カップ麺

馳走麺 狸穴(まみあな)監修 ラー油肉蕎麦 食べてみました!焙煎ラー油が決め手の甘濃い味わい

馳走麺 狸穴(まみあな)監修 ラー油肉蕎麦 食べてみました!焙煎ラー油が決め手の甘濃い味わい

馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦」を食べてみました。(2019年1月21日発売・明星食品)

この商品は、東京のラーメン激戦区“池袋”で行列の絶えない人気店「馳走麺(ちそうめん)狸穴(まみあな)」監修のカップ麺だけのオリジナルメニューということで、3回目の登場となる今回は、辛さを強く・麺をさらに太くし、食べ応えをアップさせたという甘濃いつゆが特徴的な“馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、その甘濃く仕上がった味わいがパッケージからも伝わってくるように、スープや具材、麺までもが濃い色をしていますね…!ちなみにこの色の濃い麺は、お店の色合いを再現したという麺!

そして、その特徴としては…かつおダシを利かせた醤油ベースの和風つゆに、鶏の旨みを加えたことで甘濃い味わいに仕上がり、そこに辛みが増したという焙煎ラー油による刺激的な一杯が表現されているとのこと!

また、こちらには前回よりも太くなって食べ応えをアップさせたという強いコシと心地良い歯切れの良さを思わせる麺が甘濃く仕上がったスープによく絡む仕上がりイメージなんかも確認できますね!これはなかなか期待できるのではないでしょうか?

さらには、ダシの利いた甘濃い和風つゆの味に締まりをプラスするかのように、今回の一杯には“焙煎ラー油仕立て”によって甘濃い味わいプラス食欲そそる刺激的な辛みがバランス良く表現されているとのことで、全体的にパンチの強い口当たりなんかを想像させます!

そして、3回目の登場となる今回はなんと!ご覧の通り“温玉おすすめ!”と記載されているように、温玉トッピング推奨となっているではありませんか!!(※温泉玉子は付いておりません。)

なるほど…ダシの利いた甘濃い仕上がりと聞くと、こういったまろやかな味わいのトッピングが合いそうですからね!これは試してみる価値ありそうです!

他にも特徴として、“肉蕎麦”というだけあって、具材にはジューシーな豚肉が使用され、甘濃い和風つゆとともに力強くも刺激的な味わいをじっくりと楽しめる一杯のようですね!

実際に食べてみて…

しっかりとダシが利いた和風つゆには、鶏や豚といった動物系の甘さを感じさせる旨味が厚みをプラスし、そこに別添された焙煎ラー油を注いだ結果、飲み応えのある甘濃い仕上がりに刺激的な辛みが加わり、ガツンとした口当たりがたまらない一杯となっていました!
これは特に、甘濃く刺激的な和風つゆをじっくり楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの池袋の行列店“狸穴”のカップ麺オリジナルメニューとなる甘濃く刺激的な一杯「馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦

今回ご紹介するカップ麺は、東京・池袋の人気店「馳走麺 狸穴」監修のもと、ダシの利いた甘濃い和風つゆに焙煎ラー油をプラスしたことで、素材の甘みがダシと相性抜群な味わいとなり、さらに前回よりも辛さをアップして登場となった“馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“狸穴(まみあな)”の実店舗写真とともに、狸穴についての簡単な説明文が記載されています!

これによると…“馳走麺 狸穴”とは、ラーメン激戦区“池袋”の中でも行列の絶えない人気店とのことで、看板メニューである“肉盛つけ蕎麦”をベースに店主が特別監修し、今回の一杯が商品化されたようです!

そして何と言ってもダシの利いた甘濃い仕上がり、さらにラー油の辛みによる組み合わせが特徴的な一杯のようですね!

これは前回の商品もレビューしていただけあって、辛みが増し、麺の太さがアップした仕上がりは楽しみです!

それでは、今回の甘濃い和風つゆがどういった味わいに表現されているのか?辛さを増した焙煎ラー油がどれほど刺激的な味わいに仕上がっているのか?この辺りについて、じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り416kcal(めん・かやく359kcal / スープ57kcal)となっております。(塩分は4.6g)

今回の一杯はタテ型BIGサイズとなっているんですが、甘濃い仕上がりの割にそこまでカロリーは高い数値ではないようですね!そして塩分も同じく低い数値のようです!
ちなみに1食94g、麺の量は75gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、糖類や食塩をはじめ…

  • しょうゆ
  • 香味調味料
  • 豚脂
  • チキンオイル
  • 香味油
  • 鶏肉エキス
  • 植物油脂
  • かつおエキス
  • かつおぶしエキス
  • かつおぶし粉末

といった、和風つゆというだけあってふんだんに使用された“かつお”ならではの染みるようなダシが利き、さらに鶏の旨みがプラスされたことによって甘濃い仕上がりとなり、辛みを増した焙煎ラー油が味を締めることでパンチの強い納得の美味しさを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白)、スープ(糖類、食塩、デキストリン、しょうゆ、たん白加水分解物、香味調味料、豚脂、チキンオイル、香味油、鶏肉エキス、植物油脂、かつおエキス、かつおぶしエキス、かつおぶし粉末)、かやく(味付豚肉、ごま、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、乳化剤、香辛料抽出物、酸味料、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、酒精、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・そば・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:明星 馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦: 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープや具材がすでに入っていて、フタの上には後入れタイプの液体スープが別添されていました。

そして、具材には…

  • 味付豚肉
  • ごま
  • ねぎ

が入っています。
ちょっと少なめ…?

また、麺はご覧の通り太さを増して食べ応えをアップさせ、さらには“狸穴”実店舗の食感・色合いを再現したという強いコシを想像させる“そば”が使用されているようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

肉蕎麦には欠かせない豚肉がふっくらと仕上がり、さらに麺は太さをアップしたというだけあって、見るからに強いコシを思わせる“そば”ならではの角刃の仕様が印象的で、すでに強い食べ応えを思わせる存在感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの焙煎ラー油を加えたという液体スープを注いでいきます!
すると…ラー油というだけあって、辛みを思わせる赤みを帯びた油となっていて、フタの上で温めておいたおかげでさらっとした仕上がりとなっています!

ちなみにこの液体スープ、量はそこまで多くはないようですが、鶏の甘みを思わせる風味にピリッと味を引き締める食欲そそる香りなんかも漂います!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと…蕎麦として見ると非常に色濃い仕上がりのようで、鶏の旨みも利いたことで甘く濃い和風つゆを思わせる刺激的一杯が表現されているようですね!

ちなみにダシの利いた和風つゆは、どちらかと言うとさらっとした仕上がりではありますが、鶏の旨みがしっかりと味を引き立てているようで、しっとりとした油分が加わったことによる厚みなんかも感じさせるコク深い“そばつゆ”となっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏の甘さと“かつお”のダシ、それらが合わさったことで非常に甘濃い仕上がりとなっていて、どちらかと言うと甘みが際立って感じられます!

そして、そこに前回より辛みを増した焙煎ラー油が加わったことによって、和風つゆ全体のバランスが調和されているようで、刺激的な辛みがむしろ心地良く、旨味・甘み・辛みが力強くも感じられる味わいがパンチの強さとなって表現されているようです!これは飲み応えありますね!!

麺について

麺は、ご覧の通り太めの仕様ということで、強い食べ応えはもちろん、弾力もあり歯切れの良いコシが非常に食感良く感じられ、テンポ良く食べ進めることができるんですが、このすすり心地の良さと口の中で一本一本しっかりと確認できる“そば”の表面に感じられる張りは止まらなくなりますね!

また、この“そば”には、今回ダシ・旨味がしっかりと利いた甘濃い和風つゆがよく絡み、一口ずつに満足度の高い納得の味わいが口に広がっていき、焙煎ラー油による刺激的なアクセントが全く飽きさせません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、数自体は若干物足りなさは感じるものの…“狸穴”実店舗の煮込んだ豚バラ肉をイメージしているようで、噛むと非常にジューシーな肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっています!

