一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味!鰹出汁の旨味と後引く辛みがクセになる“旨辛”仕上げの一杯

一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味

一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味」を食べてみました。(2020年2月3日リニューアル発売・明星食品)

この商品は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズから発売されているカップ麺で、今回はポークをベースに魚醤をはじめ鰹や鯖など魚介エキスをたっぷりと利かせた焼そばソースに食欲そそる明太子風味のオイルを合わせたことで、明太子ならではの旨味を最大限に活かした風味豊かな一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“かつおだしの旨味に唐辛子の辛さが後を引く!”と記載されているように、明太子と言えば魚介系の旨味とピリッとしたアクセントとなる辛みを加えたことによるやみつき感がたまらないテイストで、実はこの明太子のフレーバーは“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズでも2012年からの初登場から何度かリニューアルを繰り返し、今回もまた旨味をアップさせて登場しています!
※公式ページにもラインアップとして常時掲載されています。

明太子と言えば王道とも言えるフレーバーですし、焼そばとの相性も抜群ですからね!恐らく間違いない美味しさが表現されているに違いありません!

一方こちらには、シリーズお馴染みの“細い!キレイ!楽しい!マヨビーム”と記載され、その背景には魚介の旨味をしっかりと利かせたことで“明太子”の味わいを際立たせた焼そばソースがシリーズらしい中太麺に絡み、さらに明太子の旨味を加えたマヨネーズならではの卵黄のコクや別添されている“たらこ風味顆粒”、海苔を加えたことによる風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツのみが使用されているようです!(“ふりかけ”の方には…味付明太子顆粒 ・刻み海苔・唐辛子が含まれています。)

また、上記のように今回使用されている“一平ちゃん夜店の焼そば”には欠かせない特製マヨには…リニューアルによって明太子の味わいをアップさせたという“明太子マヨ”仕様となっていて、これがまた後味さっぱりとした明太子の味わいをコク深く濃厚な味わいへと引き立てるわけですね!

明太子ならではの旨味、そして唐辛子のピリッとした辛み…さらに明太子の旨味を加えたコク深いマヨネーズと来れば人気のフレーバーに間違いありませんし、濃厚なソースの旨味が特徴的なシリーズとしてはひと味違ったレギュラー商品とも言えるでしょう!(嫌いな方いないのでは?)

そもそもこのフレーバーは2012年2月に初登場し、これまでも何度かのリニューアルを経てブラッシュアップされ、更に今回は“特製明太子マヨ”に濃厚で旨辛な明太子の味わいを増量し、より旨味を増しての登場となっています!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みの歯切れの良いコシを表現した細麺となっていて、すすり心地も非常に良く、それによって後引く辛みがクセになる明太子ならではの風味も感じられ、ソースの旨味とともに素材本来の香りからも美味しさを追求したことで…まさに“明太子”の味わいを余すことなく最後まで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークや魚介系の旨味はあくまで明太子の美味しさそのものを底上げするかのようにちょうど良い引き立て役となり、明太子特有のピリッとした辛みもそこまで強くはなく、まさに食欲を刺激する適度なアクセントとなったことで旨味溢れる王道とも言えるテイストを表現、そしてすすり心地抜群な細めの麺だからこそ明太子特有の風味が一口ずつに感じられる満足感・食欲ともにしっかりと満たしてくれる一杯となっていました!
これは特に、明太子の味わいが好みの方はもちろん、魚介系の旨味とピリッとした辛みがクセになるテイストに特製マヨを加えることでコク深い美味しさを“焼そば”として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の定番とも言えるフレーバーのひとつ、“明太子”の旨味をソース・“ふりかけ”の両方から際立たせた風味豊かな一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの王道とも言える定番フレーバーのひとつで、ポークをベースに魚介エキスを加え、明太子ならではの旨味・辛みをバランス良く融合し、すすり心地抜群な細めの麺によって風味まで明太子の味が楽しめるコク深く風味豊かな一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味”となっています。

ご覧の通りパッケージには今回の商品名である“旨辛明太子味”といった文字が大きく記載され、鰹出汁の旨味と唐辛子の辛みが定番とも言える明太子の味わいを引き立てる多くの方に好まれるフレーバーであり、少し想像しただけでもその美味しさは確かなものであることが伝わってきますね!

