カップ麺

“コショらぁ”・“ゴマらぁ” 食べてみました!ローソン限定やりすぎカップ麺

コショらぁ・ゴマらぁ

ローソンで限定発売されたカップ麺「ゴマらぁ・コショらぁ」を食べてみました。(2020年2月4日発売・エースコック/ローソン限定)

この商品は“ゴマがすごい!”と“コショウがすごい!”をコンセプトに、ある意味“とがった”方向性のローソン限定で登場したカップ麺で、胡麻・胡椒それぞれ好みの方にはたまらない素材の特徴を活かした攻めの一杯、“ゴマらぁ・コショらぁ”となっております。(各種税込198円)

それも、“ゴマらぁ”・“コショらぁ”の文字通りゴマ・コショウそれぞれの素材に際立った味わいに仕上げ、“ゴマらぁ”に関しては豚骨スープをベースにゴマならではの香ばしい旨味・風味をたっぷりと利かせた一杯で、“コショらぁ”に関してはチキンの旨味をベースにした塩ラーメンにたっぷりとコショウを利かせた一杯となり、ご覧の通りローソン店内でも“ありそうでなかったやりすぎ!カップらぁめん”と…ポップまで用意して割と大々的にアピールしていましたね!

ちなみに上記ポップによると…“ゴマらぁ”は、スープも胡麻!トッピングも胡麻!ということで、真の胡麻好きに贈る一杯に仕上がっているようで、一方で“コショらぁ”は胡椒かけすぎ!ちょい足し不要!とのことで、胡椒際立つパンチのある口当たりが特徴のようです!

ただ、エースコックには他にもこういった“やりすぎ”・“素材の持つテーマを際立たせた”コンセプトの“EDGE”シリーズや、“MEGA”シリーズからも数多く発売されているんですが…今回はローソンとのコラボカップ麺ということで、改めてゴマとコショウに際立った一杯が各種登場したということですね!

他にも特徴として…麺には共通して若干幅広で歯切れも良く、すすり心地抜群な仕様のやや細めの麺が採用されており、すすった際に香り立つゴマ・コショウそれぞれの風味なんかも楽しめ、各種素材に際立った攻めの味わいとして豚骨スープ・塩スープがじっくりと楽しめるというわけです!

また、後ほど詳しくご説明しますが、一杯当たりの量が若干少なめということもあって、攻めのカップ麺とは言え…大変カロリーの低いカップ麺となっているため、割とヘルシーなフレーバーでもあり、女性層にもおすすめの一杯かと思われます!

実際に食べてみて…

“ゴマらぁ”の方はベースが豚骨ということもあって後味の良いスープに香ばしいゴマの香り・旨味が美味しくマッチし、ゴマとは言っても想像するような練り胡麻が利いたねっとりとしたスープではありませんから、非常にキレの良い口当たりが風味良く仕上がっており、一方で“コショらぁ”の方はベースが塩ということで、こちらもまたキレの良い口当たり・後味の良さに際立ち、“くしゃみ”がでそうなほどコショウの風味が思う存分楽しめる一杯となっていました!
これは特に、ゴマの香ばしさをたっぷりと加えた豚骨ラーメンや、後味さっぱりとした塩ラーメンにたっぷりとコショウを加えた攻めの味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はローソン限定で発売された“やりすぎくらいでちょうど良い?”攻めのカップ麺、ゴマがたっぷり使用された一杯とコショウをがっつり利かせた一杯、「ゴマらぁ・コショらぁ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ゴマらぁ

ではまずはじめにご紹介するカップ麺は、 上記のようにゴマをたっぷりと使用した攻めのカップ麺で、ポークをベースに相性抜群な香味野菜などの旨味を利かせ、さらに“練り胡麻”や“すり胡麻”の香ばしい風味が食欲そそる…まろやかでありながらも後味すっきりとした豚骨スープが印象的で、まさに“ごま豚骨ラーメン”といったイメージにふさわしい一杯、“ゴマらぁ”となっています。

ご覧の通りパッケージも非常にシンプルに“ゴマらぁ”といった商品名が大きく記載され、コク深くまろやかなゴマの旨味・風味をしっかりと利かせた豚骨スープの仕上がりイメージなんかも掲載されていますね!

