カップ麺

ヴィーガンヌードル担担麺!T’sレストラン監修による優しい味わいの担担麺

ヴィーガンヌードル担担麺

ヴィーガンヌードル担担麺」を食べてみました。(2019年9月9日発売・ヤマダイ)

この商品は、東京自由が丘の人気店“T’sレストラン”監修によるコラボ商品で、麺やスープはもちろん、具材にも肉・魚介類・卵・乳製品を一切使わないといったヴィーガン(完全菜食主義者)に対応したカップ麺が登場です!

それも…担担麺らしく練り胡麻のコクのある旨味をベースに、豆板醤や甜麺醤といった担担麺には欠かせない本格調味料を加え、ほんのりと花椒ならではの爽やかな風味が香るまろやかなスープに仕上がった非常に食べやすい一杯、“ヴィーガンヌードル担担麺”となっております。(税抜き190円)

ご覧の通り、パッケージには“VEGAN NOODLES(ヴィーガンヌードル)”といった商品名が大きく記載されていて、シンプルながらも非常にお洒落なパッケージとなっていることから、居心地の良い実店舗の雰囲気なんかも伝わってきますね!

ヴィーガンヌードル担担麺 パッケージ

ちなみに“ヴィーガン”とは…以下のように、“ベジタリアン”とはまた異なるようで、「食」だけでなくその他にも徹底したスタイルのことを意味するとのこと!

「Veganisimとは、可能な限り食べ物・衣服・その他の目的のために、あらゆる形態の動物への残虐行為、動物の搾取を取り入れないようにする生き方」
引用元:ヴィーガニズム – Wikipedia

そのため、ご覧の通りパッケージには“この商品は原材料に動物性食材・化学調味料・アルコールを使用していません”と記載されているんですが…濃厚さをイメージさせる担担麺をどのように表現しているのか?この辺りの仕上がりは非常に気になるところ。。

ちなみに“T’sレストラン”実店舗でも“T’s 担々麺”といったメニューが提供されていて、白ごまの旨味・風味を活かした根強い人気のある一品とのことで、今回の一杯はその大人気のメニューを再現しているようですね!(※カップ麺は実店舗でも発売されているとのこと。)

それ以外にも“T’s たんたん”といった姉妹店も東京都千代田区丸の内(エキュート京葉ストリート店)などで営業されていて、そちらでは以下のように3種類の担担麺が提供されています!

  • 黒胡麻たんたん
  • 金胡麻たんたん
  • 白胡麻たんたん

そしてその気になる特徴としては…原材料に動物性食材はもちろん、化学調味料やアルコールを一切使用せず、豆乳や大豆ミートなどの植物由来の食材を工夫を凝らして旨味を引き出し、担担麺ならではの旨味や辛み、そしてまろやかな“ごま”のコクがしっかりと表現され、ヴィーガンの方も食べられる優しい味わいの仕上がりとなっています!

一方、こちらには動物性食材などを一切使用していないことを全く思わせない仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チンゲンサイ・大豆たん白・ごま・エダマメが使用されているようです!

また、今回監修となった東京自由が丘“T’sレストラン”の創業は2009年5月、自由が丘のベジレストランと言えば“T’sレストラン”!というほど有名なお店で、野菜と大豆ミートの植物性食材だけを使用した体に優しく美味しい料理をコンセプトにした人気店のようで、今回のパッケージもご覧の通り他のカップ麺とは仕様が異なり、外観にもこだわった雰囲気ある容器が印象的ですね!

他にも特徴として…麺は“大豆食物繊維”を練り込んだ細麺・ノンフライ仕様とのことで、麺にまでヘルシーさを感じさせる担担麺に仕上がっていて、それによって動物性食材などを一切使用しないあっさりとした担担麺でありながらも、練り胡麻特有の旨味を利かせたコク深い一杯が気軽に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

やはり使用する材料にかなりの制限があるため、比較的あっさりとした担担麺に仕上がってはいますが、その割にしっかりと練り胡麻の旨味が豆板醤や甜麺醤、さらに担担麺には欠かせない花椒などの香辛料をうまく合わせたことによって、テイストの雰囲気は担担麺そのもの!といったほどよくコクのある軽やかな味わいが楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、ヴィーガンの方はもちろん、カロリーなどにも気を使う健康・ヘルシー志向の高い方も担担麺らしい後引く旨味・辛みを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京自由が丘の人気店“T’sレストラン”監修によるヴィーガンの方も食べられる動物性食材・化学調味料・アルコール不使用のヘルシーな一杯、「ヴィーガンヌードル担担麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ヴィーガンヌードル担担麺

今回ご紹介するカップ麺は、体に優しい“T’sレストラン”監修によって動物性食材などを一切使用しないヴィーガンの方も食べられるヘルシー・健康志向の高い方にもおすすめの一杯で、練り胡麻の旨味をベースに豆板醤や甜麺醤、そして担担麺には欠かせない花椒による風味豊かなアクセントが利いた一杯、“ヴィーガンヌードル担担麺”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“T’sレストラン”に関する簡単な説明文が記載されていて、これによると…“「おいしさ」にとことんこだわったヴィーガン料理のお店”とのことで、店舗名は太陽(Taiyo)や土(Tuti)など野菜に関する“T”からはじまる言葉が数多く集まったお店を意味するようです!

