カップ麺

蒙古タンメン中本 極豚ラーメン!強烈な辛さに背脂を加えたコク深い激辛豚骨味噌

蒙古タンメン中本 極豚ラーメン

蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌」を食べてみました。(2020年2月22発売・セブンプレミアム)

この商品は、お馴染みセブンプレミアムから発売されている“蒙古タンメン中本”のカップ麺シリーズの新商品ということで、激辛フリークに絶大な支持を得る夏の超激辛カップ麺“北極ラーメン”をベースに背脂のコクをたっぷりと加えた旨味溢れる一杯が登場です!

それも…ただでさえ“北極ラーメン”は豚骨ベースの濃厚な味噌スープに強烈な唐辛子の辛さ(カプサイシン)を溶け込ませた刺激的なテイストなんですが…今回の“極豚ラーメン”には、さらにコク深さ・まろやかさを引き立てる背脂を投入することによって“中本”らしい辛いだけでなく旨味にこだわった激辛豚骨味噌といったイメージにふさわしい辛さ・旨味が楽しめる一杯、“蒙古タンメン中本 極豚ラーメン”となっております。(税抜き200円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み強い辛さをイメージさせる赤を基調に“極豚(ゴットン)ラーメン”といった商品名が非常に印象的で、ベースは“北極ラーメン”ということもあって、いつもは夏の風物詩としてお馴染みの“北極ラーメン”を待ちわびている方にとっては期待値の高まる一杯であることに間違いなく、背脂を加えた仕上がりについてはかなり気になるところではないでしょうか?

蒙古タンメン中本 極豚ラーメン パッケージ

そしてもちろん監修は“蒙古タンメン中本”店主である“白根 誠”氏とのことで、あの“北極”をベースに背脂を加えたということで、もしかして“北極”よりも美味いのでは?と…夏まで待ち遠しい方にとってはかなりの朗報であり、そして期待値も一気に高まる激辛好きにはたまらない一杯であることに間違いありません!

さらにその気になる特徴としては…こちらパッケージ側面に“北極×背脂”と記載されているように、“北極”らしい大量の唐辛子が加わっているのはもちろん、今回最大の特徴である背脂を加えて深みのあるコク・旨味を表現したことによって濃厚かつ激辛テイストな…まさに“辛さの中に旨みあり!”といった非常に満足度の高い一杯に仕上がっているようです!

また、豚骨とラードの旨味・風味を利かせた辛みをさらに増す“辛豚オイル”が別添されていて、こちらを加えることによってより一層濃厚な美味しさが楽しめるとのことで、辛さ・豚骨感は多少調整できるようですね!

一方こちらには、“激辛豚骨味噌”と記載され、その背景には真っ赤なスープに背脂などが浮かぶコク深い旨味がマッチした仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ラード加工品・味付豚肉・フライドガーリック・赤唐辛子・ねぎが使用されているようです!見た目としては“もやし”が入っていない代わりに背脂が加わっている点が印象的といったところ!
※“北極ラーメン”に使用されている具材は…ごま、味付豚肉、モヤシ、フライドガーリック、赤唐辛子、ねぎとなっています。

ちなみに今回使用されている“背脂風のかやく”は、こちら容器側面にも記載されているようにラードを主原料にしているとのこと。

他にも特徴として…麺は“蒙古タンメン中本”の実店舗を再現するかのような角刃仕様の太ストレート麺が“北極ラーメン”と同じく採用されていて、“極豚(ゴットン)”という名にふさわしい背脂をたっぷりと加えた激辛でコク深く濃厚な豚骨味噌スープにも負けじと強い噛み応えなんかも楽しめる食べ応え抜群な仕上がりで、最後までじっくりと強烈な辛さと旨味が楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

背脂によるコクが思ったよりもまろやかさを際立たせ、それによって強い辛さが調和されているのでは?思われるほど旨味の主張が強く、あの強烈な辛さを求めていただくと…若干物足りなさを感じる仕上がりで、そういった点ではさすが“極豚(ゴットン)”というだけあって旨味に際立った“北極”とはひと味違った美味しさが楽しめる一杯となっていました!
これは特に、“蒙古タンメン中本”ファンはもちろん、刺激的な“北極ラーメン”に背脂をたっぷりと加えたことによる濃厚で豚骨の旨味が際立った味わいを楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「蒙古タンメン中本 極豚ラーメン」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回は激辛好きに圧倒的人気を誇る“北極ラーメン”をベースに背脂を加えたことで豚骨のコク・旨味が増し、激辛でありながらも濃厚な旨味がしっかりと楽しめる食べ応え抜群な一杯、「蒙古タンメン中本 極豚ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

