カップ麺

チキンラーメンのかまたま!まろやかでコク深い“汁なしチキンラーメン”第2弾

チキンラーメンのかまたま

チキンラーメンのかまたま」を食べてみました。(2019年6月24日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“チキンラーメン”シリーズの新ジャンル、“汁なしチキンラーメン”の第2弾として登場したもので、ネットで人気の高いアレンジレシピだという…“かまたま”が登場です!!

それも…チキンラーメンらしいロースト感のあるチキンの旨味がベースとなり、ごま油や鶏油(チーユ)、ネギオイルを加えたことで、キレのある濃厚かつ風味豊かな“特製だし醤油”に仕上がり、さらにチキンラーメンのトッピングとしては欠かせない“特製卵黄だれ”が別添されているんですが、ここにはなんと鰹出汁を利かせたとのことで、絶妙なバランスとなってコク深くまろやか、そして濃厚な味わいが楽しめる一杯“チキンラーメンのかまたま”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“かまたま”といった今回の商品名が大きく記載され、元祖鶏ガラの旨味でお馴染みのチキンラーメンらしいチキンの旨味にコク深いまろやかさを引き立てる“特製卵黄だれ”が添えられた仕上がりイメージなんかも背景に掲載されていますね!

ちなみにこちらを見る限り具材には…この“卵黄だれ”以外にもごま、ねぎといった“ごま油”を引き立てる香ばしさや薬味となる具材が使用されているようです!

チキンラーメンのかまたま パッケージ

また、こちらには上記の“特製卵黄だれ付き”といったまろやかさをイメージさせる文字の他に、“ごま油香る特製だし醤油”と記載されていて、今回の“かまたま”には風味として相性抜群な“ごま油”が利いているとのことで、これによって比較的あっさりとした馴染み深いチキンラーメンならではの味わいに深みを加えているものと思われます!

さらに、このチキンラーメンの最大の特徴でもあるすでに味付けされた麺を湯切りする“汁なしチキンラーメン”ということで、ロースト感のあるチキンの旨味がたまらない…湯切りした際のスープまでもがチキンスープとして楽しめちゃうわけです!

ご覧の通り“湯切り口”がしっかりと備え付けられたパッケージには“やけどに注意”と記載され、このチキンスープを楽しむなら、湯切り口の大きさを考慮した上でやや大きめのマグカップを用意しておくと良いかもしれませんね!

そして、ここで見逃せないのが“たまごを乗せてさらにドロ旨い!”と記載されている点で、これは別添されている“特製卵黄だれ”だけでなく、さらにお好みに合わせて“たまご”を追加トッピングするということでしょうか?この辺りはお好みによってコク・まろやかさがより一層際立つチキンラーメンの新たな味わいを楽しむためにもぜひ用意して追加したいところ!!

他にも特徴として…麺にはチキンラーメンならではのチキンの旨味が利いた醤油味で味付けされたロースト感がたまらない…香ばしい麺が採用されているようですが、“汁なしチキンラーメン”専用の麺ということで、単純に今まで通りの馴染み深い麺というわけではなく、“汁なし”タイプでも美味しくいただけるよう、しっかりと開発された麺が採用されているようですね!

それによって、鰹出汁の利いた“卵黄だれ”が絡むコク深い“かまたま”ならではのまろやかな味わいがチキンラーメンらしいロースト感のある味わいに絶妙にマッチし、最後までじっくりと濃厚な味が楽しめる仕上がりとなっているわけです!

実際に食べてみて…

チキンラーメンならではの香ばしい風味が特徴的なチキンの旨味に鰹出汁やごま油、鶏油などを合わせた“醤油だれ”に味が調整されたことによって、“かまたま”の味わいにぴったりなタレに仕上がり、“かまたま”ならではのまろやかなコクのどちらも引き立つ絶妙な仕上がりとなって満足感をしっかりと満たしてくる一杯となっていました!
これは特に、濃厚な“かまたま”の味わいにチキンの旨味や香ばしさ、鰹出汁といったひと味違った“かまたま”のコク深い美味しさを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの湯切りで作る“汁なしチキンラーメン”第2弾として登場となったコク深く風味豊かなアレンジレシピのひとつ「チキンラーメンのかまたま」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この“汁なしチキンラーメン”第3弾として2019年10月7日には濃厚チーズを加えるアレンジメニューが商品化されたコク深く濃厚な一杯、“チキンラーメンのカルボナーラ”が発売されています!

