カップ麺

日本うまいもん サバだしラーメン!宮城県のご当地ラーメンを再現した風味豊かな一杯

日本うまいもん サバだしラーメン

日本うまいもん サバだしラーメン」を食べてみました。(2019年7月1日発売・東洋水産)

この商品は、宮城県のご当地ラーメン“サバだしラーメン”をカップ麺に再現したもので、その名の通りサバだし・さば節をしっかりと利かせた風味豊かな一杯が登場です!!

それも…サバならではの出汁の旨味をベースにチキンやポークが美味しさを引き立て、比較的あっさりとした仕上がりにもかかわらず香り立つ鯖の風味が楽しめる一杯“日本うまいもん サバだしラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージにはひと目見ただけで味わいの方向性が伝わって来る鯖のイラストイメージとともに“サバだし”といった文字が大々的に表現されたデザインとなっていて、“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせたスープが滑らかな麺によく絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていますね!これを見る限り具材には…味付豚肉・メンマ・ねぎが使用されているようです!

日本うまいもん サバだしラーメン パッケージ

また、こちらには“サバだし・さば節をたっぷり使用した風味豊かなあっさりスープ”といった今回の“日本うまいもん サバだしラーメン”についての簡単な説明なんかも記載されているように、あっさりめに仕上がっているものの…鯖ならではの風味豊かなな香りと旨味がしっかりと利いた一杯であることが伝わってきますね!!

他にも“日本うまいもん”シリーズのロゴ(宮城編)なんかもしっかりと記載されています!

一方、こちらのは“サバだしラーメンとは…”と今回の一杯に関する説明書きが記載されていて、こちらによると…宮城県石巻市飯野野川地区で昔から“サバだし”を料理に活用する文化があったとのことで、そこに着目した地元の大学の学生ゼミや“まちづくり研究会”によって開発され、地元宮城で支持を得ているご当地ラーメンのようですね!

ちなみに今回の監修は、“河北まちづくり研究会”・“石巻フードツーリズム研究会”などが記載され、これを見る限りサバだしラーメン”の味わいがかなり再現性の高い“仕上がりであることが予想されます!

そして鯖(さば)の出汁・旨味と言えば…他の魚介節とはまたひと味違った風味や味わいが特徴としてありますから、この辺りは存分に鯖の旨味を堪能できる一杯に間違いないものと思われます!

他にも特徴として…麺には若干細めではありますが…歯切れ・コシのある角刃仕様となっていて、ちょうど良いすすり心地によって鯖の風味が引き立つ相性の良い麺が採用されているようで、それによって“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせたあっさりとした中にも風味豊かな鯖の美味しさがストレートに楽しめる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

後味すっきりとしたキレのある口当たりが印象的なスープには、“サバだし”や“さば節”が利いたことによる染みるような香り高い風味が漂い、あっさりとした中にもしっかりと鯖の美味しさが堪能できる最後まで飽きの来ない仕上がりとなっていました!
これは特に、鯖の出汁が好みの方はもちろん、後味の良いあっさりとした魚介系のカップ麺を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの宮城県のご当地ラーメン“サバだしラーメン”の味わいを香り高くカップ麺に再現した「日本うまいもん サバだしラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日本うまいもん サバだしラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、地元で愛され続けているご当地麺を全国に発信するといったコンセプトによる“日本うまいもん”シリーズの新商品ということで、宮城県石巻市飯野川地区の商店街等で提供され、地元の方に愛され続けている“サバだしラーメン”の味わいをカップ麺に再現し、あっさりとしたスープにもかかわらず風味豊かな鯖本来の旨味や香りをじっくりと堪能ができる一杯“日本うまいもん サバだしラーメン”となっています。

そして、ご覧の通りフタの上に別添されている“後入れ特製スープ”を刃がしてみると…“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせた“サバだしラーメン”を象徴とするロゴなどが印象的で、“石巻飯野川発”といった発祥の地なんかも記載されているのが確認できます!

