが…お好みで豚挽肉なんかを追加してみるとちょうど良くも感じられるかもしれません!

麺について

麺は、先ほどもお伝えした通り“カップヌードル”お馴染みの幅広な滑らかな麺となっているんですが、通常よりも若干厚みがあるようにも見え、さらに幅もやや広く感じられますね!

そのため、いつもよりは存在感のあるしっかりとした食感が楽しむことができるのではないでしょうか?

そんな麺には、今回メキシコの定番メニュー“タコス”の味わいをカップヌードル風にアレンジした酸味・辛みが心地良い後味すっきりとした“トマトサルサ味”に仕上がったスープがよく絡み、一口ずつに豚肉の旨味によってコク深く仕上がった味わいが口いっぱいに広がっていき、青唐辛子による後味の良いピリッとした辛みが最後までスープを飽きさせません!

ご覧の通り、いつもの“カップヌードル”の麺よりも若干ではありますが厚み・幅ともに食べ応えのある仕様となっていることがわかりますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付豚ミンチ”こと“謎肉”が入っていて、様々な仕様の謎肉が登場している中、今回はお馴染みとも言える味わいに仕上がり、使用されている数なんかも申し分なく、それによって今回豚肉をベースにしたスープをより一層引き立てる相性の良い具材となっているようですね!

そのため、この“トマトサルサ味”をよりコク深く旨味を滲み出してもらうためにも、食べはじめはスープ底に沈めておくと良いかもしれません!

また、こちらの“トマト加工品”については、スープをよーくかき混ぜていくうちに旨味としてスープに溶け込むほどに柔らかい仕上がりとなっていて、こちらもまたせっかくなので、“タコス”ならではの味わいをよりリアルに楽しむためにもしっかりとスープに溶かしておきましょう!

さらに、こちらのコーンは、トルティーヤの風味を引き立てるかのような具材のひとつとして使用されているようで、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みのある味わいが表現されてはいるものの、今回のスープの味わいを損なうこともなく、彩り良く添えられているようですね!

そして、こちらのキャベツは…シャキシャキとした食感が心地良い仕上がりとなり、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

これら豊富に使用された具材はまさに“タコス”に使用された具合なんかをイメージさせ、そこに後味爽やかな“トマトサルサ味”のスープが絡むことで、うまく“タコス”らしい味わいを表現しているようで、この風味からも思ったより臨場感溢れるメキシコの“タコス”らしい酸味・辛みがバランス良く仕上がっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚肉の旨味がベースとなり、そこに爽やかな“トマトサルサ味”が合わさったことで後味すっきりとした酸味が心地良く、まさしく夏にふさわしいホットな仕上がりとなっています!

さらに、たっぷりと使用された具材からも良い旨味が滲み出し、何と言っても“ハラペーニョ仕立て”による青唐辛子ならではの若干青臭さを感じさせる風味の良いピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなり、味に締まりを加えたことで最後まで全く飽きの来ない爽やかさに際立ったスープが表現されているようです!

ただ、強いて言うなら…トマトサルサに表現された酸味が若干強くも感じられ、さらにハラペーニョによる青唐辛子ならではの風味も若干クセのある仕上がりとなっていたため、こういった“タコス”の味わいが好みの方にはハマる味ではあるかと思いますが、好き嫌いがはっきりと分かれる味とも言えるでしょう!

そのため、今回の“味付豚ミンチ”がもっと細かい挽肉仕様であれば、より豚肉の旨味が広がり、それによって酸味もちょうど良く感じられたのかもしれませんね!

このように、今回の“カップヌードル メキシカンタコス”は強めの酸味とハラペーニョならではの風味やピリッとした辛みが印象的で、豊富に使用された具材と合わせて“タコス”ならではの味わいを表現していたため、お好みによってはペッパーなどの香辛料や酸味を調和させる挽肉を加えて味を調整してみても面白いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル メキシカンタコス」を食べてみて、豚肉の旨味をベースに“トマトサルサ”を合わせ、さらにハラペーニョによる爽やかな辛さがプラスされたことによってスープ全体の酸味と辛みがバランス良く仕上がり、後味すっきりとした“タコス”らしい味わいが楽しめる一杯となっていました!

これは、ハラペーニョ仕立てによる爽やかな香りとピリ辛な味わいが暑い夏でもぴったりに感じさせ、メキシコらしい陽気な雰囲気が最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!