一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん!たまり醤油と焦がしにんにくによる香ばしウマイ濃厚な一杯

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん」を食べてみました。(2021年1月11日発売・明星食品)

この商品は、焼そばでお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、今回は以前発売されていた“焦がしにんにくたまり醤油”を彷彿とさせる“たまり醤油”にポークエキスや“にんにく”をバランス良く合わせ、さらに“ねぎ”の香ばしさが食欲そそり、シリーズらしい卵黄のコクが利いた特製マヨによってちょうど良いこってり感を演出、まさに“香ばしウマイ”風味豊かなソースに仕立て上げ、そこに歯切れの良い中太麺が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば たまにん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“秘技!香ばしウマイでクセになるの術!”と記載されているように、今回の一杯は“たまり醤油×焦がしにんにく”を略して“たまにん”と称し、オリジナル忍者キャラクター「たまにん」が旨味の強い“たまり醤油”を活かしたことで美味しさをアップさせる忍術を使うといった設定となっており、食欲そそる“にんにく”や風味豊かな“ねぎ”の香ばしさがバランス良くマッチ、それによって旨味を倍増させるかのような力強くガツンとした味わいが表現されているようですね!これは想像しただけで美味いやつ。。

一方、こちらにはシリーズお馴染みの“コク旨マヨ付”(今回は卵黄を増やしてコクをアップさせた特製マヨ)と記載されており、その背景には“たまり醤油”に“にんにく”や“ねぎ”の香ばしい風味を味濃く利かせたソースがもっちりとした弾力と歯切れの良い強いコシを併せ持つ中太麺が絡むイメージ写真が掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルにキャベツのみ使用されているようです!
※“ふりかけ”には…ローストガーリックミンス・香味野菜シーズニング・ブラックペッパー・にんにく粉末が使用されています。

そしてなんと言っても今回のフレーバーは上記の通り“たまにん”といった聞き慣れないフレーバーではあるものの…その下に“たまり醤油×焦がしにんにく”と記載されている通り略称された商品名となっており、後ほど詳しくご説明しますが、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 焦がしにんにくたまり醤油味(2020年1月6日リニューアル発売)”と内容はほぼ同等となっています!(サイズダウンされたレギュラーサイズが大きな違いと言えるでしょう。)

この新キャラクター“たまにん”が今後様々なフレーバーを展開していくのかとも思いましたが…フレーバー名がキャラクター名となっていますからね。。今後このフレーバーに関してはこの路線で毎年恒例となるのかもしれません!

他にも特徴として、麺は中太・角刃仕様のほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっていて、“たまり醤油”と“焦がしにんにく”による濃厚な醤油ベースのソースにシリーズならではの特製マヨはもちろん、仕上げに加える“ふりかけ”に含まれるローストガーリックミンスをはじめとする様々な旨味・香辛料によって、満足度・やみつき感の高い味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“たまり醤油”ならではの濃いめの味わいにはポークなど動物系の旨味がしっかりとしたコクを際立たせ、そこに“ねぎ”を焦がした食欲そそる香ばしさが“にんにく”の旨味とともにバランス良く溶け込み、それによって濃いめのソースが非常に美味しく仕上がり、さらに“ふりかけ”からもガーリックの旨味を引き立てる非常にパンチの強いテイストとなっていました!
これはまさに、“たまり醤油”のようなコク深く濃厚な味わいをポークや“焦がしにんにく”によって旨味を最大限に際立たせたガツンとした味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“一平ちゃん”の“にんにく”をイメージした忍者の新キャラクター“たまにん”による“たまり醤油”と“焦がしにんにく”の掛け合わせの術によってやみつき感のある美味しさが凝縮された食欲そそる一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば たまにん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の新商品ということで、コク深い旨味が特徴的な“たまり醤油”に食欲そそるガーリックや、食欲そそる“ねぎ”を焦がした香ばしさが相性良く濃厚な醤油ソースに溶け込んだ非常にパンチの強い味わいが表現され、まさにガツンとした美味しさが表現された“香ばしウマイ”一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば たまにん”となっています。

ご覧の通りパッケージにはコク深い“たまり醤油”をイメージさせる色合いを基調に一際目を惹く新キャラクター“たまにん”や、そのまま商品名となった文言が大きく掲載されており、かなり気になっている方も多いのではないでしょうか?(実際には“焦がしにんにくたまり醤油味”と同等のフレーバーなんですが…)

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん パッケージ

また、パッケージ側面には…“食欲をそそる香りと濃厚な醤油の旨味”と記載されているように、今回のフレーバーはその名の通り“たまり醤油”と“焦がしにんにく”による間違いない美味しさが表現されており、ポークを利かせた濃いめの醤油ソースをベースに“にんにく”や食欲そそる“ねぎ”を焦がした香ばしさが加わり、“ふりかけ”にも数多くの旨味成分が含まれていますから…安定感のある味わいはかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

