カップ麺

「五行」のカップ麺 “焦がし味噌” 香ばしさがクセになる濃厚な味噌スープ

五行 焦がし味噌

五行 焦がし味噌」を食べてみました。(2019年11月4日発売・日清食品/セブンプレミアム)

この商品は、名店“博多一風堂”がプロデュースする“飲んで、つまんで、麺で〆る”がコンセプトの“焦がしラーメン”の名店“五行(ごぎょう)”の味わいを一風堂店主“河原”氏監修によってカップ麺に再現したもので、その名の通り香ばしい風味が食欲そそる濃厚な一杯がセブンプレミアムから登場です!

それも…ポークをベースに濃厚かつ甘みのあるコク深い味噌スープに仕上げ、そこにガーリックや“五行”のテーマである焦がし風味をしっかりと利かせたことによって香ばしい香りが後引く旨味を引き立て、ほどよい“にんにく”の旨味がクセになる一杯、“五行 焦がし味噌”となっております。(税込224円)

やみつきになる一杯!一風堂プロデュースによる焦がしラーメンの名店「五行」の味わいをカップ麺で再現しました。
引用元:五行 焦がし味噌 104g | セブンプレミアム公式 セブンプレミアム向上委員会

ご覧の通り、パッケージには雰囲気ある“五行”のロゴとともに、焦がし油による香ばしさをイメージさせる黒を基調にし、なおかつ大人のラーメンダイニングというだけあってシックな雰囲気であしらわれ、今回の一杯“焦がし味噌”の商品名通り食欲そそる風味豊かな香りが濃厚なスープにマッチしたことによって、ご存知“博多一風堂”とはまたひと味違った味わいが楽しめるようです!

また、さりげなく背景の立ち上がる炎が香ばしい一杯であることを印象付けますね!さらに“PRODUCED BY 一風堂”といった文字もしっかりと確認できます!

五行 焦がし味噌 パッケージ

そしてその気になる“五行 焦がし味噌”の特徴としては、上記のように“香りまで味わう”というほど食欲そそる香ばしい風味が強く香り立ち、甘めに仕上がった濃厚な味噌スープとも絶妙にマッチし、コク深い濃厚な味噌スープを絡めた麺をすすった際に香る芳醇な風味が後引く旨味を引き立てる満足度の高い仕上がりとなっています!

一方こちらには、“香りまで味わう濃厚芳醇スープ”と記載されているように、ガーリック調味油と香ばしさによる…いわゆる黒マー油のような味わいが濃厚な味噌スープと絶妙にマッチした香り高い芳醇な仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付鶏ミンチ・赤ピーマン・ねぎが使用されているようです!スープに浮かぶ黒い油分が何とも印象的ですね!

他にも特徴として…麺には生麺を思わせる弾力とコシの強い食感滑らかな中太・ノンフライ麺が採用され、香ばしさを強調した風味豊かなコク深い濃厚味噌スープがよく絡み、それによって臨場感溢れる本格的な味わいを追求した一杯がじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

甘みの強い濃厚な味噌スープには、しっかりとポークの旨味がコク深く濃厚感を演出し、そこにガーリックや立ち上がる炎で調理したかのような食欲そそる香ばしさがまるで黒マー油のように旨味・風味広がる味わいに仕上げ、コシの強い食感滑らかな中太ノンフライ麺とも相性良く馴染み、最後まで風味・旨味を存分に楽しめる満足度の高い味わいが表現されていました!
これは特に、“五行”ファンはもちろん、ポークをベースにした濃厚な味噌スープ一面に食欲そそる香ばしい黒い油が広がる風味豊かな味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「五行 焦がし味噌」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回は一風堂がプロデュースする“焦がしラーメン”の名店“五行”の人気メニュー“焦がし味噌”の味わいをカップ麺に再現した濃厚な味噌スープに香ばしさが食欲そそる深みのある“香りを味わう”一杯「五行 焦がし味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

