カップ麺

ネギらぁ にんにく塩ラーメン 食べてみました!“ネギ油”と“ねぎ”を豊富に使用した風味豊かな一杯

ネギらぁ にんにく塩ラーメン

ローソンで限定発売されたカップ麺「ネギらぁ にんにく塩ラーメン」を食べてみました。(2020年9月22日発売・エースコック/ローソン限定)

この商品は、“やりすぎくらいがちょうどいい!?”をコンセプトにしたシリーズ第3弾ということで今回は“ネギ”に着目し、後味すっきりとした塩味のスープ・具材に“ねぎ”をたっぷりと使用、さらに食欲そそる“にんにく”を利かせたことによって素材の美味しさ・特徴を存分に活かした攻めの一杯が登場です!

それも…チキンの旨味をベースに“ネギ油”を加え、ポークや魚醤が深みを引き立て、さらにたっぷりと使用された“にんにく”が何とも食欲そそり、具材にはサイズの異なる“ねぎ”をふんだんに使用したことで、素材の持つ本来の美味しさを十二分に楽しめる一杯、“ネギらぁ にんにく塩ラーメン”となっております。(税込198円)

ご覧の通りパッケージには、まさしく“ねぎ”を思わせる緑を貴重に緑の“どんぶり”があしらわれ、大量の“ねぎ”が盛り付けられるイメージ写真が印象的で、スープ・具材にネギを豊富に使用したことで、最後までネギの美味しさが思う存分堪能できる一杯に仕上がっているようですね!これはなかなか楽しみな一杯!

ネギらぁ にんにく塩ラーメン パッケージ

ただ、エースコックには他にもこういった“やりすぎ”・“素材の持つテーマを際立たせた”コンセプトの“EDGE”シリーズや、“MEGA”シリーズからも数多く発売されているんですが…今回はローソンとのコラボカップ麺ということで、改めて“ねぎ”の美味しさ・特徴に際立った一杯が登場したということですね!

一方こちら容器側面には…“にんにく塩ラーメン”、“にんにくの香りきわだつ”と記載されているように、今回の一杯はベースとして食欲そそる“にんにく”の風味を利かせたキレの良い塩スープとなっていて、そこに“ネギ油”が加えられ、具材にもたっぷりと“ねぎ”が加えられたことによって“ねぎ”の美味しさを引き立てており、この相性抜群な組み合わせによって素材の旨味を最大限に引き出しているようで、まだまだこのシリーズは今後の商品展開に期待できそうです!

また、“どんぶり”のイメージ写真の背景には所狭しと“ねぎ”が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルに“ねぎ”のみが使用されているようです!しかもサイズの異なる“ねぎ”を使用しているとのことで、食感や風味、旨味に関しても非常に気になるところでしょうか?

他にも特徴として…麺は中細・丸刃で歯切れも良く、すすり心地抜群な仕様の麺が採用されており、すすった際に香り立つ“ネギ油”や“にんにく”それぞれの風味なんかも楽むことができ、素材に際立った攻めの味わいとして後味すっきりとした塩味のスープがじっくりと楽しめるというわけです!

また、後ほど詳しくご説明しますが、このシリーズは一杯当たりの量が若干少なめということもあって、攻めのカップ麺とは言え…大変カロリーの低いカップ麺となっているため、割とヘルシーなフレーバーでもあり、女性層にもおすすめの一杯かと思われます!

実際に食べてみて…

ベースが塩味ということもあって後味すっきりとしたキレの良いスープに“ネギ油”や食欲そそる“にんにく”の香り・旨味が非常に美味しくマッチし、ネギとは言っても想像するような辛みが伝わるほどのものではなく、万人受けするかのようなテイストが風味良く仕上がっており、シリーズらしい素材の旨味が思う存分楽しめる一杯となっていました!
これは特に、ネギの旨味・風味をたっぷりと加えた塩味のラーメンに“にんにく”風味を加えたやみつき感のある味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はローソン限定で発売された“やりすぎくらいでちょうど良い?”攻めのカップ麺シリーズ待望の新商品で、スープ・具材にネギがたっぷりと使用された一杯、「ネギらぁ にんにく塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ネギらぁ にんにく塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、上記のようにネギを具とスープともにたっぷりと使用した攻めのローソン限定商品で、チキンの旨味をベースに“ネギ油”の旨味・風味を利かせ、さらに食欲そそる“にんにく”の風味が香り立つ…後味すっきりとした塩味のスープが印象的で、まさにネギ本来が持つ美味しさ・風味を前面に押し出したシリーズらしい一杯、“ネギらぁ にんにく塩ラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの上にも“ネギらぁ”といった商品名が大きく記載され、大きさの異なる“ねぎ”がたっぷりと盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されています!

一方こちらにも非常にシンプルに“ネギらぁ”といった商品名が大きく記載され、後味すっきりとした塩味のスープに“ネギ油”、具材には“ねぎ”をたっぷりと使用し、最後まで全く飽きの来ないキレの良い仕上がりをイメージさせますね!