一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味 パッケージ

ちなみにこのカップ麺は、特製ガーリックマヨにブラックペッパーを増量したことによって、より刺激的でやみつきな味わいに改良を加えた“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”のリニューアルと同時発売されています!

また、濃厚なソースをモチーフとした“明星 一平ちゃん夜店の焼そば”は1995年に発売され、第2のフレーバーとして“塩だれ味”が2006年に発売、さらに第3のフレーバーとして“明太子味”が2012年に発売されているように、“塩だれ”・“明太子”ともに割と歴史ある一杯として根強いリピーターの方も多いのではないでしょうか?“焼そば”としても相性抜群なテイストですからね!

他にも最近で言うと…明星食品創立70周年(2020年3月28日をもって70周年)を記念したキャンペーン(一平ちゃん夜店の焼そば復活総選挙)によって復活発売となった下記の商品も大変話題となっていました!(2020年5月11日発売)

一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味
一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味!復活総選挙で第1位に選ばれたフレーバーがついに復活「一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」を食べてみました。(2020年5月11日発売・明星食品) この商品は、2020年3月2...

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味”がどれほど魚介系の旨味を凝縮させた旨味溢れる仕上がりとなっているのか?明太子ならではのピリッとした辛みと旨味、そしてシリーズとして欠かせない特製マヨとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な細めの麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り575kcalとなっております。(塩分は5.5g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって割と高めな数値のようで、塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり128g、麺の量は100gとのこと。

このように今回の“旨辛明太子味”に関しては…大盛り仕様というわけではなくレギュラーサイズとしての商品で、ピリッとした辛みが利いた明太子ならではの旨味がテーマですから…ちょうど良い“つまみ”にもなりそうなフレーバーをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、半固体状ドレッシングや“しょうゆ”をはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • ポークエキス
  • 魚醤
  • 香味油
  • 魚介エキス
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、ポークをベースに魚醤など魚介エキスを利かせたことによって明太子の旨味を引き立て、ほどよい塩気とクセになる旨味、そしてピリッとした辛みがたまらない…風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881437462
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(半固体状ドレッシング、しょうゆ、糖類、豚脂、食塩、ポークエキス、たん白加水分解物、魚醤、香味油、魚介エキス、香味調味料、香辛料)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(たらこ加工品、のり、香辛料)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、乳化剤、酸味料、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カラメル色素、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・かに・いか・さけ・さば・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (128g) 当たり]
熱量575kcal
たんぱく質11.3g
脂質25.7g
炭水化物74.7g
食塩相当量5.5g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム150mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りソース、ふりかけ、明太子マヨといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースは魚醤などの旨味を含む非常にさらっとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みの細麺・フライ仕様となっていて、すすり心地の良さによって明太子ならではの食欲そそる風味が際立ち、歯切れの良い強いコシなんかも兼ね備えた麺が採用されているようです!

そんな麺の裏側には、具材として唯一使用されているキャベツがすでに入っていて、若干物足りなさを感じさせるかもしれませんが、このシリーズには特製マヨや“ふりかけ”が別添されており、特に今回の“ふりかけ”には“たらこ風味顆粒”や海苔が豊富に含まれていますから…仕上がり自体は全く物足りなさを感じさせません!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:540ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

すると…先ほどまでの麺がひとまわりふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、すすり心地の良さによって“明太子”特有の香りまでもがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…魚醤や魚介エキスなどを含む醤油ベースのさらっとしたソースとなっていて、ポークの旨味・脂はあくまで明太子の旨味を引き立てる程度のようですね!

そのため、ソースはすぐに容器底へと沈んでいき、見た目としてはそこまで変化なく、同じく明太子や魚介系の風味もこの時点ではそこまで強くはないようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りポークをベースとしているとは言え、非常にさらっとした焼そばソースとなっていますので、すんなりと麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…先ほどの明太子マヨを加えていきます!
今回の特製マヨには明太子の旨味が含まれているとのことで、若干ではありますが…ほんのり赤みを帯びた仕様となっているようです!

これによって明太子ならではの後味すっきりとした味わいがコク深く引き立てられ、厚みのある旨味として満足度も高まるわけですね!

そして最後に先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”には…“たらこ風味顆粒”と海苔、香辛料(恐らく唐辛子)が入っていて、これによって一気に明太子らしい風味や磯の香りが広がっていきます!

