東洋水産

【マルちゃん】濃厚煮干しうどん!人気の“濃厚煮干し系”を“うどん”として味わえるコク深い一杯

マルちゃん 濃厚煮干しうどん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

濃厚煮干しうどん」を食べてみました。(2022年1月24日発売・東洋水産)

この商品は、“赤いきつねうどん”や“緑のたぬき天そば”でお馴染み“マルちゃん”の“和風丼カップ麺シリーズ”の新フレーバーということで、今回は…ポークの旨味をベースに煮干しや鰹節、昆布出汁など魚介の旨味をバランス良く利かせ、さらにガーリックを加えたことでパンチのある濃厚な“つゆ”を表現、それによって人気の“濃厚煮干し系”が“うどん”で楽しめる“どんぶり”仕様の一杯が登場です!

それも…魚介出汁をメインにポークの旨味がコク・厚みを引き立て、キレの良さとじんわりと染み渡るかのような濃厚煮干し系の美味しさが存分に堪能でき、具材に使用された“味付鶏肉だんご”からも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんなコク深い煮干し系の“つゆ”がもっちりとした弾力の太い“うどん”とともに味わえる風味豊かな一杯、“濃厚煮干しうどん”となっております。(税別193円)

ご覧の通り、パッケージには“煮干しだし×豚の旨み コクのあるつゆ”と記載されているように、今回の“濃厚煮干しうどん”はその名の通り煮干し系に豚の旨味を合わせたことによってコク深く引き立て、それによってサラッとしたキレの良いテイストに厚みが際立ち、喉越しの良いまろやかさや味わい深いコクをプラスした“濃厚煮干し系“に仕上げているとのことで、どれほど味わい深い仕上がりなのか気になるところ!

一方こちらにはコク深くまろやかな“濃厚煮干し系”の“うどんつゆ”に太くもっちりとした“うどんが絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付鶏肉だんご・“ねぎ”が使用されているようです!さすが濃厚な煮干し系を表現しているだけあって使用されている具材からも肉の旨味が滲み出し、煮干し本来の美味しさを損なうことなくコクを引き立て、喉越しの良い味わいが表現された一杯ということで煮干し系が好みの方ならハマる方も多いのではないでしょうか?

また、このマルちゃんの“和風丼カップ麺シリーズ”は、この通りこのパッケージの大半を商品名で占める非常にインパクトのあるデザインとなっていて、特に今回は紺色を基調に“濃厚煮干しうどん”の中でも特に大きく“煮干し”が強調されているのが印象的で、“濃厚”の文字通り今回は豚の旨味を加えた深みのある味わいがじっくりと楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広な“うどん”が採用され、もっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持ち、煮干しや鰹節、昆布出汁など魚介の旨味をバランス良く利かせたコク深く濃厚な“うどんつゆ”との相性も良く、さらに食べ進めていくに連れて“味付鶏肉だんご”からも良い旨味が滲み出し、じんわりと染み渡るかのような煮干しの旨味やコク深いテイストなど奥行きのある旨味・香りが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

煮干しの旨味がじんわりと染み渡るキレの良い“うどんつゆ”には、煮干し以外にも鰹節や昆布など魚介の旨味が凝縮された複雑・繊細な味わいを表現、そこに豚の旨味が厚みやコクを引き立て、単純な“煮干し系”のテイストというわけではなく思ったよりも濃厚感がバランス良く融合し、もっちりとした“うどん”とともにボリューム感たっぷりと楽しむことができ、さらに具材に使用されている“味付鶏肉だんご”も数・サイズともに申し分なく、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、煮干し系が好みの方はもちろん、豚の旨味を加えたことで濃厚な味わいに引き立った“濃厚煮干しつゆ”にもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた太い“うどん”や肉汁溢れる“味付鶏肉だんご”をボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産のお馴染み“和風丼カップ麺シリーズ”から新たに登場したもので、人気の“濃厚煮干し系”を煮干し出汁×豚の旨味で表現、臭みのない丁寧な美味しさをコク深く繊細に仕立て上げた染み渡る“うどんつゆ”がつるっと滑らかな太い“うどん”とともにたっぷりと味わえる満足度の高い一杯、「濃厚煮干しうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん 濃厚煮干しうどん