ちなみにこの“日本うまいもん”シリーズは、最近で言うと以前ご紹介したどんぶり型の“日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ(2014年4月14日発売・2018年6月11日リニューアル)”以来の登場かと思われ、頻繁ではありませんが…今回久しぶりの新商品ということになります!

それでは、今回の“日本うまいもん サバだしラーメン”がどれほど“サバだし”や“さば節”を利かせた仕上がりとなっているのか?あっさりとした口当たりに表現された鯖の旨味・風味などの具合やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り385kcal(めん・かやく330kcal / スープ55kcal)となっております。(塩分は7.0g)

カロリーは、あっさりめに仕上がった一杯とのことでそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分の方はかなり高めな数値のようですね!
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけでも55kcalと表記されていることから、あっさりとした仕上がりではありますが、しっかりとチキンやポークが鯖の旨味を引き立てている香り高い味わいに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、魚介エキス(さばエキス、かつおエキス、むろあじエキス)をはじめ…

  • 食塩
  • しょうゆ
  • 粉末さばぶし
  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • こんぶエキス
  • 植物油

といった、“サバだし”や“さば節”の美味しさを引き立てるかのように魚介の旨味が加えられ、さらにそういった鯖の風味豊かなスープに厚みにほんのりと厚み・深みを際立たせるチキンやポークによって、あっさりとした中にもしっかりと鯖本来の染み渡るような美味しさが楽しめる仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990363532
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(魚介エキス(さばエキス、かつおエキス、むろあじエキス)、食塩、しょうゆ、粉末さばぶし、砂糖、チキンエキス、ポークエキス、こんぶエキス、発酵調味料、植物油)、かやく(味付豚肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、クチナシ色素、pH調整剤、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量385kcal
めん・かやく: 330kcal
スープ: 55kcal
たん白質9.2g
脂質16.2g
炭水化物50.7g
食塩相当量7.0g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 5.0g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム195mg

引用元:日本うまいもん サバだしラーメン | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には先ほどもお伝えした“特製スープ”と記載された調味料が別添されています。(後入れタイプ)

そして、具材には…

  • 味付豚肉
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

また、麺はご覧の通りやや細めにも感じられるすすり心地の良さそうな角刃仕様の麺が採用されているようで、細いながらも歯切れの良いコシなんかも楽しめそうな組み合わせとなっているようですね!このすすり心地の良さからも風味豊かな鯖の香りが引き立って楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの具材や麺がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺はこの角刃仕様による歯切れの良さの他にもほどよい弾力あるコシなんかも楽しめ、何と言っても鯖の風味豊かな一杯といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製スープ”を注いでいきます!
すると…こちらにも鯖の旨味が凝縮された醤油ダレといったキレのあるスープが広がっていき、鯖本来の風味豊かな香りなんかも確認できますね!

そして、そのスープはすぐに馴染んでいき、たしかに後味すっきりとしたキレのあるスープは、あっさりめの仕上がりのようですが、全く臭みのない鯖の香りが非常に風味良く感じられますね!

個人的に鯖と聞くと…やや油っこさなんかも想像させるんですが、今回の一杯にはそういった鯖本来の油分などは一切なく、しっかりと“サバだし”や“さば節”といった丁寧に抽出された鯖の旨味だけがスープに溶け込んでいるようです!

あとは、スープ自体にどれほど“サバだし”や“さば節”の旨味が凝縮されているのか?この辺りが気になるところではないでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…非常にさらっとしたスープは、魚介系ならではの節感ある濃いめな仕上がりとなり、何と言ってもこの鯖の風味豊かな香りが食欲かき立てられます。。

また、“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせた醤油味をベースとしたスープにもぴったりな味付豚肉によってさらに味が引き立つ仕上がりのようで、こちらからも良い旨味が滲み出しているようにも見えます!これは実際の“サバだしラーメン”の方もちょっと気になってきますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…油っこさの全くないシャープな飲み口には、鯖の風味豊かな旨味が丁寧・上品にも感じるような利かせ方となってスープに美味しくマッチしています!

