カップ麺

チキンラーメンの油そば!湯切りタイプの汁なしチキンラーメン第1弾!

チキンラーメンの油そば!湯切りタイプの汁なしチキンラーメン第1弾!

チキンラーメンの油そば」を食べてみました。(2019年3月25日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、今回は何とチキンラーメン初となる湯切りして楽しむタイプのカップ麺が登場です!!

それも…チキンラーメンの味わいをカップ麺でも人気ジャンルのひとつ“油そば”風にアレンジし、鶏油(チーユ)とラー油をベースとした濃厚な醤油ダレがチキンラーメンお馴染みのロースト感溢れる麺に絡むことで、やみつきな一杯に仕上がった“チキンラーメンの油そば”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通り、パッケージには“鶏油×ラー油”と記載されているように、今回の一杯にはチキンラーメンらしい香ばしさのある麺に濃厚醤油ダレが合わさった“油そば”ということで、お馴染みの味が濃厚なテイストとして楽しめる…まさに新たな美味しさが表現されているものと思われます!

一方、こちらには“油そば”らしいこってり感のある濃厚な醤油ダレがチキンラーメンお馴染みのロースト風味漂うチキンスープに味付けされた“ちぢれ”の付いた麺によく絡む仕上がりイメージなんかも確認できますね!

このほどよい艶がまた濃厚な“油そば”らしさを感じさせ、チキンラーメンらしい風味にほどよいこってり感が加わった食べ応えのある仕上がりのようです!

また、こちらには“たまごを乗せてさらにドロ旨い!”と記載されているように、この商品自体にトッピングとして卵は含まれていませんが、そもそもチキンラーメンには卵が欠かせない…というほど相性良いですから、ぜひお好みで追加して“ドロ旨い”味わいを楽しみたいところ!

その他にも特徴として…何と湯切りしたお湯すらチキンスープとして楽しめるということで、味付けされたチキンラーメンならではの醍醐味とも言える楽しみ方がこの初となる湯切りタイプで味わえるというわけです!!

というか…チキンラーメンのアレンジレシピはこれまでも様々公開されていたようですが、ついに湯切りタイプの“油そば”として商品化されたわけですね!これは楽しみな一杯です!

実際に食べてみて…

“油そば”風にアレンジしたというだけあって、チキンラーメンならではのロースト感のあるテイストに鶏油を加えた濃厚な醤油ダレがほどよい油分とともにしっかりとした食べ応えを感じさせ、それによって醤油のキレがラー油によって引き立ち、脂っこさを感じさせないバランスの良い仕上がりとなっていました!
これは特に、チキンラーメンの味わいを“油そば”といった、より濃厚な味わいとして気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのシリーズ初となる汁なしチキンラーメン第1弾「チキンラーメンの油そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チキンラーメンの油そば

今回ご紹介するカップ麺は、チキンラーメンブランド初となる湯切りして楽しむ新提案!ということで、お馴染みの味わいが“油そば”風にアレンジされ、濃厚な醤油ダレにチキンラーメンらしい香ばしい麺が絡むことによって、まさにクセになる味わいが表現された一杯“チキンラーメンの油そば”となっています。

このように、今回新提案ということで登場した“チキンラーメンの油そば”ですが…この商品なんと、汁なしチキンラーメン「第1弾」として登場とのことで、これは今後の商品展開なんかも見逃せませんね!

また、ご覧のようにパッケージには“湯切ったスープもチキンとおいしいよ!”と記載されているように、チキンラーメンの麺にはそもそも味付けされていますからね!せっかくなので調理時に使用したお湯も大きめのマグカップを用意して楽しんでみたいと思います!

それでは、今回チキンラーメンからの新たな美味しさの提案となった初の湯切り汁なしタイプの“チキンラーメンの油そば”が一体どういった濃厚さとなって仕上がっているのか?香ばしい麺との相性やラー油の利かせ具合などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り486kcalとなっております。(塩分は5.7g)

今回のチキンラーメンは、汁なしカップ麺ということもあってカロリーはやや高めな数値のようですが、塩分はどんぶりタイプより若干高い程度のものとなっています。
ちなみに1食102g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、“しょうゆ”や鶏脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • 野菜調味油
  • 醸造酢
  • 食塩

といった、キレのある口当たりが表現された“油そば”らしい醤油タレには、鶏油やラー油をしっかりと利かせたことによって食べ応えのある濃厚な味わいに仕上がり、それによってチキンラーメンならではの香ばしさとともに相性抜群な旨味・風味が楽しめるタレを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、“油そば”にぴったりな“醸造酢”なんかも使用され、チキンラーメンらしく麺にもチキンエキスや“しょうゆ”といったお馴染みの味付けを思わせる材料なかも確認できますね!

JANコード4902105244937
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、しょうゆ、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、たれ(しょうゆ、鶏脂、植物油脂、野菜調味油、糖類、醸造酢、食塩)、かやく(魚肉練り製品、ねぎ、のり)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、かんすい、カラメル色素、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量486kcal
たんぱく質9.0g
脂質25.7g
炭水化物54.7g
食塩相当量5.7g
ビタミンB10.14mg
ビタミンB20.18mg
カルシウム141mg

引用元:チキンラーメンの油そば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り濃厚醤油だれ、きざみのりといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通りチキンラーメンならではの香ばしさのある味付けされ、“ちぢれ”の付いた麺が採用されているようです!

また、麺の裏には具材として…

  • ねぎ
  • ひよこちゃんナルト

がすでに入っているようです!

