【ペヤングの新商品】からしMAXやきそば 食べてみました!
カップ麺

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 食べてみました!ポークが利いたコク深い濃厚激辛担担麺!

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 食べてみました!ポークが利いたコク深い濃厚激辛担担麺!

2018年4月23日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」を食べてみました。

この商品は、東京・大久保にあるという担担麺専門店「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)」の店名にもなっている看板メニューを再現したもので、今回はミドルステージとなる“阿修羅”ということで、辛さ15辛を再現した、その名も“地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅”となっております!

こちらのフタに、その辛さレベルについての記載がありますが、これを見てしまうと今回の“阿修羅”のさらに上の辛さについても気になりますね。。

f:id:yuki53:20180425195249j:plain

そして、今回の商品パッケージはかなりのインパクトがあるように、その辛さもかなり期待してしまいます!!!この見た目からも激辛好きにはたまらない一杯ではないでしょうか?

特徴としては、ポークと練り胡麻の旨味をふんだんに利かせた濃厚なスープに唐辛子がたっぷりと入ったことで強い辛みをプラスし、さらにほどよく花椒が香る一杯とのこと。

ご覧のように、“濃厚激辛”と記載されたその背景には、まさに“地獄”をイメージさせるいかにも辛そうなスープの写真が確認できます!!

f:id:yuki53:20180425195250j:plain

実際に食べてみましたが、ポークをベースとしたコク深いスープには、激辛好きな方にも十分満足のいく痛みを伴う辛さが表現され、花椒はそこまで強くはなく、ほんのりと爽やかに香り、さらに練り胡麻が深い味わいをプラスすることによって、激辛な辛みを美味しく引き立てる仕上がりとなっていました!

ちなみに、この商品はローソンで取り扱いされていました。
では、今回はこの「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」についてレビューしてみたいと思います。

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅について

今回ご紹介するカップ麺は、東京の激辛人気店「地獄の担担麺 護摩龍」の看板メニューを再現したもので、濃厚な担担麺に強い辛みを加えた“地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅”となっています。※監修は“地獄の担担麺 天竜本店”とのこと。

そして、非常に辛みの強い一杯ということもあって、パッケージにも“十分ご注意ください”との注意事項が記載されています!これは激辛好きにとっては期待してしまいますね!!

f:id:yuki53:20180425195251j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り504kcalとなっております。(塩分は6.9g)

そして、そのスープの割合は非常に高く、スープだけでカロリー196kcal、塩分4.1gと、この数値からも超濃厚な担担麺に仕上がっていることが想像付きますね!

f:id:yuki53:20180425195253j:plain

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスをはじめ…

  • ねりごま
  • 豚脂
  • 香辛料
  • みそ
  • クリーミングパウダー
  • 豆板醤

といった、ポーク・味噌をベースとした濃厚な担担スープを想像させる材料が並びます。あとは、どこまで強い辛さが表現されているのかが気になるところ。。

f:id:yuki53:20180425195252j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、特製スープといった3つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20180425195254j:plain

そして、麺はご覧の通り、すでに強いコシを想像させる平麺のノンフライ麺となっているようです。

f:id:yuki53:20180425195255j:plain

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

f:id:yuki53:20180425195256j:plain

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに、先ほどの液体スープと特製スープを入れたところがこちら!

スープには、強い辛みを想像させる赤みを帯びた油が広がり、豆板醤や味噌と思われる旨味によって、味わい深くも感じられる風味が漂う出来上がりです。

f:id:yuki53:20180425195257j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
意外とスープはさらっとした仕上がりとなっているようで、練り胡麻はそこまで味濃く表現されていないように感じられます。

f:id:yuki53:20180425195258j:plain

ご覧のようにスープは赤く、まさに“地獄の担担麺”をイメージさせませすね!!

f:id:yuki53:20180425195259j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…“地獄の担担麺”というだけあって、強い辛みが表現されているものの、しっかりとポークが利いた旨味を感じる味わい深いスープに仕上がっているため、単純に辛いだけの一杯ではなく、辛みの強い担担麺として非常に美味しく表現されているように感じられます!

ただ、その強い辛みは食べ進めていくうちに蓄積され、後引く辛さによって、汗が吹き出てきます!!ん〜、こういった痛みを感じる辛さは良いですね!美味いっ!!

麺について

麺はご覧の通り、ほどよく弾力のあるコシがあり、ほんのりちぢれた麺となっているため、濃厚激辛担担スープがよく絡み、一口ずつに強い辛みとポークの旨味が利いた美味しい味わいが口に広がります!

もちろん、強い辛みを伴うので、思いっきりすすると危険です。。

f:id:yuki53:20180425195302j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏・豚味付肉そぼろが入っているんですが、こちらは噛むとホロホロと崩れていくような柔らかい仕上がりとなっていて、それと同時に肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっているようです!

そして、この肉そぼろは、濃厚激辛担担スープにさらなる旨味をプラスしているようにも感じられ、先ほどもお伝えしたように、単純に辛みが強いだけの一杯ではないようです!!

f:id:yuki53:20180425195300j:plain

また、こちらの唐辛子なんかも入っていて、これによって辛みが引き締められ、辛みの強い担担スープを一層すっきりとしたキレのある辛みに感じさせてくれます!

f:id:yuki53:20180425195301j:plain

スープについて

スープは、思っていたほど胡麻の濃厚さは際立っていないようで、あくまでポークの旨味を引き立てるかのように美味しく利いています!

そこに、たっぷりと入った唐辛子の胃に染みるような強い辛みを利かせたことによって、辛さと担担麺の旨味を兼ね備えた美味い“地獄の担担麺”が再現されていました!!

個人的には、利き過ぎていない胡麻と、こちらもまた利き過ぎていない花椒が好感持てる一杯といった仕上がりで、想像以上にすっきりとした味わいとなっています!

f:id:yuki53:20180425195303j:plain

そして、食べ進めていくうちに、ほんの少しだけスープにとろみが付き、辛い担担スープがさらに味わい深くも感じられます!

f:id:yuki53:20180425195304j:plain

まとめ

今回は「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」を食べてみましたが、ポークの旨味がしっかりと利いているため、ただただ辛いだけの味わいではなく、非常に美味しい激辛担担麺である“地獄の担担麺”が表現されていました!

辛みで言うと…激辛の域にふさわしい痛い辛さがあり、食べられないほどの辛さではないものの、後引く強い辛さによって汗が噴き出るような清々しくも感じられる辛みとなっていました!

もちろん、激辛好きにとっては外せない一杯ではないでしょうか?
気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です