また、このヴィーガンカップ麺“担担麺”は実店舗の方でも取り扱いされていて、“T’sレストラン”のオンラインショップでも購入することができるようです!

ちなみにこの商品は、2018年4月16日にも“T’s NOODLE酸辣湯麺”と“T’s NOODLE担担麺”といった若干異なる商品名で同じく“ヤマダイ”から発売されていて、今回も同じく“ヴィーガンヌードル酸辣湯麺”が同時発売されています!(※特にリニューアルといった記載はありませんでした。)

それでは、今回の“ヴィーガンヌードル担担麺”が動物性食材・化学調味料・アルコール不使用によってどういった味わいが表現されているのか?豆板醤や甜麺醤、花椒など担担麺には欠かせない材料の利かせ具合はもちろん、大豆食物繊維を練り込んだ細いノンフライ麺との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

ちなみに、ヴィーガンというわけではありませんが…今回のような低カロリー・低糖質に際立ったダイエット中にもおすすめのカップ麺については、ぜひこちらの記事もご覧ください!

ダイエット中にもおすすめのカップ麺を一挙ご紹介します!【随時更新】ダイエット中のカップ麺はちょっと…と気にしていませんか? そもそもカップ麺だからダイエット中はダメというわけではなく、最近では糖質...

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り222kcalとなっております。(塩分は4.3g)

カロリーは、動物性食材などを一切使用しないヴィーガンカップ麺らしく非常に低めの数値のようで、塩分も同じく低めな数値のようです!
ちなみに1食当たり67g、麺の量は36gと一杯の量自体もかなり少なめとなっているようですね!

このように、カロリーや炭水化物も非常に低いため、カロリーそのものを気にしている方はもちろん、健康・ヘルシー志向の方にもおすすめの一杯と言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“ごま”や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 豆板醤
  • オニオンパウダー
  • 香辛料
  • 香味油
  • 甜麺醤
  • シイタケエキス

といった、野菜中心に練り胡麻の旨味を利かせたスープをベースに豆板醤や甜麺醤といった担担麺には欠かせない調味料が使用され、そこに花椒ならではの爽やかな風味が香るヘルシーかつ優しい味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺には“大豆食物繊維”といった材料も含まれているようで、この辺りでカロリーを大幅にカットしているものと思われます!

JANコード4903088014272
原材料名

めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(ごま、食塩、糖類、植物油脂、酵母エキス、豆板醤、オニオンパウダー、香辛料、香味油、甜麺醤、たん白加水分解物、シイタケエキス)、かやく(チンゲンサイ、ごま、粒状大豆たん白、エダマメ、香辛料)/かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、トウガラシ色素、香辛料抽出物、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量222kcal
たん白質6.2g
脂質6.1g
炭水化物35.6g
食塩相当量4.3g
めん・かやく: 1.2g
スープ: 3.1g

引用元:ヴィーガンヌードル担担麺|ヤマダイ公式通販サイト

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、後入れ液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、特に液体スープは動物性食材などを一切使用していない一杯ではありますが…担担麺らしいドロッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り細麺・ノンフライ麺となっているんですが、やはり“大豆食物繊維”が練り込まれているせいか…若干ボソボソとした食感をイメージさせる麺が採用されているようです!

カロリーを抑えたカップ麺に使用されているノンフライ麺には、このように食物繊維を多く練り込んだ仕様が多く、若干食感に頼りなさを感じるものの…そこまで気にするほどのものではないかと思われます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • チンゲンサイ
  • ごま
  • 粒状大豆たん白
  • エダマメ

が入っています。

担担麺と言えば…胡麻の風味やコクが特徴のひとつでもあるんですが、具材に“胡麻”そのものはそこまで多く使用されていないようです!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ご覧の通り、先ほどのノンフライ麺がまだほぐれていないようで…容器底に溜まった状態となっており、動物性食材を使用していない代わりとして含まれる挽肉をイメージした“大豆たん白”からもヴィーガンらしい非常にヘルシーな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、液体スープを入れる前に軽く麺をほぐしてみましょう!すると…思っていたよりもすんなりとほぐれますね!

変にダマになることもなく、食物繊維を練りこんだことによるボソボソ感も見た感じだとそこまで気にならないようです!

では、続いて先ほどの液体スープを注いでいきます!

すると…調理中にしっかりと温めておいたにもかかわらず液体スープは担担麺らしいドロっとした状態となっていて練り胡麻のコクを豆板醤が引き立てることで、担担麺特有の濃厚感を演出しているようにも見えますね!

そして、ずしっと重みのある液体スープは容器底へと沈んでいき、植物油脂でしょうか?ほどよい辛みを伴う赤みを帯びた油分がスープ表面に広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。そしてスープが全体に馴染むと…非常にさらっとした状態でヴィーガンならではの動物性植物などを使用しない軽やかな味わいでありながらも、豆板醤や甜麺醤など本格調味料によって“T’sレストラン”で大変人気だという担担麺の味わいを再現しているようです!

また、スープ表面などを確認してもやはり油分はほぼなく、具材に使用されているエダマメなんかも印象的で、ここまでヘルシーさに際立った担担麺は他にはないでしょう!これは実店舗の味わいや、再現性に関しても気になるところ。。

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり動物性食材やアルコールを使用しないということもあって、濃厚な担担麺とは対照的とも言え、不化調らしい素材本来の旨味がストレートに楽しめる仕上がりとなっています!

不思議ですね!しっかりと担担麺ならではの味わいを表現しているにもかかわらず非常にヘルシーさにも際立っていて、もちろん濃厚感やこってり感はないものの…特に物足りなさを感じさせない豆板醤や甜麺醤などの調味料や素材の旨味をうまく活かし、ほんのりとした辛みが後押ししているため、口当たり優しい担担麺をじっくりと楽しむことができるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めのノンフライ仕様ということで、大豆食物繊維を含んだことで若干ボソボソとした食感に感じられるかもしれませんが…すすり心地も良く、そこまで気になるほどのものではありません!

そんな麺には…練り胡麻の旨味をベースに豆板醤や甜麺醤といった担担麺ならではの味わいをライトに表現したほどよくコクのあるスープがよく絡み、一口ずつにほんのりと花椒による爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

また、この麺はそもそも短めにカットされているようで、スープが跳ねるのを予め防いでいるようですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、ヴィーガンカップ麺や“T’sレストラン”らしいエダマメが入っていて、カップ麺としては非常に珍しいんですが…実際に味わってみると素材本来の味わいがしっかりと表現されていて、植物性原料のみで仕上げたヘルシーな一杯にもぴったりです!

また、こちらのやや小ぶりな“粒状大豆たん白”は、恐らく担担麺らしい挽肉をイメージしたものと思われますが、さすがに大豆を主原料としているせいか…肉の旨味ほどではないものの、食感の良さによってヘルシーな担担麺をうまく表現しているようです!

他にもこちらのチンゲン菜が入っていて、こちらは担担麺らしいシャキシャキとした食感が非常に良く再現されていて噛み心地が良いですね!

さらに素材本来の旨味・風味なんかもしっかりと感じられ、練り胡麻のコクが豆乳によってまろやかに仕上がった担担麺スープにもぴったりです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り練り胡麻の旨味をベースに豆板醤や甜麺醤といった担担麺ならではの味わいを動物性食材やアルコール、化学調味料などを一切使用せずに表現し、そのため割とあっさりとした味わいに仕上がってはいるものの…本格調味料を使用したことによって想像以上に担担麺ならではの味わいが楽しめるスープとなっています!

そのため、当然ドロッとしたような濃厚な担担麺が好みの方向けのテイストではありませんが…ヴィーガンの方はもちろん、ヘルシー志向の方にもおすすめの満足度の高い仕上がりと言えるのではないでしょうか?

他にも、唐辛子を含む香辛料によってピリッとした辛みが非常に食欲そそるアクセントとなり、さらに花椒による風味豊かな香りが上品さをより一層引き立てています!
※痺れる辛みといった感じはほぼないと言って良いです。

このように、今回の“ヴィーガンヌードル担担麺”は、動物性食材などを一切使用していないため、ヴィーガンの方はもちろん、ヘルシー・健康志向の方にもおすすめの比較的あっさりとした担担麺に仕上がり、カロリーも低く量もやや少なめということもあって、食べる時間をそこまで気にすることなく楽しめることから、夜食なんかにもぴったりな一杯かもしれませんね!

まとめ

今回「ヴィーガンヌードル担担麺」を食べてみて、動物性食材やアルコール、さらに旨味を増す化学調味料などを一切使うことなく、練り胡麻をベースに豆板醤や甜麺醤、そして植物油脂を活かし、豆乳によるまろやかさを加えたことによって担担麺らしい濃厚感をうまく表現し、さらにピリッとした辛みを香辛料によって加え、担担麺には欠かせない花椒の爽やかな風味が香る非常に軽やか・ライトな一杯となっていました!

ここまで徹底してヴィーガンに対応したカップ麺は個人的にはじめてでしたが、当然動物性食材を使用していないということもあって深みのある濃厚な担担麺というわけでななく、素材の旨味を活かした最後まで飽きの来ない仕上がりは、思ったよりも満足できる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら