一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味!定番のフレーバーが思う存分楽しめる風味豊かな一杯

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味」を食べてみました。(2020年7月13日発売・明星食品)

この商品は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、今回はポークをベースに“たらこ”の旨味を際立たせる魚醤や魚介エキスを加え、さらに焦がしバター風味を利かせた香り豊かな一杯が登場です!

それも…“たらこ”の旨味を全面に押し出したコク旨な塩ダレソースに、新開発による見た目・味わい・食感それぞれ“ほぼたらこ”の“たらこ風かまぼこ”を使用し、香り立つ“たらこ”の風味が食欲そそる定番中の定番フレーバー、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“焦がしバターの香りとたらこの旨み”と記載されているように、単純に“たらこ味”のフレーバーというわけではなく、ポークを利かせたり魚介の旨味を合わせたり…と“たらこ”本来の旨味を存分に引き立てる手の込んだ一杯であることが伝わってきますね!これはシンプルながらも間違いないテイストと言えるでしょう!

一方こちらには、シリーズお馴染みの“細い!キレイ!楽しい!マヨビーム”と記載され、その背景には魚介の旨味をしっかりと利かせた“たらこ”の味わいを際立たせたソースがシリーズらしい中太麺に絡み、さらにマヨネーズならではの卵黄のコクや別添されている“たらこ風味顆粒”や海苔による風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…“たらこ風かまぼこ”・キャベツが使用されているようです!

このように今回の一杯には、焼そばソースに魚介の旨味や焦がしバターの香りを利かせ、さらに具材に“たらこ”の旨味をたっぷりと加えることによって旨味と風味の相乗効果で“たらこ”の美味しさを最大限に引き出しているわけですね!定番過ぎるフレーバーでしたので、実はそこまで期待していなかったんですが…これは想像を超える美味しさが表現されているのではないでしょうか?

そしてこちら!“つぶつぶ食感、ほぼたらこ!”と記載されているように、なんと具材にはまるで“たらこ”の食感を思わせる新開発された具材(たらこ風かまぼこ)が使用されており、これによってより“たらこ”の味わいが際立ち、食欲そそる塩気と旨味が増して楽しめるようですね!これは…ますます気になりますね!
※この“たらこ風かまぼこ”は、“たらこ”が魚肉練り製品中45%使用されているとのこと。

また、“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズには欠かせないマヨは、ご覧の通り今回“たらこマヨ”となっており、卵黄のコクと“たらこ”の旨味を利かせた特製マヨ仕様となっているようで、これによって割と後味すっきりとしたイメージの“たらこ味”の焼そばに深みのある旨味が際立ち、満足度も増してしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みの歯切れの良いコシを表現した中太麺となっていて、すすり心地も非常に良く、それによって焦がしバター・“たらこ”特有の風味も感じられ、ソースの旨味とともに風味からも美味しさを追求したことで…まさに“たらこ”本来の味わいを余すことなく最後まで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

パッケージに“焦がしバターの香り”と記載されていましたが、このバターの香りはあくまで旨味を引き立てる程度のもので、決して変な“くどさ”などを感じさせるものではなく、キリッとした塩気のある口当たりが非常に心地良く、口に入れた瞬間から感じさせる“たらこ”の旨味は魚介やポークによって厚みのあるコクへと引き立てられ、濃厚とも言えるテイストがしっかりと表現されていました!
これは特に、“たらこ”テイストが好みの方はもちろん、ポークや魚介を利かせたことで“たらこ”の旨味を際立たせた焼そばをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の新フレーバー、“たらこ”の旨味をソース・具材の両方から際立たせた風味豊かな一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、幅広い層に好まれると思われる定番中の定番フレーバーである“たらこ”の味わいを魚介の旨味やポーク、さらに“たらこ”の旨味を利かせた特製マヨやまるで本物の“たらこ”をイメージさせる新開発された“たらこ風かまぼこ”が使用され、まさに“たらこ”の味わいを臨場感溢れるクオリティの高いテイストとして表現した一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味”となっています。

ご覧の通りパッケージには“たらこ”といった文字がかなり大きく記載され、これまでもありそうなフレーバーなんですけどね…少なくともここ20年は発売されていないようです!(“明太子”の味わいをテーマとしたフレーバーでしたら2012年2月に発売されており、2020年2月3日にもリニューアル発売されています。)

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味 パッケージ

ちなみに最近で言うと…明星食品創立70周年(2020年3月28日をもって70周年)を記念したキャンペーン(一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙)によって復活発売となった下記の商品も大変話題となっていましたね!(2020年5月11日発売)

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味
一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味!復活総選挙で第1位に選ばれたフレーバーがついに復活「一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」を食べてみました。(2020年5月11日発売・明星食品) この商品は、2020年3月2...

