カップ麺

「SABAR(サバー)」監修カップ麺 “さばを味わうコク塩ヌードル” さば料理専門店が挑む一杯

さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル

さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル」を食べてみました。(2021年3月1日発売・エースコック)

この商品は、大阪市福島区に本店(大阪福島本店)を置くサバを知り尽くした鯖料理専門店“SABAR(サバー)”監修によるカップ麺で、国産鯖の旨味を存分に活かした後味すっきりとした塩テイストの一杯が登場です!

それも…チキンをベースに拘りの鯖の旨味を利かせ、さらに食欲そそるガーリックを合わせたアヒージョ風味が相性良く溶け込んだ新感覚の一杯、“さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り今回の一杯は…縦型ビッグサイズ・容器はPP仕様でシュリンクフィルムが品の良さを感じさせ、白を基調に“SABAR”のロゴや、“さばを味わうコク塩ヌードル”といった商品名、さらにちょっとわかりにくいかもしれませんが…鯖のイラストの目の部分に「38(サバ)」と記載された店舗イメージが印象的といったところ!

さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル パッケージ

一方こちら容器側面には“すり潰した国産さばの旨みとアヒージョ風味がクセになる”と記載されているように、今回の一杯には鯖の旨味が凝縮された特製ペーストが別添されており、そちらを加えることによってサバ独特の旨味・風味が広がっていき、煮干し系とはひと味違った本格感のあるサバの美味しさが最後までたっぷりと味わえるというわけです!

しかも食欲そそるガーリックを加えたことによってアヒージョ風味を表現し、まさにサバの旨味を新感覚で楽しめることができるサバ好きにはたまらない一杯となっています!

さらにこちらには…アヒージョでよく使用されるような鍋にチキンやサバの旨味を利かせ、さらに食欲そそるガーリックの風味が香り立つ後味すっきりとした塩スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・にんにく・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!…というか魚介系のカップ麺は数多く発売されていますが、サバに拘った一杯というのはなかなか珍しいので仕上がりの方が気になりますね!

ちなみに別添されている“特製ペースト”にはサバペーストが含まれており、国産の鯖を使用しているとのことで、ここ“SABAR”では単純に鯖尽くしの専門店というわけではなく、鯖の中でも厳選された「とろさば」を使用しており、とにかく「鯖(サバ・38)」に拘った鯖好きが鯖料理を提供する人気店とのことで、実店舗の方も気になってきますね。。(もちろん今回の一杯は店舗では提供していませんので、カップ麺限定メニューということになります。)

他にも特徴として…麺は丸刃・中太仕様で、ほどよいもっちり感と歯切れの良いコシを兼ね備え、つるっと滑らかな食感とすすり心地の良さによって鯖ならではの風味や食欲そそるガーリック・アヒージョ風味が引き立ち、別添された“特製ペースト”によって鯖の旨味が凝縮された後味の良い塩スープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

塩味ということで非常に後味すっきりとしたスープに仕上がっているんですが、鯖ペーストを加えることによってドロッとした印象のコク深く濃厚な鯖の旨味・風味が思う存分楽しめる味わいに際立ち、さらにガーリックの風味が食欲そそるアヒージョ風の香りを演出、しかもほんのり柑橘系の爽やかな風味が品の良さをさり気なくお洒落なテイストを表現し、まさに鯖の美味しさを引き立てる一杯で、新感覚・“さば料理専門店が挑む一杯”というのも納得のフレーバーとなっていました!
これは特に、さば料理専門店“SABAR”ファンはもちろん、鯖の旨味を存分に活かした後味の良い塩スープに中太・丸刃仕様のフライ麺を合わせた鯖尽くしの味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は大阪を中心に店舗展開する鯖料理専門店“SABAR”監修によって鯖の旨味をカップ麺にうまく活かし、塩スープによって素材の旨味をストレートに感じることができる新感覚の一杯、「さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル

今回ご紹介するカップ麺は、鯖料理専門店“SABAR(サバー)”監修によるカップ麺で、チキンをベースに拘りの鯖の旨味を凝縮した塩スープに食欲そそるガーリックを利かせたアヒージョ風の香りを加えた鯖尽くしの新感覚な一杯、“さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル”となっています。

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“さばを味わうコク塩ヌードル”、“SABAR”といった商品名や店舗名がシンプルに掲載され、もちろん実店舗では提供していないメニューということもあって鯖料理専門店が監修したカップ麺がどれほどのものなのか?鯖尽くし・アヒージョ風味・新感覚な一杯ということで仕上がりの方も期待したいところ。

ちなみに“SABAR”の創業は2014年1月、創業者である“右田 孝宣(みぎた たかのぶ)”氏は20代で海外修行経験の後、居酒屋や“さば寿司専門店”をオープン、その後も実に様々な活動を積極的に行っており、下記の記事を参考にすると鯖に対する愛情がよーく伝わってきます!