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産お馴染みの“和風丼カップ麺シリーズ”から新発売されたフレーバーで、煮干しや鰹節、昆布の旨味に豚の旨味をバランス良く合わせたことによって人気の“濃厚煮干し系”を臨場感高く表現、コク深くまろやかでありながらもキリッとしたシャープな飲み口やじんわりと染み渡るかのような煮干しの旨味が絶妙にマッチし、さらにさり気なくガーリックを加えたことによってパンチのある味わいが楽しめる旨味溢れる一杯、“濃厚煮干しうどん”となっています。

ご覧の通りパッケージには大さく“濃厚煮干しうどん”と記載されており、これまでも定期的に発売されてきた“和風丼カップ麺シリーズ”の中でも王道を行く和風系のテイストということで、煮干し系は煮干し系でも豚の旨味を合わせたコク深く濃厚感に際立った“うどんつゆ”に仕上がっているようですので、繊細かつまろやかな味わいが食感滑らかな太い“うどん”とともに思う存分楽しめることに間違いなさそうです!!

マルちゃん 濃厚煮干しうどん パッケージ

また、上記の通り“煮干しだし×豚の旨み”と記載されているように、煮干しだけでなく鰹節や昆布の旨味に臭みのない豚の旨味がバランス良く馴染んだ奥行きのある“つゆ”が表現され、濃厚とは言っても決して脂っこいテイストというわけではなく、割と濃い目の味わいが楽しむことができ、残ったスープに追い飯しても抜群に合うかと思われます!

そしてこのマルちゃんの“和風丼カップ麺”シリーズには、これまでも以下のように意外と様々なフレーバーが登場しており、定番から一風変わった味わいなど定期的に発売されている好評のシリーズでもあり、他にもスープタイプでお馴染みだった“青いちゃんぽん”が“青い焼ちゃんぽん”として2021年7月20日に発売され注目を集めていましたね!

それでは、今回の“濃厚煮干しうどん”がどれほど煮干しや鰹節、昆布など魚介の旨味を利かせた染み渡る“うどんつゆ”に仕上がっているのか?クセのない豚を合わせたことで濃厚なコクを引き立てた厚みのある旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広な太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り376kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、豚の旨味を加えたコクのある濃厚煮干し系とは言え、割と低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり92g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと64kcalと低すぎず高すぎずといった数値で、煮干しをはじめ様々な魚介出汁に豚の旨味をバランス良く合わせた“濃厚煮干し系”を表現、もっちりとした“うどん”と楽しめるボリューム感抜群な一杯であることに間違いなく、煮干しの旨味引き立てるコク深くまろやかな“つゆ”といった素材の旨味を存分に活かした後味の良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、煮干しエキスや“しょうゆ”をはじめ…

  • ラード
  • ポークエキス
  • 植物油
  • 香味油脂
  • 食塩
  • こんぶエキス
  • 香辛料
  • 粉末かつおぶし

といった、煮干しや鰹節、昆布といった魚介出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことでコク深くまろやかな“うどんつゆ”に仕立て上げ、そこにガーリックをほんのり加えたことによってパンチのあるテイストに際立った繊細かつキレの良い仕上がりによって濃厚ながらも最後まで飽きの来ない後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990370493
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(煮干しエキス、しょうゆ、ラード、ポークエキス、植物油、香味油脂、食塩、こんぶエキス、デキストリン、香辛料、たん白加水分解物、粉末かつおぶし)、かやく(味付鶏肉だんご、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(一部に小麦・卵・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (92g) 当たり]
熱量376kcal
めん・かやく:312kcal
スープ:64kcal
たん白質9.2g
脂質18.1g
炭水化物44.0g
食塩相当量5.1g
めん・かやく:1.5g
スープ:3.6g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.27mg
カルシウム184mg