ただ、これを見る限りドロっとしたスープをイメージさせるわけですが…実際にはキレの良い豚骨の旨味が際立つコク深い仕上がりとなっていますので、こってり感・濃厚感のあるスープというわけではありません。。

ゴマらぁ パッケージ

また、フタの方には“クリーミー豚骨ごまラーメン”と記載され、まろやかな豚骨ラーメンに旨味・具材ともにたっぷりと使用されたゴマに際立った一杯であることが伝わり、こちらを見る限り、具材には…ごま・キャベツ・ねぎが使用されているようです!

それでは、まずはこの“ゴマらぁ”がどれほどゴマの旨味・風味をしっかりと利かせた仕上がりとなっているのか?練り胡麻やすり胡麻とキレの良い豚骨スープとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地の良いやや平打ち仕様の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り340kcal(めん・かやく267kcal / スープ73kcal)となっております。(塩分は2.9g)

カロリーは、素材の旨味をふんだんに活かした仕上がりということでしょうか?豚骨ベースの割にかなり低めな数値のようで、塩分もまたかなり低めな数値となっていますね!(特に“めん・かやく”は0.9gとかなり低い数値です。)

ちなみに1食当たり69g、麺の量は50gと若干少なめな仕様もまた夜食など、場合によってはちょうど良いですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“ねりごま”や乳化油脂をはじめ…

  • ごま加工品
  • 食塩
  • ポークエキス
  • 植物油脂
  • 動物油脂
  • 粉末しょうゆ
  • 野菜パウダー
  • ポーク調味料
  • でん粉
  • 香辛料
  • ポークコラーゲン
  • 粉末みそ
  • シイタケパウダー

といった、ふんだんに利かせた豚骨ベースのコク深くクリーミーなスープには、香味野菜だけでなく椎茸の旨味なんかも使用されており、そこにたっぷりとゴマの旨味・風味が加わったことで、食欲そそる香ばしさがクセになるまろやかで後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖)、スープ(ねりごま、乳化油脂、ごま加工品、食塩、ポークエキス、植物油脂、動物油脂、粉末しょうゆ、野菜パウダー、ポーク調味料、でん粉、香辛料、ポークコラーゲン、粉末みそ、シイタケパウダー、全卵粉)、かやく(ごま、キャベツ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸味料、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・ゼラチン・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (69g) 当たり]
熱量340kcal
たん白質7.5g
脂質17.4g
炭水化物38.3g
食塩相当量2.9g
めん・かやく: 0.9g
スープ: 2.0g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム279mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“調味油”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…恐らく練り胡麻・すり胡麻の旨味が凝縮されているような、ドロッとした状態となっていたため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • ごま
  • キャベツ
  • ねぎ

が入っています。

さらに、麺は若干幅広・やや細めの仕様となっていることから、すすり心地の良さを思わせ、すすった際に香り立つゴマならではの香ばしい風味なんかも引き立つ相性抜群な麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺にほどよいコシが加わり、すすり心地の良さとともにコク深くまろやかな豚骨スープ、そしてたっぷりと使用されたゴマの旨味・風味が楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…やはり練り胡麻やすり胡麻の旨味が凝縮されているようで、割とドロッとしてはいますが、粘度の高いこってりといった感じではなさそうで、あくまで豚骨スープをコク深く引き立て、さらにゴマ特有の香ばしい風味付け程度といったところでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりねっとりとした仕上がりというよりも、コク深く旨味が凝縮された厚みのあるスープといったところで、豚骨スープならではのキレの良さ、そして後味の良さに際立った印象となっています!

また、豚骨スープらしく白濁とした乳化感のあるスープには、見た目以上にゴマが具材として使用されていて、香ばしい風味なんかも香り立ち、改めて豚骨×ゴマの相性の良さを思わせますね!

“ゴマらぁ”を食べてみた感想

一口食べてみると…スープには臭みのない豚骨の旨味がしっかりと利いていて、その味わいを練り胡麻やすり胡麻が絶妙にコク深さを強調しています!

