一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ!“てりやきバーガー”の味わいをイメージしたジャンク感のある一杯

一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ

一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ」を食べてみました。(2021年8月2日リニューアル発売・明星食品)

この商品は、焼そばでお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、今回はファストフードで幅広い層に人気の“てりやきバーガー”らしい甘くて濃い味わいを“てりやきソース”とコクのあるマヨネーズといった黄金の組み合わせによって再現、焼きたてバンズとフレッシュなレタスの香りを利かせたソースにバンズの上に添えられているゴマを加えたスナック感のある美味しさが楽しめる一杯が登場です!

それも…醤油ベースの濃厚なソースには、ローストオニオンやガーリックを加え、さらにこってり感を引き立てるポークの旨味、そして照り焼きやバンズ、レタスの風味を利かせたことで甘味が強くスナック感のある“てりやきバーガー”ならではの甘濃ソースに仕立て上げ、そこに歯切れの良い中太麺が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには甘味のある濃厚なタレに焼いた肉の旨味やフレッシュなレタスがコクのあるマヨネーズと絶妙にマッチしたやみつき感のある“てりやきバーガー”ならではのイラストイメージが掲載されており、個人的にもハンバーガーの中だと一番の好みがこの“てりやきバーガー”ですから、味の濃いジャンク感のあるガツンとした味わいには期待したいところ。。

一方、こちらにはシリーズお馴染みの“コク旨マヨ付”(特製マヨ)と記載されており、今回は特徴的なマヨネーズではなく、“一平ちゃん夜店の焼そば”らしいコクのある味わいが表現された仕様となっているようですね!これが“てりやきバーガー”をイメージさせる濃厚なソースと絶妙にマッチしたことで甘濃いテイストにほど良いコクを付与し、臨場感溢れる美味しさを再現しているものと思われます!

そしてこちらの背景にはポークの旨味やバンズ・レタスの香りを利かせ、さらにローストオニオンやガーリックの香ばしい風味が食欲そそる甘くて味の濃い“てりやきバーガー”ならではの濃厚なソースがもっちりとした弾力と歯切れの良い強いコシを併せ持つ中太麺に絡む仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルにキャベツのみ使用されているようです!(“ふりかけ”には香ばしい風味が特徴的なゴマが含まれています。)

また、こちらには…今回のフレーバーが一瞬で伝わる“てりマヨ”といった“照り焼きソース”やコクのあるマヨネーズ感を表現した文言が大きく掲載されており、あのほんのりトロッとしたソースにポークや香味野菜を利かせ、まろやかな“コク旨マヨ”がコクや美味しさを引き立てる濃厚なテイストであることがよーく伝わってきます!(甘味もありつつ塩気もあり、コク深さがたまらないあの味が浮かびますね。。)

他にも特徴として、麺は中太・角刃仕様のほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっていて、ポークをベースにローストオニオンとガーリックを利かせた濃厚な“てりやきソース”を表現し、シリーズならではの特製マヨによるコクはもちろん、仕上げに加えるゴマがほどよい香ばしさを引き立てる臨場感の高い味わいに仕立て上げ、濃厚ながらも全体のバランスが非常に良いせいか…最後まで飽きることなく“てりやきバーガー”ならではの美味しさがたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“てりやきソース”ならではの濃いめのソースには…ポークの旨味をはじめ、ローストオニオンやガーリックなどの香味野菜を利かせたことで深みのある甘濃いテイストに仕上がり、さらにお馴染み特製マヨによるコク、風味豊かなゴマを加えたことで、まさに“てりやきバーガー”を食べているかのような味わいがうまく再現され、甘く濃厚でありながらも塩気も強く、“てりマヨ”には欠かせないマヨネーズのコクが全体のバランスを引き立てる非常にクオリティの高いテイストとなっていました!
これはまさに、“てりやきバーガー”が好みの方はもちろん、ポークの旨味をベースに香味野菜を利かせ、さらに焼きたてバンズとフレッシュなレタスの香りを合わせたスナック感のある味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はファストフードで人気の“てりやきバーガー”を“一平ちゃん夜店の焼そば”流にアレンジした甘く濃厚なソースにポークや香味野菜の旨味を利かせ、バンズやレタスの風味を合わせた臨場感の高い美味しさが楽しめるキレ・コクのある一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の新商品ということで、幅広い層に人気の“てりやきバーガー”をカップ麺に再現、ポークをベースに香味野菜を利かせた醤油味の甘く濃厚なソースに仕上げ、バンズとレタスの風味を利かせ、バンズの上に乗っているゴマまでも使用したという…再現性の高い味わいがもっちりとした中太麺に絡み、まさにガツンとした美味しさ・スナック感のある旨味がたっぷりと楽しめる甘濃い一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”となっています。

ご覧の通りパッケージには甘味もあり味の濃い“てりやきソース”が肉の旨味を引き立て、さらにマヨネーズが相性良くコクを際立たせる子供から大人まで幅広く人気の“てりやきバーガー”のイラストイメージが印象的で、甘濃いソースにコクを加える特製マヨが相性良く馴染む仕上がりイメージなんかも食欲を掻き立て…見るからに美味しそうなフレーバーは気になっている方も多いのではないでしょうか?

一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ パッケージ

ちなみにこの“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”は、以前も2019年10月7日に発売されており、その際に大変好評だったようで今回装い新たに復活した一杯となっているため、ご存知の方も多いのかもしれませんね!(ボリュームとしては麺量90gのレギュラーサイズです。)

また、こういった濃厚なフレーバーは、“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズならではといったところで、麺量90gというレギュラーサイズならではの食べやすさがありますからね!そういった意味では女性層でも気軽に楽しめる一杯と言えるのではないでしょうか?

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、“焼そば”を中心に商品展開され、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”以外にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”がどれほどポークや香味野菜の旨味を利かせた旨味溢れる甘濃いテイストに仕上がっているのか?“てりやきバーガー”には欠かせないコクを引き立てる特製マヨ、そしてバンスやレタスの風味を利かせた臨場感の高い香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもコシが強い中太仕様のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り511kcalとなっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)の割に低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり114g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“一平ちゃん”お馴染みのマヨネーズや糖類をはじめ…

  • 食塩
  • ローストオニオン粉末
  • 香味調味料
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • 豚・鶏エキス
  • 植物油脂

といった、ポークをベースに醤油味の甘濃い“てりやきソース”をイメージさせ、香味野菜や香辛料、さらにバンズやレタスの風味を利かせたことで…まるで“てりやきバーガー”を食べているかのようなクオリティの高い味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、ソースといった材料が確認でき、ほどよい味付けが施されていることが伝わってきます。

JANコード4902881437967
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(マヨネーズ、糖類、たん白加水分解物、食塩、ローストオニオン粉末、香味調味料、しょうゆ、香辛料、豚・鶏エキス、酵母粉末、植物油脂)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(ごま)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、トレハロース、炭酸カルシウム、かんすい、炭酸マグネシウム、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (114g) 当たり]
熱量511kcal
たんぱく質7.6g
脂質21.5g
炭水化物71.8g
食塩相当量5.2g
ビタミンB10.44mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム140mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末ソース、ふりかけ、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースは粉末タイプとなっているため、もちろん調理中に温めておく必要はありません。
※特製マヨは温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り中太・角刃仕様ということで、甘じょっぱい濃厚な“てりやきソース”にも負けじと力強い弾力・コシを兼ね備えたフライ麺が採用されているようです!

そしてこの中太麺の裏には、ご覧の通り具材として使用されているキャベツがすでに入っています。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:550ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、一回り太さを増したことで弾力のあるもっちり感と歯切れの良い強いコシが加わった食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの粉末ソースを加えていきます!
すると…ポークをはじめ、ローストオニオンやガーリック、さらにバンズやレタスの風味を利かせたことによって“てりやきバーガー”ならではの旨味・香ばしさを臨場感高く再現、そんな甘濃い雰囲気が一気に広がっていき、思っていたよりもリアルな味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、ソースは粉末タイプということもあって…粒子が非常に細かく、麺との馴染みやすさも考慮されているようですが、あくまで粉末ですから、ダマにならないようになるべく広範囲にふりかけて素早く混ぜることをおすすめします!そしてやはり液体タイプではありませんので、こってり感といった印象はなく、それよりもスナック感の強いテイストによってかなり幅広い層に好まれそうな一杯であることに間違いなさそうです!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りやはり粉末ソースということもあって若干の混ぜにくさはあるものの…粒子が細かいせいもあって、素早く混ぜることで思ったよりもすんなりと中太麺に馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、続いてシリーズとしては欠かせない特製マヨを加えていきます!こちらは今回ベーシックな仕様となっていて、“てりやきバーガー”の美味しさを引き立てるのはもちろん、粉末ソースとしっかりと混ぜ合わせることによってちょうど良いポークの旨味・こってり感に期待できそうです!

さらに最後に先ほどの“ふりかけ”をかけて完成です!
ちなみにこの“ふりかけ”には…“てりやきバーガー”のバンズに添えられているゴマが使用されており、それによってほんのりとした香ばしさがプラスされ、再現性に拘ったフレーバーであることが伝わってきますね!

こうして完成となるわけですが、やはりポークなどの旨味やバンズ・レタスの香りを利かせた甘濃いソース、そしてコクを引き立てる特製マヨが絶妙にマッチしたことで“てりやきバーガー”らしい美味しさをしっかりと再現しているように感じられます!これは具材がキャベツのみでも特製マヨがたっぷりと使用されていることもあって全く物足りなさといった印象はありません!

また、今回の“てりマヨ”のコク深く濃厚な醤油ベースのソースには、ただでさえポークや香味野菜を利かせた香ばしく旨味溢れる味わいが再現されているわけですが…さらに“ふりかけ”にふくまれるゴマがより一層クオリティ高く引き立てているように感じられますね!特に甘味と塩気、そして特製マヨのコクがバランス良くマッチしたことで個人的にもかなり好印象といったところで自然と期待値も膨らみます!!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは美味いですね!!“てりやきバーガー”ならではの甘味のある濃厚なタレは確かに濃いめなんですが、特製マヨが加わったことで全体のバランスは非常に良く、メリハリのあるキレ・コクが甘濃いソースに凝縮され、ポークの旨味が絶妙に美味しさそのものを下支えしたことで香ばしい風味・旨味が臨場感高く再現、なんと言っても単純に濃い味に仕上がっているわけではなく、バンズやレタスの風味や“ふりかけ”の含まれるゴマがまたクオリティの高い味わいを引き立てているようです!

そして当初、粉末タイプのソースが若干気になっていたんですが、不思議とコク・こってり感のある“てりやきソース”に仕上がっており、特製マヨも全体に馴染ませていただくことでさらにコクが際立ち、まるで“てりやきバーガー”を食べているかのような美味しさが“カップ焼そば”にうまくアレンジされ、物足りなさを一切感じさせないテイストは全体のバランスが非常に良いせいもあって最後まで飽きが来ませんね!

そのため、この香ばしい醤油ベースのソースにローストオニオンやガーリックを利かせたテイストは、性別・年齢関係なく幅広い層に好まれる納得の美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り中太・角刃仕様ということもあって、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを併せ持ったフライ麺となっています!(味付けも施されているため、噛むほどに旨味が増して感じられます。)

そんな中太麺には、醤油をベースにローストオニオンやガーリックを利かせ、さらにハンバーガー感を際立たせるポークや照り焼き、バンズやレタスといった風味豊かな香りを付与した甘濃いソースがよく絡み、一口ずつに“てりやきバーガー”を彷彿とさせる甘じょっぱくコク深い味わいや食欲そそる香味野菜などの旨味が口いっぱいに広がっていき、ゴマを含むバンズやレタスなどの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…というかこの甘濃いソースはクセになりますね。。特製マヨを馴染ませて食べることでまさに口の中は“てりマヨ”です!!

また、シリーズには欠かせない特製マヨを多めに付けて味わってみると…卵黄のコクが加わったことでまろやかさがプラスされ、甘濃いソースもより一層引き立って感じられます!これは少しずつ味の違いを確かめつつ…少しずつ全体を混ぜ合わせていくと、より一層美味しく楽しめるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず…と言ってもこちらのキャベツのみとなっているんですが、シャキシャキとまではいかないものの、今回の一杯にちょうど良い彩りや食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“ふりかけ”には…バンズをイメージしたゴマが使用されており、それによってクオリティの高い香ばしい風味などがさり気なく際立ち、“てりやきバーガー”らしいバンズの雰囲気にも拘っていて、甘濃く“とろみ”のある定番の味わいを臨場感高く再現したメリハリのあるテイストはたまりませんね!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り醤油にローストオニオンやガーリックを利かせ、さらにハンバーガー感を引き立てるポークや照り焼き、バンズやレタスといった雰囲気ある風味をバランス良く合わせた甘濃い味わいに仕上がり、シリーズには欠かせない特製マヨによってちょうど良い油分・こってり感が際立ち、最後まで麺がパサつくことなくオイリーな美味しさが楽しめることと思われます!ちなみに…ガーリックに関しては全体の旨味を考慮しているため、特に臭みが強いというわけではありませんのでご安心ください!

そして、粉末ソース・特製マヨもご覧の通り中太麺にしっかりとコーティングされ、まるで“てりやきバーガー”を食べているかのような気分になりますね!特にこの“てりマヨ”は何かの旨味に突出しているわけではありませんので全体のバランスが非常に良く、“てりやき”ならではの甘味もありつつ…しょっぱさもあり、特製マヨのコクがうまく調和しているようにも感じられます!!

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ”は、醤油にローストオニオンやガーリックを利かせ、さらに“てりやきバーガー”を彷彿とさせるポークや照り焼き、さらにバンズやレタスの風味をバランス良く合わせたことで臨場感の高い甘濃いソースに仕立て上げ、そこにシリーズには欠かせない特製マヨのコクが加わったことで、濃いめ・こってり感と後味の良さをうまく調和し、想像以上に“てりやきバーガー”ならではの美味しさが再現性高く楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによってはブラックペッパー辺りを加えてキリッとした辛みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば てりマヨ」を食べてみて、ファストフードで幅広い層に人気の“てりやきバーガー”の味わいをリアルに再現した一杯には…醤油をベースに香味野菜を利かせ、さらに風味からも食欲を掻き立てるポークや照り焼き、バンズやレタスといった風味をバランス良く合わせ、別添されている特製マヨによるコクがちょうど良いこってり感を再現した旨味溢れるまろやかな仕上がりとなり、想像以上に臨場感の高い食べ応えのある一杯となっていました!

しかもこのフレーバーに関しては、“ふりかけ”に含まれるゴマがほどよい香ばしさを引き立て、まさに“てりやきバーガー”を食べているかのような雰囲気の甘濃いソースがクセになる濃厚な味わいとなっていたため、子供から大人までかなり幅広い層に好まれる一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!