カップ麺

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味!復活総選挙で第1位に選ばれたフレーバーがついに復活

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」を食べてみました。(2020年5月11日発売・明星食品)

この商品は、2020年3月28日に明星食品株式会社の創立70周年を記念して行われた“一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙(期間:2019年12月3日〜2020年1月15日)”にて見事1位に輝いたフレーバーで、刺激的な“わさび”特有の辛みを際立たせた一杯が復活登場です!

それも…ポークの旨味を利かせた醤油ベースのソース、特製マヨ、“ふりかけ”それぞれに、刺激的な“わさび”の辛みや風味を加え、さらに旨味を引き立てるビーフを合わせたことで、ツーンとした香りとともに旨味溢れる醤油ソースがクセになる一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには明星食品株式会社の創立70周年を記念する“MYOJO 70Anniversary”といったロゴとともに“一平ちゃん復活総選挙第1位”と記載され、様々なフレーバーが発売されている“一平ちゃん夜店の焼そば”の中でも特に高い支持を得ている一杯であることがわかりますね!

そしてその特徴としては…こちら“わさびの刺激にマヨのコク”と記載されているように、まさに“わさび”ならではのツーンとくる刺激的な辛み・風味がマヨネーズのコクと絶妙にマッチし、旨味の利いた醤油スープにバランス良く融合したことによってクセになる味わいを表現しているようです!

一方こちらには、“細い!キレイ!楽しい!マヨビーム”といった“一平ちゃん”には欠かせないマヨビーム・ノズルのイラストイメージが確認でき、その背景にはソース・特製マヨ・“ふりかけ”にそれぞれ“わさび”の辛み・風味を利かせた刺激的な一杯…といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツのみが使用されているようです!
※“ふりかけ”には、わさびシーズニングパウダー・わさび風味顆粒・ごま・きざみのり・アオサが使用されています。

他にも特徴として…麺はシリーズらしい細麺・油揚げ麺(フライ麺)が採用されており、ソース・特製マヨ・“ふりかけ”全てに“わさび”ならではの刺激的な香りを利かせた旨味溢れる醤油ベースのソースがしっかりと絡むことでツーンとした突き抜ける辛みが心地良く、清々しいほどの味わいが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

一口を多く頬張ってしまうと…“わさび”特有のツーンとした辛みが強烈に感じられるほどしっかりと“わさび”の辛み・風味が利いているわけですが、単純に“わさび”の辛さだけを強調したフレーバーというわけでは全くなく、ソースに溶け込んだポークやビーフの旨味、そして“ふりかけ”に使用されたアオサや海苔による磯の風味が心地良く、全体的バランスが非常に良い旨味・辛み・風味がマヨネーズのコクとともにうまく調和された一杯となっていました!
これは特に、ポークやビーフを利かせたキレの良い醤油ソースに“わさび”によるツーンとした辛み・風味、そしてコク深い味わいを感じさせるマヨネーズがクセになる刺激的なテイストをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙”にて見事1位に輝いた“わさび”ならではのツーンとした刺激的な辛み・風味がコク深く旨味溢れる醤油ソースに溶け込んだ風味豊かな一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味

今回ご紹介するカップ麺は、明星食品創立70周年を記念して行われた“一平ちゃん復活総選挙”にて栄えある第1位を勝ち取り見事復活を果たしたフレーバーで、各種調味料(ソース・特製マヨ・“ふりかけ”)全てに“わさび”特有の刺激が利いた醤油ベースに仕上げ、最後まで飽きの来ない風味豊かな一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味”となっています。

ご覧の通りパッケージは、まさに“わさび”を思わせる緑を基調に“わさびマヨ”といった商品名が大半を占め、ツーンと来る辛さとそれをうまく引き立てるマヨネーズとの相性の良さが伝わってきますね!

そしてこちらにも“わさびマヨ付(特製マヨ)”と記載されているように、ソースや“ふりかけ”だけでなく、この別添されている“一平ちゃん”シリーズには欠かせない特製マヨにまで“わさび”の辛みが利いていますから…パッケージの仕上がりイメージとは裏腹にツーンと突き抜けるテイストとコク深い味わいが絶妙にマッチした仕上がりに違いありません!