このように今回のフレーバーはネギ?と一瞬疑問に思うかもしれませんが、ベースとなるスープにはチキンの旨味に“にんにく”風味が香り立ち…それだけでも十分美味しいのでは?と思うほどの仕上がりとなっていますから、そこに大量のネギが加わったことで、ちょうど良い薬味にも旨味にも変化する味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

ちなみに2020年2月4日に突如発売され、今もなお取り扱いされている“ゴマらぁ”と“コショらぁ”について詳しくは下記の記事もぜひご覧ください!
※取り扱いに関してはローソンの各店舗にもよります。

コショらぁ・ゴマらぁ
“コショらぁ”・“ゴマらぁ” 食べてみました!ローソン限定やりすぎカップ麺ローソンで限定発売されたカップ麺「ゴマらぁ・コショらぁ」を食べてみました。(2020年2月4日発売・エースコック/ローソン限定) ...

それでは、今回の“ネギらぁ にんにく塩ラーメン”がどれほどネギの旨味・風味をしっかりと利かせた仕上がりとなっているのか?キレの良い塩味のスープに利かせた“ネギ油”や“にんにく”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地の良い中細・丸刃仕様の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り252kcal(めん・かやく225kcal / スープ27kcal)となっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、素材の旨味をふんだんに活かした仕上がりということでしょうか?チキンをベースにした塩スープというだけあってかなり低めな数値のようで、塩分もまたかなり低めな数値となっていますね!(特に“めん・かやく”は1.2gとかなり低い数値です。)

ちなみに1食当たり60g、麺の量は50gと若干少なめな仕様となっていて、場合によっては夜食にもちょうど良いサイズ感と言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • チキンエキス
  • 香味油
  • 香辛料
  • でん粉
  • カツオ調味料
  • チキン調味料
  • 粉末しょうゆ
  • 魚醤
  • 香味調味料
  • ポーク調味料

といった、チキンだけでなく鰹や魚醤といった魚介系の旨味なんかも含まれているようで、シンプルな塩味のスープというよりも…想像以上に深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、公式ページには“スープも具もとにかくネギが主役!”と記載されていましたが、スープの方には直接“ネギ油”といった記載はされていないようですね。。

JANコード4901071288693
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(食塩、植物油脂、たん白加水分解物、糖類、チキンエキス、香味油、香辛料、デキストリン、でん粉、カツオ調味料、チキン調味料、粉末しょうゆ、魚醤、香味調味料、ポーク調味料)、かやく(ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、増粘剤(グァーガム)、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (60g) 当たり]
熱量252kcal
たん白質5.2g
脂質9.5g
炭水化物36.5g
食塩相当量3.8g
めん・かやく: 1.2g
スープ: 2.6g
ビタミンB10.17mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム210mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…恐らく“ネギ油”・“にんにく”の旨味・風味が凝縮されているような、割とサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材にはシンプルに…

  • ねぎ

のみが入っています…笑

ただ、湯戻りしていない状態でこの量ですから、仕上がりのボリューム感はもちろん、サイズが異なる仕様のようで食感の良さなんかも気になりますね!

さらに、麺はやや細め・丸刃仕様となっていることから、ほどよい弾力やすすり心地の良さを思わせ、すすった際に香り立つ“ネギ油”や“にんにく”ならではの食欲そそる風味なんかも引き立つ相性抜群な麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺が確認できないほどたっぷりと“ねぎ”が敷き詰められ、この時点では麺の仕上がりが確認できないんですが…ほどよい弾力やつるっと滑らかな食感が加わり、すすり心地の良さとともに風味豊かな塩スープ、そしてたっぷりと使用されたネギの味わいが思う存分楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…やはりこちらには“ネギ油”や“にんにく”の風味がしっかりと利いているようで、非常にサラッとしたスープには、食欲そそる“にんにく”の風味が一気に広がっていき、後味すっきりとした塩味のスープにやみつき感のある美味しさが際立ち、さらに“ネギ油”によるほどよい香ばしさなんかも相性良く馴染んでいるようです!

そのため、見た目としては全く変化はないものの…特に“にんにく”の風味が印象的で、“ネギらぁ”という割にこの“にんにく”の香りの方が際立っているようにも感じられますね…笑

つまりは…めちゃくちゃ美味しそうな一杯なんですが、よく考えてみると“ねぎ”も“にんにく”も香味野菜ですからね!チキンをはじめ動物系や魚介系の旨味がバランス良く調和された塩味のスープを引き立てているとも言え、まさに互いが持つ素材の美味しさを際立たせる非常に相性の良い旨味・風味が表現されているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはり塩味のスープというだけあって非常にサラッとしたキレの良さそうな仕上がりとなっていて、あっさりとしていながらも様々な材料が使用されたことで厚みのある味わいが表現され、塩スープならではのキレの良さ、そして“ネギ油”や具材に使用された“ねぎ”による後味の良さに際立っているようです!