また、こういった濃厚なフレーバーは、“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズならではといったところで、以前発売されていた“焦がしにんにくたまり醤油味”は麺量130gの大盛り仕様でしたが、今回の“たまにん”は麺量90gということもあってレギュラーサイズならではの食べやすさがありますからね!そういった意味では女性層でも気軽に食べやすい一杯と言えるのではないでしょうか?(ただ…今回の“たまにん”が税別193円に対し、“焦がしにんにくたまり醤油味”は205円ですので、この辺りは若干割高なイメージはありますね。。)

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば たまにん”がどれほどポークや“たまり醤油”を利かせたコク深く旨味溢れるテイストに仕上がっているのか?食欲そそる“焦がしにんにく”や豊富に使用された“ふりかけ”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもコシが強い中太仕様のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り499kcalとなっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)の割に低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めとなっています!
ちなみに1食当たり110g、麺の量は90gとのこと。

また、以前発売されていた“焦がしにんにくたまり醤油味”と比較してみると…やはり1食当たりのボリューム感が全く違うため、それぞれの数値も異なりますね!

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん
一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 焦がしにんにくたまり醤油味

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“一平ちゃん”お馴染みのマヨネーズやしょうゆをはじめ…

  • 豚脂
  • 香味油
  • 食塩
  • ポークエキス
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、コク深い“たまり醤油”をポークによって厚みをプラスしたことでストレートに力強いパンチのある濃厚な口当たりに仕上がり、さらに“焦がしにんにく”の食欲そそる香ばしさがたまらない旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

また、こちらも同じく比較してみると…やはり麺・ソースともにほぼ同等の材料が使用されていることが確認できますね!(なぜ品名を変えたのか?謎です…笑)

一平ちゃん夜店の焼そば たまにん
一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 焦がしにんにくたまり醤油味
JANコード4902881437806
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(マヨネーズ、しょうゆ、糖類、豚脂、香味油、食塩、ポークエキス、香味調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(ローストガーリック、香味調味料、香辛料、デキストリン)/加工デンプン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (110g) 当たり]
熱量499kcal
たんぱく質7.5g
脂質22.0g
炭水化物67.8g
食塩相当量4.4g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム136mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば たまにん | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りソース、ふりかけ、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースにはポークの旨味などが凝縮されたことで若干ドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!
※特製マヨは温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り中太・角刃仕様ということで、パンチのある濃厚な醤油ソースにも負けじと力強い弾力・コシが表現されたフライ麺が採用されているようです!

他にも、この中太麺の裏には具材として使用されているキャベツがすでに入っています。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:550ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、一回り太さを増したことで弾力のあるもっちり感と歯切れの良い強いコシが加わった食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…“たまり醤油”やポークの旨味などが凝縮された濃厚な醤油ソースとなっており、“焦がしにんにく”の旨味・香ばしさを利かせたとのことでしたが、特別“にんにく”臭が強烈というわけではなく、むしろ旨味としてしっかりと溶け込ませ、旨味を最大限に引き立てているようにも感じられますね!

また、ソースは割と量が多いせいもあってすぐに容器底へと沈んでいき、食欲そそる“焦がしにんにく”の香りが広がっていき、濃厚さと美味しさを兼ね備えた仕上がり…といった食べ応え・満足度ともに申し分のない出来上がりと言えます!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り若干ドロッとしてはいるものの…ポークなどの脂・油分なんかも含まれているため、おもったよりもすんなりと中太麺に馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、続いてシリーズとしては欠かせない特製マヨを加えていきます!こちらは今回、卵黄を増やしてコクをアップさせているとのことでしたので、仕上がりの良い意味でのこってり感に期待できそうです!

さらに最後に先ほどの“ふりかけ”をかけて完成です!

ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • ローストガーリックミンス
  • 香味野菜シーズニング
  • ブラックペッパー
  • にんにく粉末

が含まれており、こちらもまた前回とほぼ同等の内容となっていますが、以前は香味野菜シーズニングの代わりにチャーハンシーズニングが使用されていた点が今回との違いのようですね!

こうして完成となるわけですが、やはり“ふりかけ”に含まれるローストガーリックや“にんにく粉末”などが加わることで一気に旨味が増しているようにも感じられますね!これは具材がキャベツのみでも特製マヨも使用されていることもあって全く物足りなさといった印象はありません!

また、今回の“たまり醤油”のコク深い濃厚な醤油ベースのソースには、ただでさえポークや“焦がしにんにく”を利かせた“香ばしウマイ”味わいが表現されているわけですが…さらに“ふりかけ”にふくまれる様々な香辛料などによって、さらにガツンとした口当たりが際立っているようですね!特にシーズニングに含まれる旨味やちょうど良い塩気が個人的には好印象といったところで、かなり期待値も膨らみます!!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり美味いですね!!このコク深く濃厚な醤油ソースには“焦がしにんにく”ならではの香ばしい風味・旨味がしっかりと利いたことで単純に濃い味に仕上がっているわけではなく、“たまり醤油×焦がしにんにく”による旨味を引き立て合うかのような丁寧な味わいにも感じられますし、当然ガツンとしたパンチも感じます!

