一度は食べたい名店の味

「中華そば 四つ葉」カップ麺 “四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン” 名店の気まぐれ限定メニューを再現

一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン

一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン」を食べてみました。(2021年4月12日発売・エースコック)

この商品は、埼玉・川島町の名店“中華そば 四つ葉”の気まぐれ限定メニュー“四つ葉ブラック”の味わいを縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、チキンやポークの旨味をベースに食欲そそるガーリックなどの香味野菜を加え、“四つ葉ブラック”というだけあって数種類もの醤油をブレンドしたことで非常に色の濃い仕上がりとなり、さらに別添された液体スープを加えたことによって鶏油による風味豊かなコクが引き立った鶏出汁に拘る名店の一杯が登場です!

それも…上記の通りチキンやポークなど動物系の旨味をベースに数種類の醤油を配合したことで繊細かつ深みのあるテイストに仕上げ、醤油感の強いキリッとしたシャープな飲み口と動物系のコクが絶妙にマッチし、鶏油ならではの食欲そそる風味が心地良い濃厚な醤油スープが“ちぢれ”を付けた中太麺によく絡む食べ応えのある一杯、“一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには…“中華そば 四つ葉”といった名店のロゴが掲載され、これまでも様々なメニューがカップ麺化されているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?ただ…今回は店舗名横に“ブラック”の文言が加えられ、鶏出汁に拘った人気店が限定メニューとして気まぐれで提供するという“四つ葉ブラック”の味わいを再現した一杯は仕上がりなど非常に気になるところ。。

一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン パッケージ

一方こちらには“濃厚醤油ラーメン”と記載され、その背景には文字通り非常に色の濃い仕上がりとなったチキンやポークなど動物系の旨味や拘りのブレンド醤油による濃厚な醤油スープが確認でき、塩気の強いキレの良さとコク深く風味豊かな動物系の旨味が絶妙にマッチした喉越し抜群な一杯であることが予想されます!

また、こちらには…“四つ葉ブラック”という名に相応しい濃厚な醤油スープ表面に鶏油の旨味・脂が品良く浮き、各種具材がレンゲに添えられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…焼豚・ねぎ・メンマが使用されているようです!今回は“中華そば”らしいシンプルで必要最低限の具材が取り揃えられています!

さらにこちらには、今回の“四つ葉ブラック”についての簡単な説明書きが記載されており、これによると…“連日長蛇の列を作る埼玉の有名店「中華そば 四つ葉」の気まぐれ限定メニュー「四つ葉ブラック」を再現した一杯です。この一杯は、数種類の鶏を炊き出した出汁に独自ブレンドした香り高い醤油ダレをしっかり利かせたくせになる味わい。店主の気まぐれでメニューに登場する“出会えたらラッキー!”な人気のラーメンです。”とのことで、元々は地鶏など鶏出汁に拘った“中華そば”が大変人気の名店なんですが、定期的に通わなければ出会えない人気の限定メニューのようですね!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様(油揚げ麺)で、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、ほどよい“ちぢれ”を付けたことによってスープとの絡みも非常に良く、それによってチキンやポークなど動物系の旨味をベースにガーリックなど香味野菜を利かせ、さらに別添されている液体スープに含まれる鶏油を加えることでコク深く風味豊かな香りまでもが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“四つ葉ブラック”というだけあって非常に色の濃い仕上がりの醤油スープには想像通り塩気の強いキレの良さが印象的で、拘りのブレンド醤油らしくコクのある口当たりにチキンやポークの旨味がまろやかさを引き立て、まさにキレとコクのある濃厚な醤油スープに仕上がっていたものの…やはりカップ麺ではじっくりと炊き出した鶏の旨味まで再現するのは難しく、雑に言ってしまえばチキンを利かせたしょっぱい醤油スープといったところで、ガーリックや香辛料も控え目だったせいもありますが、個人的には割とシンプルな一杯となっていました!(シンプルなのでアレンジしやすい一杯とも言えます。)
これは特に、“中華そば 四つ葉”ファンはもちろん、数種類もの醤油を配合した濃厚な醤油スープにチキンやポークなどの動物系の旨味や食欲そそるガーリックを加え、さらに鶏油の風味豊かな香りが食欲そそる深みのある一杯をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は埼玉・川島町の名店“中華そば 四つ葉”の店主気まぐれ限定メニュー“四つ葉ブラック”の味わいをカップ麺に再現した醤油感の強いキレや動物系のコクが相性良く馴染むことで、後味すっきりとした鶏油が香る風味豊かな一杯、「一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、埼玉・川島町の名店“中華そば 四つ葉”の出会えればラッキーな店主の気まぐれで提供されるという限定メニュー“四つ葉ブラック”の味わいをカップ麺に再現、チキンやポークの旨味をベースに数種類の醤油をブレンド、そこに食欲そそるガーリックやコク・風味を引き立てる鶏油を加えたことによってシンプルながらも味わい深い濃厚な一杯、“一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“中華そば 四つ葉ブラック”、“濃厚醤油ラーメン”、そしてシリーズ名である“一度は食べたい名店の味”といった商品名や特徴などがシンプルに記載され、いつものフレーバーとはひと味違った濃厚なテイストに期待したいところ!

