カップ麺

「火炎辛麺 赤神」カップ麺“神増し”!痺れる辛みがクセになる一杯

火炎辛麺 赤神 神増し

火炎辛麺 赤神 神増し」を食べてみました。(2019年6月10日発売・サンヨー食品)

この商品は、北九州の激辛で人気のラーメン店「火炎辛麺 赤神(かえんからめんあかがみ)」で人気メニューのひとつ“火炎辛麺”の味わいをカップ麺に再現したもので、唐辛子ならではの強い辛みだけでなく、花椒による爽やかな痺れも同時に楽しむことができる“真の辛味を追求した一杯”にふさわしいインパクト抜群な一杯が登場です!

それも…ポークやチキンの旨味が赤味噌・白味噌ならではのキレやコクのあるスープに溶け込み、後味すっきりとした口当たりが印象的な仕上がりとなり、さらに相性抜群なガーリックやジンジャーなど香味野菜が旨味・コクを引き立て、そこに“火炎辛麺 赤神”には欠かせない…数種類もの唐辛子をブレンドしたというの強い辛みと花椒のビリビリとした痺れを強烈に利かせた一杯“火炎辛麺 赤神 神増し”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには凄まじい辛さを強調するかのような形相の獅子“赤神”のデザインが非常に印象的で、まさしく痺れる辛さが伝わってくる赤みを帯びたスープの仕上がりイメージなんかも背景に掲載されていますね!これによると具材には…キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、唐辛子が使用されているようです!

火炎辛麺 赤神 神増し パッケージ

ちなみに今回再現となった人気メニューは“火炎辛麺”ということで、他にも最も辛い“赤神”といったメニューもあるようですが、唐辛子や花椒をある程度までは無料で調整することができるとのことで、まさに以前ご紹介したことのある“鬼金棒 カラシビ味噌らー麺”にも似たシステムのラーメン店ようですね!

そして今回の商品は“神増し”とのことで、想像通り香味野菜も利いた後味の良いシャープな味噌テイストの激辛・痺れが楽しめる仕上がりのようで、私も含め全国の激辛好きには見逃せない一杯といったところではないでしょうか?

ご覧の通り、こちらにはそれぞれの辛さレベルが記載されていて、今回は“神増し”とのことで8倍もの辛さと痺れが楽しむことができるようです!!(※実店舗では辛さ・痺れが“神増し”、野菜が“増し”までそれぞれ無料で調整できるとのこと。)

  • 赤神×50
  • 天獄×12
  • 神増し×8
  • 増し×4
  • 少々×1

ちょっとややこしいんですが…今回再現されたメニューが“火炎辛麺”で、辛さ・痺れが“神増し×8”というわけですね!(実店舗の方には“赤神”に対してさらに辛さを増す“激辛増し”なんかも用意されているようです!)

このように“火炎辛麺 赤神”実店舗では、かなり細かく好みの辛み・痺れを調整することができるようで、この辺りも本来カップ麺でも調整できれば良いんですけどね。。

ちなみにここ“火炎辛麺 赤神”の創業は2017年9月、北九州市小倉北区の“小倉魚町店”を本店とし、2017年11月には京都市中京区に“京都店”をオープンさせ、今回早くもカップ麺化として登場とのことで、痺れ・激辛好きにとってかなり人気の勢いのあるラーメン店と思われます!!

一方こちらには“北九州・小倉 唐辛子と花椒が利いた味噌ラーメン”と記載されているように、実店舗では数種類もの唐辛子・スパイスを利かせた特製辣油が味の決め手となっているとのことで、公式インスタグラムの方に表示されている“世界一の日本的辛麺を目指す。”といった辛さに関してはかなりのこだわりの一杯が人気のようです!!これは激辛好きには心揺さぶられますね。。何とも見た目からも楽しみな一杯!

他にも特徴として…麺はしっかりとした食べ応えを感じさせる太麺仕様(油揚げ麺)となっていて、今回“ちぢれ”を付けたことで、より一層刺激的な味噌スープがよく絡み、痺れる辛さが最後までじっくりと堪能することができる一杯が表現されているようです!

実際に食べてみて…

赤味噌・白味噌のブレンドさせたスープとのことでしたが、どちらかと言うと赤味噌ならではのすっきりとしたキレのある口当たりや後味の良さが印象的な仕上がりとなり、チキンやポークなどの動物系の旨味によるこってり感は控えめに、香味野菜の風味・旨味が引き立って感じられる喉越しの良いスープとなり、そこに唐辛子・花椒による痺れる辛さ…特にビリビリとしたシビレが楽しめる一杯となっていました!
これは特に、“火炎辛麺 赤神”ファンはもちろん、痺れ・激辛好きにはたまらない気軽に味噌テイストの味わいを楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの北九州・小倉の激辛人気ラーメン店“火炎辛麺 赤神”の人気メニュー“火炎辛麺”の味わいをカップ麺に再現した一杯「火炎辛麺 赤神 神増し」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

火炎辛麺 赤神 神増し

今回ご紹介するカップ麺は、北九州・小倉に本店を置く激辛で人気のラーメン店「火炎辛麺 赤神」の“火炎辛麺”を再現したもので、赤味噌・白味噌にチキンやポークを利かせた後味すっきりとした味噌スープに仕上げ、そこに相性抜群な香味野菜が旨味をコク深く引き立て、何と言っても“火炎辛麺 赤神”には欠かせない“神増し×8”となった唐辛子・花椒による痺れる辛さが心地良い“火炎辛麺 赤神 神増し”となっています。

ご覧の通りパッケージ側面には“辛ッシャイマセ!!”といった真っ赤な暖簾が印象的な“火炎辛麺 赤神”の実店舗や簡単な説明文が記載されていますね!

これによると…「からさ、しびれ、うまさを楽しむ火炎辛麺“赤神”」とのことで、味噌にもこだわったコク深く旨味が凝縮されたスープに痺れる辛さが自分好みで調整して楽しむことができるラーメン店のようで、カップ麺とは言え…しっかりと唐辛子ならではのカプサイシンが堪能できそうです!!

それでは、今回の“火炎辛麺 赤神 神増し”がどれほどのチキン・ポーク、そして香味野菜が利いた味噌スープに仕上がっているのか?濃厚さ加減や赤味噌・白味噌の兼ね合い、そして何と言っても痺れる辛さの程度などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

【追記】火炎辛麺赤神 小倉本店の店主“城戸 浩佑(きどこうすけ)”氏より、カップ麺第2弾は“赤神”or“油そば”を考えているとの嬉しい情報が届きました!!!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り435kcal(めん・かやく324kcal / スープ111kcal)となっております。(塩分は6.2g)

カロリーは、赤味噌・白味噌に動物系の旨味が利いた濃厚さをイメージさせる一杯の割に思ったほど高い数値ではないようで、塩分に関しても若干高めではありますが…最近のカップ麺の傾向からすると平均的の範疇といったところではないでしょうか?
ちなみに1食当たり97g、麺の量は70gとのこと。

ただ、カロリーの内訳を見てみると…やはりスープだけで111kcalと若干高めな数値となっているため、旨味が凝縮されたスープに痺れる辛さが単純に表現されたわけではない満足度の高い仕上がりを想像させますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や豚脂をはじめ…

  • 香辛料
  • 植物油脂
  • ポークエキス
  • 油脂加工品
  • チキンエキス
  • 香味食用油

といった、赤味噌・白味噌ならではのキレのあるスープにチキンやポークが旨味をコク深く引き立て、そこにたっぷりと使用された唐辛子の辛み、そして爽やかな風味を伴う花椒ならではのビリビリとした痺れが楽しめる仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734037422
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(糖類、みそ、食塩、豚脂、香辛料、植物油脂、ポークエキス、油脂加工品、チキンエキス、米粉、酵母エキス、香味食用油、デキストリン、発酵調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、香辛料抽出物、炭酸カルシウム、カラメル色素、香料、増粘剤(キサンタン)、かんすい、クチナシ色素、レシチン、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (97g) 当たり]
熱量435kcal
たんぱく質8.4g
脂質17.8g
炭水化物60.3g
食塩相当量6.2g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.75mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム232mg

引用元:火炎辛麺 赤神 神増し | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上にはサンヨー食品らしい“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

また、この調味料をフタから派がしてみると…こちらにも“火炎辛麺 赤神”の力強いロゴや辛さを象徴するかのような獅子の“赤神”が掲載され、暖簾同様に“辛ッシャイマセ!!”といった文字が記載されています!

そして、麺はご覧の通り…何やらすでに花椒のようなスパイシーさを感じさせる粉末が多く含まれている中、太麺仕様のようで、インパクトあるスープにも負けじと強い歯応えなんかも楽しめそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺がさらにふっくらとした仕上がりとなり、“ちぢれ”もしっかりと付いたことでスープも絡まり安く、食欲を満たすであろう強い食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“仕上げの小袋”を入れていきます!
すると…思っていたよりも辛さが強くはない印象のさらっとした油となっているようで、先ほどお湯を入れる前に確認した花椒らしい粉末がありましたから、こちらは主に唐辛子が含まれているのでしょうか?

ただ、さらっとした状態ではありますが、油ということもあるので調理中はフタの上でしっかかりと温めておくと良いでしょう!

すると…ご覧の通り辛みをイメージさせる赤い油がスープに広がっていき、特に香味野菜の旨味なんかもこの風味から強く感じさせ、やはり単純に痺れる辛みが表現されたわけではなく、しっかりと旨味なんかも楽しめる一杯のようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…この見た目からは赤味噌ならではのキレが際立っているようにも見えますね!

そして思ったよりもさらっとした仕上がりとなった味噌スープには、相性抜群な香味野菜の旨味もしっかりと利いたことで、数種類もの唐辛子やスパイスをブレンドしたという辛さを表現するにはぴったりなバランスとなっているようです!

