一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味!豚の旨味が利いた濃厚かつ後味の良いクセになる一杯

一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味

一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味」を食べてみました。(2020年2月3日発売リニューアル発売・明星食品)

この商品は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズから発売されているカップ麺で、今回は豚の旨味をしっかりと利かせたこってり感のある塩味の焼そばソースに食欲そそる特製ガーリックマヨ・刺激的なブラックペッパーを合わせたことで、濃厚でありながらも後味すっきりとしたやみつき感のある一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りパッケージには“豚の旨味あふれるこってり濃厚仕上げ!”と記載されているように、塩味の焼そばと言えば割とあっさりとしたテイストをイメージするんですが…今回は豚の旨味をしっかりと利かせたガッツリ系の旨味とガーリックがアクセントとなるやみつき感のある仕上がりで、実はこのフレーバーは“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズでも2006年からの初登場から何度かリニューアルを繰り返し、今回は特製ガーリックマヨのブラックペッパーを増量し、より刺激的に改良を加えて登場しています!
※公式ページにもラインアップとして常時掲載されています。

“塩焼そば”と言えば王道とも言えるフレーバーですし、こってり感のある豚の旨味やガーリック・ブラックペッパーとの相性も抜群ですからね!後味の良いやみつき感のある美味しさが表現されているに違いありません!

一方こちらには、シリーズお馴染みの“細い!キレイ!楽しい!マヨビーム”と記載され、その背景には豚の旨味をガッツリと利かせたことで濃厚な味わいを際立たせた焼そばソースがシリーズらしい中太麺に絡み、さらにブラックペッパーを加えたマヨネーズならではの卵黄のコクや別添されている“ふりかけ”に含まれるローストガーリックやブラックペッパーなどを加えたことによる風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツのみが使用されているようです!(“ふりかけ”の方には…香味野菜フレーク・ローストガーリック・ブラックペッパー・アオサ・チリ・フライドオニオンが含まれています。)

また、上記のように今回使用されている“一平ちゃん夜店の焼そば”には欠かせない特製マヨには…リニューアルによってブラックペッパーをアップさせたという“ガーリックマヨ”仕様となっていて、これがまた後味さっぱりとした“塩焼そば”の味わいをコク深く濃厚な味わいへと引き立てるわけですね!

こってりとした豚ならではの旨味、そしてブラックペッパーを加えたガーリックマヨの刺激的なアクセントやコク…さらに様々な香辛料を加えたコク深い仕上がりと来れば人気のフレーバーに間違いありませんし、濃厚なソースの旨味が特徴的なシリーズとしてはひと味違ったレギュラー商品とも言えるでしょう!

そもそもこのフレーバーは2006年2月に初登場しており、これまでも何度かのリニューアルを経てブラッシュアップされ、更に今回は“ガーリックマヨ”に刺激的なブラックペッパーを増量し、よりやみつき感を増しての登場となっています!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みの歯切れの良いコシを表現した細麺となっていて、すすり心地も非常に良く、それによって後味すっきりとしているのにもかかわらず豚の旨味をしっかりと利かせたこってりとした“塩だれ味”に別添されている“ふりかけ”に含まれる各種香辛料によってメリハリのあるクセになる味わいに仕上がり、最後まで飽きることなくたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

豚の旨味を利かせたこってり濃厚仕上げの一杯とのことでしたが、実際にはそこまで脂っこさなどはなく、塩味ならではのキレ・後味すっきりとしたテイストに仕上がり、ブラックペッパーを増量したというガーリックマヨによるコクや“ふりかけ”に含まれるローストガーリックやフライドオニオンといった食欲そそる香辛料などがメリハリを際立たせ、やみつき感のある一杯となっていました!
これは特に、豚の旨味をしっかりと利かせた上に、ガーリックマヨがコクを引き立て、こってり濃厚な味わいをベースにブラックペッパーや香辛料を豊富に使用した飽きの来ない“塩焼そば”を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の定番とも言えるフレーバーのひとつ、“塩焼そば”をソース・特製マヨ・“ふりかけ”からこってり感とキレの良さをそれぞれ際立たせたクセになる一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの王道とも言える定番フレーバーのひとつで、豚の旨味をしっかりと利かせた塩味のソースにブラックペッパーを加えたガーリックマヨを加え、塩味ならではの後味さっぱりとしたメリハリのあるテイストにうまく仕立て上げ、すすり心地抜群な細麺によって風味まで食欲そそるガーリックの味が楽しめる豚の旨味が凝縮されたキレの良い一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”となっています。

ご覧の通りパッケージには今回の商品名である“豚旨塩だれ味”といった文字が大きく記載され、後味すっきりとした塩味であることが伝わってくる青を基調にあしらわれ、豚の旨味やガーリックマヨによってコク深くこってりとした味わいを演出、さらに“ふりかけ”に含まれる様々な香辛料などがちょうど良いアクセントになった飽きの来ないテイストであることが想像できますね!

一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味 パッケージ

ちなみにこのカップ麺は、特製明太子マヨに濃厚で旨辛の明太子の味わいを増量して改良を加えた“一平ちゃん夜店の焼そば 旨辛明太子味”のリニューアルと同時発売されています!

また、濃厚なソースをモチーフとした“明星 一平ちゃん夜店の焼そば”は1995年に発売され、第2のフレーバーとして“塩だれ味”が2006年に発売、さらに第3のフレーバーとして“明太子味”が2012年に発売されているように、“塩だれ”・“明太子”ともに割と歴史ある一杯として根強いリピーターの方も多いのではないでしょうか?“焼そば”としても相性抜群なテイストですからね!

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”がどれほど豚のこってりとした旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?ブラックペッパーを増量したガーリックマヨによる濃厚な旨味、そしてシリーズとして欠かせない“ふりかけ”に含まれる豊富に使用された各種香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り625kcalとなっております。(塩分は4.7g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって割と高めな数値のようで、塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり132g、麺の量は100gとのこと。

このように今回の“豚旨塩だれ味”に関しては…大盛り仕様というわけではなくレギュラーサイズとしての商品で、豚の旨味に食欲そそるガーリックなど各種香辛料を使用した後引く旨味が特徴ですから…ちょうど良い“つまみ”にもなりそうなフレーバーをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ペッパーガーリックマヨネーズや豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 食塩
  • 香味油
  • ポークエキス
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、豚の旨味を利かせたこってり濃厚なテイストに後味さっぱりと感じさせる塩味のソースに仕上げ、そこにブラックペッパーを加えたガーリックマヨ、“ふりかけ”に含まれる各種香辛料によってメリハリの付いた旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881436113
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(ペッパーガーリックマヨネーズ、豚脂、しょうゆ、糖類、食塩、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(香辛料、野菜フレーク、アオサ、フライドオニオン)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、香料、乳化剤、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カラメル色素、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (132g) 当たり]
熱量625kcal
たんぱく質11.1g
脂質31.4g
炭水化物74.4g
食塩相当量4.7g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム149mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りソース、ふりかけ、ガーリックマヨといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースは豚の旨味を含んでいるものの非常にさらっとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。
※ガーリックマヨは温めてはいけません。

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みの細麺・フライ仕様となっていて、すすり心地の良さによって豚の旨味を利かせた“塩焼そば”に加えた“ふりかけ”に含まれる各種香辛料の食欲そそる風味が際立ち、歯切れの良い強いコシなんかも兼ね備えた麺が採用されているようです!

そんな細麺の裏側には、具材として唯一使用されているキャベツがすでに入っていて、若干物足りなさを感じさせるかもしれませんが…このシリーズには特製マヨや“ふりかけ”が別添されており、特に今回の“ふりかけ”にはローストガーリック・ブラックペッパー・アオサ・チリ・フライドオニオンが豊富に含まれていますから…仕上がり自体は恐らく物足りなさといった感じは全くないでしょう!

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:540ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

すると…先ほどまでの麺がひとまわりふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、すすり心地の良さによって豚の旨味や食欲そそるガーリックや各種香辛料などの香りまでもがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…豚の旨味によって濃厚こってりとした仕上がりとのことでしたが…豚の脂などは目視できない非常にさらっとした状態で、むしろ塩ベースのキレ・後味の良い味わいを表現、豚の旨味に関してはコク深さや厚みのある旨味を引き立てる程度のようですね!

そのため、ソースはすぐに容器底へと沈んでいき、見た目としてはそこまで変化なく、同じくガーリックの風味もこの時点ではそこまで強くはないようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り豚の旨味をたっぷりと利かせているとは言え、非常にさらっとした焼そばソースとなっていますので、すんなりと細麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…先ほどのガーリックマヨを加えていきます!
今回の特製マヨにはブラックペッパーが増量されて含まれているとのことでしたが黒い粒々は確認できませんが…食欲そそるガーリックの旨味を含んだコクのある仕様となっているようです!

そして最後に先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”には…ローストガーリック・ブラックペッパー・アオサ・チリ・フライドオニオンが入っていて、これによって一気に食欲そそるガーリックの風味が広がっていきます!

こうして完成となるわけですが…具材に使用されているのはキャベツのみとは思えないほど“ふりかけ”に含まれる豊富に使用された各種香辛料の色鮮やかな色合いがブラックペッパーを含むガーリックマヨとともに彩りの良い華やかさを演出し、見た目としても全く物足りなさを感じさせませんね!

中でも、さりげなく使用されているアオサがちょうど良い磯の風味をプラスし、豚の旨味を利かせたこってり濃厚な味わいと塩味ならではのキレの良さを臨場感高く表現しているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚の旨味に関しては確かにしっかりと利いているんですが、決して脂っこさ・“くどさ”といった感じは一切なく、濃厚こってりというよりもキレ・後味の良い塩味の焼そばソースにほどよい厚みを際立たせ、すっきりとした味わいとコクのあるテイストが非常にバランス良く調和されています!

また、ブラックペッパーを増量したというガーリックマヨは、文字通り食欲そそるガーリックが利いたことで、キレの良い“塩焼そば”にも相性良く馴染み、こちらもまた卵のコクが旨味を引き立て、ピリッとしたブックペッパーならではの辛みがちょうと良いアクセントとなっているようですね!

これは、こってり感とキレの良さがバランス良く融合されているため、“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズ第2のフレーバーとして長らく定着しているのも納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい歯切れも良く、強いコシのある細麺に仕上がり、細めということもあって非常にすすり心地も良く、それによってアオサの風味だけでなく食欲そそるガーリックの香りなんかも楽しむことができます!

そんな麺には…豚の旨味をベースにブラックペッパーを加えたガーリックマヨによる深み・コクを利かせ、さらに“ふりかけ”に含まれる様々な各種香辛料による後味すっきりとした塩味の焼そばソースがよく絡み、一口ずつに豚の旨味や相性抜群なガーリックなどの味わいが口いっぱいに広がっていき、ローストガーリックやフライドオニオンのほんのり香ばしい風味が後味良く抜けていきます!これは良い“つまみ”ですね…笑

トッピングについて

トッピングにはまず…といっても具材としてはこちらのキャベツのみとなっているんですが、ほどよいシャキシャキ感を残した仕上がり具合となっていて、彩りも非常に良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

そして、上記のキャベツ以外にも…“ふりかけ”には香味野菜フレーク・ローストガーリック・ブラックペッパー・アオサ・チリ・フライドオニオンといった実に様々な旨味・アクセントを引き立てる材料が使用されており、それによってやみつき感のある旨味やピリッとした辛みを表現、ほんのり香るアオサならではの磯の風味が心地良く感じられます!

中でもこちらのローストガーリックは、非常に細かな材料となっているんですが…じっくりと味わってみると、本格感すら感じさせる香ばしさや食欲そそるガーリックの旨味がしっかりと表現されており、こちらもまた全体によーく混ぜ合わせることによって美味しさそのものが際立っていくものと思われます!

そして、これら具材を一緒に絡めて食べてみると…ガーリックマヨが豚の旨味を利かせた濃厚感を際立たせ、ガーリックやチリ、ブラックペッパーによってキリッとした口当りをプラス、それによってキレとコクがバランス良く調和され、最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめることでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り豚の旨味を利かせたことによって濃厚こってりとしたテイストに仕上がっているんですが、決して脂っこさや“くどさ”といった感じはなく、塩味のキレの良さやブラックペッパー、さらに“ふりかけ”に含まれる様々な材料・香辛料によって後味すっきりとした仕上がりとなっています!

そのため、比較的あっさりとしたテイストをイメージさせる“塩焼そば”ではありますが、旨味が凝縮されているため物足りなさといった感じは一切なく、濃厚感と後味の良さ、そして食欲そそる“ふりかけ”がちょうど良い塩加減となって“つまみ”にもぴったりなやみつき感のある味わいといったところで、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”は、豚の旨味を利かせた濃厚こってりとした“塩焼そば”にブラックペッパーを増量したガーリックマヨによるキレと卵のコクをプラスし、“ふりかけ”に使用されたローストガーリックやアオサ、フライドオニオンなど様々な材料によってメリハリのあるテイストに仕上がり、“くどさ”のない後味さっぱりとしたやみつき感のあるフレーバーとなっていたため、お好みによっては“塩焼そば”に相性ぴったりな“おろしにんにく”やペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味」を食べてみて、豚の旨味をベースに王道とも言える後味すっきりとした“塩焼そば”に仕上げ、コク深くも厚みのある旨味に加え、別添されているブラックペッパーを増量したガーリックマヨによるキレとコク、そして“ふりかけ”に含まれる様々な各種香辛料によって旨味を際立たせる飽きの来ないやみつき感のあるテイストとなっていました!

さすが“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの第2のフレーバーとして2006年から発売されているだけあって安定感がありますね!豚の旨味にキレの良さが際立つ一杯は誰もが好む人気の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!