カップライス

日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめし 食べてみました!香ばしい焼き鳥と塩ちゃんこ鍋とのがっちゃんこ雑炊!

スポンサーリンク

日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめし 食べてみました!香ばしい焼き鳥と塩ちゃんこ鍋とのがっちゃんこ雑炊!

2018年2月26日に日清食品から発売された「日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめし」を食べてみました。

この商品は、日清食品がうまい和食を本気で考えて“ファストフード和食”を提案するという新ブランド“日清 日本めし”の第2弾となる商品で、第1弾は以前ご紹介した通り、「スキヤキ」と「牛めし」を“がっちゃんこ”した一杯でしたが、今回は、「焼き鳥」と「塩ちゃんこ鍋」を組み合わせた“焼き鳥ちゃんこめし”となっております!

blog.webproduct-lab.com

人気の和食同士を組み合わせたという今回の商品は、ご覧の通り和を基調としたパッケージとなっていて、香ばしさを感じさせる焼き鳥と、鶏・野菜の旨味を利かせたという塩ちゃんこ鍋といった、ふんだんに鶏の旨味を利かせた塩味の雑炊となっているようです。

f:id:yuki53:20180227204208j:plain

実際に食べてみましたが、大きめな鶏肉には香ばしい焼き鳥の美味しさがそのまま再現され、さらに塩味のちゃんこ鍋との組み合わせは、あっさりとした中にも鶏油による満足感のある一杯に仕上がっていました。

では、今回はこの「日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめし」についてレビューしてみたいと思います。

日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめしについて

今回ご紹介するカップライスは、“日本めし”の新商品ということで、焼き鳥と塩ちゃんこ鍋の美味しさをひとつに表現した“焼き鳥ちゃんこめし”となっています。

パッケージにはご覧の通り、“足し算の和食”ということで、鶏・野菜の旨味を利かせた塩ちゃんこ鍋と、炭火で焼いた香ばしい風味がたまらない焼き鳥との“がっちゃんこ”した味であることが記載されています。

新しい和食の提案ということもあって、この辺りにも和のテイストが表現されていますね。ちなみにご飯は国産米を使用したとのこと。

f:id:yuki53:20180227204209j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り374kcalとなっております。(塩分は3.6g)

雑炊ということもあって、カロリー・塩分ともに低めに感じられる仕上がりとなっているようです。

f:id:yuki53:20180227204744j:plain

では原材料も見てみます。
スープには、動物油脂(豚、鶏)をはじめ、野菜エキス、チキンエキス、昆布エキス、ねぎパウダー、などなど様々な旨味をふんだんに使用されていることが確認できます。

これは、塩ちゃんこ鍋のスープの味わいがどう表現されているのか気になりますね。。

f:id:yuki53:20180227204803j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、鶏油と記載された調味料がひとつだけ入っています。

f:id:yuki53:20180227204210j:plain

そして、こちらが今回の雑炊となる“ご飯”ですね。
具材として入っている鶏肉が大きめにゴロゴロと入っています。

また、それ以外にも、塩ちゃんこ鍋にもぴったりと思われるキャベツ、人参、ねぎが入っているようです。

f:id:yuki53:20180227204211j:plain

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの鶏油を入れたところがこちら!

鶏油は透明なさらっとしたものでしたが、しっかりと鶏の旨味を感じる油となっていています。

また、この鶏油からは、炭火で焼いたような鶏肉の風味も漂い、まさにがっちゃんこされた“うまい和食”の出来上がりです。

f:id:yuki53:20180227204212j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご飯ということもあって、非常に混ぜやすく、先ほどと見た目はほぼ変わりありませんが…スープには鶏の旨味が利いたことによって甘みを感じる風味が美味しく香ります。

f:id:yuki53:20180227204213j:plain

ご覧のようにスープの表面には鶏油が浮き、これが塩ちゃんこ鍋のあっさりとした味にコクや味わい深さをプラスした仕上がりとなっているようです。

f:id:yuki53:20180227204214j:plain
スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…ねぎやキャベツの甘さもプラスされたことによって、鶏油の旨味が一層引き立てられた塩ちゃんこ鍋味の仕上がりは、厚みのあるしっかりとした食べ応えを感じます。

このスープが炭火で焼いたような鶏肉やご飯と合わさることによって、風味豊かなコクのある雑炊となり、味わい深い一杯を表現していますね!

ご飯について

今回の商品は雑炊ではありますが、食べはじめはまだ、ご飯にはしっかりと芯のある仕上がりとなっていて、塩ちゃんこ鍋に香ばしい鶏肉の風味が合わさったスープとの相性も抜群です!

そして、何よりねぎをはじめとする野菜の甘さが今回の和食の組み合わせをより一層美味しく引き立てています。

風味良し・味わい良しといった雑炊は、和食の新提案というだけあって非常に美味しく仕上がっていますね。

f:id:yuki53:20180227204218j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大きめの鶏肉が入っているんですが、こちらは噛むとしっかりと旨味・肉質を感じる仕上がりとなっています。

そして、この鶏肉には、鶏油を利かせた香ばしい味わいが表現され、塩ちゃんこ鍋に食べ応えのあるコクをプラスしているようにも感じます。

f:id:yuki53:20180227204215j:plain

また、人参やキャベツといった具材も、素材本来の旨味を感じる仕上がりとなっていて、塩ちゃんこ鍋に良い野菜の旨味を感じさせていることがよくわかります。

f:id:yuki53:20180227204216j:plain
f:id:yuki53:20180227204217j:plain

ちゃんこ鍋って野菜との相性も良いですね。こういった具材が入ることによって野菜の旨味が増し、鶏油の香ばしい旨味もまた活きてきます。

スープについて

昆布だしをベースにしたというこの塩ちゃんこ鍋のスープには、鶏油が厚みをプラスし、香ばしい風味豊かな染みる味わいが美味しく仕上がっています。

そして、食べ進めていくうちに少しずつご飯もこの美味いスープを吸うことで柔らかくなり、今回のがっちゃんこされた雑炊もどこか優しい味わいとなります。

f:id:yuki53:20180227204219j:plain

まとめ

今回は「日清 日本めし 焼き鳥ちゃんこめし」を食べてみましたが、焼き鳥と塩ちゃんこ鍋といった前からあったような自然な組み合わせは、香ばしくも鶏の油が厚みを感じる美味しい雑炊に仕上がっていました。

これはまた、第3弾も今から気になるところですね!
人気の和食を組み合わせたという味わいは美味しくて当然です。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!