五行 焦がし味噌

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“博多一風堂”がプロデュースする“焦がしラーメン”の名店“五行(ごぎょう)”の人気メニュー“焦がし味噌”の味わいをカップ麺に再現したもので、ポークをベースに甘みのある濃厚な味噌スープに仕上げ、そこに“五行”のテーマである“焦がし風味”をしっかりと利かせ、相性抜群な食欲そそるガーリックの旨味と絶妙なバランスとなって仕上がった一杯、“五行 焦がし味噌”となっています。

ちなみに、ここ“五行”は元々“博多焦がし味噌専門 五行”として2000年11月に福岡にてオープンしたのがはじまりで、テーマはまさしく“焦がし”ということで、スープのタレを強力な炎で焦がすことによってクセになる香ばしさが話題を呼び、今では“西麻布 五行”以外にも“京都五行”や“博多五行 名古屋ラシック店”が営業中となっています!
※“博多焦がし味噌専門 五行”は2012年に閉店となっています。

また、ご覧の通りパッケージ側面には“五行(GOGYO)”について実店舗の写真とともに簡単な説明文が記載されていて、こちらによると…“名物「焦がしラーメン」を軸に日本国内では東京・名古屋・京都の3都市で展開中。”とのことで、海外への出店もすでにされているようですね!

さらに、扱うメニューも店舗によって様々で、地元に基づいた一品メニューや季節限定メニューとともにお酒を楽しみつつ、最後のシメに“焦がし”をテーマにした香ばしさが風味良く漂う一杯をいただくといった大人のラーメンダイニングといった雰囲気で、まさにラーメン店とは思えないほどのお洒落な店内は、これまでのラーメン屋のイメージを覆す新しい試みにも感じ取ることができますね!これは実店舗の方にも訪れてみたいものです。。

それでは、今回の“五行 焦がし味噌”がどれほどポークによる濃厚な味噌スープに仕上がっているのか?ガーリックの利かせ具合や“五行”には欠かせない食欲そそる香ばしい風味とスープとの兼ね合い、そしてなんと言ってもノンフライ仕様の生麺かのようなコシの強い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り404kcal(めん・かやく311kcal / スープ93kcal)となっております。(塩分は7.5g)

カロリーは、濃厚な一杯の割りにそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分の方はかなり高めな数値のようですね。。
ちなみに1食当たり104g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで93kcalもありますから、やはりポークをはじめとする素材の旨味をふんだんに利かせた香ばしく濃厚な味わいであることには間違いなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や粉末みそをはじめ…

  • でん粉
  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • 植物油脂
  • ガーリック調味油

といった、ポークをベースに甘めに仕上がったコク深く濃厚な味噌スープに食欲そそるガーリックを利かせ、さらに“五行”ならではの強い炎で調理したことによる香ばしさが加わった臨場感溢れる味わいを想像させる材料が並びます!

また、麺の項目には…チキンエキスや大豆食物繊維といった材料も使用されているようで、ほんのり味付けされているようにも感じられますね!

JANコード4902105252765
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、チキンエキス、植物油脂、大豆植物繊維)、スープ(豚脂、糖類、食塩、粉末みそ、でん粉、小麦粉、香辛料、ポーク調味料、植物油脂、カラメルパウダー、ガーリック調味油、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付鶏ミンチ、赤ピーマン、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸Ca、クチナシ色素、酸味料、植物炭未色素、フラボノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、パプリカ色素、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (104g) 当たり]
熱量404kcal
たんぱく質9.3g
脂質10.0g
炭水化物69.3g
食塩相当量7.5g
めん・かやく: 3.0g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム153mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、フタの上には“特製焦がし香油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、量はかなり少なめではありますが、こちらには焦がし風味を利かせた香油が含まれているようですので、一応調理中にはフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 味付鶏ミンチ
  • 赤ピーマン
  • ねぎ

が入っています。

特に味付鶏ミンチは多めに使用されているようで、香ばしさに際立った濃厚な味噌スープの旨味をより一層引き立てる具材が取り揃えられているようです!