そのため、今回の甘濃い和風つゆにも良い味がプラスされているようで、じっくりと旨味を滲み出してもらうためにも、食べはじめはスープ底に沈めておいても良いかもしれませんね!

その他にも“ねぎ”や“ごま”が使用されていて、それぞれ甘濃い和風つゆを隠し味のように風味や薬味として引き立て、焙煎ラー油の香ばしさとも相性良くマッチしているように感じられます!

そして、半分ほど食べ進めてこちら投入してみます!“温玉”です!

これはやはり途中で入れた方が良いですね!ちょうど良い味変にもなるため、最初と後半とで味の違いなんかも2度楽しめるところがまた“狸穴”ならではの甘濃いつゆをじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

すると…あっ、これは美味いですね!!温玉を入れることでマイルド過ぎてしまうかと思いきや、ダシの利いた甘濃いつゆに辛みを増した焙煎ラー油がしっかりと利いているため、思っていたよりもバランス良く、卵ならではのコクがより味わい深くも旨味そのものを美味しく引き立てているようです!(温玉がなければ卵黄だけでも良いかもしれません!)

そして、もちろん黄身の部分を麺に絡めて食べてみても美味い!!むしろこの温玉が甘濃いつゆを和らいでいるようにも感じられますね!まさに付けダレ感覚で楽しめます!

今回はこの“温玉”を自作してみましたが、最近はコンビニなんかでも取り扱っているので、ぜひぜひお試しください!濃厚さ・マイルドさが今回の甘濃い和風つゆにぴったりで、旨味引き立つ絶品スープが楽しめるかと思われます!

スープについて

スープは、かつおダシの利いた風味豊かな和風つゆがベースとなり、そこに鶏の旨みがしっかりと利いたことによって甘さがプラスされ、醤油と和風ダシを合わせた甘濃い口当たりが印象的な仕上がりとなっています!

しかし、今回辛みを増したという焙煎ラー油によって特に変な甘ったるさはなく、シャープな飲み口に加え、この刺激的な辛みというアクセントがスープ全体のバランスを調和させているように感じられます!

そのため、口に入れた瞬間ガツンと甘濃い味わいとしょっぱいくらいのキレが最初に感じられ、すぐ後からは“かつお”ダシならではの旨味が染み渡り、ピリッとした辛みが後味良く表現されています!

そして、原材料によると鶏の旨味以外にも、豚脂が使用されているようですが、全体として脂っこさも全くなく、甘濃い刺激的なこの味わいはついつい止まらなくなりますね。。

また、途中で追加した“温玉”も後押しして、旨味は増していくばかりです。。

ちなみに、気になる辛さの程度についてですが、辛さが増したとは言え、あくまでラー油の辛みですので、食べ進めていくうちにうっすら汗ばむくらいの辛さなので、辛みが苦手な方でも問題ないかと思われます!

…というか味を確かめながら、“温玉”によって調整してみても良いかもしれませんね!これによって味もだいぶマイルドさがプラスされるので、甘濃いつゆを存分に楽しめるのではないでしょうか?

今回の麺はより太さを増しているとのことで、しっかりとしたコシが好印象といった仕上がりでしたので、より硬めで楽しむなら調理時間は3分程度でも大丈夫かと思います!
また、お好みで“天かす”なんかを追加トッピングしてみても良いかもしれませんね!

まとめ

今回「馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦」を食べてみて、風味豊かな“かつお”ダシと鶏の甘みが相性良く甘濃い和風つゆを表現し、さらっとした仕上がりの割に旨味自体は非常に強くも感じられ、そこに辛みを増した焙煎ラー油が加わったことで、飲み応えのある満足度の高い一杯となっていました!

そして、“温玉”を追加した仕上がりは一際旨味が増しますね!味濃い“そばつゆ”との相性は想像以上に美味しく感じられるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です