…というかこの“たらこ風味顆粒”は粒が非常に細かな状態で、ほぼほぼ唐辛子と同化しているようですね!これによってうまく明太子の味わいをうまく再現しているのでしょう!

こうして完成となり、具材に使用されているのはキャベツのみとは思えないほど明太子の色鮮やかな色合いが華やかさを演出し、見た目としても全く物足りなさを感じさせませんね!

また、さりげなく使用されている海苔がちょうど良い磯の風味をプラスし、魚介・明太子の旨味を臨場感高く表現しているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…これはもう安定感ありますね!
明太子ならではの旨味が全面に・強烈に利いているわけではなく、丁寧に素材の美味しさを表現しています!

というのも…ポークをはじめ魚醤や魚介エキスによってベースとなる旨味を下支えし、そこに“たらこ風味顆粒”や唐辛子が明太子の味わいを感じさせ、別添されている唐辛子マヨが絶妙にマッチしたことによって、コク深く厚みのある味わいへと際立たせています!

これは王道であり定番のフレーバーでソースの旨味・風味ともに非の打ち所がありませんね!しかも唐辛子の辛みも食欲そそるアクセント程度となっているため、かなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい歯切れも良く、強いコシのある細麺に仕上がり、細めということもあって非常にすすり心地も良く、それによって“明太子”の旨味だけでなく魚介系の食欲そそる風味なんかも楽しむことができます!

そんな麺には…ポークをベースに魚醤や魚介エキス旨味を利かせ、“明太子”の味わいを際立たせ、さらに“ふりかけ”や特製マヨによるコク深く後味すっきりとした焼そばソースがよく絡み、一口ずつにたっぷりと魚介系・明太子の旨味が口いっぱいに広がっていき、具材に使用された海苔から香る磯の風味が後味良く抜けていきます!これは箸が進みますね。。

トッピングについて

トッピングにはまず…といっても具材としてはこちらのキャベツのみとなっているんですが、ほどよいシャキシャキ感を残した仕上がり具合となっていて、彩りも非常に良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

そして、上記のキャベツ以外にも…“ふりかけ”に含まれる“たらこ風味顆粒”や唐辛子によってうまく明太子特有のやみつき感のある旨味やピリッとした辛みを表現し、磯の風味が香り立つ海苔がさり気なく旨味を引き立てています!

また、これら具材や“ふりかけ”を麺と一緒に多めに絡めていただくと…明太子マヨの旨味・コクが厚みのある美味しさとなって際立ち、辛みはそれほどではありませんが、明太子特有のクセになる味わいをソース・風味と合わせて臨場感高く表現、焼そばソースだけでなく全体でうまく明太子の味わいを表現している点が非常に好印象といったところ!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに魚醤や魚介エキスを合わせ、さらに“ふりかけ”に含まれる“たらこ風味顆粒”や唐辛子によって明太子ならではのピリッとした辛みが利いた旨味溢れる味わいを表現、さらに海苔によって磯の風味がプラスされたことで、より一層クオリティの高いテイストに仕立て上げています!

さすが数年に渡り幾度となくリニューアルを繰り返しているだけあって、旨味・風味のバランスによる明太子の美味しさは秀逸ですね!単純に塩気が強いわけではなく…明太子そのものを感じさせる仕上がりは満足度も非常に高いのではないでしょうか?

強いて言えば個人的には唐辛子の辛みがもう少し強くても良かったような気はしますが、その辺りはお好みに合わせて香辛料をちょい足しして調整してみると良いでしょう!

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味”は、ポークをベースにしたことで明太子の旨味に厚みを持たせ、さらに別添されている“たらこ風味顆粒”や唐辛子による明太子の味わいをソース、具材からうまく表現・際立たせた風味豊かな一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子の辛みを調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味」を食べてみて、明太子そのものの旨味をたっぷりと焼そばソースに加えただけでなく、様々な材料によって明太子の美味しさを表現した仕上がりは、魚介系の旨味やポークが非常にバランス良くまとまり、唐辛子によるピリッとしたアクセントがやみつき感を際立たせたことによって、臨場感溢れるテイストが非常にクオリティ高く感じられ、まさしく“旨辛明太子味”という商品名も納得の一品となっていました!

やはり明太子の味わいは間違いないですね!あっさりとしているからこそ旨味がストレートに伝わってくる仕上がりはかなり幅広い層に好まれるテイストで、リピートしている方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!