チキンラーメンのかまたま

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“チキンラーメン”シリーズの新商品であり、湯切りタイプの“汁なしチキンラーメン”第2弾として発売となったもので、ロースト感のあるチキンの旨味をまろやかな“かまたま”の味わいに合うように鰹出汁を利かせた“特製卵黄だれ”や、ごま油や鶏油、ネギオイルを利かせたことによってコク深くまろやかな卵黄との旨味がバランス良く合わさった一杯“チキンラーメンのかまたま”となっています。

ご覧の通り、パッケージには…別添されている“卵黄だれ”や“特製だし醤油”、さらに湯切りタイプに追い卵によるドロ旨いといった様々な情報が記載された賑やかなパッケージとなっていますね…

そして今回の“かまたま”は、チキンラーメンお馴染みのキャラクター“ひよこちゃん”が目を回して“よく混ぜて食べてね!”と伝えているように、しっかりと混ぜ込んでいくことによって卵黄のまろやかさ・コクが引き立ち、濃厚な旨味となって楽しめますから…この辺りはしっかりと混ぜ込んで濃厚な旨味を楽しみたいところ!

ちなみに今回は“汁なしチキンラーメン”第2弾とのことで、第1弾として登場したこちらの商品は、今までスープタイプの印象でしかなかった概念を良い意味で大きく覆す形で登場でし、こちらもまたロースト感のあるチキンラーメンならではの旨味を活かした仕上がりだったことを覚えています!

チキンラーメンの油そば!湯切りタイプの汁なしチキンラーメン第1弾!
チキンラーメンの油そば!湯切りタイプの汁なしチキンラーメン第1弾!「チキンラーメンの油そば」を食べてみました。(2019年3月25日発売・日清食品) この商品は、お馴染み“チキンラーメン”の新商品...

とは言え、元々シンプルな味が人気の秘訣とも言えるロングセラー商品“チキンラーメン”の味わいですからアレンジもしやすいとのことで、ウェブ上でも様々な楽しみ方が公開されているようですね!

今回はその中でも特に人気のアレンジレシピのひとつが商品化となったというわけですね!

それでは、今回の“チキンラーメンのかまたま”がどれほどのロースト感溢れる旨味・風味が表現されているのか?“かまたま”の味わいを引き立てるために鰹出汁を利かせた“特製卵黄だれ”の旨味やごま油との兼ね合いなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り481kcalとなっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺とは言え…そこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分の方は若干高めな数値となっているようです!
ちなみに1食当たり110g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

“たれ”には、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 卵黄だれ
  • かつおぶしエキス
  • 鶏脂
  • 食塩
  • 醸造酢

といった、チキンラーメンらしいロースト感のある香ばしいチキンの旨味が利いた醤油ベースのタレには、別添されている“特製卵黄だれ”を加えることによって鰹出汁がほどよく利いた“かまたま”の味わいにぴったりなコクとまろやかさをプラスし、鶏油やごま油などの風味豊かな仕上がりを想像させる材料が並びます。

また、油揚げ麺の項目には、しっかりと“しょうゆ”やチキンエキスといった味付けされた麺であることが確認できますね!しかし他にも香辛料や香味調味料、オニオンパウダーまで使用されているように…今回もしっかりと麺に味付けされているようです!

JANコード4902105255483
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、しょうゆ、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、たれ(植物油脂、しょうゆ、卵黄だれ、糖類、たん白加水分解物、かつおぶしエキス、鶏脂、発酵調味料、食塩、醸造酢)、かやく(ごま、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、香料、炭酸Ca、かんすい、ソルビトール、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (110g) 当たり]
熱量481kcal
たんぱく質9.6g
脂質23.4g
炭水化物57.9g
食塩相当量6.6g
ビタミンB10.17mg
ビタミンB20.16mg
カルシウム138mg

引用元:チキンラーメンのかまたま | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りごま油香る特製だし醤油、炒り胡麻、特製卵黄だれといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、特に“ごま油香る特製だし醤油”は触った感じさらっとした仕上がりのようですが、油分なんかも含まれているようですので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!
※“特製卵黄だれ”の方はフタの上で温めないでください。とのこと。

また、麺はご覧の通り“汁なしチキンラーメン”専用の麺が採用されているようで、心なしか厚みのある食べ応えなんかも感じさせる仕様にも見えますね!

そしてチキンラーメンらしく、この時点ですでに香ばしいロースト感がたまらない…食欲そそる風味が確認できます!

その麺の裏側には、具材として…

  • ねぎ

がすでに入っています。

こういった薬味は濃厚な“かまたま”といったテイストにもぴったりですからね!
後味の良さはもちろん、風味を引き立てる相性ぴったりな具材のひとつと言えるでしょう!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りしたところがこちら!

湯切りしてもちゃんとチキンラーメンならではのロースト感が香るチキンの旨味がしっかりと表現されていますね!

そのため、チキンの旨味が鰹出汁やネギオイルなどによって調整され、絶妙なバランスとなって“かまたま”の味わいが楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

また、お好みで湯切りする際のスープはマグカップに注いでおき、後ほどじっくりとチキンスープとして楽しんでみると良いでしょう!…というかこちらからも香ばしいチキンの良い風味が漂ってきます。。今回も“湯切ったスープもチキンとおいしい”とのことですので、ぜひお試しを!

では、ここに先ほどの“ごま油香る特製だし醤油”を注いでいきます!
すると…ご覧の通りフタの上でしっかりと温めておいたせいか、非常にさらっとした調味料となっていて、最後の方には“ごま油”も含まれていたので、しっかりと絞り込んで入れましょう!

すると…さらっとしたタレは容器底へと沈んでいき、“ごま油”を利かせた醤油ダレとのことでしたが、ほんのりと隠し味のように香る程度のもので、ベースとなるチキンの旨味を損なうこともありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りタレはやや多めとなっているため、お馴染みのロースト醤油味の麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そしてタレが全体に馴染んだら…続いて先ほどの“炒り胡麻”を加えていきます!
すると…炒り胡麻らしい香ばしさなんかも加わりますが、こちらもやはりチキンラーメンならではのロースト感のある香りが強いため、あくまで風味を引き立てるような具材となっているようですね!

さらに…最後に鰹出汁の旨味を利かせた“特製卵黄だれ”を加えて完成となります!

ご覧の通り、この“卵黄だれ”は思ったよりも量が多めに含まれているようで、しっかりと“かまたま”ならではのまろやかなコクなんかも楽しめ、それと同時に風味豊かなチキンのロースト感がうまくマッチした絶妙なバランスとなって仕上がっているようですね!

また、麺はやはり通常のチキンラーメンの麺よりも若干幅広にも感じられますね!“汁なしチキンラーメン”専用の麺ということもあってしっかりとした食べ応えなんかにも考慮されているような思惑が伝わって来るようです!
※後ほどお問い合わせしてみたところ…やはり食べ応えを考慮して従来よりも太い麺を採用しているとのことでした。

食べてみた感想

ではまず、先ほど“ひよこちゃん”が目を回しながら伝えていたように…しっかりと混ぜていきましょう!

すると…“特製卵黄だれ”が良い感じに“ごま油”香る醤油ベースの麺にまろやかさやコクを加え、濃厚さに際立った食べ応えなんかも楽しめる“かまたま”らしいマイルドな仕上がりへと変化していきます!

ではさっそく一口食べてみると…これは美味いですね!!鰹出汁を利かせた“卵黄だれ”や、ほどよくごま油を利かせたことによってチキンの旨味を利かせたキレのあるタレをベースに卵黄ならではのまろやかさが非常に相性良く馴染んでいます!