引用元:濃厚煮干しうどん | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、液体スープ、“かやく”といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に味の決め手は粉末・液体のWスープ仕様とのことで、節系の染み渡る出汁とコクを引き立てる豚の旨味が絶妙にマッチしたことでクオリティの高いテイストを表現しているようで、さらに“味付似鶏肉だんご”に関しても割と大きめな仕様となっているようです!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な“うどん”となっていて、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えていることが伝わり、つるっと滑らかな食感なんかも楽しめるボリューム感たっぷりな一杯といったところ!

調理してみた

ではまず粉末スープと“かやく”を入れてみます。
すると…この時点ですでに食欲そそる魚介系の風味が確認でき、後味の良さが際立った“濃厚煮干し系”をイメージさせます!

実際にはここに鰹節や昆布といった魚介出汁なんかも加わったことで単純な“煮干し系”とはひと味違った繊細な味わいに仕上がり、さらに湯戻し後に液体スープを加えることによって豚の旨味がコクを引き立てる濃厚なテイストに仕上がりますから、食べ進めいていくに連れて満足度も増していく…そんなコクのある美味しさがたっぷりと楽しめそうです!!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に食感滑らかな“うどん”にはもっちりとした弾力や強いコシが加わり、まだ液体スープを加える前の状態ではありますが、じんわりと染み渡る煮干し系のテイストに豚の旨味がコク・濃厚感を引き立てた味わい深い“うどんつゆ”が表現され、濃厚ながらも繊細かつ煮干しの旨味が強調された風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると、こちらは豚の旨味が凝縮され、量も多く若干“とろみ”が付いているものの、決して粘度の高い状態ではありませんのでスープとの馴染みも非常に良く、脂っこさといった“くどさ”のない豚の旨味がコクを引き立て、人気の“濃厚煮干し系”をうまく表現しているように感じられます!

ご覧の通り液体スープは量も多く重みがあるんですが、若干“とろみ”が付いたことで表面に留まった状態で、煮干しの旨味に厚みのプラスするちょうど良い下支えのような感じでしょうか?全体のバランスは粉末・液体のWスープによってクオリティ高く仕上がっているようです!(どうしても粉末スープだけだと節系の染み渡る美味しさは感じられるんですが、それだと深みや本格感に欠けてしまいますから、こういった仕様はクオリティの高い味わいに期待できそうです。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと、非常にサラッとした状態ではありますが、豚の旨味がしっかりとコクを引き立て、厚みのある“濃厚煮干し系”に仕上がり、Wスープらしく物足りなさといった感じは一切なく、さり気なくガーリックが加わったことでパンチのある味わいがボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

また、今回の“濃厚煮干しうどん”に使用されている具材は…この“味付鶏肉だんご”以外だと大きめにカットされた“ねぎ”のみとなっているんですが、ぱっと見としては全く物足りなさといった感じはなく、こちらをスープにしっかりと染み込ませながら味わっていくことによって“味付鶏肉だんご”からも良い旨味が滲み出し、じんわりと染み渡る濃厚な美味しさに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…じんわりと染み渡るかのような煮干しならではの旨味が前面に押し出され、それをコク深く濃厚に引き立てる豚の旨味が絶妙にマッチし、他にも鰹節や昆布といった魚介出汁が繊細な味わいを表現し、“濃厚煮干し系”のイメージ通り厚みのある煮干し系の“うどんつゆ”がたっぷりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなり、粉末と液体のWスープ仕様なのでコク深さと節系の味わいがうまく融合し、脂っこさといった感じも一切ありませんし、何よりさり気なく利かせたガーリックが食欲そそります!(そこまで主張は強くはありません。)