そのため、練り胡麻特有のねっとり・こってりといった感じは一切なく、むしろキレの良い豚骨スープがベースとなっているため、ゴマ特有の香ばしい風味が際立っているようにも感じられ、最後まで全く飽きの来ない味わいが風味良く楽しめるでしょう!

しかも1食当たりの量が若干少なめということもあって、“くどさ”といった感じもなくカロリーも低めですから、夜食や飲んだシメなんかにもちょうど良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り若干幅広でやや細めの仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、すすった際に香り立つゴマならではの煎ったような香ばしい風味がまた活きてきますね!

そんな麺には、豚骨スープをベースに練り胡麻・すり胡麻を加え、さらに香味野菜や椎茸の旨味を合わせたコク深く後味すっきりとしたスープがよく絡み、一口ずつにクリーミーな豚骨やゴマの旨味が口いっぱいに広がっていき、ゴマ特有の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、ほどよいシャキシャキ感が心地良く、今回の一杯に丁度良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にも、ご覧の通りたっぷりと使用された香ばしさを引き立てるゴマや、ちょうど良い薬味となる“ねぎ”なんかも使用されていて、豚骨スープをコク深く風味豊かな一杯としてうまくまとめられています!(このゴマの食感なんかも地味に良いんですよね。)

スープについて

スープは、臭みのないすっきりとした豚骨の旨味がクリーミー・まろやかさを表現し、ゴマの旨味がほどよいコクを引き立てています!

そして、練り胡麻やすり胡麻も使用してはいるものの…濃厚感に際立った仕上がりというわけではなく、非常に後味の良い豚骨スープの良さを活かし、ゴマの香ばしさ・旨味が絶妙にマッチしたことによって、ついついスープが止まらなくなる…そんなクセになる味わいに仕上がっているようです!

また、今回使用されているゴマは想像以上に多く、一口スープを飲むごとに多くのゴマも口に広がっていき、ゴマや“ねぎ”の食感なんかも楽しめちゃいます!(これがまた心地良い!!!)

さらに改めて見てみると…使用されているゴマはほどよく炙っているようで、所々に焦げ目が付いていますね!この手の込んだ具材によって香ばしさがより際立って感じられるのでしょう!

“ゴマらぁ”についてまとめ

このように、まずはスープ・具材ともにゴマをたっぷりと使用した“ゴマらぁ”を味わってみて、豚骨スープに相性抜群なゴマの旨味が豚骨本来の味わいを損なうことなく絶妙にマッチし、香ばしいゴマの風味はもちろん、練り胡麻やすり胡麻が豚骨の旨味を引き立てるゴマ好きにはたまらない一杯となっていました!

そして、この“ゴマらぁ”一番のポイントは、やはり練り胡麻のこってり感や“くどさ”がないという点で、豚骨の旨味を活かした後味の良さにゴマの旨味・風味を合わせているため、最後まで飽きることなくゴマの美味しさを思う存分楽しめるのではないでしょうか?

コショらぁ

では続いてご紹介するカップ麺は、冒頭でもお伝えした通りコショウをたっぷりと使用した攻めのカップ麺で、チキンの旨味を利かせた後味すっきりとした塩スープに強い辛さを感じるほどコショウを加え、まさに“コショウ塩ラーメン”といったイメージにふさわしいパンチのある一杯、“コショらぁ”となっています。

ご覧の通りパッケージも非常にシンプルに“コショらぁ”といった商品名が大きく記載され、刺激的なコショウの辛み・風味をしっかりと利かせた塩スープがすすり心地の良い麺に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていますね!

これを見る限りコショウはかなり多めに使用されているようで、汗を誘うほどの辛みをイメージさせる味わいが楽しめる一杯であり、しかも後味すっきりとした塩ベースのスープですから、思う存分コショウを堪能できる仕上がりには期待できそうです!

コショらぁ パッケージ

また、フタの方には“コショウ塩ラーメン”と記載され、透明度の高い塩ラーメンにたっぷりとコショウが使用された香辛料の辛さに際立った一杯であることが伝わり、こちらを見る限り、具材には…味付鶏肉そぼろ・ねぎ・メンマが使用されているようです!