それに続いて以前ご紹介した“紅白Wマヨ”も発売され、次なる商品展開なんかも気になるところでしたが、今回からはもはやそういった周年記念のロゴなどは一切掲載されていないようです。。

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味”がどれほどポークや魚介を利かせた塩味の焼そばソースに仕上がっているのか?“たらこマヨ”といった特製マヨネーズによる卵黄のコクと“たらこ”ならではの旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り751kcalとなっております。(塩分は7.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・大盛り仕様ということもあってかなり高い数値のようで、同じく塩分もかなり高い数値となっています!
ちなみに1食当たり168g、麺の量は130gとのこと。

特に塩分がかなり高い辺りが“たらこ”ならではの塩気の強い旨味を表現しているようにも感じられ、今回ポークをベースにしているとのことでしたので、焦がしバターの香りがふんわりと香り立つ厚みのある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、半固体状ドレッシングや“しょうゆ”をはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • 植物油脂
  • 香味油
  • ポークエキス
  • 魚醤
  • 魚介エキス
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、ポークの旨味をほどよく利かせ、そこに魚介の旨味によって“たらこ”本来の味わいをクオリティ高く演出、さらに焦がしバターや香辛料によってメリハリを付けたことで、最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881437684
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(半固体状ドレッシング、しょうゆ、糖類、豚脂、食塩、植物油脂、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、魚醤、魚介エキス、香味調味料、香辛料)、かやく(キャベツ、たらこ入り魚肉練り製品)、ふりかけ(たらこ加工品、のり)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、ベニコウジ色素、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、カロチノイド色素、乳化剤、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・かに・いか・さけ・さば・大豆・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (168g) 当たり]
熱量751kcal
たんぱく質15.2g
脂質34.0g
炭水化物96.0g
食塩相当量7.4g
ビタミンB10.32mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム203mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、ふりかけ、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースは割とさらっとした状態ではありましたが、原材料に半固体状ドレッシングやポークエキスなどが記載されていましたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!(※特製マヨは温めてはいけません。)

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めにも見える中太・フライ仕様となっていて、すすり心地の良さによって風味が際立ち、歯切れの良い強いコシなんかも兼ね備えた麺が採用されているようです!

そしてその中太麺の裏側には、かやくとして…

  • たらこ風かまぼこ
  • キャベツ

がすでに入っています。

そしてこちらが“つぶつぶ食感、ほぼたらこ!”と記載されていた“たらこ風かまぼこ”のようで、湯戻りによってどこまで“たらこ”本来の食感と旨味が表現されているのか?非常に気になるところ。。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:770ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、130gもの大盛り仕様によって“たらこ”の旨味が思う存分楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…かなりさらっとした状態ではありますが…魚介の旨味だけでなく“たらこ”独特の風味も一気に広がっていき、それと同時に食欲も掻き立てられていきますね。。

そのため、この液体ソースはすぐに容器底へと沈んでいき、焦がしバターの風味も利かせているとのことでしたが、まさに隠し味のようにほんのりと香り立つ程度で、変に“くどさ”を感じさせるようなこってり感などの印象はなく、むしろ塩味ならではのキレの良い後味なんかを感じさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ご覧の通り非常にさらっとした状態でしたので、すんなりと中太麺にも馴染んでいきます!ただ、麺量130gの大盛り仕様ですからね、素早く麺を切るようにしっかりと混ぜていくと良いかもしれません。

そしてソースが全体に馴染んだら、続いて先ほどの“ふりかけ”を加えていきます!
ちなみにこちらには“たらこ風味顆粒”や海苔が含まれていて、さらに“たらこ”の風味が増しますね!!これは思っていた以上の出来栄え!

さらに…“たらこ”の旨味を利かせた特製マヨも加えていきます!
こちらを加えることによって、マヨネーズらしいコク深さが増しているようで、濃厚な“たらこ”の旨味がしっかりと味わえそうです!まさに“たらこ”尽くしの一杯といったところ!

こうして完成となるわけですが、個人的にここまで“たらこ”の旨味に拘っているとは思ってもみませんでしたので、予想以上の仕上がりですね!これはかなり幅広い層に好まれるテイストであり、今後の再発売も十分ありえるのではないでしょうか?