それによって割と脂っこさのあるポークが利いているんですが、“たまり醤油”による絶妙なキレとコクがバランス良く調和され、決して飽きの来るような濃厚さではなく、あくまで旨味が凝縮された厚みのあるソースに仕上がったことで、物足りなさを一切感じさせないテイストが表現されているようですね!

そのため、この香ばしい醤油ソースにガーリックを利かせたテイストは、食欲旺盛な男性のみならず、かなり幅広い層にも納得の美味しさが楽しめるのではないでしょうか?(親しみやすいパッケージやボリューム・商品名に変更したのはこの辺りが理由なのかもしれません。)

麺について

麺は、ご覧の通り中太・角刃仕様ということもあって、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを併せ持ったフライ麺となっています!

そんな中太麺には、ポークをベースに“たまり醤油”と“焦がしにんにく”が絶妙にマッチした旨味溢れる醤油ソースがよく絡み、一口ずつにコク深い醤油ならではの味わいや食欲そそる“にんにく”などの旨味が口いっぱいに広がっていき、文字通り“焦がしにんにく”による風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…というかこの“にんにく”の旨味はクセになりますね。。

また、シリーズには欠かせない特製マヨを多めに付けて味わってみると…卵黄のコクが加わったことでまろやかさがプラスされ、濃厚なソースもより一層引き立って感じられます!これは少しずつ味の違いを確かめつつ…少しずつ全体を混ぜ合わせていくと、より一層美味しく楽しめるのではないでしょうか?

他にも、“ふりかけ”を多めに付けて食べてみると…これはこれでローストガーリックや“粉末にんにく”、さらに香味野菜シーズニングによる旨味が想像以上に美味しさを引き立て、それによってやみつき感を助長しているように感じられます!これは美味いですね!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言ってもこちらのキャベツのみとなっているんですが、シャキシャキとまではいかないものの、今回の一杯にちょうど良い彩りや食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“ふりかけ”には…ローストガーリックや“粉末にんにく”といった細かな香辛料からも今回の濃厚かつ香ばしい“たまり醤油×焦がしにんにく”の旨味を引き立たせ、ちょうど良い旨味・ちょうど良い塩気などがシーズニングやブラックペッパーによって後味良く感じられ、濃厚ながらも後味すっきりとした飽きの来ない味わいを表現し、メリハリの利いたテイストはたまりませんね!

ただでさえ醤油ベースのソースにも“焦がしにんにく”の旨味・風味が凝縮されているんですが…こういった手の込んだ“ふりかけ”によって力強い濃厚な味わいに際立っているわけですね!これは美味いはずです。。

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースにコク深く旨味が強い“たまり醤油”や食欲そそる“にんにく”、さらに“ねぎ”の焦がしたような香ばしさをバランス良く合わせた濃厚な味わいとなっているわけですが、こってり感を“ふりかけ”や醤油感の強いテイストによってうまく調和されており、“にんにく”自体もそこまで臭みはありませんから、厚みのある旨味としてガツンとした力強い味わいをたっぷりと楽しむことができます!

そして、ソースもご覧の通り中太麺にしっかりとコーティングされ、ポークや特製マヨが濃厚感を引き立てるかのようにこってり感をプラスし、そこに“たまり醤油×焦がしにんにく”による“香ばしウマイ”味わいによって後味の良さがうまく融合したことで、まさに最後まで飽きの来ないガツンと来る口当たりが心地良く感じられるでしょう!

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば たまにん”は、ポークをベースに“たまり醤油”を合わせた濃いめのソースに仕立て上げ、そこに“焦がしにんにく”のクセになる旨味・風味やシリーズらしい特製マヨ、さらには“ふりかけ”に含まれる実に様々な香辛料などがこってり感と後味の良さをうまく調和し、これでもかというほど旨味を凝縮した美味しさが思う存分楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによってはブラックペッパー辺りをもう少し加えてキリッとした辛みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば たまにん」を食べてみて、コク深く濃いめの味わいが特徴的な“たまり醤油”を使用したソースには、食欲そそる香ばしさや“にんにく”がしっかりと加わり、その味わいを引き立てるかのように臭みのないポークやシリーズには欠かせない特製マヨならではのまろやかな旨味が利いたことで、非常にパンチの強い食べ応えのある一杯となっていました!

しかしこのフレーバーに関しては、“ふりかけ”に含まれるローストガーリックや“粉末にんにく”など様々な香辛料などによって旨味を際立たせつつ…濃厚さがバランス良く感じられ、まさにメリハリの利いた旨味溢れるテイストと言うんでしょうか?ほどよい濃厚感・こってり感もありながらも最後まで飽きの来ない食欲を掻き立てる“香ばしウマイ”味わいとなっていたため、かなり幅広い層に好まれる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!