ちなみに、こちらチキンの旨味をベースにしているとのことですが、他にも相性の良いガーリックやオニオンなど香味野菜の旨味を合わせ、別添された“白コショウ”によってさらにキリッとした口当たりが表現されたキレのある塩スープのようで、単純にコショウに際立った仕上がりというわけではなく、しっかりとした旨味なんかも楽しめる一杯に期待できそうです!

さらに、こちら容器側面には…“辛い味わいにつき、小さなお子様や辛いものが苦手なお客様のご飲食はご注意ください。”といった辛みの強いカップ麺によく記載されている注意書きなんかも記載されていますね!これは…けっこうな量のコショウが使用されていることが伝わってきますね。。

それでは、今回の“コショらぁ”がどれほどチキンや香味野菜の旨味が凝縮された塩スープに仕上がっているのか?辛みを伴うほどたっぷりと使用されたコショウならではの刺激的な香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地の良いやや平打ち仕様の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り262kcal(めん・かやく232kcal / スープ30kcal)となっております。(塩分は4.7g)

カロリーは、塩ベースのスープということもあって非常に低めな数値のようですが、塩分もまた同じくやや低めな数値となっています。(コショウをたっぷりと使用しているということもあって“ゴマらぁ”よりは若干高めと言ったところ。)
ちなみに1食当たり61g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは30kcalとかなり低い数値となっていて、チキンを利かせた塩スープらしい後味すっきりとしたキレの良い味わいをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やチキン調味料をはじめ…

  • 香辛料
  • 香味調味料
  • オニオンパウダー
  • チキンパウダー

といった、シンプルにチキンを利かせた塩スープに香味野菜によって深みを表現し、たっぷりとコショウを加えたことによる刺激的なパンチのある味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖)、スープ(食塩、チキン調味料、香辛料、砂糖、香味調味料、オニオンパウダー、たん白加水分解物、チキンパウダー、酵母エキス、全卵粉)、かやく(味付鶏肉そぼろ、ねぎ、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、香料、重曹、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (61g) 当たり]
熱量262kcal
たん白質6.3g
脂質9.5g
炭水化物37.9g
食塩相当量4.7g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 3.0g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム208mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“スパイス”と記載された調味料がひとつだけ入っています。

そして、具材には…

  • 味付鶏肉そぼろ
  • ねぎ
  • メンマ

が入っています。

さらに、麺は“ゴマらぁ”と同様に、若干幅広・やや細めの仕様となっていることから、すすり心地の良さを思わせ、すすった際に香り立つコショウならではのパンチのある風味がクセになる相性抜群な麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺にほどよいコシが加わり、すすり心地の良さとともに辛さをともなうパンチの強い塩スープ、そしてたっぷりと使用されたコショウの風味なんかも楽しめる刺激的な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“スパイス”を加えていきます!
すると…白コショウも混ざっているようで、やや白っぽい粒々なんかも確認できますね!それにしても量はそこまで多くはないんですが…一気にコショウならではの刺激的な風味が広がっていきます!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…塩ベースの後味すっきりとしたスープにたっぷりとコショウを加えた一杯ということもあって、鼻の上に汗が滲むような刺激的なコショウならではの風味が漂う塩スープといったところで、最後まで飽きの来ない後味の良さに際立った印象となっています!

また、塩味らしく透明感のあるスープには、見た目以上にコショウの風味が香り立ち、この香りだけでもけっこうな辛さが伝わって来るかのようで、改めて塩スープとコショウがどれほど相性良いのかを思い知らされますね!

“コショらぁ”を食べてみた感想

一口食べてみると…“コショウ塩ラーメン”といったイメージ通り、後味の良いキリッとした口当たりが印象的で、チキンによるほどよい旨味が利いているため、コショウの辛みだけが際立っているわけではなく、しっかりと満足のいく美味しさなんかも楽しめるでしょう!

そして、注意書きにも記載されていたように、コショウならではの辛みがやや強めとなっているため、確かに“ちょい足し不要”のパンチの強い口当たりが特徴的で、“ゴマらぁ”とはひと味違った後味の良さが表現されています!

さらにこちらも1食当たりの量が若干少なめということもあって、“くどさ”といった感じも一切なくカロリーも低めですから、夜食なんかにもちょうど良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り“ゴマらぁ”と同じく若干幅広でやや細めの仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、すすった際に香り立つコショウならではの辛さを伴う刺激的な風味がまた心地良く感じられます!

そんな麺には、塩味をベースにガーリックやオニオンなど香味野菜を加え、さらに白コショウによって味が整えられたスープがよく絡み、一口ずつに後味の良い刺激的な辛さを伴う味わいが口いっぱいに広がっていき、コショウ特有の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付鶏肉そぼろ”が入っていて、若干小ぶりではありますが、チキンを利かせた塩スープにも相性抜群な旨味を引き立てる具材として添えられ、じっくりと噛んで味わってみると…鶏肉らしい淡白な旨味が表現されていたため、食べはじめはスープ底に沈めておくと良いでしょう!

また、こちらのメンマは非常にコリコリとした食感が印象的な仕上がりとなり、メンマらしい素材本来の味と味付けがしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンをベースにガーリックやオニオンといった香味野菜を加え、さらにたっぷりとコショウが利いた刺激的でパンチのある味わいとなっています!まさに“コショらぁ”といったイメージにもぴったりですね!

そして、ご覧の通り塩スープらしく透明感の高い仕上がりですが、チキンや香味野菜の旨味がしっかりと利き、さらに塩気が強いためキレも際立ち、コショウならではの辛みを伴う香辛料が清々しいほど後味の良さを引き立てています!

上記のようにこの“コショらぁ”は、チキンや香味野菜を利かせた割とシンプルな塩スープとなっていて、そこにたっぷりとコショウを加えたパンチのある仕上がりとなっているため、“ゴマらぁ”とともに…かなり幅広い層に好まれるテイストとも言えるでしょう!

しかも辛さを伴うほどコショウだけでなく、ガーリックやオニオンといった香味野菜なんかもしっかりと利いているため、食べ進めていくうちにほんのりと汗ばんできますね!こういった体温まる点もこの寒い時期にぴったりです!

“コショらぁ”についてまとめ

このように、チキンや香味野菜を利かせた後味すっきりとした“コショらぁ”を味わってみて、キレの良い塩スープにたっぷりと使用したコショウが相性良くマッチし、しっかりと辛さが伝わるパンチの強い口当たりはもちろん、ストレートに素材の旨味が楽しめる味わいと刺激的なコショウ好きにはたまらない一杯となっていました!

そして、この“コショらぁ”一番のポイントは、やはりコショウを際立たせるが故の塩スープという点で、決して物足りなさを感じさせないチキンや香味野菜の旨味を活かした後味の良さにコショウを合わせているため、最後まで一切飽きることなくパンチの強い味わいを思う存分楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“ゴマらぁ”・“コショらぁ”は、ゴマ・コショウをそれぞれ際立たせるにふさわしいテイストがベースとなり、それだけでなく豚骨・香味野菜・椎茸の旨味を利かせたクリーミーな豚骨スープ、そしてチキン・香味野菜の旨味を利かせた後味すっきりとした塩スープそれぞれの美味しさにも絶妙にマッチした仕上がりとなっていたため、“やりすぎくらいがちょうどいい”とのことでしたから…そのままでも十分ちょい足し不要で素材の美味しさが楽しめるかと思われます!

“ゴマらぁ”・“コショらぁ”まとめ

今回「ゴマらぁ・コショらぁ」を食べてみて、“ゴマらぁ”に関しては豚骨の旨味をうまく活かした味わいにゴマの旨味・風味をたっぷりと加えた仕上がりとなり、一方で“コショらぁ”では塩ベースにチキンや香味野菜を加えた後味すっきりとした仕上がりとなっていて、それぞれがうまくゴマ・コショウを際立たせる絶妙なバランスとなって満足度の高い味わいを表現していました!

やはりエースコックはこういった攻めたフレーバーが得意ですね!ゴマ・コショウそれぞれのテイストが好みの方にはかなりハマる一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら