エースコック

「四つ葉」カップ麺!地鶏だし醤油ラーメン!コク深いプレミアムな一杯

一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン

一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン」を食べてみました。(2019年9月2日発売・エースコック)

この商品は、埼玉・川島町の名店“四つ葉”の人気メニュー“四つ葉そば”の味わいを再現したと思われる一杯で、地鶏のエキスをたっぷりと加えたことによってコクのある醤油スープに仕上がり、風味豊かな鶏油がスープ表面に美しく広がる贅沢な一杯が登場です!

それも…エースコックの人気ご当地コラボシリーズ“一度は食べたい名店の味”のさらにワンランク上の味わいを表現した“一度は食べたい名店の味PREMIUM”から登場したもので、埼玉No.1との呼び声高い名店“中華そば 四つ葉”の人気メニューであるこだわりの地鶏出汁を旨味・風味からリアルに再現し、臨場感溢れる味わいに仕上がった満足度の高い一杯、“一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン”となっております。(税抜き270円)

ご覧の通り、パッケージには“四つ葉”実店舗の看板や日除け幕をイメージさせる“緑色”を背景に、エースコックではお馴染みのシリーズ“一度は食べたい名店の味”といった文字に加え、“PREMIUMU”といったワンランク上の美味しさが表現されていることを思わせるロゴが追加されており、今回はタテ型ではなくどんぶり型のカップ麺として名店の味わいをリアルに再現しているようですね!

一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン パッケージ

ちなみに“中華そば 四つ葉”の実店舗では、比内地鶏をメインに複数の地鶏から丁寧に抽出した旨味が溶け込み、コク深く濃厚とも言える鶏の味わいが黄金に光り輝く鶏油の風味豊かな香りとともに楽しめるとあって、埼玉・川島町の大変人気なラーメン店のようで、以前にも何度かカップ麺としても商品化されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

また、こちらには“国産地鶏だし使用”と記載され、こだわりの地鶏出汁をしっかりと利かせた美しく透き通るコク深い淡麗スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…焼豚、味付鶏・豆腐だんご、ねぎ、メンマが使用されているようです!
※“チキンエキス中に地鶏エキスを10%使用しています。”とのこと。

一方、こちらには“中華そば 四つ葉”の店舗写真や、“最寄り駅(本川超駅)から歩いて90分のラーメン店”、“熱湯4分で行列回避!?”と記載されているように最寄り駅からも遠く…さらに名店というだけあって当然行列の絶えない人気店ですから、今回の一杯はそんな行列に並ぶことなく気軽に“四つ葉”の味わいが楽しめるというわけですね!
※“中華そば 四つ葉”の店舗は、寿司屋である実家の一部を改築して作ったようです。

他にも特徴として…麺はノンフライ・丸刃仕様によるつるっと滑らかな触感が印象的なほどよい弾力とコシを兼ね備え、まさに実店舗での味わいを再現するにふさわしい“しなやかさ”が加えられており、それによって“四つ葉”こだわりの地鶏出汁をじっくりと利かせたスープと鶏油による香り高いコクのある醤油スープと合わせて再現性の高い味わいが最後まで飽きることなく楽しめる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

名店“四つ葉”こだわりの地鶏から丁寧に抽出した旨味をしっかりと利かせたコク深く濃い目に仕上がった醤油ベースの透明度の高い美しい淡麗スープには、質の高い鶏の旨味・甘みが濃厚な味わいとなって押し寄せてきて、スープに広がる鶏油が上品に香り立つ旨味溢れる仕上がりとなっていました!
これは特に、名店“四つ葉”ファンはもちろん、地鶏にこだわった甘みのあるコク深い旨味が凝縮された上質なスープを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は埼玉・川島町の名店“四つ葉”の人気メニュー“四つ葉そば”の味わいを再現したと思われる地鶏の旨味にこだわったコク深く風味豊かな仕上がりが“PREMIUM”シリーズにふさわしい臨場感溢れる味わいとなった満足度の高い一杯、「一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、ご当地コラボシリーズのワンランク上の美味しさを表現した“一度は食べたい名店の味PREMIUM”の新商品ということで、埼玉の名店“中華そば 四つ葉”の地鶏にこだわった旨味と鶏油による風味が上品に香り立つコク深い“四つ葉そば”の味わいを再現した“一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージに大きく記載された“四つ葉”の店舗ロゴが地鶏出汁を丁寧に抽出した上質な旨味にぴったりな上品さを物語っていますね!

ちなみにここ“四つ葉”では蛤(ハマグリ)の出汁を利かせた“蛤そば”なんかも大変人気で、以前ご紹介した“一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば(2018年7月9日発売)”としてカップ麺化もされており、創業は2013年と比較的新しいものの…店主である“岩本 和人”氏は、某有名ラーメン店で12年もの修行経験を持つとのことで、人気・実力ともに兼ね備え、その腕前による味わいは確かなもののようですね!