というのも…ソースに魚介や“たらこ”の旨味、そして“ふりかけ”にも“たらこ”の食感・旨味をイメージさせる“たらこ風かまぼこ”を使用し、さらに特製マヨにまで“たらこ”の旨味を利かせているわけですから、旨味・風味ともに手の込んだ仕上がりは、まさに贅沢に“たらこ”本来の味わいが楽しめる一杯とも言え、たっぷりと素材の旨味が堪能できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは間違いないやつですね!安定感のある定番のフレーバーということもありますが、上記のように手の込んだ仕様によって決して大味ではなく非常に繊細な味わいが表現され、“たらこ”本来の塩気・旨味がポークや特製マヨによってコク深く際立ち、やみつき感のあるテイストに仕上がっています!

そのため、まず最初は部分的に味の違いなどをしっかりと確かめ、少しずつ全体を混ぜ合わせていくと満足感も徐々に増していき、ポーク・マヨによる濃厚感と言うんでしょうか?厚みのある旨味として思う存分“たらこ”の美味しさや風味が楽しめるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいすすり心地の良い中太麺に仕上がり、若干細めにも見えますが、130gものボリュームのある一杯でるから、“たらこ”の旨味だけでなくしっかりと食欲なんかも満たしてくれます!

そんな麺には…ポークや魚介の旨味をベースに“たらこ”の旨味を際立たせ、さらに“ふりかけ”や特製マヨによるコク深く厚みもありつつ塩味ならではの後味すっきりとした焼そばソースがよく絡み、一口ずつにたっぷりと“たらこ”の旨味が口いっぱいに広がっていき、“たらこ”の風味が後味にまで抜けていきます!

これは明星食品のかなりの作り込みが伝わってきますね!定番のフレーバーだからこそ臨場感に拘った作りはかなり納得できる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちら“たらこ”の食感・旨味をリアルに再現した“たらこ風かまぼこ”が入っていて、“かまぼこ”とは言ってもほどよい“つぶつぶ食感”なんかもしっかりと再現されており、そもそもの旨味がしっかりと感じられる贅沢な具材となっています!

そしてそもそもソースや“ふりかけ”などによって十二分に“たらこ”の旨味が表現されているのにもかかわらず、この具材が使用されたことによって塩気・旨味のちょうど良いアクセントにもなり、単品でいただいても物足りなさを一切感じさせない仕上がりのようで、新開発しただけあってこの仕上がりはかなり良いんじゃないでしょうか?

また、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいきませんが…ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

さらに…こちらの“ふりかけ”に含まれる“たらこ風味顆粒”や特製マヨを多めに絡めていただいてみると、これまた塩気・旨味がコク深く際立って美味い!!この染み渡るような魚介の旨味を利かせた塩味の焼そばソースとも絶妙にマッチしていて期待値以上の“たらこ味”が楽しめること間違いないでしょう!

やはりソースのみの味わいや、味濃いテイストなどじっくりと味の違いを堪能しつつ混ぜていくと味の変化なんかも楽しめるので面白いですね!これに唐辛子なんかをちょい足しすると、より一層やみつき感も増して楽しめるかと思われます!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに魚介の旨味を利かせたことで“たらこ”本来の味わいが際立ち、さらに“ふりかけ”に含まれる“たらこ風味顆粒”がちょうど良い旨味を含む塩気に感じられ、“たらこ”の旨味を利かせた特製マヨがコク深さ・厚みのあるテイストへと際立たせています!

そしてなんと言ってもこのソースと“ふりかけ”・特製マヨから作り出される手の込んだ“たらこ”の旨味は非常に臨場感が高く、安定感のあるフレーバーにもかかわらず一切妥協のない仕上がりに感じられますね!これは再発売も多いにあり得るのではないでしょうか?

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味”は、魚介の旨味によって“たらこ”の味わいを引き立て、“ふりかけ”に含まれる“たらこ風味顆粒”やほんのりと香り立つ磯の風味を表現する海苔が相性良く馴染み、あくまでほんのりと香る焦がしバターやポークの旨味が厚みのある美味しさを表現した満足度の高い仕上がりでしたので、お好みによっては一味なんかをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味」を食べてみて、ポークをベースに魚介を利かせたことで“たらこ”の旨味が際立ち、“ふりかけ”や特製マヨなど…実に様々な仕様によって定番のフレーバーである“たらこ”の繊細な旨味が非常にクオリティ高く仕上がった満足度の高い一杯となっていました!

ちょっと今回の一杯はあまりにも定番過ぎて逆に期待していなかっただけあって、仕上がりの良さには驚きましたね。。ここまで手の込んだ作りで臨場感溢れるテイストなら今は期間限定でも必ずまた改めて登場するのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!