ただ、鯖は鯖でも厳選した栄養価の高い「とろさば」を使用しているとのことで、エリートと呼ばれる鯖の味わいはとろけるほどの食感と深みのある味わいが特徴のようですね!これはちょっと気になります。。

「とろさばを世界ブランドに!」を合言葉に、少しでも多くの方に「とろさば」の美味しさを知ってもらうアンテナショップ『とろさば料理専門店SABAR』をオープン。
引用元:右田孝宣 講演依頼 プロフィール|Speakers.jp(スピーカーズ)

また、こちら容器側面には“SABAR”の簡単な説明文や実店舗写真、そして代表の“右田 孝宣”氏の写真が掲載されており、これによると…“さば料理専門店「SABAR」は、38種類のさば料理が楽しめるまさに“さば尽くし”のお店です。合い言葉は「おつかれサバです!」”とのことで、本当に鯖のみを扱う専門店のようで、鯖好きによる鯖好きのための人気店とのこと!(現在では大阪を中心に東京や京都、神戸に店舗展開し、海外にも支店を持つ人気店のようです。)

それでは、今回の“さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル”がどれほどチキンや鯖の旨味を凝縮させた後味すっきりとした塩スープに仕上がりとなっているのか?アクセントに利かせたガーリックによるアヒージョ風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様の食感滑らかなフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り429kcal(めん・かやく317kcal / スープ112kcal)となっております。(塩分は5.3g)

カロリーは、塩スープということで縦型ビッグサイズの割に低めな数値のようで、塩分に関しては平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり91g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと112kcalと思っていたよりも高めな数値となっており、チキンや鯖の旨味をしっかりと利かせた塩スープながらも味濃い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油脂や動物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • サバペースト
  • 乳化油脂
  • チキン調味料
  • 魚介エキス
  • 香辛料
  • サバブシパウダー
  • チキンパウダー
  • レモン果汁パウダー
  • 香味油

といった、チキンをベースにサバの旨味をしっかりと利かせたコク深い塩スープに仕上げ、そこに食欲そそるガーリックの旨味やアヒージョ風味が加わり、さらに最後まで飽きさせないレモンの酸味が爽やかな後味を演出し、サバの旨味を活かした雰囲気ある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071271138
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、卵白粉)、スープ(植物油脂、動物油脂、食塩、サバペースト、乳化油脂、砂糖、チキン調味料、魚介エキス、香辛料、サバブシパウダー、チキンパウダー、酵母エキス、大豆たん白、レモン果汁パウダー、香味油、全卵粉)、かやく(キャベツ、にんにく、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (91g) 当たり]
熱量429kcal
たんぱく質7.9g
脂質21.0g
炭水化物52.2g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.3g
(1.2g/4.1g)
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム252mg

引用元:さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り特製ペースト、調味油といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、調味油に関しては非常にサラッとした状態で、鯖の旨味を凝縮した特製ペーストはその名の通りペースト状のドロッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • キャベツ
  • にんにく
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

この時点では若干少なめにも感じられますが、アヒージョ風味を引き立てるには相性の良い具材が各種使用されているようです!

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様で、見るからにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えたボリューム感のある仕上がりが予想され、鯖の旨味をしっかりと利かせた深みのある塩スープとの相性も良さそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に中太麺にはもっちりとした弾力が加わり、つるっと滑らかな食感や思ったよりもしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの特製ペーストを加えていきます!
すると…鯖の旨味をこれでもかというほど凝縮させた濃厚とも言うべきペーストがドロッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう。

ちなみにこの時点で鯖の風味が一気に広がっていき、鯖に拘る“SABAR”監修の一杯というのも納得で、ガーリックやレモン果汁、アヒージョ風味を合わせるという…ある意味斬新なフレーバーがたっぷりと楽しめそうです!

続いて調味油も加えていきます!
こちらはそこまでクセのある風味などは感じられませんが、植物油脂や動物油脂のような塩スープに深み・コクを引き立てるかのような無色透明な油分となっています!

こうして2つの調味料を加えてみると…特製ペーストがドロッとした状態で表面に留まり、見るからに鯖の旨味が凝縮されたペーストとなっており、チキンや魚介の旨味も合わせて鯖の旨味を存分に引き立てたコク深く後味の良い仕上がりに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…塩スープらしくサラッとした仕上がりではありますが、鯖ペーストによる旨味が凝縮されたことで、厚みのある味わいといったコク深い仕上がりとなり、あっさりとしたチキンの旨味が鯖の美味しさを邪魔することなく引き立てているようにも感じられます!

ちなみに風味としてはそこまでガーリックやアヒージョ風味といった“にんにく”の香りは強くはありませんので、こちらもまた鯖の美味しさを引き立てるかのようにほんのりと香る程度のようです!

また、唐辛子などの香辛料による辛みやレモンならではの酸味のあるアクセントが相性良く馴染み、比較的クセの強い鯖の美味しさだけをうまく活かしているようで、そういった意味でガーリックやアヒージョ風味を加えた新感覚な一杯に仕上がっているようですね!…これは“さば料理専門店が挑む一杯”というだけあって想像以上に凝った仕様で、“SABAR”の拘りが感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…国産の鯖の旨味・風味が一気に広がっていきますね!これはチキンや他の様々な材料によって鯖の旨味を引き立てているのはもちろん、後味すっきりとした塩スープに利いたガーリックやレモン果汁がちょうど良いメリハリとなって最後まで飽きさせません!これは絶妙ですね!

もちろん鯖が苦手な方はダメかもしれませんが…それでも鯖の美味しさが工夫を凝らして丁寧に表現されていますから、これがきっかけで鯖の美味しさに気付かされる方もいらっしゃるかもしれません!特に鯖の旨味は煮干しなどの魚介系とはまたひと味違った脂やクセのある風味が特徴的なんですが、それらをガーリックや香辛料などでうまく調整し、臭みのない鯖の美味しさがじっくりと楽しめることと思われます!

しかも塩テイストやアヒージョ風味、レモンのほんのりとした酸味のアクセントなど…後味すっきりとした味わいに仕上がっているため、女性層にも好評の一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様で、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、食欲をしっかりと満たしてくれる密度感の高い仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、チキンをベースに鯖の旨味をたっぷりと利かせ、さらに食欲そそるガーリックやアヒージョ風味が香り立つ後味すっきりとした塩スープがよく絡み、一口ずつに国産仕様の鯖の旨味やレモンの爽やかな酸味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るガーリックの風味などが後味良く抜けていきます!…というかこれ、鯖の旨味を活かしつつお洒落なテイストに仕立て上げている辺りがセンスの良さを感じさせますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、シャキシャキとまではいきませんが、ほどよい食感を残した仕上がりによって今回の一杯にちょうど良い食感や彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“にんにく”は、かなり小ぶりながらも…じっくりと味わってみると素材本来の旨味・風味がしっかりと感じられる仕上がりで、アヒージョ風味を引き立てる相性抜群な具材となっています!

さらにこちらの唐辛子なんかも少量ながらも使用されていて、じっくりと味わってみるとピリッとした辛みがしっかりと感じられ、こちらもまたアヒージョ風味を感じさせるメリハリとしてちょうど良い辛みが加わっているようです!

他にもこちらの“ねぎ”は、やや細かくカットされているため、シャキシャキというよりもちょうど良い薬味にもなったことで鯖の旨味を存分に活かした塩スープの美味しさを引き立て、後味すっきりと感じさせる相性の良い具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンの旨味をベースに“SABAR”拘りの国産の鯖をペースト状にして溶け込ませ、魚介の旨味も合わせたことで染み渡るような味わいに仕上がり、さらに食欲そそるガーリック、アヒージョ風味がバランス良く合わさったことによって透明感のある塩スープながらも深みのある喉越しの良いテイストとなっています!

そして、鯖特有の臭みなどは一切なく、ガーリックの旨味やレモンの爽やかな酸味などが相性良く馴染んだメリハリのある味わいが印象的で、鯖の美味しさを活かした品のあるスープと言うんでしょうか?他にはないコク深く風味豊かな一杯となり、ほどよく香辛料が使用されたことで最後まで全く飽きることなく素材の旨味が堪能できるでしょう!

また、具材にさり気なく使用されたガーリックからも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて満足度も増すかのように染み渡る鯖の美味しさがたっぷりと楽しめる仕上がりはアヒージョ風味にもぴったりですが、あくまで主役は鯖となっており、チキンの旨味も同じく鯖の美味しさを下支えすることで余すことなく鯖尽くしの味わいが楽しめることと思われます!(鯖尽くしというよりも…鯖の美味しさを存分に引き立てた味わいですね。)

他にもレモン果汁のほんのりとした酸味が不思議と相性ぴったりで、鯖の旨味を引き立ててくれます!これは鯖特有の脂といったクセのある風味をうまく調和しているようにも感じられ、後味さっぱりと感じさせる絶妙なアクセントとなっています!

このように、今回の“さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル”は、チキンをベースに厳選された国産の鯖をペースト状にして溶け込ませたことによって後味すっきりとした塩スープに素材本来の旨味・風味が広がっていき、さらにその旨味を引き立てるかのように魚介エキスやガーリック、アヒージョ風味をプラスしたことでクセになる味わいを表現、またレモンの爽やかな酸味がちょうど良いアクセントとなったことで幅広い層に好まれるメリハリのある一杯となっていましたので、お好みによっては塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル」を食べてみて、鯖料理専門店というだけあって鯖の旨味を丁寧に利かせた塩スープには、チキンの旨味がほどよいコクを引き立て、さらに食欲そそるガーリックやアヒージョ風味が相性良く馴染み、なんと言っても酸味のあるレモン果汁がアクセントとなったことで鯖の染み渡る美味しさと後味すっきりとした味わいがバランス良く融合された他に類を見ない新感覚の一杯となっていました!

また、こういった鯖の旨味に拘ったカップ麺は非常に珍しく、魚介は魚介でもひと味違った美味しさが楽しめるわけですが、なんと言っても素材の利かせ具合が好印象といったところで、専門店らしい拘りの旨味とアヒージョ風味などを組み合わせたテイストはハマる方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!