“ねぎ”は今回の“油そば”に合わせているのでしょうか?かなり小さめにカットされたものが使用されているようですね!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

チキンラーメンならではの香ばしさが食欲そそり、汁なしタイプということもあって、これはこれでチキンラーメンの風味の良さを存分に楽しめそうな仕上がり…といった印象の出来上がりです。

もちろん、調理に使用したお湯もマグカップに注いでみました!
こちら当然ですが…まさしくチキンラーメンのスープが楽しめる仕上がりとなっています!

では、ここに先ほどの“濃厚醤油だれ”を注いで行きます!
すると…文字通り濃厚さを思わせる醤油ダレの風味が一気に広がっていき、チキンラーメンの麺に味付けされたロースト感のある香りとともに食欲そそる仕上がりを演出しているようです!!

ちなみにこの調味料はやや量も多く、“油そば”らしく鶏油といった油分も含んでいるため、調理中はしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りタレはやや多めとなっているため、すんなりと香ばしい麺にも濃厚な醤油ダレが馴染んでいきます!

そして、最後に先ほどの“きざみのり”を添えて、お好みで卵黄も追加して完成です!!

チキンラーメンと言えば…若干単調になりがちなシンプルな味わいが特徴でもあるんですが、それが今回濃厚な醤油ダレといった味わいが加わり、そこには鶏油やラー油といったアクセントや旨味がプラスされているため、馴染みのあるチキンラーメンが非常に味わい深く・コク深い仕上がりにも感じられますね!!

この仕上がりは良いんじゃないでしょうか?
まさにチキンラーメンのアレンジレシピとも言うべく一杯で、チキンラーメンの良さを最大限に引き立て、そこに濃厚な醤油ダレを合わせたことによって風味も引き立つ食べ応えのある“油そば”が表現されているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ぉお!濃厚ですね!もちろん追加した卵も後押ししたことによって濃厚さが引き立っているんですが、そもそもの醤油ダレがほどよいキレに加え鶏油などの油が加わったことによって“油そば”らしいこってり感を表現しているようです!

そこにチキンラーメンならではの香ばしいロースト風味が合わさり、今回“油そば”風にアレンジしたことによって、チキンの旨味が一際厚みのある美味しさとなって引き立っていますね!

また、ラー油も利かせたとのことでしたが、あくまで隠し味やアクセント程度に利かせたものとなっているため、辛みというよりも味に締まりやラー油らしい風味付けといった感じでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りチキンラーメンらしい味付けされた風味豊かな仕上がりとなり、もちろん香ばしい風味が感じられ、湯切りすることによって風味や味付けが損なわれるかと若干心配だったものの…実際にはそんなこともないようで、通常のチキンラーメンよりもコシや弾力があるような気もしますね!

そんな麺には、今回“油そば”風にアレンジしたことによる濃厚な醤油ダレがよく絡み、一口ずつにチキンラーメンらしい香ばしい風味とともに鶏油やラー油の香りによって、ほどよいこってり感のある味わいとなって口に広がっていきます!

また、こちらお好みで追加した卵黄なんかもチキンラーメンと相性抜群で…これによってマイルドさ・まろやかさがさらに引き立ち、非常に厚みのある味わいとなってチキンラーメンらしい濃厚な“油そば”を楽しむことができるかと思われます!

ただ、この卵黄は食べ進めていく途中に、味の変化として楽しんでみた方が良かったのかもしれません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“ひよこちゃんナルト”が入っていて、もちろん味付け自体はされてはいなかったものの…使用されている数も多く、これによってチキンラーメンらしさを忘れさせない可愛らしい彩りなんかが演出されています!

他にも“ねぎ”や“きざみのり”といった具材がさりげなく添えられ、あくまで濃厚な醤油ダレの味わいを損なうことなく風味付けや薬味として引き立てているようです!

そして、これら具材を一緒に絡めて食べてみると…“きざみのり”からのほどよい磯の風味などが加わり、チキンラーメンらしい香ばしさと“油そば”ならではのこってりとした濃厚醤油ダレの味わいをより美味しく楽しむことができるでしょう!

タレについて

タレは、醤油ベースの濃厚な味わいが表現されているんですが、ここには鶏油やラー油がベースとなっているせいか…単純にこってりとした味わいというわけではなく、しっかりと旨味や風味を兼ね備えた食べ応えのあるタレが表現されているようです!

さらに、お好みで卵を加えることによって、まさしく旨味が溢れんばかりにコク深く感じられ、“ドロ旨い”といった表現も決して過言ではないまろやかな旨味をじっくりと楽しめるかと思われます!(お好みによりますが…追加する卵は卵黄だけでも十分かと思います!)

ちなみに、先ほどもお伝えした通り、最初は濃厚な醤油ダレの味わいをチキンラーメンの香ばしさとともにじっくりと楽しみ、途中で卵黄をお好みで追加してみると、よりコク深い味わいの前後といった味の変化が楽しめるのではないでしょうか?

今回の汁なしチキンラーメンは、“油そば”特有のこってりとした味わいに仕上がっていたため、お好みでラー油や香辛料などを追加アレンジして味に締まりを加えてみても良いかもしれません!“にんにく”なんかも良いですね!

まとめ

今回「チキンラーメンの油そば」を食べてみて、鶏油やラー油をベースにした濃厚な醤油ダレが香ばしいチキンラーメンの麺に美味しくマッチした仕上がりは、お馴染みの味わいを“油そば”風にアレンジした一杯というだけあって、ほどよいこってり感がチキンラーメンの味わいをまたひと味違った美味しさとして表現されていました!

この“汁なしチキンラーメン”シリーズといった新提案は今後の商品展開はもちろん、なかなか人気・話題となりそうな一杯で、お馴染みのチキンラーメンの味わいを活かしつつ、濃厚な味わいが楽しめるとあれば…満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!