やはり粉末・液体のWスープ仕様ということで“うどんつゆ”の仕上がりに関しては申し分のない美味しさが表現されていますね!煮干しならではの染み渡る味わいをコク深く下支えし、濃厚ながらも変に脂っこさといった感じもなく、醤油感のあるキレの良さと相性良く馴染んだことでメリハリが付き、最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめることに間違いありません!…というかこの濃厚な煮干し系の“つゆ”はかなり幅広い層に好まれる一杯とも言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太い“うどん”となっていて、もっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感が心地良く、すすり心地なんかも非常に良い食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…煮干しや鰹節、昆布といった魚介出汁に豚の旨味をバランス良く合わせた“濃厚煮干し系”の“うどんつゆ”がよく絡み、一口ずつに素材の旨味を活かした染み渡る旨味やコク深い味わいなどが口いっぱいに広がっていき、魚介系ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!…というか今回の一杯はかなり美味しいですね!ニボニボしていながらもコクもあって全体のバランスが非常に良く、素材の旨味を存分に活かしたメリハリのある仕上がり具合はかなり好印象といったところ!

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの“味付鶏肉だんご”が入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…ホロホロと崩れるほど柔らかな食感で、ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープにしっかりと染み込ませておき、後ほど食感滑らかな“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、異なる部位が大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の濃厚な煮干し系の“うどんつゆ”を引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り、煮干しの良い出汁を中心に鰹節や昆布など魚介出汁を引き立てるかのように豚の旨味がバランス良く融合し、それによって人気の“濃厚煮干し系”らしい醤油ベースの味わいを表現、さらにガーリックをさり気なく加えたことでパンチのある仕上がりとなっています!

ただ…あくまで煮干しの美味しさを前面に出しているため、他の旨味に関しては絶妙な利かせ具合によってコクやパンチをプラス、やはり粉末・液体のWスープ仕様によって臨場感溢れるテイストに間違いなく、染み渡る煮干しがコク深く引き立てられた“つゆ”は万人受けするフレーバーと言えるでしょう!

また、具材に使用されている“味付鶏肉だんご”からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな深みのある“濃厚煮干し系”の“つゆ”に際立ち、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

しかもテイストが割と濃い目なだけあって残ったスープに追い飯しても美味しいかと思いますので、お好みによってはぜひお試しください!(染み渡るかのような煮干しの旨味を利かせた“つゆ”と白飯との相性は抜群です。)

このように、今回の“濃厚煮干しうどん”は、煮干しや鰹節、昆布など魚介出汁を豚の旨味がコク深く引き立て、東洋水産の“和風丼カップ麺シリーズ”らしく和風ならではの旨味溢れるテイストを味わい深く際立たせ、さり気なくガーリックを加えたことでパンチのある“うどんつゆ”を表現、コク深くまろやかでありながらも醤油感のあるキリッとした後味の良いスープは幅広い層に好まれるテイストと言え、そこにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた太い“うどん”が絶妙にマッチした食べ応えのある一杯となっていたため、お好みによっては七味などの香辛料をちょい足しして刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「マルちゃん 濃厚煮干しうどん」を食べてみて、煮干しの旨味を際立たせた“濃厚煮干し系”を“うどん”で再現、煮干しだけでなく鰹節や昆布など魚介出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことによって繊細でありつつもコク深い“うどんつゆ”に仕立て上げ、そこにガーリックの旨味がパンチのある口当たりをプラスし、ニボニボした感じもありつつ臭みのない豚の旨味が絶妙にマッチした安定感のある“つゆ”がもっちりとした太い“うどん”と相性良く馴染む満足度の高い一杯となっていました!

そして個人的にもここまでクオリティ高い仕上がりとは思っていなかったので非常に驚きのフレーバーで、まさに煮干しなどの魚介出汁と豚の旨味がバランス良く融合しており、醤油感のあるキリッとしたシャープな口当たりとコクのある深み、それぞれが互いの旨味を引き立て合うかのように“濃厚煮干し系”の“つゆ”に溶け込んでいたため、煮干し系が好みの方なら納得の美味しさが気軽に楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です