しかも今回はワンランク上の“一度は食べたい名店の味PREMIUM”シリーズとしての登場ということですから、その仕上がりには期待したいところ!

それでは、今回の“一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン”がどれほど地鶏の旨味を丁寧に・まろやかでコク深く表現しているのか?濃い目に仕上がった醤油ベースのスープとの兼ね合いはもちろん、スープ表面に広がる上質な鶏油による香り高い贅沢な風味、そして何と言ってもノンフライ仕様による“しなやかさ”が加えられた弾力とコシのある麺とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り332kcal(めん・かやく242kcal / スープ90kcal)となっております。(塩分は6.9g)

カロリーは、素材の旨味を活かした“四つ葉”らしくそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分の方はかなり高めな数値のようですね!
ちなみに1食当たり106g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで90kcalとやや高めにも感じられることから、地鶏の旨味を思う存分楽しめるようなコク深く風味豊かな濃口醤油といった魅力的な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、チキンエキスや動物油脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 植物油脂
  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • 魚醤
  • ジンジャーエキス

といった、地鶏の旨味をふんだんに利かせたことで、コク深く厚みのある醤油ベースのスープに仕上がり、さらに旨味を引き立てるかのようにポークや魚醤、ジンジャーといった材料によって名店“四つ葉”の味わいをうまく表現した一杯を想像させる材料が並びます。

JANコード4901071211714
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物、卵白粉)、スープ(チキンエキス、動物油脂、しょうゆ、植物油脂、たん白加水分解物、食塩、香味調味料、酵母エキス、ポーク調味料、果糖ぶどう糖液糖、魚醤、ジンジャーエキス)、かやく(焼豚、味付鶏・豆腐だんご、ねぎ、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、乳化剤、炭酸カルシウム、香料、かんすい、増粘剤(加工でん粉)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、酸味料、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (106g) 当たり]
熱量332kcal
たん白質10.3g
脂質7.5g
炭水化物55.8g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.9g
(1.8g/5.1g)
カルシウム272mg

引用元:一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

ちなみに液体スープは、濃口醤油な仕上がり・塩分がやや高めということもあって…触った感じさらっとした状態のようですが、量も多く鶏の旨味と思われる脂なども含まれているため、調理中にはしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう!

そして、麺はご覧の通り若干平打ちにも見える中太といったところでしょうか?ノンフライ麺特有のほどよい弾力とコシ、そして何と言っても上質なスープとの相性抜群な“しなやかさ”が加えられた麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 焼豚
  • 味付鶏・豆腐だんご
  • ねぎ
  • メンマ

が入っています。

さすがにこの辺りはレアチャーシューなどが使用された実店舗とは仕様が異なるようで、カップ麺らしい具材ではありますが…“PREMIUM”らしく豊富な具材が取り揃えられているようです!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ご覧の通り具材がそれぞれふっくらとした仕上がりとなり、麺もまたほどよい弾力とコシが加わっているようで、ここに先ほどの液体スープを加えることによって、地鶏出汁をしっかりと利かせた濃口醤油スープとともにすすり心地の良い麺や具材なんかも楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…見てわかるように非常に濃い目の醤油ベースといったスープとなっていて、さらっとした状態ではありますが、一気に甘みのある上質な地鶏の旨味・風味が広がっていきます!

そして、鶏出汁の旨味や醤油ベースのスープは容器底へと沈んでいき、ご覧の通り上品な鶏油がしっとりとしたコクを引き立てる香り高い風味を演出し、これによってまさに美しく輝く黄金スープといった透明感のある仕上がりとなっていますね!すでに良い香りが漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…濃口醤油といった味わいをイメージさせる濃い目の仕上がりとなっていますが、不思議と淡麗系とも言える透明感があり、比較的さらっとしたスープの割にコク深く旨味が凝縮されているようです!

また、出汁や素材の旨味を活かした一杯ということもあって、ほどよい油分がスープ表面に鶏油とともに浮き、風味自体は若干鶏の甘みを感じさせるコクのあるスープの味わいが伝わってくるかのような上品に香り立ち、それによって麺をすすった際に香る素材の風味なんかも楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常に丁寧に抽出したと思わせる鶏のまろやかな旨味が口当たりに感じられ、見た目以上に地鶏の旨味がコク深く凝縮されているようです!!これは透明感のあるスープとは裏腹に濃厚とも言える濃口醤油にしっかりと良いダシが溶け込んでいます!

ただ…個人的には原材料に記載されていたような魚醤やジンジャーエキスなどをもう少しバランス良く利かせていても良かったような気はしましたね。。

というのも…鶏の旨味が前面に押し出されたことによって若干丸みのある口当たりというんでしょうか?コクもあるんですが、地鶏の旨味だけが引き立ったことで若干単調気味にも感じられ、もう少しキリッとした締まりの良いキレや地鶏の旨味をより一層引き立てる何か…もう一工夫欲しかったところではあります!

とは言え、丁寧に抽出された旨味は納得できるほどのコク深い仕上がりとなっていて、さらに鶏油による香り高い風味と合わせることによって“PREMIUM”シリーズらしくワンランク上の味わいが楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り中太仕様の若干幅広なノンフライ麺となっていて、ほどよい弾力とコシが心地良く、何と言ってもすすり心地の良さとともに鶏油による上品に香る風味なんかも楽しめる相性抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、名店“四つ葉”こだわりの地鶏の旨味が丁寧に表現された濃口醤油スープがよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな味わいが口いっぱいに広がっていき、鶏油による風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付鶏・豆腐だんご”が入っていて、鶏肉の旨味は今回のスープにもぴったりなんですが…豆腐を使用しているからでしょうか?若干ボソボソとした食感に感じられ、ちょっとその辺りがもったいない仕上がりではありましたね。。

コスト面によるものかもしれませんが…これがしっかりと鶏肉による団子が使用されていれば、より一層旨味も滲み出し、コク深くまろやかなスープもさらに美味しく引き立っていたように感じられます!

また、こちらの焼豚は、カップ麺らしくサイズも小さく薄くカットされたもので、こちらもちょっとチープな印象が否めない…といった印象の具材となっていたため、上記の“味付鶏・豆腐だんご”もそうですが、単体で楽しむというよりも麺と一緒に旨味の利いたスープをしっかりと絡めて食べることによって、それぞれの旨味も引き立って楽しめるものと思われます!

さらに、こちらのメンマはサイズ感は申し分なく、コリコリとした非常に良い食感に仕上がり、やはりこういった醤油ベースのスープにはメンマが合いますね!

しかもちゃんと素材本来の味わいが感じられ、メンマらしい味付けなんかも楽しめる美味しい具材となっています!

他にもこちらの“ねぎ”なんかも使用されていて、比較的大きくカットされたことで、こちらもまたシャキシャキとした食感なんかも楽しめ、ちょうど良い薬味となったことで、濃口醤油に地鶏の旨味をふんだんに利かせたスープを最後まで飽きることなくじっくりと楽しむことができます!

スープについて

スープは、ご覧の通り濃い目の醤油ベースとなっていて、そこに“四つ葉”こだわりの地鶏から丁寧に抽出した旨味がたっぷりと溶け込み、コク深くまろやかな上品にも感じられる味わいがシンプルながらも奥行きのある仕上がりとなっていて、さらに鶏油による風味豊かな香りが上品さを引き立てる贅沢な味わいが表現されています!

もちろん醤油ならではのキレとコクなんかも感じられるんですが、地鶏の旨味がそれ以上に際立って感じられますね!

また、濃い目ならがらも透明感があり、割とさらっとした仕上がりなため、こういったギャップにも驚かされますね!見た目以上に地鶏の旨味がちょうど良い油分・脂とともに香り高く利いているため、コク深くしっかりとした飲み心地なんかも楽しめちゃいます!

ご覧の通り、スープ表面にはしっとりとした上質な鶏の旨味と思われる油分が広がり、非常に風味豊かな鶏の旨味を香りからも思う存分楽しめる仕上がりとなり、コク深く飲み心地の良いスープとなっています!

また、再現性のほどは定かではありませんが…これはこれで“PREMIUM”シリーズらしく名店“中華そば 四つ葉”の特徴である地鶏の旨味をふんだんに利かせたことによる旨味と厳選された醤油ダレが合わさったことで、シンプルながらも満足度の高いコクと旨味が楽しめる風味豊かな一杯が気軽に楽しめるでしょう!

このように、今回の“一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン”は、名店“四つ葉”こだわりの地鶏の旨味をふんだんに利かせ、コク深くまろやかな舌触りが印象的なワンランク上の香り立つ上品な仕上がりとなっていたため、お好みによっては醤油スープとの相性の良い胡椒などの香辛料を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン」を食べてみて、どんぶり型として登場したワンランク上の美味しさが表現された“PREMIUM”シリーズにふさわしく、地鶏の旨味がしっとりとコク深く濃口醤油スープに溶け込み、まろやかな旨味が香り立つ鶏油とともに広がっていき、まさしく名店ならではの安定感のある美味しさが表現された一杯となっていました!

そして、先ほどもお伝えした通り、地鶏の旨味が贅沢に使用されたことで、透明感のあるスープとは思えないほどコク深く旨味が凝縮されていたため、鶏出汁を利かせた“中華そば”といったテイストが好みの方にとってはたまらない…クセになる一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!