また、塩スープらしく若干透明感もあるんですが…原材料にも記載されていた通り動物系のなどの旨味が思ったよりも多く使用されたことから、あっさりとした中にも決して物足りなさを感じさせない美味しさが凝縮され、“ネギ油”による香ばしい風味や“にんにく”の香りなんかも食欲そそり、改めて素材の旨味を引き立てる香味野菜の凄みを感じさせますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…チキンなどの旨味を利かせたことで、割とあっさりとしたテイストながらも繊細な味わいに仕上がり、そこに食欲そそる“にんにく”の風味がガツンとパンチの強い口当たりを表現、さらに“ネギ油”による風味豊かな香りがプラスされたことによって直接的に“ねぎ”の香りが感じられるわけではありませんが、スープそのものの味わいを引き立てる調味料として絶妙に深みを際立たせています!

そのため、単純に“ねぎ”の味だけが全面に押し出されたテイストというわけではなく、ベースとなる素材の旨味を引き立てる調味料としてバランス良く融合されており、そこに具材としてたっぷりと使用された“ねぎ”によって“ネギらぁ”といった品名の文字通りたっぷりと素材の特徴が感じられ、最後まで全く飽きの来ない塩味ならではの味わいが風味良く楽しめることでしょう!

しかも1食当たりの量が若干少なめということもあって、塩味ならではの“くどさ”といった感じも一切なく、さらにカロリーも低めですから、夜食や飲んだシメなんかにもちょうど良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細め・丸刃仕様となっていて、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが印象的で、当然すすり心地も非常に良く、すすった際に香り立つ“ネギ油”や“にんにく”ならではの食欲を刺激する風味豊かな香りがたまりません!

そんな麺には、チキンなど実に様々な動物系・魚介系を利かせた塩味をベースに“ネギ油”や“にんにく”の風味をしっかりと利かせた繊細な味わいのスープがよく絡み、一口ずつにあっさりとした中にも物足りなさを感じさせない繊細な旨味が口いっぱいに広がっていき、“ねぎ油”特有の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言ってもこちらの“ねぎ”のみとなっているんですが、サイズを敢えて変えてカットしたことによってシャキシャキとした食感や、ちょうど良い薬味にもなったことで、スープそのものの美味しさを際立たせるのはもちろん、後味すっきりと感じさせる飽きの来ないちょうど良い引き立て役でもあり、今回全面に押し出された味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

そして、使用されている量もかなり多めとなっているため、先ほどの麺と一緒に絡めていただくと…食感や風味の良さがさらに加わり、より一層“ねぎ”の美味しさがガツンと楽しむことができ、“ねぎ”のみの具材でも全く物足りなさを感じさせませんね!…というか“にんにく”が割とがっつりと利いているのでクセになります。。

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンをはじめ様々な動物系・魚介系の旨味がバランス良く仕上がり、塩味ならではのあっさりとした中にも深みのある繊細な味わいが表現され、“ネギ油”や“にんにく”を利かせたことによって思っていたよりもクオリティ高い一杯に感じられます!

そして、塩スープならではの後味すっきりとした透明感はあるものの…様々な旨味が凝縮されたことによってシャープな飲み口とコク深い味わいに際立ち、物足りなさといった印象は全くなく、“ネギ油”や“にんにく”の旨味・風味が絶妙にマッチしたことによって、ついついスープが止まらなくなる…そんなクセになる味わいに仕上がっているようです!

また、今回使用されている“ねぎ”は大きさの異なる仕様だけでなく、様々な部位が使用されたことによって素材本来の苦味や甘味が感じられ、食べ進めていくに連れて“ねぎ”本来の美味しさもスープによく馴染み、それと同時に満足度も増していく…そんなシンプルながらも飽きの来ない後味すっきりとしたテイストが最後までたっぷりと楽しめることでしょう!

このように、今回の“ネギらぁ にんにく塩ラーメン”は、あっさりとした塩味をベースにチキンをはじめ想像以上に様々な材料が使用されたことによる繊細な味わいが印象的で、そこに“ネギ油”や“にんにく”を利かせたことによって食欲そそる風味豊かな味わいが楽しむことができ、具材に使用された“ねぎ”も異なるサイズ・部位といった拘りの食感・味わいを表現していたため、シリーズらしい…やり過ぎ感のあるテイストで、ちょい足し不要・素材の美味しさが十二分に堪能できるかと思われます!

まとめ

今回「ネギらぁ にんにく塩ラーメン」を食べてみて、あっさりとした塩スープには…動物系・魚介系の材料がバランス良く旨味を引き立て、スープには“ネギ油”を、そして具材には“ねぎ”を大量に使用したことによって後味すっきりとした薬味・旨味が絶妙にマッチし、食欲そそる風味豊かな仕上がりはもちろん、塩味ながらも最後まで飽きの来ない繊細な味わいがたまらない一杯となっていました!

また、個人的にも実際このテイストがシリーズ化するとは思ってもみませんでしたので、今後の商品展開にも期待したいのはもちろん、今回の“ネギらぁ”に関しても素材の持つ味わいを思う存分楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!