また、スープ表面にはいかにも辛そうな赤みを帯びた油が浮いているんですが、そのすぐ下にはチキン・ポークや香味野菜の旨味が利いたスープが潜んでいますから、今回の“神増し×8”といった唐辛子と花椒による辛さと痺れはそこまで強烈なものではないような気もしますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…スープは非常にキレの良い口当たりが印象的で、特に赤味噌ですかね?香味野菜の旨味が利いた味噌ベースのスープには、さらっとした仕上がりの割に深みのあるコクなんかも楽しめる仕上がりとなっています!

強いて言うなら…個人的にはもう少し動物系の脂っこさがあっても良かったような気もしますね。。非常にさらっとした仕上がりとなっていたため、もう少し厚みがあれば…よりコク深い旨味が表現されていたのではないでしょうか?

そして、気になる辛さについては…唐辛子の辛さというよりも花椒の痺れの方がインパクトあるバランスのようにも感じられ、辛いは辛いんですが、激辛と言うよりもビリビリとした痺れが食べ進めていくに連れて積み重なっていき、花椒ならではの爽やかな風味とともにある程度花椒が強く利いたことによる酸味なんかも後味に残りますね。。

そのため、お好みによって唐辛子をさらに追加して、花椒とのバランスをうまく調整してみても良いかもしれません!実際スープもさらっとした仕上がりでしたので、そこまで強烈な辛さには感じられないかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺仕様・歯応えのある仕上がりとなり、今回の刺激的な味噌スープにも負けじと強い食べ応えを感じさせる相性の良い麺となっています!

ただ、この辺りは若干実店舗の再現とは異なるようですが、これはこれで強い噛み応えやもっちりとした食感が楽しめる仕様のようで、しっかりと“ちぢれ”も付いたことによるスープとの絡みなんかもばっちりですね!

そんな太麺には、今回“火炎辛麺 赤神”の人気メニュー“火炎辛麺”を再現した味噌ベースにチキン・ポーク、香味野菜などがしっかりと利いた後味すっきりとしたスープがよく絡み、一口ずつに“神増し”ならではの痺れと辛さが心地良く口いっぱいに広がっていき、香味野菜の風味が動物系の旨味にうまく合わさった良い香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、噛み応えなんかもあり、しっかりと肉の旨味なんかも滲み出る仕上がりとなっていたため、敢えて単品で楽しむよりもスープに沈めておき、より一層旨味を引き出してもらうと良いでしょう!

さらに、こちらのキャベツは、ほどよくシャキシャキ感を残した仕上がりとなり、今回唯一の食感が良い具材としてちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

ただ、先ほどの“鶏・豚味付肉そぼろ”もそうでしたが、今回の一杯はスープが非常にインパクトある仕上がりとなっているため、具材に関しては若干少なめといった印象ではありましたね。。とは言え…スープが美味しく仕上がっているので物足りなさは全くありません!

スープについて

スープは、非常に濃厚なイメージを勝手にしていたんですが…思ったよりもさらっとした仕上がりとなり、赤味噌・白味噌のキレとコクがチキンやポーク、ガーリックやジンジャーなど香味野菜の旨味によって美味しく際立ち、さらっとしているのに深みのある喉越しの良いスープが表現されています!

そして、そこに“火炎辛麺 赤神”には欠かせない唐辛子による辛さと、花椒による痺れが合わさり、食べ進めていくに連れて後引く辛さがクセになり、さらにビリビリとした花椒ならではの痺れなんかも増して感じられるインパクト抜群な一杯となっていました!

やはり最近の辛いカップ麺は、旨味もきちんと伴っていますからね!強めの痺れ・辛みが表現されてはいるものの…美味しさなんかも楽しめるわけで、個人的には若干花椒が強いような気もしましたが、香味野菜の旨味が利いた味噌スープということもあって、ついついスープ・箸が止まらなくなってしまいますね。。

このように、今回の“火炎辛麺 赤神 神増し”は、チキンやポークをベースに赤味噌・白味噌のキレが引き立ち、さらに香味野菜によってコク深さがバランス良く演出された後味すっきりとした味噌スープに仕上がり、そこに“神増し”となった痺れる辛さが心地良いクセになる一杯となっていたため、後はお好みで花椒とのバランスを調整するために唐辛子を追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「火炎辛麺 赤神 神増し」を食べてみて、動物系の旨味が利いた飲み心地の良い味噌ベースのスープに利いた香味野菜が味に深みを加え、唐辛子や花椒による痺れる辛さが汗を誘う…激辛好きにはたまらない痺れに際立った一杯となっていました!

これで“神増し”だと、“赤神”の仕上がりなんかも気になってきますね。。
これはぜひ第2弾の登場を期待してみたいと思います!!ただ、今回の一杯でも十二分に強い辛さが楽しめるので、特に激辛好きな方はさらに香辛料を追加するとより一層楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!