さらに、麺はご覧の通り中太といったところでしょうか?すでに強いコシと弾力、そして透明感のある滑らかな生麺の食感を思わせる麺が採用され、すすり心地の良さとともに香り立つ香ばしさなんかも楽しめそうです!!

また、先ほどの原材料でも思ったんですが、やはり以前ご紹介した“一風堂 麺翁百福亭(2019年3月18日発売)”に使用されていた麺と同じ仕様となっているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

今回使用されているノンフライ麺は食感も非常に良く、ご覧の通りずしっとした密度感のある仕上がりとなっているせいか…スープ底に沈んだ状態となっていて、すすり心地も良く、風味豊かな香ばしさが濃厚な味わいとともに楽しめる満足感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの“特製焦がし香油”を注いでいきます!
すると…量的にはやや少なめではありますが、調理中にしっかりと温めておいたおかげで割りとさらっとした仕上がりとなり、まさに焦がし風味といったガーリックと相性抜群な食欲そそる香りが一気に広がっていきます!

そして、スープ表面には黒マー油を思わせる上質な油分が浮き、すでに濃厚感とともに香ばしさすら感じさせる味噌スープに仕上がっているわけですが…それ以上に焦がし風味が際立ち、パンチの強い口当たりが楽しめそうな一杯となっています!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして…しっかりと麺をほぐして混ぜてもやはり麺にはずしっとした重みがあり、すぐに沈んでしまう状態となっています。。

ただ、見るからに“焦がし風味”にこだわっていることだけはよーく伝わって来る黒いスープに仕上がっていますね!!見ての通り非常に食欲そそる香ばしさがガーリックとともに香り立ち、パッケージに記載されていたような“香りまで味わう”といった文言にふさわしい焦がし風味が決め手の一杯のようです!

さらに、スープ表面に浮かぶ油分なんかも良い程度の脂っこさがあり、甘みのある濃厚な味噌スープを引き立てる絶妙な仕上がりとなり、そこに今回“五行”らしい香ばしさを加えることによって臨場感溢れる味わいが楽しめるものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…スープは濃厚ですが、甘みに際立った味噌が印象的で、そこにポークがしっかりと利いたことによって非常に厚みのある味わいが表現され、喉越しの良いコク深いスープに仕上がっています!

しかし、この焦がし風味である香ばしさや香辛料、そしてなんと言ってもこの食欲そそるガーリックが絶妙なバランスとなっているため、変に甘ったるく脂っこい感じでもなく、甘みと香ばしさが互いを引き立てることでパンチの強い口当たりに感じられるのではないでしょうか?

これはある意味…飲んだシメに合うのかどうか?疑問に思ってしまうほど存在感のある濃厚なスープに仕上がっているため、元々香辛料は利いてはいますが、唐辛子などの香辛料をお好みで用意しておいても良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り中太仕様のノンフライ麺ということで、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力とコシが非常に心地良い仕上がりとなり、密度感のあるずしっとしたすすり心地なんかも良いですね!

そんな麺には…今回“五行”の人気メニュー“焦がし味噌”の味わいを再現した甘みのある濃厚な味噌スープに香ばしさと食欲そそるガーリックがしっかりと利いたスープがよく絡み、一口ずつに様々な旨味が繊細に交わった味わいが口いっぱいに広がっていき、本格的な味わいに感じさせる焦がし風味が後味良く抜けていきます!

また、このノンフライ麺は若干角刃仕様にも見え、原材料にも記載されていたように“大豆植物繊維”が使用されているせいか…どことなく生麺らしさを思わせる透明感なんかもあり、非常に滑らかな食感が心地良く感じられます!

…というか若干味付けも施されているようでしたが、この麺自体にも濃厚なスープの味わいが染みこんでいるようにも見えますね!笑

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏ミンチが使用されていて、見るからに焦がし風味が利いた濃厚な味噌スープということもあって、使用されている鶏ミンチの量が若干把握しにくいんですが…割りと大きなサイズのものが豊富に含まれているようですね!

そして、じっくりと味わってみると…鶏肉らしい味わいというよりも今回の濃厚な味噌スープをすでにしっかりと吸っているため、噛むと鶏肉の旨味も一緒にじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっています!

また、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を感じさせる仕上がり具合となり、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

とは言っても…こちらの具材にもしっかりと濃厚なスープが絡んでいますから、甘みのある濃厚な旨味や焦がし風味なんかも一緒に楽しむことができるでしょう!

他にもこちらの赤ピーマンが使用されているんですが…ご覧の通りかなり小さくカットされた状態でしたので、素材本来の良い意味での苦味や味わいなどはほぼ感じられない仕上がりとなっていて、それよりも若干彩りとしてのアクセントとして使用されているようにも感じられます!

そして…これら具材を一緒に絡めて食べてみると…様々な旨味・食感が濃厚な味噌スープや香ばしさに加わり、より一層満足度の高い味わいが楽しめ、焦がし風味がさらに引き立ち、食べ進めていっても思ったほど飽きることもなく…これはシメとしてはしっかりと満たされていきますね!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに甘みのあるキレとコク深い味噌スープに仕上がり、そこに“五行”のテーマでもある芳醇な“焦がし風味”をしっかりと利かせ、食欲そそるガーリックとともに抜群な相性の良さを感じさせる味わいとなっています!

そして、油分に関しては割りとちょうど良い脂っこさと言うんでしょうか?“くどさ”を感じさせない程度で、濃厚な味噌スープを引き立てるには絶妙なバランスとなってマッチし、パンチのある口当たりが印象的といったところ!また、ガーリックとの合わせ具合が良いですね!

ただ、個人的には若干甘みが目立っていた印象でもありましたので、お好みで唐辛子などの香辛料を追加してキリッとした味に調整してみても良いかもしれません!

ちなみに、見た通り濃厚な味噌スープではありますが、決してドロッとした仕上がりではなく、あくまで旨味が凝縮された厚みのあるスープといったところで、一口ずつに感じられる旨味・味わいは焦がし風味も含めて満足感はかなりのもの。。

これはまさに「飲んで、つまんで、麺で〆る」といったコンセプトにもふさわしく、一品料理を嗜んだ後のシメとして風味豊かなラーメンをいただく…ラーメンダイニングらしい大人の雰囲気が楽しめる味わいと言えるでしょう!

このように、今回の“五行 焦がし味噌”は、“焦がしラーメン”が名物というだけあって、非常に香ばしい芳醇な風味がガーリックや濃厚な味噌スープに絶妙にマッチし、ほどよい香辛料によって最後まで飽きの来ないパンチのある味わいが表現されていましたが、若干甘みも際立って感じられたため、お好みによっては唐辛子などをちょい足しして味に締まりを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「五行 焦がし味噌」を食べてみて、ポークをベースに濃厚な味噌スープに仕上げ、そこにガーリックや香辛料、さらに味の決め手となる“焦がし風味”をしっかりと利かせたことによって“香りまで味わう”といったイメージにぴったりな香りを楽しむ一杯でもあり、もちろん旨味も十二分に堪能できる満足度の高いカップ麺の域を超えた仕上がりとなっていました!

また、この“五行”は“一風堂”がプロデュースしていることもあり、ひと味違った味わいが楽しめるクオリティの高い一品で、この香ばしく芳醇な風味が濃厚な味噌スープと絶妙にマッチした一杯は、ガーリックを利かせた焦がし味噌が好みの方にかなりハマるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「五行 焦がし味噌」を検索