そして、やはり“サバだし”や“さば節”を使用していることから、鯖を焼いた時に出る油っこさといった感じも一切なく、むしろチキンやポークによって鯖本来の旨味を絶妙なバランスとして引き立てているようです!

そのため、もちろん飽きることなく最後まで存分に風味豊かな鯖本来の味わいを堪能でき、後味すっきりとしたキレのあるスープによって、ついついスープが止まらなくなりますね。。他の魚節とはまたひと味違った美味しさが楽しめるかと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めにも感じられる若干幅広な麺が採用されていて、この角刃仕様によって細いながらもしっかりとした弾力のあるコシや歯切れの良さが表現されています!

そんな麺には、今回“サバだし”や“さば節”などをしっかりと利かせた鯖の旨味に際立った“サバだしラーメン”の味わいを再現した香り高いあっさりとしたスープがよく絡み、一口ずつに鯖本来の旨味・味わいが口いっぱいに広がっていきます!

また、この麺は非常にすすり心地なんかも良いんですが、すすった時にふわっと香る風味豊かな鯖本来の香りが引き立って感じられます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや小さめにカットされてはいたものの…噛むとほどよく豚肉の旨味なんかも感じられる仕上がりとなっていて、食べはじめはまだ完全に湯戻りされていない様子でしたので、旨味を滲み出してもらうためにも最初のうちはスープ底に沈めておくと良いでしょう!

また、こちらのメンマも豚肉と同じくやや小ぶりな具材ではありましたが、コリコリとした食感に仕上がり、“サバだし”や“さば節”を利かせた醤油ベースの“サバだしラーメン”にもぴったりな具材となっています!

スープについて

スープは、ご覧の通りさらっとした仕上がりとなっていて、魚粉などがたっぷりと使用されていることが伝わって来る特徴的な色となっていて、この見た目通り非常にキレも良く一瞬あっさりとしたスープにも感じられますが、そのすぐ後からは鯖の出汁・旨味が風味良く押し寄せてきます!それ以外にも鯖なのかチキンやポークなのか…若干甘みなんかも感じられますね!

また、あっさりとしたスープとは言っても物足りなさを感じるような薄い仕上がりというわけでは全くなく、その変に関してはしっかりと鯖の旨味が楽しめるのでご安心を!ただ、もっと鯖の味わいを濃いめに楽しみたい場合は調理時のお湯の量で調整してみても良いかもしれません!

そして、“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせたあっさりスープではありますが、口の中でざらつきを感じるようなスープではなく、鯖の旨味はこのキレの良いスープに旨味として溶け込んでいるようで、その味わいをチキンやポークがほどよくコク深さや奥行きを表現し、後味の良いすっきりとした仕上がりにもかかわらず想像以上に満足度も高く楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“日本うまいもん サバだしラーメン”は、“サバだし”や“さば節”をしっかりと利かせたことによって、宮城県石巻市飯野川地区の商店街等で提供され、長年愛され続けているという“サバだしラーメン”の味わいをうまく再現し、あっさりとした中にも風味豊かな鯖の旨味が楽しめる仕上がりとなっていたため、後はお好みで香辛料などを追加してみたり…調理時にお湯を少なめににしてサバの旨味を味濃く楽しむのも良いかもしれません!

まとめ

今回「日本うまいもん サバだしラーメン」を食べてみて、様々な魚介出汁を利かせたカップ麺が登場している中、鯖の旨味に際立った一杯はなかなか珍しく、宮城県のご当地ラーメン“サバだしラーメン”を豊富に使用した“サバだし”や“さば節”によってあっさりスープの中に風味豊かな旨味としてバランス良く溶け込んだ仕上がりとなっていました!

また、この鯖の旨味自体に変な臭みはもちろん、クセなどもそこまで強くはなかったように感じられたため、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!