蒙古タンメン中本 極豚ラーメン 激辛豚骨味噌

今回ご紹介するカップ麺は、激辛テイストのカップ麺の中でもトップレベルの人気を誇る夏の風物詩として毎年人気の“北極ラーメン”をベースに“極豚(ゴットン)ラーメン”という名にふさわしい背脂をたっぷりと加えたことで、コク深い豚骨が際立った濃厚な旨味が特徴的な一杯、“蒙古タンメン中本 極豚ラーメン 激辛豚骨味噌”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている“極豚オイル”を剥がしてみると…お馴染みのデザインが踏襲され、“辛みによる刺激が大変強いので、十分に注意してお召し上がりください。”といった激辛テイストではお馴染みの注意書きなんかもしっかりと確認できます!

また、今回のような激辛テイストのカップ麺についてのまとめは、ぜひ下記の記事もご覧ください!

激辛カップ麺!本当に辛くて美味しいカップ麺ランキング【随時更新】
激辛カップ麺!本当に辛くて美味しいカップ麺ランキング【随時更新】激辛カップ麺は好きですか? このブログでも、これまでに様々なカップ麺をご紹介してきましたが、今回はその中から特に“激辛”に注目して...

ちなみに個人的に以前発売された“北極ラーメン”は箱買いはもちろん、さらに買い増しして残り2つだけでしたので、今回のような“北極”の辛さが一足早く楽しめる新商品の登場はかなり嬉しいところで、ご覧の通り“極豚(ゴットン)ラーメン”と並べて比較してみると…“辛さの極地”が“北極×背脂”へ、さらに“激辛味噌”が“激辛豚骨味噌”へと置き換わっている点が印象的で、やはり背脂を加えたことによる旨味が増した一杯であることが伝わってきますね!

そもそも豚骨ベースの濃厚な味噌スープにアタックの強い強烈な辛みが一口目から楽しめる“北極”に背脂が加わっていますから…旨味が増した一杯とも言えるテイストは舌を切るような痛烈な辛さとのバランスが非常に気になるところではあります。。

一方こちらには“蒙古タンメン中本”2代目店主である各種メディアでもお馴染み“白根 誠”氏の写真も掲載されていますね!!(いつもお世話になっております!!)

この“蒙古タンメン中本”実店舗について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

蒙古タンメン中本
「蒙古タンメン中本」に行ってきました!激辛の聖地で楽しむ本格的一杯激辛ラーメンの代名詞「蒙古タンメン中本」に行ってきました! このラーメン店は、もはやメディアやカップ麺シリーズでも多くの方が一度は...

それでは、今回の“蒙古タンメン中本 極豚ラーメン 激辛豚骨味噌”がどれほど強烈な辛さが表現されているのか?“極豚”というだけあって背脂のコク・旨味が加わった仕上がり具合や強烈な辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても噛み応えのある太ストレート麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認してきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り536kcal(めん・かやく414kcal / スープ122kcal)となっております。(塩分は6.9g)

カロリーは、豚骨ベースの濃厚な味噌スープにたっぷりと背脂を加えた一杯ということもあって割と高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり112g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで122kcalとかなり高めな数値となっていることからも、背脂を加えたことによる濃厚なコク・旨味が引き立った仕上がりであることが伝わってきますね!

ちなみに“北極ラーメン”と比較してみると…スープのカロリーは同等となっているようですが、“めん・かやく”の方は背脂が加わった分高くなっています!

極豚(ゴットン)ラーメン
北極ラーメン

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や“粉末みそ”をはじめ…

  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • でん粉
  • 植物油脂
  • クリーミングパウダー
  • キャベツ調味料
  • 乳化油脂
  • 香味油

といった、豚骨ベースの濃厚な味噌スープに背脂によるコクが加わったことによって旨味がさらに増し、それとともに“蒙古タンメン中本”特製の強烈な辛さを表現した唐辛子が絶妙にマッチした激辛好きにはたまらない…旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

また、こちらも“北極ラーメン”と比較してみると…ほぼ同等な材料が使用されているようで、やはり背脂による濃厚なコク・旨味が今回の“極豚(ゴットン)ラーメン”最大の特徴のようですね!