一方、こちらには“中華そば 四つ葉”の店舗写真や、“最寄り駅(本川超駅)から歩いて90分のラーメン店”、“熱湯3分で行列回避!?”と記載されているようにここ“四つ葉”は最寄り駅からも大変遠く…さらに名店というだけあって当然行列の絶えない人気店ですから、今回の一杯はそんな行列に並ぶことなく気軽に“四つ葉”の限定メニューが楽しめるというわけですね!
※“中華そば 四つ葉”の店舗は、寿司屋である実家の一部を改築して作ったようです。

ちなみに“中華そば 四つ葉”の実店舗では、比内地鶏をメインに複数の地鶏から丁寧に抽出した旨味が溶け込み、コク深く濃厚とも言える鶏の味わいが黄金に光り輝く鶏油の風味豊かな香りとともに楽しめるとあって、埼玉・川島町の大変人気なラーメン店のようで、以前にも以下のフレーバーがカップ麺化されています!

また、ここ“中華そば 四つ葉”では蛤(ハマグリ)の出汁を利かせた“蛤そば”なんかも大変人気で上記の通りすでに商品化されており、創業は2013年…店主である“岩本 和人(いわもと かずと)”氏は、埼玉の名店“頑者(がんじゃ)”の系列店“UNDER GROUND RAMEN”で12年もの修行経験を持つとのことで、人気・実力ともに兼ね備え、“食べログ ラーメン EAST 百名店”にも2017年から4年連続で選出されており、その腕前による味わいは確かなもののようですね!

それでは、今回の“一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン”がどれほどチキンやポークの旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?食欲そそるガーリックや数種類もの醤油をブレンドした濃厚感、鶏油を加えた風味豊かな香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様のもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り380kcal(めん・かやく310kcal / スープ70kcal)となっております。(塩分は7.8g)

カロリーは、縦型ビッグサイズでチキンやポークなど動物系の旨味を利かせている割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は数種類もの醤油をブレンドしているだけあってかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと70kcalとサイズからしてそこまで高すぎず・低すぎずといったところで、素材の旨味を活かしたコク深く濃厚な醤油スープをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”やチキンエキスをはじめ…

  • 中国しょうゆ
  • 食塩
  • 鶏油
  • 粉末しょうゆ
  • 植物油脂
  • 豚脂
  • ポーク調味料
  • ポークエキス
  • トマトエキス
  • 香辛料

といった、チキンやポークの旨味をベースに数種類の醤油をブレンドし、食欲そそるガーリック、さらにコク深さや風味豊かな香りを引き立てる鶏油を加えた濃厚な醤油スープを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071247164
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白粉)、スープ(しょうゆ、チキンエキス、中国しょうゆ、食塩、発酵調味料、鶏油、デキストリン、粉末しょうゆ、植物油脂、豚脂、ポーク調味料、ポークエキス、砂糖、トマトエキス、香辛料、でん粉、たん白加水分解物)、かやく(焼豚、ねぎ、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、酒精、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(ステビア)、酸味料、増粘多糖類、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量380kcal
たんぱく質10.0g
脂質15.3g
炭水化物50.5g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.8g
(2.3g/5.5g)
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム211mg

引用元:一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、他には“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…ブレンドされた醤油や鶏油を含む割とサラっとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • 焼豚
  • ねぎ
  • メンマ

が入っています。

このように今回の“四つ葉ブラック”には、“中華そば”らしくシンプルかつ必要最低限の具材が取り揃えられているようですね!

さらに麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様で、もっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持ち、つるっと滑らかな食感はもちろん、すすり心地の良いフライ麺が採用されているようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力とコシが加わり、まだ液体スープを加える前の状態ではありますが、チキンやポークをベースに濃厚なブレンド醤油や鶏油をバランス良く合わせたコク深く濃厚な醤油スープが楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…非常にサラッとした状態ではありますが、見るからに醤油感の強い濃厚なスープとなっていて、鶏油なども含まれているようでしたので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り液体スープはサラッとしているんですが、ずしっとした麺によって表面に留まり、風味としてはガーリック・鶏油ともにそこまで主張の強いフレーバーというわけではなさそうです!ただ、数種類もの醤油をブレンドしたというだけあって非常に濃いめな色合いであることに間違いありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“四つ葉ブラック”の文字通り非常に色の濃い醤油スープに仕上がり、チキンやポークの旨味をベースにしている割にドロッとした印象は全くなく、むしろ非常にサラッとしていて、栄養成分表示にも記載されていたように塩気の強いキリッとした口当たりと動物系の旨味によるコク深さが絶妙にマッチした濃厚な一杯といったところ!

また、動物系の旨味や数種類の醤油を活かした一杯ということもあって、脂っこさといった感じも一切なく、風味自体はやはりそこまでガーリックや鶏油に関してそこまで主張していないようにも感じられますね!そのため、まさに醤油感の強い繊細なキレとコク深くまろやかなチキンやポークの旨味がバランス良くマッチし、“四つ葉ブラック”らしい濃厚な醤油スープに仕立て上げているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常に丁寧に抽出したと思われるチキンやポークの旨味が利いているんでしょうけど、数種類もの醤油を使用したというキレも良く塩気の強い口当たりが印象的で、旨味自体が存分に活かされていないように感じられますね。。ちょっとしょっぱさが強いせいで物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません!

