カップヌードル 三代目謎肉祭 食べてみました!
日本めし

日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし 食べてみました!野菜と豚肉の旨味が利いたコク深い創作雑炊メニュー!

日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし 食べてみました!野菜と豚肉の旨味が利いたコク深い創作雑炊メニュー!

2018年8月6日に日清食品から発売の「日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし」を食べてみました。

この商品は、日清食品がうまい和食を本気で考えて“ファストフード和食”を提案するという新ブランド“日清 日本めし”の新商品ということで、今回は一汁一菜を取り入れて“豚汁”と“鶏つくね”を“がっちゃんこ”した“鶏つくね豚汁めし”となっております!

ちなみにこの商品は、以前ご紹介した“焼き鳥ちゃんこめし”に続く第3弾となる商品ですね!

ご覧の通りパッケージには、このシリーズの特徴である“日本のうまいをがっちゃんこ!”と記載されているように、今回は豚汁と鶏つくねといった意外な組み合わせによる創作雑炊のようです!

また、フタの上の調味料を取り外してみると、具だくさんとなった豚汁に鶏つくねが合わさったイメージ写真が記載され、2種類の味噌をブレンドしたというスープに良いダシが出ていることを期待させます!

実際に食べてみましたが、ゴボウなどの豚汁らしい野菜の旨味がふんだんに利いたスープには、豚の旨味によって味わい深く仕上がり、じんわりと染み渡るような美味しさが表現されていました!

では、今回はこの「日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし」についてレビューしてみたいと思います。

日清 日本めし 鶏つくね豚汁めしについて

今回ご紹介するカップ麺は、日清が和食の新しい形を提案するシリーズ“日本めし”の新商品ということで、今回は“豚汁”と“鶏つくね”といった人気の和食同士の組み合わせによる創作雑炊メニューとなった“日本めし 鶏つくね豚汁めし”となっています。

ご覧の通りパッケージには、“日清食品が提案する新しい一汁一菜。”と記載されているように、今回の一杯には汁とおかずが“がっちゃんこ”したことで、シンプルに和食を楽しむ一杯となっているようですね!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り395kcalとなっております。(塩分は3.4g)

カップメシらしく、カロリー・塩分ともに低めな印象となっているようです!

では原材料も見てみます。

スープには、粉末みそをはじめ…

  • 豚脂
  • でん粉
  • 植物油脂
  • 野菜調味料
  • オニオンパウダー
  • 魚介調味料
  • ポーク調味料

といった、味噌ベースの豚汁らしい旨味・ダシが利いた味わいに、ほんのりと鰹の風味を利かせたことで、何とも染みる渡るようなコク深い仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りライスと一緒に、豚汁に含まれる具材や、鶏つくねがすでに入っていて、フタの上には“豚の旨み豊かな香油”と記載された調味料が別添されています。

具材には…

  • 味付鶏つくね
  • 人参
  • 味付ごぼう
  • ねぎ

が入っています。

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの香油を入れたところがこちら!

香油は、ゴボウなどの野菜の風味が香り、さらに豚の旨みを利かせたという透明な油となっていて、味噌ベースの豚汁にほどよいコクがプラスされたことで、味わい深い印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。

スープの表面に浮かぶ鶏つくねから滲み出る旨味や、豚の旨みと思われる脂が、コク深い仕上がりを想像させますね!

ただ、この時点ではまだとろみは付いていませんが、混ぜながら食べ進めていくうちに、ほんのりととろみが付いてきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚汁らしい野菜の旨味・風味が豚の旨みによってコク深く仕上がり、さらに今回“がっちゃんこ”となった鶏つくねからも良い旨味が出ていることで、厚みのあるスープが美味しく仕上がっています!

この濃厚にも感じられるスープは、まさに美味しい和食同士を組み合わせたというだけあって、旨味が凝縮されたかのような美味しさが表現されています!

ご飯について

ご飯は、ほどよく芯を残した仕上がりなため食感も良く、食べ進めていくうちにスープには雑炊らしいとろみが付き、それとともにご飯もほんのりと柔らかくなり、口の中で旨味がじゅわっと広がっていきます!

そして、今回の一杯にはほんのりと鰹の風味も香り、一口ずつに後味良い風味が抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏つくねが入っているんですが、こちらはしっかりとした肉質で、噛むと鶏肉の旨味が滲み出てくる仕上がりとなっていて、今回の豚汁の旨味をよりコク深く引き立てているように感じられます!

とは言っても、今回の一杯は豚汁がほぼメインと言っても良いかと思いますので、やや存在感が薄くも感じられますね。。

また、こちらのゴボウが良い風味を表現していて、素材本来の味わいが美味しく、さらにスープにも良い旨味が出ています!

今回の一杯は、別添されていた“香油”を入れたことによって、特にこのゴボウの風味が利いていて、もちろん豚汁のような野菜の旨味を利かせたスープにも相性良く、ゴボウらしい歯応えもしっかりと表現されています!

そして、こちらの人参はやや小さめにカットされてはいますが…豚汁には欠かせない具材として、味わい深いスープにもぴったりです!

こういった具材を絡めて食べてみると、コクのある豚汁の旨味がより引き立ち、さらに鶏つくねの良い旨味がスープ・味ともに厚みを感じさせます!

スープについて

スープは、2種類の味噌をブレンドしたということで、ほどよくキレもあり、野菜や豚の旨みによって豚汁に厚みがプラスされ、何ともコク深い仕上がりとなっています!

さらに、食べ進めていくうちに、ほんのりととろみも付き、鶏つくねの旨味も滲み出てくることによって、ますます味わい深く感じられますね!

まとめ

今回は「日清 日本めし 鶏つくね豚汁めし」を食べてみましたが、豚汁らしい野菜と豚肉の旨味が利いたスープには、鶏つくねはもちろん、別添されていた“香油”を入れることによって、コク深い旨味がプラスされ、風味・旨味ともに濃厚とも言える仕上がりとなっていて、非常に満足度の高い染み渡るような一杯となっていました!

こういった和食をテーマとした一杯はダシが美味しいですね!今回の一杯も野菜・豚、そして鶏つくねの旨味がバランス良く表現されたことによって、贅沢にも感じられる創作雑炊となっていました!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です