ちなみにこの“わさびマヨ醤油味”、実は2013年4月22日の発売から毎年期間限定で発売されており、2018年3月5日を最後に昨年2019年には発売されていませんでした。
※大盛りタイプとしては2016年3月7日・2017年3月6日にそれぞれ発売されています。

今回復活してほしい一杯として多くの票を獲得したのはこういった理由もあるのかもしれませんね!!そして今年大がかりな総選挙によって復活を果たしただけあって、またしばらくは発売されないかもしれません。。

また、この“一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙”では、“明星 一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズでこれまでに発売されてきた30商品を対象に、復活発売を希望するフレーバーを投票したもので、1位に輝いた“わさびマヨ醤油味”以下はこちらの商品となっています!

  • 2位: 明星 60周年記念 一平ちゃん夜店の焼そば 限定甘コクソース
  • 3位: 明星 一平ちゃん夜店の焼そば 豚しお味
  • 4位: 明星 一平ちゃん夜店の焼そば バター醤油味
  • 5位: 明星 一平ちゃん夜店の焼そば スパイシーカレー味

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味”がどれほどポークやビーフの旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?“わさび”特有のツーンと来る刺激的な辛み・風味や別添された特製マヨとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい歯切れの良いコシのある細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り538kcalとなっております。(塩分は4.1g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって思ったよりも高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり116g、麺の量は90gとのこと。

今回の“わさびマヨ醤油味”は、レギュラーサイズとは言っても麺量90gありますから…しっかりとした食べ応えなんかにも期待できそうです!!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、粉わさび入り半固体状ドレッシングや豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 食塩
  • 植物油脂
  • 香味油
  • 豚・鶏エキス
  • ソース
  • 醸造酢
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、ポークをベースに様々な旨味が使用され、ツーンと来る“わさび”ならではの辛み・風味だけでなく、しっかりと美味しさに仕上がり、さらに別添された特製マヨによるコク深さや“わさび”の辛みを際立たせた刺激的な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881437615
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(粉わさび入り半固体状ドレッシング、糖類、豚脂、しょうゆ、食塩、植物油脂、香味油、豚・鶏エキス、ソース、醸造酢、香味調味料、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(粉わさび調味料、ごま、のり、香味調味料、アオサ)/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、増粘多糖類、香料、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニバナ黄色素、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量456kcal
めん・かやく: 405kcal
スープ: 51kcal
たんぱく質12.4g
脂質17.4g
炭水化物62.4g
食塩相当量7.1g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.17mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム180mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りソース、ふりかけ、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に左のソースは、ほんのわずかながらも“とろみ”の付いた仕様のようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りシリーズらしい細麺仕様となっていて、すすり心地は非常に良さそうなんですが…何せ今回は“わさび”の辛み・風味がふんだんに利いていますから、思い切りすするのだけはちょっと危険でしょう!

そんな細麺の裏側には…具材として使用されているキャベツがすでに入っています!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:550ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がひと回り太さを増し、歯切れの良さにほどよい弾力が加わったことで、しっかりとした食べ応えを感じさせるボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…しっかりとフタの上で温めておいたおかげで、割とさらっとした状態となっていますが、ポークなどの動物系の旨味が凝縮されているため、かなり濃いめな仕様のようですね!

そして、その重みのあるソースはすぐに容器底へと沈んでいき、まだこの時点ではそこまで強烈な“わさび”特有のツーンと来るあの風味は感じられないようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは割とさらっとした状態となっているため、すんなりと細麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…続いて見た目ではわかりませんが、“わさび”の辛さ・風味をしっかりと利かせた特製マヨを加えていきます!
ここで急に“わさび”特有の風味が強まってきますね!!これはかなり期待できそうな香り。。

さらに最後にアオサや“わさびシーズニングパウダー”、わさび風味顆粒などが含まれる“ふりかけ”を加えて完成となります!
…というか、この“ふりかけ”を加えることによって、またさらに“わさび”の風味が強まりますね!!(気になる方は特製マヨ、“ふりかけ”は味の様子を見ながら追加しても良いかもしれません。)

こうして完成となるわけですが、思ったよりも“ふりかけ”の量が多く、それに含まれる“わさびシーズニングパウダー”、わさび風味顆粒が“わさび”特有のツーンとした香りを漂わせ、近くで仕上がりの様子を伺ってみると…目に染みるほど!!

また、アオサや海苔なんかもたっぷりと使用されたことによって、ほんのりと磯の香りなんかも香り立ち、ポークをベースに“わさび”の辛さ・風味、そしてマヨネーズのコクなど…全体的な仕上がりは非常に良く、辛いけど美味い…そんなやみつきになる味わいに仕上がっているものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…しっかりと“わさび”特有の辛さや、あのツーンと来る刺激的な風味が利いてはいるんですが、やはりポークをはじめ様々な旨味が凝縮されているため、単純に辛いだけでなく美味しさとしても非常に満足度の高いテイストに仕上がっていますね!毎年発売されていただけあって好評の一杯であることがよーく伝わってきます!!

ただし、この特製マヨや“ふりかけ”を後々しっかりと混ぜ込んでいくわけですが、豪快にすすると大変危険です!笑

想像通り涙目必須のツーンとした突き抜ける辛さによって噴き出してしまいますので…少しずつ優しく口へ運びましょう。そうすることで“わさび”特有の辛さも楽しめ、さらにソースに凝縮された旨味やマヨネーズによるコクが絶妙にマッチしたバランスの良いクセになる味わいが満足度高く堪能できるかと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい細麺ながらもほどよい弾力やコシを兼ね備えた仕上がりとなっていて、特製マヨ・“ふりかけ”を付けずにいただくと…そこまで“わさび”の辛み・風味は利いていないようですね!そのため、このソース自体が旨味を下支えしているようで、それによって“わさび”特有の辛さやマヨネーズのコクが引き立つものと思われます!

そんな細麺には、ポークをベースに特製マヨ・“ふりかけ”に含まれるツーンとした刺激的な辛み・風味が利いたソースがよく絡み、一口ずつに“わさび”ならではの辛みや風味豊かな香り、そしてソースに凝縮された旨味が口いっぱいに広がっていき、爽やかにも感じられるツーンとした香りが後味良く抜けていきます!

そして、こちらの特製マヨや“ふりかけ”に含まれる緑色の“わさび風味顆粒”などを多めに付けていただくと…それこそ刺激的なツーンとした辛み・風味がクセになる味わいが楽しむことができ、想像以上にアオサや海苔が風味としての良い引き立て役となっていて、後味の良さは非常に良いですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、とは言っても具材としてはこちらのキャベツのみとなっているんですが…部位やサイズが異なり、シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちら!具材というわけではありませんが…“ふりかけ”に含まれる“わさびシーズニングパウダー”・わさび風味顆粒が“わさび”特有のツーンとした辛みを引き立て、さらにアオサや海苔がほどよい磯の香りを際立たせ、さりげなく使用された“ごま”なんかも香ばしさを後押しするなど…“わさび”以外の風味なんかも特筆すべき点と言えるでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り脂っこさのないポークをベースにキレの良い醤油ソースに仕上げ、ソースだけでなく特製マヨや“ふりかけ”それぞれに“わさび”ならではの刺激的な辛さを盛り込み、物足りなさを一切感じさせない旨味、そして“わさび”を引き立てる旨味が凝縮されたクセになる仕上がりとなっています!

ちなみにこの“わさび”特有の辛さは、悶絶するほど強烈な辛さというわけではありませんが、気になる方は特製マヨ・“ふりかけ”を少しずつ加えたり、辛すぎる場合は追いマヨで味を調整すると良いでしょう!

とにかくベースとなる旨味、そして“わさび”ならではの辛みや香り、そしてマヨネーズのコクのバランスが絶妙で、最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味”は、ポークをベースにしたキレの良い醤油味のソースに仕上げ、そこに特製マヨ・“ふりかけ”ともに“わさび”ならではのツーンとした辛み・香りがしっかりと盛り込まれ、風味豊かなアオサや海苔が食欲をかき立てる…そんなクセになるテイストとなっていたため、お好みによっては特製マヨ・“ふりかけ”の量を調整したり、追いマヨによってこってり感を際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」を食べてみて、復活発売を希望するフレーバーに投票する“一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙”で見事1位に輝いた一杯だけあって、ベースとなる旨味がしっかりとしているため、“わさび”らしいツーンとした辛みや風味もまた引き立ち、特製マヨによるコクはもちろん、刺激的な香りやキレの良い醤油ソースが最後まで飽きさせない全体のバランスが非常に良い一杯となっていました!

やはり“わさび”のツーンとした爽やかな辛み・風味と、その辛さをコク深く引き立てる特製マヨによる味わいはクセになりますね!

そしてこれだけ人気のフレーバーですから…来年以降の販売が気になりますね。。2018年までは毎年期間限定で登場していただけあって、今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!