やはりこれまでも書いてきたように鶏の旨味だけはカップ麺に表現するのが非常に難しいんだと思います。他のカップ麺でも地鶏に拘った名店の味を再現したフレーバーでも調理感や上質な脂・旨味といった点を考慮すると、どうしても単純にチキンを利かせた醤油スープとなってしまいますから…恐らく今回も再現性はかなり低いものと思われます。

それによってガーリックの旨味や鶏油ならではのコク深さ・風味までもが控え目に感じられ、コクもあるんですが…醤油感だけが際立ったことで単調な印象だけが残るため、もう少し動物系の旨味をより一層引き立てる何か工夫が欲しかったところ。。

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様で、ほどよい弾力とコシが心地良く、何と言ってもほんのり“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも良く、すすった際にほんのり感じられる鶏油の風味なんかも楽しめる食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、名店“中華そば 四つ葉”の気まぐれで提供しているという…“四つ葉ブラック”の味わいを再現した動物系の旨味をベースに数種類もの醤油をブレンドした濃厚な味わいが口いっぱいに広がっていき、一口ずつに若干控え目ではありますが…ほんのり香る鶏油の風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…やはり動物系の旨味が物足りないせいでしょっぱいだけの醤油スープに感じられる点が残念ですね。。(もしかすると監修していないのでは?)

トッピングについて

トッピングにはまず、元々は1枚だったかどうかは定かではありませんが、適度なサイズにカットされた焼豚が入っていて、カップ麺でよく見かけるチープな仕上がりではありますが…じっくりと味わってみると、今回の醤油感の強い濃厚なスープにしっかりと馴染んだことで思ったよりも味付けが施されているかのような肉の旨味がじゅわっと滲み出していたため、しっかりとスープと馴染ませて少しでも旨味を引き立てた後、中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマは若干小ぶりで、使用されている数に関しては申し分ありませんが、コリコリとした食感ではなく非常に柔らかい仕上がりとなっていて、少し物足りなさを感じてしまいます。。ただし素材本来の味わいが感じられ、メンマらしい味付けなんかも楽しめる美味しい具材ではありますね!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、比較的小さくカットされたことでシャキシャキというよりも、ちょうど良い薬味となったことで濃厚な醤油スープの味わいを引き立て、後味すっきりと感じさせる相性の良い具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンやポークの旨味をベースに数種類もの醤油をバランス良くブレンドしたことによってコク深さとキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしているものの…どうしても醤油感の存在が非常に強く、加える調味料を入れ忘れたのかと思うほど旨味として物足りなさを感じてしまいますね。。

そしてガーリックを利かせているとのことでしたが、こちらも控え目でしたので、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足しして味を調整してみてもいいかもしれません!他にも鶏油らしい良い意味でのクセがある風味もまた弱く、もう少し全体のバランスを考慮してほしかったところで、名店“中華そば 四つ葉”らしい鶏出汁をもっと全面に押し出していればかなり美味しかったのかもしれません!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された焼豚からも良い旨味が滲み出していくんですが、動物系の旨味・コクがどうしても際立ちませんね。。ほんのり香ばしい風味なんかも感じられるものの、全体のバランスが悪くて名店らしさが皆無で非常にもったいないです。

強いて言えばシンプルで濃厚な醤油ラーメンといったところで、これなら以前発売されていた“中華そば”や“蛤ダシ中華そば”をブラッシュアップさせてリニューアル発売した方が良かったような気がしますね!

このように、今回の“一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン”は、チキンやポークの旨味をベースに数種類の醤油を配合し、食欲そそるガーリックや風味豊かな鶏油がコクを引き立てる濃厚な仕上がりだったものの…“四つ葉ブラック”というだけあって醤油感が際立ち過ぎていて他の旨味が十分に活かされていない物足りなさを感じさせる味わいとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”や醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料などを加えて味を調整してみると良いでしょう!

まとめ

今回「一度は食べたい名店の味 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン」を食べてみて、最寄り駅(本川超駅)から歩いて90分もかかる場所にも関わらず行列のできる名店“中華そば 四つ葉”の店主が気まぐれで提供するという…出会えたらラッキーなメニュー“四つ葉ブラック”の味わいをカップ麺に再現した一杯は、チキンやポークの旨味をベースに醤油感の強いキレとコクのあるシンプルながらも深みのあるテイストに仕上がり、ガーリックや鶏油によって旨味を引き立てているものの、今ひとつ物足りなさを感じさせる味わいとなっていました!

やはり地鶏の旨味を臨場感高く再現するのは難しいということが改めて実感させられる一杯ではありましたね!恐らく実店舗ではかなり美味しいんでしょうけど、カップ麺となるとどうしても上質な脂や旨味が表現しきれず、このような仕上がりとなっていることがよーく伝わってくるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!