当初…“卵黄だれ”に鰹出汁?と思っていましたが、これがまたちょうど良い隠し味にもなっていて、ほどよい出汁の旨味が香ばしいチキンの旨味とも合うんでしょうね!これは劇的に美味いアレンジレシピと言っても過言ではないですね!!

麺について

麺は、ご覧の通りいつものチキンラーメンよりも若干厚み・幅広にも感じられ、食べ応えなんかもあり、そのためプツプツと切れやすい仕様というわけでもないため、しっかりと風味豊かなコク深い濃厚なタレをよーく絡めて麺上げしても伸びが良いですね!全く切れることなくほどよい弾力なんかも食感に感じることができます!

そんな麺には…お馴染みのロースト感のある醤油ダレにごま油やネギオイル、さらにアクセントに鶏油を利かせた“特製和風だし醤油ダレ”がよく絡み、一口ずつに“かまたま”らしいマイルド・まろやかといった“特製卵黄だれ”によって濃厚さを引き立たせた味わいが口いっぱいに広がっていき、チキンラーメンならではの香ばしい風味がほんのりとごま油とともに後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングには…と言っても今回使用されているのは別添されている“特製卵黄だれ”以外には“ねぎ”と“炒り胡麻”のみとなっているんですが、この卵黄だれが絡むことによって、鰹出汁やごま油、さらにはチキンラーメンならではの香ばしさが非常に相性良く互いを引き立てているため、全く物足りなさを感じさせることもありません!

そして、“ごま”もしっかりと混ぜ合わせていくうちに見当たらない程度のものとなっているわけですが…恐らくこういった手の込んだ具材を合わせることによって香ばしさをうまく引き立てているものと思われます!

また、“ねぎ”のシャキシャキ感なんかも良いですね!今回“卵黄だれ”を加えることによって、ほどよい濃厚なタレにも感じられるため、濃いめの味にちょうど良い薬味にもなっているような気がしますね!

タレについて

タレは、まずチキンラーメンならではのロースト感がたまらない醤油ベースのタレに相性良くごま油や鶏油が加わった風味豊かな仕上がりとなり、そこに今回“特製卵黄だれ”を加えることによってほどよい鰹出汁の旨味が加わり、濃厚な“かまたま”の旨味を表現するにはちょうど良いキレや出汁の利いた味となっています!

では、ここでさらに濃厚さを引き立てるために、卵黄を追加してみたいと思います!!

すると…これは追加して正解ですね!めちゃくちゃ美味い。。
ただでさえ“特製卵黄だれ”によってまろやかなコクがチキンラーメンならではの醤油ベースのタレに表現されてはいましたが、ここにさらに卵黄を追加することによって、想像通りのマイルドさが加わり、満足感も増していくばかり。。

このように、今回の“チキンラーメンのかまたま”は、お馴染みチキンラーメンの香ばしい味わいに鰹出汁を利かせた“特製卵黄だれ”や、ごま油・ネギオイル、さらには鶏油といった“かまたま”の美味しさを最大限に引き立てるかのような味の調整が施されたことによって、非常にバランスの良い旨味が楽しめる濃厚な一杯となっていたため、お好みによって今回のように卵黄をさらに追加してより一層まろやかな“かまたま”を楽しんでみても良いかもしれません!

まとめ

今回「チキンラーメンのかまたま」を食べてみて、ロングセラー商品であるチキンラーメンならではのロースト感をうまく活かし、醤油ベースのタレに風味の良いごま油や鶏油、さらにネギオイルなどを合わせた“特製だし醤油”に仕上げ、そこにほんのりと鰹出汁を利かせた“特製卵黄だれ”を加えることによって、“かまたま”らしい濃厚かつコク深いまろやかな味わいがじっくりと楽しめる満足度のかなり高い“汁なしチキンラーメン”となっていました!

…というかこの相性の良さは予想を遙かに超えてきましたね!絶妙なタレの旨味・風味に“卵黄だれ”とのバランスはかなり幅広い層に受け入れられる納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!