極豚(ゴットン)ラーメン
北極ラーメン
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、チキンエキス、香辛料)、スープ(豚脂、粉末みそ、香辛料、糖類、ポーク調味料、小麦粉、でん粉、植物油脂、食塩、クリーミングパウダー、キャベツ調味油、酵母エキス、乳化油脂、香味油)、かやく(ラード加工品、味付豚肉、フライドガーリック、赤唐辛子、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、香辛料抽出物、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (112g) 当たり]
熱量536kcal
たんぱく質11.5g
脂質27.0g
炭水化物63.5g
糖質:59.8g
食物繊維:3.7g
食塩相当量6.9g
めん・かやく: 3.0g
スープ: 3.9g
ビタミンB11.19mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム138mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り背脂を含む粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“極豚オイル”と記載された調味料が別添されています。

赤みを帯びた粉末スープも心なしか多めにも感じられますね!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、こちらを加えることによって“中本”らしい強烈な辛さはもちろん、ラードの旨味・風味を利かせたオイルによってコク深く濃厚な味わいに仕上がるということで、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • ラード加工品
  • 味付豚肉
  • フライドガーリック
  • 赤唐辛子
  • ねぎ

が入っています。

この背脂をイメージしたラード加工品が湯戻しによってどのように仕上がるのか?大変気になるところ。。

さらに、麺はご覧の通り食べ応えのある太ストレート仕様となっていて、歯切れの良い強いコシなんかも食感良いんですよね!今回もまたしっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうです!

調理してみた

熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

スープ表面にはまだまだ粉末スープがダマになった状態となっているようで、ベースがそもそも濃厚な豚骨味噌スープに仕上がり、さらに背脂が加わったことによって、よりコク深く濃厚な旨味が楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“極豚オイル”を加えていきます!
すると…強い辛みを思わせる赤みを帯びた油分となっているんですが、さらにラードの旨味・風味なんかも引き立てているようですので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この“極豚オイル”は少量ではありますが、辛み・旨味をより一層引き立てるかのような存在感の強い油分となっていて、“中本”らしい痛みを伴う辛さが楽しめるため、気になる方は味を確かめながら追加していっても良いかもしれませんね!(…というかそろそろ“蒙古タンメン中本”で使用する特製唐辛子を別売りで販売してほしいです。。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…見るからに激辛なテイストを思わせる真っ赤な色合いが印象的で、豚骨味噌といった旨味溢れる濃厚な仕上がりに加え、背脂によるコクがより一層旨味を引き立て、ドロッとした印象ではありませんが…厚みのある旨味が表現され、見るからに強烈な辛さと豚骨による美味しさが楽しめる一杯となっています!

また、今回の“極豚ラーメン”は、ご覧の通り具材に“もやし”の代わりに背脂が使用されている点が特徴的で、その背脂も思っていたよりも多く使用されているようですね!これがどれほど激辛豚骨味噌スープをコク深く仕上げているのか?非常に楽しみなところ!!

食べてみた感想

一口食べてみると…あの“北極”らしい痛みを伴うアタックの強い唐辛子の強烈な辛みがすぐに伝わり、その後には豚骨の旨味が背脂によってコク深くまろやかにも感じられる美味しさがしっかりと感じ取ることができます!

ただ、個人的にはこの背脂が加わったことによって厚みのある旨味が強調されているようにも感じられ、単純に辛さが物足りないかな?といったバランスでしたので、お好みによっては唐辛子をもう少し足してみるとちょうど良いかもしれません!…というくらい豚骨味噌の旨味が増していて、この“極豚ラーメン”は普通に美味しいですね!笑

普通に美味しいと言っても背脂によるコク深い旨味が際立っていて、“蒙古タンメン中本”に求める強烈な辛さが変に調和されてしまっているような印象です。。

なので個人的には、やはりキリッとした口当たりと旨味・辛みが絶妙なバランスとなった“北極”の方が好みではありますね!あの一杯がどれほど完成された仕上がりなのかがわかりますね!

麺について

麺は、ご覧の通り噛み応えのあるしっかりとしたコシが表現された太ストレート仕様となっていて、たっぷりと唐辛子が使用されているため思い切りすすることはできませんが…ガシガシと食べ進めるような食感がまた心地良く感じられます!

そんな太麺には、豚骨味噌スープに背脂によるコクと旨味が加わり、濃厚感に際立った旨味溢れる激辛スープがよく絡み、一口ずつに刺激的な辛さとともに豚骨や背脂(ラード)の旨味が口いっぱいに広がっていき、豚骨味噌ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのラードを使用した背脂が多めに入っていて、ラードを主原料としているにもかかわらず溶けきらない仕上がり具合や脂っこさではなく旨味・コクを引き立てる辺りが本格的な背脂を感じさせ、濃厚な豚骨味噌スープを非常に美味しく引き立てているようです!

ただ、これによってキリッとした味わいに若干まろやかさが加わり、それによって辛さが少し調和されているようにも感じられますね!辛くて美味いあのバランスを保つならもう少し辛さを増しても良かったような気もします。。

また、こちらの味付豚肉は若干細かくカットされた状態となっていたものの…しっかりとした味付けや肉の旨味が感じられる美味しい具材となっていたため、濃厚な激辛豚骨スープにも相性良く、ほどよく肉の旨味なんかも滲み出す今回の一杯“極豚ラーメン”には欠かせない具材となっています!

さらに、こちらのフライドガーリックは、豚骨味噌スープにぴったりな“にんにく”の旨味を加え、食欲そそる旨味・風味を引き立てるには欠かせない具材のひとつとしてさりげなく添えられています!

スープについて

スープは、豚骨の旨味をしっかりと利かせたキレとコクのある味噌スープがベースとなり、そこにラードを主原料とした背脂ならではのコクと旨味を加えたことによって美味しさそのものが引き立てられ、まさに“辛さの中に旨味あり”といった“蒙古タンメン中本”らしい激辛×濃厚豚骨味噌のイメージぴったりな仕上がりとなっています!

そのため、そもそも豚骨味噌スープがベースとなっている“北極”に背脂によるコクを加えたことで、豚骨の旨味が広がり、それによって商品名である“極豚(ゴットン)ラーメン”といった豚の旨味を極めた美味しさが激辛テイストと絶妙にマッチし、満足感をしっかりと満たしてくれるでしょう!

ただ、先ほどもお伝えした通りこの“極豚ラーメン”に使用されている背脂は想像以上にコクやまろやかな旨味を引き立てているため、激辛フリークにとっては美味しいんですが…若干辛さに物足りなさを感じるかもしれません!

つまりこの“極豚(ゴットン)ラーメン”とは、どちらかと言うと旨味を極めた一杯とも言え、強烈な辛さ以上の美味しさが楽しめる一杯として味わってみると良いかと思われます!

とは言え、強烈な辛さであることに違いありませんから、食べ進めていくに連れて汗は噴き出し、この清々しいほどの激辛なテイストはやはりクセになりますね!最後は唐辛子をさらに追加して完食です!

このように、今回の“蒙古タンメン中本 極豚ラーメン 激辛豚骨味噌”は、セブンプレミアムでお馴染み夏の限定商品“北極ラーメン”をベースに背脂をたっぷりと加えたことによって濃厚な豚骨味噌スープにまろやかな旨味が広がり、後引く旨味・辛みがクセになる豚骨の旨味極まる一杯となっていたため、若干辛みが抑えられているようにも感じられましたので、お好みによってはさらに唐辛子を追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「蒙古タンメン中本 極豚ラーメン 激辛豚骨味噌」を食べてみて、豚骨の旨味が背脂によってコク深く濃厚な美味しさに際立って感じられ、“中本”らしい強烈な辛さではありますが、しっかりと豚骨の旨味も楽しめる…まさに“辛さの中にも旨味あり”といった食べ応え抜群な一杯となっていました!

また、今回は“極豚ラーメン”ということで豚骨の旨味が際立つ濃厚な激辛味噌スープでしたので、辛さを少し調整してみると、より強烈な存在感のある味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

激辛カップ麺が好みの方はぜひこちらの記事もご覧ください!
激辛カップ麺!本当に辛くて美味しいカップ麺ランキング【随時更新】

「蒙古タンメン中本 極豚ラーメン」を検索

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら